日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 





日本で公開される映画は、だいたいが本国公開から数カ月後。
中身の情報はダダ漏れし、観ているはじから「既視感」に襲われてしまうことも...
最も恵まれて「日米同時公開」がせいぜい。

ところがこの「バトルシップ」、全米公開は5月 18日なのに、日本公開は4月13日(凄っ!、一ヶ月以上)
よほど出来に問題?!などと疑っていた(笑)
そう疑ってかかっていたら?! 特別な試写会に参加出来ることに(ラッキー)

しかも試写状には、これまで見たことない注意書きが あった。
 = 「4月11日までは、いかなる、メディア、ブログでの内容の公開を禁じます」(的な)
おいおい、公開2日前まで情報ブロックかよ!


で感想は、
「久々に、スカッ~!としたぜい!」
しかも、そうなったのは、明らかにアクションのおかげだけではないところが素敵すぎる。
その理由は絶対に書かない....
が、まあよくあるただの「エイリアン侵略物」のはずが結果、今年有数の「超B級、SFアクション大作」と言い切れる。
2時間10分なのに、全く長いとは感じさせなかっただけに。
ここが「トランスフォーマー」3作とは明らかに違うところ!
(バカバカしさにはそれほど違いはないけどね 笑)

また個人的にめっちゃ受けてしまったクライマックスのひとつがあった。
そのシーンで、なぜか異様に「何か凄~く懐かしい感じ」がしたのだが、その後パンフをみて大爆笑。
そうくるか~!となれるのも、冒頭に欠いたように「予備知識ナシ」が利いているように思う。



秘密のはずなのに、こんなに書いちゃって大丈夫⁈ と心配の向きに→→→大丈夫です。

映画が始まる直前に、上映後は「解禁」の御達しがあったのでした。
もともと意図的な狙いか?!それとも慎重に重ねた議論の末か?
 まあどちらでもいい、こうして冷めやらぬうちに書ける幸せがあれば(笑)


PS 浅野忠信がカッコいい。 主役とタメはってまっせ (前作「マイティ・ソー」と違い) これで世界的俳優かな?



コメント ( 4 ) | Trackback ( 61 )






今年アタマに、元P.I.L.のキース・レヴィンとジャー・ウォブルのプロジェクトに行くつもりだったのだが、キースが入国できずツアーはとりあえずオシャカ。
それでめげて、ライブには久しく行ってなかった。

が、ちょっと縁があって、このWind Of Legend ~SPRING STORM TOUR 2012~をチェック
場所は、JZ Brat Sound of Tokyo(渋谷セルリアンタワー内)
日付は3月22日。


このバンド、パリ在住の日本人アコーディオン奏者tacaを中心にしたユニット。
アコーディオンって懐かしい響きがあって独特の味がある。
シャンソンのパリ、というイメージもあるだけでなく、南米のアルゼンチンにもすぐにつながるし。
なので個人的には、ワールドミュージック的なイメージだったのだけれど、実際はジャズ寄りの内容。

ジャズはじじいになってから聴くことに決めているので(笑)、あまりコメントはしずらい。
が、CDを出したメンバー中心でイキのあったサウンドは、タイトルのSpring Stormを始め、十二分に惹き込まれるものだった。
唯一残念だったのは、肝腎のアコーディオンの音がバイオリンが絡んだ瞬間に聴きづらくなっちゃったことかな~
それだけバイオリンの高橋 誠氏が弾けてた、ということでもあるが。
(購入したCDでは、もちろんそんなことはなかった。一度限りのライブでこういう音のバランス調整って難しいな、と)


あとで会場の月間予定をみたら、何と!由紀さおりがラインナップに。
既に終了していたが、このサイズのハコで彼女観れたら「めっちゃ!」旬で凄かったかな~と後悔。
2年くらい前も含め、姉妹のライブには何度か行っていて、いつもとても楽しいのだけれど、今の状況は全く予想つかないもんね....
神のみぞ知る、とはこういうこと(笑)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




建築関係だなとはわかった。
が、誰とは。

ルートヴィヒ・ミース・ファン・デル・ローエ Ludwig Mies van der Rohe(1886~1969年)だそう。

この方は、ル・コルビュジエ、フランク・ロイド・ライトと並ぶ、近代建築の三大巨匠だそう。


と早朝から、知識がふやせるなんて、モダ~ン(笑)
ちょっと素敵かも!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






2012年 3月最終週 の「好カード」をスベダラっと並べ、ご紹介いたします!
(というエントリー・シリーズ since 2006.2 )

このアップの便利な使い方として、次はどんな試合があるのかなと ふと思った時に、当ブログの毎週「月曜」をクリックするとずらっと出てくるので、そうやって使うのがオススメ。
(自分がそうやるために作ってます 笑)


 3/26(月)【英プレミアリーグ】
        マンチェスター・ユナイテッド vs フルハム
       【スペインリーグ】 
        グラナダ vs セビリア

 3/27(火)【UEFAチャンピオンズリーグ】決勝トーナメント準々決勝 1st-leg
        アポエル vs レアル・マドリッド
        ベンフィカ vs チェルシー
       【FAカップ】準々決勝
        トットナム vs ボルトン チェルシーと当たるのは、どっちだ?!
        サンダランド vs エバートン リバプールと当たるのは、どっちだ?!

 3/28(水)【UEFAチャンピオンズリーグ】決勝トーナメント準々決勝 1st-leg
        マルセイユ vs バイエルン
        ACミラン vs バルセロナ! イブラ~絶好のチャンスだぞ!

 3/29(木)【UEFAヨーロッパリーグ】決勝トーナメント 1st-leg
        AZ vs バレンシア
        シャルケ04 vs アスレチック・ビルバオ
        スポルディング・リスボン vs メタリスト
        アトレティコ・マドリッド vs ハノーファー96

 3/30(金)【独ブンデス】
        ドルトムント vs シュツットガルド 香川 vs 岡崎!

 3/31(土)【英プレミアリーグ】
        マンチェスター・シティ vs サンダランド 他、全7試合

 4/ 1(日)【キリンカップ】
        なでしこジャパン vs アメリカ!
       【伊 セリエA】
        ユーベントス vs ナポリ 他、全8試合
       【スペインリーグ】 
        バルセロナ vs アスレチック・ビルバオ カップ戦でかなわないビルバオ、ここで! 他、全8試合


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






トム・ハンクスが監督、脚本、主演。
というだけで、悪寒が走る私(笑)


というのは、若いうちの彼は大好きだったものの...

早くも1994年「フォレスト・ガンプ」の彼がなぜか?好きでなくなり...
その後「キャスト・アウェイ」でなぜか決定的に嫌いになり...
続き、「ターミナル」「ダ・ヴィンチ・コード」「ポーラー・エクスプレス」「天使と悪魔 」もダメダメ!、という具合だからだ!
(TOY STORYでのバズを演ずる声優ぶりには大変満足しているので、ルックス系の問題なのかな?)


気を取り直して、Larry Crowne。
話はオープニングこそリストラで立ち上がり、その緊迫感がしばらくは続く。
が、主人公のその後の選択によってその感覚は急速に薄まっていく。
いきなり青春する主人公(写真)が、その現実味をそいでいくから。

一方で共演陣が充実しており、その薄さ加減を補うべく、個性派がずらりと揃って盛り上げる(誰とは言いませんが!)


はっきり一言でいうとこのプロット、やや「ぬるめ」の話なのだが、この共演陣のおかげで、そこそこ楽しめる。
もちろん主演女優のジュリア・ロバーツは相変わらず、なぜか?!魅力的だし(笑)
指摘しようと思えば、突っ込みどころはかなりあるのだが、トムが「大スター」だから許されている感覚。

まあ~
そういう「ぬるさ」加減を、ノリで楽しめる大人力を持つのが、正しい鑑賞法でしょう!
5月11日に公開予定。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 49 )







昨日放送された、NHK「放送記念日特集 ロンドン五輪を100倍楽しもう」
2012/3/23(金) 19:00~21:50 (NHK BS1)、22:00~23:20 (NHK総合)、24:00~25:50 (NHKBS1)
この合計6時間を、今日一気にみた。
印象に残ったところを以下メモ。


当ブログご贔屓のアーティスト、Anish Kapoor氏がOlympic Parkのアイコンタワーを制作したタワーの紹介。
まだ未完成で中には入っていないが、期待が高まった!

船でテムズ川沿いをまわる、ロンドン市内の名所めぐり→行きたい気分かなり上昇(笑)
本番では、巨大な五輪マークがつり下げられる形でオリンピックを盛り上げる予定の、タワーブリッジ(写真)

開会式のテーマ設定→シェークスピア、しかも映画監督ダニーボイルが演出!

過去のロンドンオリンピックの歴史(1908年、1948年)そして3度めをデザインした3角形の聖火トーチ

2度めが初めてのテレビ中継の開始大会だった話や、日本水泳連盟の同時大会開催などの逸話

外も内も最高にセクシーな水泳競技場「アクアティクス・センター」(これも候補選手たちの闘志に火がつくような話!)

歩いて競技場まで行ける、競技場内の選手村(これも候補選手たちの闘志に火がつくような話!)

ミラクルボディ企画も登場、天才ランナー ウサイン・ボルトの秘密に迫る

こちらも同様に、天才ランナー(長距離) ハイレ・ゲブレシラシエ、パトリック・マカウ

ボート競技で、互いに尊敬しながら競い合い記録を伸ばしてきたテュフテ、ドライスデール

そして最後は、パラリンピック。
ロンドンが発祥の地だったとは...
恐れ入りました!


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





I`ve been blogging since 2008 Beijing Olympics with a title,"How to enjoy olympics with a blog 10 times more"

And,today I found a NHK TV program titles "How to enjoy the Olympics 100 times more"
Oh! 100 times! not 10 times:)


What my blog has been doing since Beijing, is to show all of the events done in the same day,sorting out the competitions in starting order.
This came from my experience at Sydney Olympics 2000.
The day after I came back from the Opening Seremony on the day before the competition started,
I realized that there are so many competitions held at day1 in Sydney
(I felt some kind of dizziness:)

So,I`ve been trying to reproduct that dizzinness by blogging in that way and I found one thing.
That is,"Knowing what is going to happen next even if you can`t see it live on television, is fun "

I`m now looking forward to watch that 6-hour NHK program on 3/23.
I`d like to report about it.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






当ブログでは「 ブログで五輪を10倍楽しむ法」という企画で、オリンピックを楽しみ尽くすことを目指している。

ところが昨日発見したのは!
NHK「放送記念日特集 ロンドン五輪を100倍楽しもう」
2012/3/23(金) 19:00~21:50 (NHK BS1)、22:00~23:20 (NHK総合)、24:00~25:50 (NHKBS1)

なんと10倍じゃなく、100倍とな!!


当ブログでのこのオリンピック企画展開は、
2006年のトリノ・オリンピックでは、通常のブログ展開。
2008年の北京オリンピックで「オリンピックを10倍楽しむ法」を自然発生的に。
過去の「開会式実体験」から引き出した知見を元にしたもの。
2010年バンクーバーでも継続し、今回の2012年 ロンドンでも実施することを、既に宣言している。
(2011-11-07 「ブログでロンドンオリンピックを10倍楽しむ法」起動!)


その2000年の知見とは、2000年シドニー・オリンピックでの現地体験。

<夜の開会式が終わり、翌日起きだすと、そこはもうオリンピック!
<朝飯食べながら、今日の朝刊をチェック。
<今日はどんな競技があるのか?

<そこで「めまい」が起こる。
<なにせ、ものすごい数の競技が1日に同じ都市の中で同時に開催されることを実感する。

<今日の予定競技をチェックしただけで、ちょっとしたパニック状態に陥る。
<朝の新聞に目を通したところで一瞬そういう状態になるのだ!

その感じを以下で多少でも感じていただこう、ということで日の競技スケジュールを時系列にソートし続けた。
けっこう大変だったが、毎日「今どの競技が行われている」を改めてリアルに感じることができ、楽しかった。


当ブログの基本ロジックは、=「基本情報を先に知っておくと、たとえ生で視聴していなくても、より楽しめる」
民放そして、特にNHKが総合のみならずBSも含め多チャンネル展開でオリンピックを提供してくれることでこれが可能になっている。
カットインしてくる日本選手の活躍情報が入った時に、「あ、あれが取ったのか!」とわかる感じがウレシイのだ。

アメリカのようにNBCが独占して放送していると、このような楽しみ方はできにくいだろう。
「ジャパン・コンソーシアム」に感謝!!という、日本ならではのオリンピックの楽しみ方なのだ。


今週金曜のNHKは、なんと合計6時間にもわたるとのこと。
<五輪を間近に控え着々と準備が進むイギリス・ロンドンのオリンピックパークから生中継で、競技施設をいち早くご案内する
<ほか、五輪を前に、大きく表情を変えるロンドンの街の様子もたっぷりと伝えます。

<また、ロンドン五輪で活躍が期待されるアスリートたちの素顔に迫るドキュメンタリーも、本放送に先駆けて紹介。
<一挙6時間、これを見ればロンドン五輪が100倍楽しめること間違いなし!

この日は会合があるので、生で鑑賞はできないが、少なくとも録画してチェックしたいと思う。
なんたって100倍、だからなあ~(笑)
写真のような感じ?!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )







2012年 3月 第4週の「好カード」をスベダラっと並べ、ご紹介いたします!
(というエントリー・シリーズ since 2006.2 )

今週のハイライトは、20日が祭日ということもあり、ゆっくり楽しめる【AFCチャンピオンズリーグ】×2試合(+翌日×2試合)、かな?
あと当日、放送があるかは別として気になるのは、キレキレの香川【ドイツカップ】準々決勝と【コパ・イタリア】準決勝 2nd-legの黄金カード!

このアップの便利な使い方として、次はどんな試合があるのかなと ふと思った時に、当ブログの毎週「月曜」をクリックするとずらっと出てくるので、そうやって使うのがオススメ。
(自分がそうやるために作ってます 笑)

 
 3/19(月)【伊セリエA】 
        ASローマ vs ジェノア
       【ロシアリーグ】 
        スパルタク・モスクワ vs CSCAモスクワ モスクワ・ダービー(笑)
       【スペインリーグ】 
        エスパニョール vs ラシン・サンタンデール

 3/20(祭)【AFCチャンピオンズリーグ】
        FC東京 vs 蔚山現代 14:00~ 生放送
        アデレード・ユナイテッド vs ガンバ大阪 ガンバ、ここできばり~な!
       【英プレミアリーグ】
        アストン・ビラ vs ボルトン ムアンバ大丈夫か...→さすがに延期 他、全2試合!
       【コパ・イタリア】準決勝 2nd-leg
        ユーベントス vs ACミラン!
       【ドイツカップ】準々決勝
        グロイターフェルト vs ドルトムント
       【スペインリーグ】 
        バルセロナ vs グラナダ 他、全2試合!
 
 3/21(水)【AFCチャンピオンズリーグ】
        セントラルコースト・マリナーズ vs 名古屋グランパス
        柏レイソル vs 全北現代 
       【英プレミアリーグ】
        マンチェスター・シティ vs チェルシー!他、全4試合!
       【コパ・イタリア 201】準決勝 2nd-leg
        ナポリ vs シエーナ またまた大物を食って決勝か? シエーナ
       【スペインリーグ】  
        ビジャレアル vs レアル・マドリッド

 3/22(木)【スペインリーグ】  
        ベティス vs エスパニョール他、全3試合!

 3/23(金)【独ブンデス】
        ウォルフスブルグ vs ハンブルガーSV

 3/24(土)【伊セリエA】 
        ACミラン vs ローマ 他、全2試合
       【スペインリーグ】  
        レアル・マドリッド vs レアル・ソシエダ 
        マジョルカ vs バルセロナ 他、全3試合!

 3/25(日)【スコットランド】
        レンジャーズ vs セルティック クラシコ!
       【スペインリーグ】  
        エスパニョール vs マラガ 他、全6試合!
       【伊セリエA】
        ユーベントス vs インテル 他、全8試合

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






義務教育9年そしてその後6年で大学を卒業し、社会人となってあらためて「学び」について痛感する。
至極当たり前の事だが、「学ぶ意思」を強く持っているか否かで、学ぶことの効率が全然違う、ということ。
自己反省することもしきりだし、現社会のいろいろな局面でも、この点について考えさせられることがよくある。
「英語を学ぶのは40歳からがいい」なんて本も最近出版され、大人が目的をもって行う効率の良さがテーマだったように思う。

という中、「ソーシャルメディアがもたらす人と組織の知識革命」をサブタイトルとするこの本に強く惹かれた。


本の冒頭で、半世紀も前に「集合知 IQ」のことを考えていたパーソナルコンピューティングの父、ダグ・エンゲルバードのこんな発言の引用が。
「もしも、突然進化論的な意味において、我々が社交的生物としてのまったく新しい神経系系統を進化させられたらどうだろう? 
 もしも、我々が新しい集合知を開発し活用するために、高度なネットワークでつながるコンピュータのツールや手法を形成し、
 戦略的に協力的アライアンスを組み始めたらどうだろう?」

冒頭ふれた「学び」について、その定義をどう考えるかについても明確な答えが提示されていてうれしい。
「情報を取り込むことによる変革のプロセス」
「学びとは、新しい視点や初めての経験を求めてもっと力強く世界に拘っていくことだ。
 自分が学んだことと他者が学んだことを共有すると、我々の周りにさざ波が広がり、知識や企業、エコシステム、そして社会が変わっていく」

そして、企業の研修についても議論が進む。
その抜粋を以下。
「研修というものは、既存の定量のコンテンツを提供する「外側から掘り下げるアプローチ」と説明できる。
 一方、学びは最近の出来事や長く興味を持っていたり自然に発生したりする学習環境を育む。そして、時代が求めるものに出会える場所でもある。
 ソーシャル・ラーニングは、以下のものを提供する点で、これまでの研修や過去の職場での学習を凌ぐと言える。
 ・より多くの情報ソース
 ・より多くの情報ポイント
 ・ワークフローを助けてくれるコラボレーターとの、オープンな幅広いネットワークの活用」


どこまでを巻き込むか、というのは重要な悩みだが、CIAの内部で使用されているWIRe、企業デロイトの実例を紹介し、そのおさまりどころを示す。
そして続いてその実践法のお勧めのアプローチや、批判への答え方も含め、解説している(第2~4章)

卑近なところでは、311直後の福島第二原発をめぐる情報共有のお粗末さがメディア露出し、非常に見苦しい環境が続いている。
(実は当ブログでは 3-16 に「個人的な直感だが今日「分水嶺」を迎えた様な気がする」と予測していた、って恐ろしい....)

この本では第6章で、こうも記述している。
「新しい技術は結果をドラマチックに演出する。現実よりはるかに多くの場面を提供することができる仮想的な訓練環境においては、特にそうである。
 危険が伴い、実環境面での訓練が事実上不可能な高付加価値商品の生産者、特にインフラ業界、エネルギー業界においては、なおさらそうだ」

どこまでオープンにするかはともかくとしても、スモールスタートでもいいから早急に情報共有の動きを開始しなければならない、という認識を私は改めて持った。


本全体を通してみると、まだまだ始まったばかりのことであるがゆえんのまどろっこしさも感じる(慎重なゆえか、英語本ならではか、翻訳のせいか?)
が、これまで記述しているように「刺激」は十分に含まれているので、お勧めの1冊と言えよう!


最後に、本の中で気に入ったフレーズを以下。
絶え間ないひっきりなしのオンライン情報のアップデートについて、クライブ・トンプソン(WIRED)が語った言葉。

「小さくしかも煩雑にアップデートされる人の情報の数々は、それ事態はたいしたものではない。
 あるいは、とてつもなく退屈なものだ。
 しかし、長時間の間に集積された小さな情報の破片は、あなたの同僚の生き様を驚くほど雄弁に語るポートレートなのだ。
 まるで画家のスーラの絵が幾千もの小さな点から構成されるのと似ている。
 溢れるほどの情報まるでテレパシーのように我々の頭上に浮かび、見えない次元を構築するようなものだ。」


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






こっちはさっさと結果に(笑)

AZ vs バレンシア
シャルケ04 vs アスレチック・ビルバオ
スポルディング・リスボン vs メタリスト
アトレティコ・マドリッド vs ハノーファー96


3チームあったスペイン勢は、きれいに分割という結果。
(ただ準決勝で、アトレティコ・マドリッド vs バレンシアはありうる)
シャルケ04の 内田は、今年もコパの決勝に進出しているアスレチック・ビルバオとの対戦。


さて、ベスト8の試合は、3月 29日に第1戦、次が4月5日。
続いてベスト4は、4月19日に第1戦、第2戦が4月26日。

そして決勝戦は5月9日(水)ブカレスト国立競技場で!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






つい先ほどまで、UEFAチャンピオンズ・リーグのベスト8 組み合せ抽選が、スイス、ニヨンのUEFA本部で行われた。
それは以下。

アポエル・ニコシア vs レアル・マドリッド
マルセイユ vs バイエルン・ミュンヘン
ACミラン vs バルセロナ(昨季王者)
ベンフィカ vs チェルシー

これで決勝5/19まで、スペイン勢のバッティング(クラシコ)はなくなった。


さて、ベスト8の試合は、3月 27、28日、に第1戦、次が3、4日。
続いてベスト4は、4月 26、27日に第1戦、第2戦が5月 3、4日。

ラストは5月19日、決勝の地はフスバル・アレナ・ミュンヘン!!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )







昨日の早朝に終了した、UEFAチャンピオンズリーグ ベスト16。
で、今晩に抽選が行われるベスト8.
はてさて、どういう組み合わせか?


チームは以下の×8。

ACミラン
チェルシー
レアル・マドリッド
バルセロナ(昨季王者)
バイエルン・ミュンヘン
マルセイユ
アポエル・ニコシア
ベンフィカ


最多はスペインの言うまでもない(笑)、リーガ最強クラブ × 2。
逆に去年3チームいたイギリス勢は、今年はチェルシーのみに(それも起死回生の大逆転で)
ヨーロッパ・リーグでもマンチェスター勢が仲良く敗退してしまっている。
これに、ドイツ、ウクライナ、そしてイタリア ACミランは常連としても、残りはドイツ、フランス、ポルトガル、そしてマサカ!(笑)のキプロスと賑やか。


どうしても、最大興味は、前半の4チームの「どこ」と「どこ」が、ここで激突してしまうか。
例えば、
バルセロナ vs チェルシー(くう~・・・数年前の死闘 を思い出す)
ACミラン vs レアル・マドリッド(うひょ~カカの前所属チーム・・・)
とかだが、まさか、
バルセロナ vs レアル・マドリッド、なんて、ないよねえ~ 

と言いつつ、ベスト8の試合は 3月 27、28日、に第1戦、次が3、4日、ベスト4は、4月 26、27日に第1戦、第2戦が5月 3、4日。
リーガのクラシコは4/22なので、準決勝だろうが、準決勝だろうが、4月はクラシコ×2~3連発がほぼ確定か?(笑)


とりあえず、当てずっぽ予想を以下。

チェルシー vs ACミラン
レアル・マドリッド vs バイエルン・ミュンヘン
バルセロナ vs ベンフィカ
マルセイユ vs アポエル・ニコシア



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






既に、2回この予告編を観ているが、なぜか「とても嫌い」(笑)

一度観た時に「なぜだろう!」と感じた理由を検証するつもりで、2度めに向かいあった瞬間に即そういうモードに切り替えた。
にもかかわらず、不快感が先に立ちすぎて結局、判断できず!


当ブログではこの映画をNY滞在中、近くのParis theater に駆け込んで鑑賞済。
その感想を「アーティスト The Artist ノスタルジーというより 時代の変化に立ち向かう姿が、実に現代的」と、2/3に絶賛をアップしてはいる。


その疑問点をあとでつきつめて考えてみた。
海外の予告編ではこんな不快感は起こらない一方で、全く不思議なので。

まず、予告編で選択しているカットで「これはないだろう」なものがいくつか。
つなぎもちぐはぐのように思った。

だけでなく、根本的な問題なのだが...


輸入した映画によくある、会社スタッフによる「恣意的なテーマ誘導」か、実はポイントか。

この問題の予告編では「恋愛物」テイストがやたら強調されている。
自分の感覚では、主人公たち(写真)に流れる感情は「恋愛」というより「尊敬」的なニュアンスが相当に強い。
そこが、この不快なほどの違和感を生んでいるのだろう。

早急な「改訂」を、強烈に配給会社に希望!(笑)


~追記~
この予告編にも、いろいろなバージョンがあるらしい?!
観たのはどのバージョンなのだろう...



コメント ( 0 ) | Trackback ( 31 )








2012年 2月 第三週の「好カード」をスベダラっと並べ、ご紹介いたします!
(というエントリー・シリーズ since 2006.2 )

このアップの便利な使い方として、次はどんな試合があるのかなと ふと思った時に、当ブログの毎週「月曜」をクリックするとずらっと出てくるので、そうやって使うのがオススメ。
(自分がそうやるために作ってます 笑)



3/12(月)【英プレミアリーグ】
        アーセナル vs ニュー・キャッスル 
       【スペインリーグ】
        ビジャレアル vs ヘタフェ

 3/13(火)【UEFAチャンピオンズリーグ】決勝トーナメント第一戦 2nd-leg
        バイエルン vs FCバーゼル
        インテル vs リヨン
       【英プレミアリーグ】
        リバプール vs エバートン

 3/14(水)【オリンピック2012ロンドン アジア最終予選】
        日本代表 vs バーレーン まあ決まるしょ!
       【UEFAチャンピオンズリーグ】決勝トーナメント第一戦 2nd-leg
        チェルシー vs ナポリ  イングランド勢の危機は始まる...(前節 1 vs 3 ...)→延長で勝利!
        レアル・マドリッド vs CSKAモスクワ

 3/15(木)【UEFAヨーロッパリーグ】決勝トーナメント第一戦 2nd-leg
        アスレチック・ビルバオ vs マンチェスター・ユナイテッド マンチェスター勢ここで消滅か?!
        マンチェスター・シティ vs スポルディング  マンチェスター勢ここで消滅か?!
        シャルケ04 vs FCトウェンテ 内田ホームで逆転だ?! 他、全8試合!

 3/16(金)【UEFAヨーロッパリーグ】
        準々決勝組み合わせ抽選! どんな凄い組み合わせが?!
       【UEFAヨーロッパリーグ】
        準々決勝組み合わせ抽選! さてさて! イングランド勢はここにいるか?
       【独ブンデス】
        ホッヘンハイム vs シュツットガルト

3/17(土) 【英プレミアリーグ】
        ウィガン vs WBA  他、全2試合!
       【英 FAカップ】準々決勝
        エバートン vs サンダランド
        トットナム vs 宮市ボルトン QPR破ったアシスト良かったぞ!
       【スペインリーグ】 
        セビリア vs バルセロナ 他、全5試合

 3/18(日) 【英プレミアリーグ】
        ウィガン vs マンチェスター・ユナイテッド  他、全2試合!
       【英 FAカップ】準々決勝
        チェルシー vs レスター・シティ
        リバプール vs ストーク
       【スペインリーグ】 
        レアル・マドリッド vs マラガ 他、全4試合 だんだん順位上昇マラガ、首位食いできるか?

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ   


 
編集 編集