日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 







彼は実際にモノホンの ケチャップ、チョコレート、キャビア などをキャンパスに展開していたらしいことを前回触れた。

がこの絵はまだ1966年 の作品


なので、液体はまだ書いてあるレベル



作品名:Annie, Poured from Maple Syrup


何を表現しようとしているかというと...

タイトルから分かる通り、 メイプルシロップ らしい!



そもそも Annie モチーフは4年前の1962年で既に 作品化 していたもの

そのバージョンを 液体モチーフ で再構築、とな!(汗)



次はいよいよ?チョコレートにいくんですが、レベチ なチョコレート...

~ その(22)へ ~



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






作品名:Eye  1969


こちらも、「文字モチーフ」


だがやはり、ひねり具合が凄い!
(これこそ、なんだこれは… )



その後調べてみると、こんなことすら発覚(汗)

1. このEye液体パターンは色々あるよう...
  ブルーなEye、Liep、etc...

2. このEyeイエローバックに液体パターン、すら色々あるよう...
  Hey、Adios、Mint、Brews、etc...



そして遂に知る

彼は実際にモノホンの ケチャップ、チョコレート、キャビア などをキャンパスに展開していたらしいことを...

旺盛な実験精神を発揮していたということか!





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )







こちらも、「文字モチーフ」


作品名:City  1968



だがやはり、ひねり具合が凄い!

液体で、文字を書いてる…



~ その(20)へ ~


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






で早速、モノクロ

作品名:Quit with Pencil  1967


お得意の?「文字モチーフ」にしばらく戻ったよう




とはいえ、ひねり具合が凄い!

文字 Quit は 紙ヒモ の キャンバス上 での再現?  

Pencil でさえ…
(なんだこれは)





この後はカラー系統が続きます





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






GW で余裕があるので、シリーズ再開(笑)

文字・フォント が多かった彼が目覚めたモチーフ、Gas Station ≒ 建築物系




作品名:Standard Collage  1989

一連の Standard Station モチーフ作品群から、 × 25年以上経ってから今作を制作している!

実はこの展覧会NOW AND THEN目線でみるに、その後モノクロが多い時代を経由していることも一因か?


次回以降このへんも掘っていく所存!





~ その(12)へ ~ = 同モチーフ原型

~ その(14)へ ~ = 同モチーフ変型

~ その(15)へ ~ = 同モチーフ変型



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 

ロスの Country Museum of Art が 1965年に新しいキャンパスをオープンした際、彼はヘリコプターからこの建物を撮影し、この絵を描いた。

 

 

作品名:Los Angeles Country Museum of Art on Fire 1965-1968

 

 

 

コチラは(15)と比較すると控えめではあるが、火事は火事!(笑)

 

彼自身も驚いたのは、美術館側がこの絵を購入したこと!

(流石に、のちに取り外されたとか?)

 

 

なぜ火をつけたかについて、本人はこうコメントしている。

「 火は作品完成後の仕上げのようなもので、音楽におけるコーダ CODA =最終章のようなものだ 」(汗)

 

この Standard Station モチーフ にこだわりがあったようで、次の(17)でもう ×1作ご紹介する所存(時代は少々飛ぶが)

 

~ その(17)へ ~


~ その(16)へ ~ (この絵画の前に存在する、やはり燃えてるヤツ 笑)
 
~ その(2)へ ~( NOW AND THEN 入り口にある、エクスパンド絵画 )


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 

先のシリーズ(14)に続き、 Standard Station モチーフ の展開版

 

作品名:Norms, La Cienega, on Fire 1964

 

 

 

だが、コチラは 燃え盛っている!!!

 

ガソリンスタンドに 火を放つ とは、恐ろしく危険!(笑)

 

 

 

この Standard Station モチーフ にこだわりがあったようで、(17)でもう ×1作ご紹介する所存(時代は少々飛ぶが)

 

 

 

さて次の(16)は他作でもみられる Ruscha の 放火癖(汗)

 

 

 

~ その(16)へ ~


~ その(14)へ ~ (この絵画の前の、まだ燃えてないヤツ 笑)
 
~ その(2)へ ~( NOW AND THEN 入り口にある、エクスパンド絵画 )


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 

 

先の シリーズ(12)で紹介した作品:Standard Station, Ten-Cent Western Being Torn in Half 1964 

 

とてもリアルなもの(ガソリンスタンド)と、克明に描きこまれた 雑誌 の同居、だった(汗)

 

が実は、Ruscha は前年に写真の作品を描いていた。

 

 

作品名:Standard Station, Amarillo, Texas 1963

 

 

 

この Standard Station のモチーフが最初にあり、その変化球としての雑誌混入だったわけだ!

(当ブログは展示会の進行同様、雑誌つながりを優先)

 

 

 

初期からこだわってきた文字じゃないが、これはこれで「端正なデザイン」と言えよう!

 

 

 

続き、 その(15)では、驚き!の Standard Station モチーフ展開を…

 

 

 

~ その(15)へ ~

 

~ その(13)へ ~ (この絵画の 発展形 に混入していた異物 笑)

 

~ その(2)へ ~( NOW AND THEN 入り口にある、エクスパンド絵画 )



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 

シリーズ(10)(11)で紹介した作品:Noise, Broken Pencil, Cheap Western 同様、

前回の(12)作品:Standard Station, Ten-Cent Western Being Torn in Half も変なものが張り付いている(ように見える)

 

 

この作品の右上にあったのは、

 

  Ten-Cent Western Being Torn in Half = 10セント(レベル)の、半分に破れた 雑誌 

 

 

ところが!

 

ガブリ寄ることで、わかる。

雑誌はあくまでも 模写!(汗)

 

 

とてもリアルなもの(ガソリンスタンド)と、克明に描きこまれた雑誌 の同居、とな…

 

 

 

 

~ その(14)へ ~

 

~ その(12)へ ~ (この絵画の全体図)

 

~ その(2)へ ~( 入り口にある、エクスパンド絵画。上記の 9とほぼ同じ)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 

コチラの作品は、

 

作品:Standard Station, Ten-Cent Western Being Torn in Half 1964

 

 

 

これも Ed Ruscha の最高傑作の1つ だという当ブログの認識!

 

 

作品空間を構成する要素はタイトルにもあるように、2つ。

 

 1. Standard Station

 

 2. Cheap Western =雑誌(右上)

 

 

先の(11)でもわかるように、これは慎重にセレクトされた雑誌を模写(汗)

 

次の(13)でやはり「ガブリ寄る」ことにする

 

 

ここがよく伝わると思うので

 

 

 

~ その(13)へ ~

 

~ その(11)へ ~(この絵画の前にも存在した異物 笑)

 

~ その(2)へ ~( 入り口にある、エクスパンド絵画。上記の 9とほぼ同じ)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 

 

引き続き、Ed Ruscha 本人が、自分の最高傑作の1つだと自負している、

 

作品:Noise, Broken Pencil, Cheap Western 1963

 

 

 

 

作品下部にあった、

 

 3. Cheap Western =雑誌 

 

 

 ガブリ寄ることで、重にセレクトされた雑誌をあくまでも 模写 していることがよく伝わる(汗)

 

 

 

は、次の作品(12)でも、驚きの登場を果たす!!!

 

~ その(12)へ ~

 

~ その(10)へ ~ (この絵画の全体)

 

~ その(2)へ ~( 入り口にある、エクスパンド絵画。上記の 9とほぼ同じ)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 

 

さて、ついに今作にまで到達!

 

というのは今作は Ed Ruscha 本人が、自分の最高傑作の1つだと自負している作品だから!

 

 

 

作品名:Noise, Broken Pencil, Cheap Western 1963

 

 

作品は主に3つの要素で成り立つ、謎の空間?

 

 1. Noise 文字

 

 2. Pencil(左端)、Broken Pencil(右端)

 

 3. Cheap Western =雑誌 慎重にセレクトされた雑誌を模写(汗)

 

 

 

 

ブラッシュストロークを意図的に残すため、Ed Ruscha はワックスや油を混ぜる工夫をしていた。

 

 1. の Noise 文字 は3次元で空間に投影されているように見える(汗)

 

 

 

作品下部にある、

 

 3. Cheap Western =雑誌 に 次の(11)でガブリ寄ることにする

 

 

ここがよく伝わると思うので → 慎重にセレクトされた雑誌を 模写(汗)

 

 

 

~ その(11)へ ~

 

~ その(9)へ ~

 

~ その(2)へ ~( 入り口にある、エクスパンド絵画 )



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 

 

本来は、会期ラスト7日前くらいが残る年初にアップしようと考えていた。

(どうしても駆けつけたい人がいたらなんとかなるタイミング)

 

 

 

 

ところが準備が間に合わないうちに終了していた…

(またまた! 涙)

 

予定外の US渡航が入ったため(CES)

 

 

 

 

 

 

とはいえ強い印象を残した エド・ルーシカ Ed Ruscha NOW AND THEN 特集を今日から 再開 します!

 

 

こうして彼の作品が一挙に NY に集められたのは40年来初めてのこと。

 

時代ごとの彼の作品にどんな変化が現れるのか、お楽しみください!

 

 

 

写真は入場口の様子。

 

 

~ その(10)へ ~

 

~ その(8)へ ~

 

~ その(2)へ ~( 入り口にある、エクスパンド絵画。1は上記とほぼ同じ)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 

 

NHKニュースを視聴しているうちについ「ダーウィンが来た!」に突入する毎週日曜(笑)

 

 

 

内容によってみたりみなかったりなのだが、昨日の放送には刮目した!!!

 

その内容は、

 

ネオン輝く大都会 NY を代表する超高層ビルの頂上で、夜中に ハヤブサ が狩りをするという。

いったい何を狙うのか?常識破りの狩りを世界で初めて撮影し、謎に迫る!

 

空の高速ハンター・ハヤブサが、今、世界屈指の大都会・ニューヨークで大繁栄している。

繁栄の秘密は都市環境への高い順応性。

高層ビルが立ち並ぶ摩天楼で子育てをし、きらびやかなネオン輝く夜で狩りも始めている。

 

中でも驚きなのが、世界一有名な超高層ビル、エンパイアステートビルの頂上での狩り。地上400m以上の上空で、いったいどんな狩りを繰り広げているのか?

 

狩りの様子の 世界初撮影 に挑戦し、その暮らしぶりに迫る。

 

 

大都会 NY を代表する超高層ビルの頂上とは、当然エンパイア・ステート・ビル!

こんな、NY好きにはタマラない内容が、しかも世界初撮影 とな!!!

 

そして知る

戦後のDDTが悪影響し滅びかけていた ハヤブサ  NY の地で 復活中 とは…

 

 

初回放送日: 2024年2月4日 なので、NHKプラスで1週間視聴可能。

必見だ!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )







作品名:View of the Big Picture(1963年)

前回紹介した Large Trademark with Eight Spotlights(1962年)を掘り進めた作品。

3次元 を 2次元 に落とし込む試行錯誤?!を3種類も(汗)

いかに ルーシェ がこのモチーフに本気だったかが、よくわかる!

 

 

 

〜 その(9)へ 〜 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ   


 
編集 編集