日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



こちらはNY飯シリーズ。

到着し、ホテルにチェック・イン。
さっそく荷物だけ置いて、早々にお昼ご飯に出かけたのは、前からかねがね行きたかったBARNEY GREENGRASS。
今回ホテルがミッドタウンど真ん中ということもあり、食事はミッド~アッパー中心に活動しようと決めていた。
かつ調べてみると、Subwayでわずか15分でいけることがわかったからだ。
写真は外観(クリックすると大きくなります)
う~んなんて庶民的。
こういうの好き!

食べたのは、スモークサーモンのスクランブルエッグ、スタージャンのスモーク、セイブルのスモーク。
これを3人でシェアし、ベーグルをそれぞれ注文して食べた。
どれも他で食べたことの無い味に、全員が夢中でがっついた。
それぞれおいしかったが、特にセイブルのスモーク具合が強力な印象。
また行きたいなあ!

541 Amsterdam Ave (Cross Street: 86th St.) New York, NY 10024

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




と書くと、ホントかよ?と突っ込まれそうなので、このエントリー・シリーズを振り返らせていただく。


【前回までのあらすじ】

ipod touchを出たとたんに購入
      ↓
あまりにガードのかかった通常あるべき機能の「カット」にぶち切れ、jailbreak
      ↓
意外とすぐに日本でiPhone 登場(怒)意地でも買い替えないモードに(笑)
      ↓
1年たち、ついについにコピペできるOS 3.0の登場を前にして、ipod touchをやっとO.S.2.2にバージョンアップ。
      ↓
そして、いよいよ次世代iPhone3G S発表
      ↓
価格大幅ダウンで、ぐりぐらと動揺が継続....
      ↓
そのConclusionは?


「iPadを出たとたんに購入」

このiPadの登場で、やっとこの  シリーズも完了できそう。

ipod touchを使い続け、この操作性にはずっと魅了されてきた。
2つの支点で拡大縮小を行うスムーズさ、キーボードに頼らない入力方法、etc....


あとの検討課題は、通信機能つきにするか否か。
まあその時の懐具合で決めるのだけど、はっきり言ってどちらでも良い(笑)
iPhone、手を出さなくて良かったよ~(しみじみ)


iBooksは米国のみ利用可能なのが、仕方ないとはいえ、ちょっと残念だが。
だが、無理に「出版」でなくても、十分に成立してしまうのがネット社会のような気も?

しかし最も大事なのは.....
この「iPad」は単なるWeb閲覧のための道具じゃない、「創造」のためのツールなのだから、結論=使い倒してナンボ!

(そう考えると、Flash非対応なんてどうでも良くなる)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨年は「チェンジリング」で、まずファースト・ダウン。

続いて、ヤバイかもと身構えたにもかかわらず、ぶっ飛ばされた超魔球「グラントリノ」

そして今日、
三たびふっ飛ばされノックアウト!


ナゼここまで書くかというと.....
過去触れているように、私はずっと「イースドウッド監督もの」嫌いだったからだ!
と聞けば、ただのスポーツ物では全くないことをご理解いただけようか。


タイトルにもあるように、最初の5分だけで、もう既に「号泣」(マジで)
あとは思想とか批評とかなんていう概念なぞ超越し、ただ画面に食い入るようにのめり込むのみ。


ストーリーには触れたくないので、今日目撃したことを最後に。

映画が終わり、エンドロールになったところでかなりアチコチから拍手が上がった。
そして、そのエンドロールが消えるまで、誰も席を立たなかった!


コメント ( 2 ) | Trackback ( 93 )




そして、彼の元気な姿がバッチリのTシャツも。
(写真はクリックするとお大きくなります)

彼はこの店にとって「不滅」の存在なんだなと、しみじみ感じた。


残念ながら今回の旅行には、このメモリアルバンドのショーの日「月曜」は入っておらず。
来年こそは.....と決意する私なのだった!


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




なっっ、なんと!
あの名前が。
(看板トップ。写真はクリックすると大きくなります)

「生前のころ そのまま」に表示が(涙.....)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今回のNYはミッドタウンど真ん中にホテルがあることもあり、そのへんを中心に動いた。
通りがかったので、イリジウムをチェック。
去年、初日に観たライブは一生ものだっただけに。
(2009-01-29アップ レス・ポールトリオ体験記)

すると.....
(写真はクリックすると大きくなります)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




先ほどネットで拾った、アップルのスティーブン・ジョブズのコメント。
1/27に発表されるという噂の新タブレット iPad(?)についてもの。

“This will be the most important thing I’ve ever done” – Steve Jobs, referring to the soon-to-be-launched Apple Tablet.

これはヤバい!
日本でどこまでその機能が使えるか?!という問題点はありそうだが......
(写真はイメージ画像)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




大統領には肖像権がないということらしく、中国訪問時の写真を勝手に使用したらしい? 
早々に終了するらしいが、タイミングがバッチリあったので写真を押さえてきた。
(写真はクリックすると大きくなります)

場所はブロードウエイ。
41丁目と42丁目の間にある。

ウェザープルーフ社、実に大胆な手を打ったものだ。
とはいえホワイトハウスに睨まれるのも、ちょっと.....


(蛇足)
もし私がこの担当者だったらと仮定して、ちょっとイメージしてみると....

この広告の下にその改訂版でかつシャレの利いた企画を用意。
話題になったところで、タイミングよく現在の広告をめくり、下の新企画を露出する。

ゲリラ・マーケティング、てやつですか....
でも想像してるだけで、もう何ですな(笑)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




この映画、全くノー・チェックだった。
のだが、先日発表されたキネ旬の2009年ベストランキング10本に食い込み。
朝刊で気になっていたところに、乗った飛行機の機内映画だったのでさっそく(ラッキー)


田舎の農村に住む親子。
父親はおらず、厳しい生活の中、苦労して家庭を切り盛りする母親。

気の毒なのは、一人息子が頼りないこと。
人が良すぎて、騙されることが日常なのだ。

そんな中、起こる事件。
母親はどう立ち向かったか。


感想:確かにベスト10に食い込むだけのことはある。
後半のたたみかけ具合は全く持って見事。
信念に基づいて行動する母親の強さ
そしてその信念が揺らいだ時、ヒトはどうするか。
(あまり書けない・・・・)
今年のベスト10に入れてしまいそうな、年初の1本だった!

コメント ( 4 ) | Trackback ( 21 )




空港から、今回はタクシーで。
やっぱ、これは楽々!

連れがいることもあって、前回の「連絡バス」とは大違い。
(前は1人。その様子は、当ブログ2009-01-13アップ NY,USA 1/12-1/18 First dayで)

さて、今日はでかけるのでここまで。
このあと、NY音楽ライブ旅行系、NY飯系、NY美術鑑賞系、NYその他....と、盛りだくさんの予定ではある。
日々ブチブチ?、とアップしていきたい。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




さて、機内。

予定通り、着席後、離陸にも気付かないまま、爆睡(よっしゃ~!)
2時間くらいは寝たと思う、
目覚めたら、食事の時間だった(しめしめ)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ニューヨークへ出発する直前に、搭乗待ちのテレビで放送されていた映像。
なんか?!微妙な気持ちに陥る。

今考えると、この時のJALの株価は、7円だったのだけれど、その後......


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日から、NY旅行記をスタートしたいと。
「不況気分をぶっ飛ばせ!!!」というのが、今回もテーマだった。
それなりに完遂したか否かはご判断いたっだければと思う。

前回より短い日程だったので、今回こそ「時差ボケ」との闘いになるのはわかっていた。
このため直前に、NY時間にあわせて行動する、というのをトライしてみた。

まずは空港。
この時点で、かなりフラフラである。
なんたってほとんど寝てない(笑)

そこに日本時間の午前中なのに、ブルペンでしっかりアルコールを仕込んだ上で搭乗を待機。
モチロン狙いは、搭乗後の「瞬間寝」
離陸も覚えてない状態で睡眠を取ろうという訳だ!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




NY行きの機内映画で観たコレをご紹介!
「サロゲート」は、人類の多くが、自分のアバターとなるアンドロイドに自分の生活・仕事をまかせ、本人はその感覚だけ自宅にいて受け取るという未来。
それって、キャメロンの「アバター」の先にある未来?!
あるいは「マトリックス」的世界?!


でもそのわりに(笑).......既視感がぷんぷん漂うのは何故か?!

まず、作りがあまりに古典的。
それは演出のタッチ、語り口調からして。
「マトリックス」の第一作が「名作」に成り得たのも。あの「語り口」の新鮮さがあったからこそ。

そして、主人公がブルース・ウィリスという、いわゆる「メジャー俳優」なのも、この既視感の傾向にさらに拍車をかけ、大マイナスに働いているような気が(「アバター」も「マトリックス」も当時の大俳優を起用していない)
若くて人形みたいにツルツルな彼(写真)も楽しいことは楽しいけど。

まあつまらなくはないのだが、せっかくの「SF」なのだから、もっと驚かせて欲しい気がする。
なんたってアノ「第9地区」を観てしまったあとだけに、ますますそう思ってしまう。。。。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 32 )




先日の「ハドソン」じゃないが、「めざましテレビ」続きネタ。


本日、銀座のメインストリートに、「めざましテレビ」連動「銀座めざマルシェ」が10時半、オープンした。


さすがに、オープン時はたいへんなにぎわいで、はるか8丁目付近まで長蛇の列が(写真)
この施設の特徴は、よくある「○○県」のアンテナショップ、という次元ではなく、日本全国47都道府県の物産品を揃えている、ということ。
「めざましテレビ」がプロデュースし、地下1F~13、までの全14フロアというデパート並みの構成。

オープン・イベントは当然のように、フジテレビのおエラいさんから番組出演中のアナウンサーまでが勢揃いして、なかなかの見栄えだった。
写真右のキラキラしたのは、「めざましテレビ」のキャラクター・めざましくん。
派手なデコレが今風なも?

まあいわゆる暇ネタでした。。。。。。。。。。。。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ   


 
編集 編集