日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



AIDEMAでなくてAISASでなくて...という議論が、今面白い。

自分としては、ソーシャル・ネットワークが今後どう消費行動に影響を与えるか、というテーマは、それを「仕事」と捉えるより、「どう面白がるか」がポイントだと思っている。
手にとったこの本はラストにそういうような記述があり、好感が持てたので読んでみた。


ただし、個人的にはこの本には大きな欠点もあると感じていることを先にふれておく。
こうしたIT最新系の本を書く時に陥りやすいワナとして、「その最先端技術に加担するあまり、強調が過ぎる」場合があること。
そういう時の押しつけがましい感じがうざく感じる表現が、全体に漂うのは事実(特に前半)

そこを外してしまっては「決定的に面白い本」にはならない。
作者が微妙に気付いてないところが、欠点かな。(もともと IT業界ライターのようだから仕方ないか 笑)


そのわりには、インタビューなどで相手がそういう内容をちゃんと語っているのだが、作者がわかってなさそう。
(あるいは、バラバラの原稿をくっつけただけの結果、そうなったか)

例えばそれは、「ユニクロ」のインタビュー。

「いろんなことが溶けているんです。
 商品と広告が溶けていたり、
 メディアというものが企業の外にある一方で、
 企業自身がそうありつつあったり」

「ユニクロ」でいうと、個人的に最近強いインパクトを受けたのが、シャーリーズ・セロン出演のCM。
その後、店の外観でそれが事実ということを改めて確認したのだけれど、この会社やはりわかってるなと強く感じた。
それぞれのメディアの使い方がツボに入っているのだ!

そう!
メディアとソーシャル・ネットワークは別々のものではなく、コミュニケーションを形作る「要素」同士(当たり前!)

なので、そこのフュージョン具合をどう組み立てるところがミソだと思うし、スリリングなところである。
だから「面白がれるか」ところがポイントとなる。


他に面白かったのは、自分が全く理解できない「ゲーム業界」のグリーの発展あるいは「コロプラ」のくだり。
ここもとても興味深く読めた。
(理解できてない恥ずかしい?例:(当ブログ2010-09-09 iPhone 新OS 4.1インプレッション Game Centerに行く時間なんて全くない(怒))
ただ、twitterも含めてそうじゃないかと思うんだけど、携帯ゲーム・SNSなどは、ITインフラによって成立している以上、それが他の進化したテクノロジーに取って代わられるインフラ基盤の構造変化により、たちまち崩れ去る可能性が高いと思う(いい例かわからないけど→ポケベル、とか)
そういう視点を常にもっていると、先の「その最先端技術に加担するあまり、強調が過ぎる」がますます気になってしまう。

まあ~いろいろとけなしてきた(すみません)けど、刺激になった、という点で読んだ価値はあった。
その中身を鵜呑みにせず、必要なところを読む人がちゃんと解釈すれば良い、という読み方さえすれば(笑)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




原題は、L'APPEL DU 18 JUIN
NHK/FTD・BORÉALES(フランス)の国際共同制作。

たまたま再放送(本放送は1W前)を、ちょうど本「憎悪の世紀 下巻―なぜ20世紀は世界的殺戮の場となったのか」を読んでいる事もあって、ドキュメンタリーかなという程度の認識で見始めたら、これが非常に面白いドラマだった。
ので、ご紹介(拾い物と言っちゃあ失礼かな....)


第二次世界大戦が、いかに薄氷のような交渉の中、スレスレのところで勝利しているか、がわかる内容。

ドイツ軍電撃作戦による侵攻によってパリが陥落(1940年6月)
フランスはナチス・ドイツの占領下に置かれ、政府はボルドーに逃れた。
ここで何と!政府はドイツと「休戦条約を結ぶ」ことを決定。

異議を唱えたのがシャルル・ド・ゴールは、撤退するイギリス将校とともに、単身ロンドンへ。
そこでイギリス首相チャーチルにかけあい、BBCでのラジオ演説で徹底抗戦を呼びかける。
これが、レジスタンス運動の出発点となったわけだが、この裏話がドキュメントされている。
万一、フランスがドイツと条約を結んでいたら、歴史が変わっていたかもしれないと思うと、ゾッとする。

歴史に突き動かされて動いたド・ゴールを、ヒーロー視することを抑えた演出がニクい。
チャーチルが彼を説得する言葉にも痺れるし、ド・ゴールの声明内容もやはり素晴らしい。
映画ではなく、テレビ・ドキュメンタリーの抑えめの演出が、実はこの内容にあっているのかもしれない。

今回が再放送だったので、次の放送は当分ないとは思う。
が、そういう機会がきた時は、改めて「お勧めコンテンツ」として、当ブログでも紹介したいと思う!


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




トリニード・トバゴで開催中の、【2010 FIFA 女子 U-17 ワールドカップ】
日本 vs 韓国という組合せの「決勝」で、勝った方は間違いなく、初優勝(痺れる....)

凄いシーソーゲームの90分。
前半7分、韓国が先制の4分後、そして6分後にゴールで逆転!
ところが前半終了と思ったロスタイム、韓国にフリーキックを直接ゴールに叩き込まれ前半は同点で終了。
そして後半10分、FW加藤 千佳がゴールし突き放す!
が残り10分となった78分、韓国が最後の交代枠を使い切り勝負に出た直後、その選手が同点ゴール。
采配がまた的中、またやられた。。。。
しつこいなあ~相変わらず....韓国。

延長前半10分、横山が足をつり、試合中断するなど、両チームとも疲弊。
が、どちらも交代枠は使い切っており、消耗戦に。
倍以上のシュートを放つものの(37本。韓国は15本)結局は決着が付かず、PK戦に。

韓国の一本目、GK平尾 恵理が止めた!
ところが次の和田が吹かしてしまい、1vs 1
結局5人では決着がつかず、6人目で日本はバーに当たり、次で決められた。
優勝は韓国に。

ものすごく惜しかったけど、まだ17才。
今後が楽しみなヤングなでしこ!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




トリニード・トバゴで開催中の、【2010 FIFA 女子 U-17 ワールドカップ】
現在、 アジアカップ状態の、日本 vs 韓国という組合せで「決勝」が行われている。
勝った方は間違いなく、初優勝(痺れる....)

さすが日韓戦、攻守の切り替えも早く、見応えのある展開。
7分、韓国に先制されてしまうが、4分後のロング・シュート、そして6分後田中 陽子がゴールで逆転!
ところが前半終了と思ったロスタイム、韓国にフリーキックを直接ゴールに叩き込もれ同点に。

そして後半。
10分、FW加藤 千佳がゴール!
その後も優位に試合を進める日本。
前半以上にシュート数で韓国を圧倒し、この時点で21本(韓国8本)
そうなると、もう願いは「もう1点もぎ取れ~!!」
となると期待は横山だが、けっこうマークが...(そりゃそうだ)

残り10分となった78分、韓国が最後の交代枠を使い切り、勝負に出る。
そして直後、その選手が韓国が同点ゴールをゲット。
采配が的中、やられた。。。。

こうして90分が終了、延長へ......

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




トリニード・トバゴで開催中の、【2010 FIFA 女子 U-17 ワールドカップ】
現在、 アジアカップ状態の、日本 vs 韓国という組合せの「決勝」が行われている。


さすが日韓戦、攻守の切り替えも早く、見応えのある展開になっている。

7分、韓国のミドルシュートから、日本は先制されてしまう。
が、4分後の11分、コーナーからの跳ね返りを持った韓国DFからMF猶本が奪った直後にロング・シュート!
日本の同点ゴールが決まる。
そして、6分後の17分に今度もMFの田中 陽子がゴールを決め、逆転!

このあとは試合が動かず、前半終了と思ったロスタイム。。。。
韓国にフリーキックを直接ゴールに叩き込もれた(う~ん)
さすが敵もさるもの。。。。

とはいえ、シュート数は韓国の倍打っている。
後半もがんばれニッポン!
がんばれなでしこ!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




トム・クルーズとキャメロン・ディアスがバニラ・スカイ(2001年)以来、久々の共演ということで話題になっている最新スパイアクション映画、「ナイト&デイ」

そもそも、こういう 007型スパイ映画に自分的に求める要素とは。。。

1.世界をあちこち飛び回る
2.しがも、ツボをついた場所
3.上々のアクションが、
4.テンポよく展開
5.主演級の俳優の個性が生きるシークエンスをきっちり用意してある

さて、この「ナイト&デイ」 の場合は?


<1.世界をあちこち飛び回る
<2.しがも、ツボをついた場所
ボストンに始まり、NY、オーストリア、そしてセビリア(行ってみたい場所!)とこの点、大満足。

<3.上々のアクションが、
<4.テンポよく展開
ギャグもからんだ航空機アクションでまずつかまれ、一気にラストまで。
いかにもハリウッド的だが、これはこれで王道!

<5.主演級の俳優の個性が生きるシークエンスをきっちり用意してある
トムは、一本気でクールなCIAエーシェントが実に似合う(それ以外はどうかという説もあるが 笑)

そしてキャメロンといえば、ソフトバンクのCMじゃないが、ニコニコとしゃべりまくるのが彼女の味。
この彼女の味が120%生きるシークエンスが用意されていて、素晴らしい。
そのシークエンスならではの暴言に近い発言が連発され、笑える笑える!

去年、当ブログでナンバー1アクションに押した「96時間」(2009-08-19 褒め言葉1~5でわかっていただきたい、必見のアクション!)と違い、1.世界、2.ツボの場所があるところが、これはこれでポイントが高くなってしまう、おすすめのアクション&ギャグ映画なのだった!

そういえば、さっきやっと気付いたのだが、「96時間」で娘を演じていた女優がこの作品にも出てるような。。。キャメロンの妹として。どっかで見たな~とは思ったけども。

コメント ( 1 ) | Trackback ( 66 )




最近、安定はしているものの、高スコアは少なかったが、昨日(9/22)久々に、目標としている IP 数(訪問者数)で、835 IP となった(手前味噌で恐縮)

順位でいうと、gooブログ1469495ブログ中,、 511位 。
過去の記録の中では3位となる。

ちなみに過去は、
1. 3143PV 1949IP  86位 (2009.09.13(日))
2. 2711PV 1106IP 308位 (2010.04.11(日)) 


どの場合も「新鮮なネタ」がキー・ポイントだというのは、今回もそう。
おもしろいのは、それが今回のように「最新時間のネタ」がポイントの場合もあるが、必ずしもそうでなくても良いこと。
「目のつけどころ」が良ければ、それがきた瞬間にちゃんと「くる」というところ。
そういう視点で、今後もやっていきたいと思う!

写真は、835にちなみ、その数の入ったイギリス海軍のマーク。
お遊びということで....

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨日のトリニード・トバゴで開催中、【2010 FIFA 女子 U-17 ワールドカップ】準決勝。
日本は前回優勝の北朝鮮から、たて続けのゴールで逆転勝利で、2 vs 1!

決勝点は、しかも仰天ゴール!
FWワントップの横山 久美が決めたこの決勝点は、マラドーナ級のキーパー含め(のべ)7人抜き? の神ゴ~~~~ル。
昨日も書いたけど、これは見る価値ありますよ!
1人、また1人抜いていくたびに、観客がヒートアップしていって.......
今年のナンバー1ゴールかもしれない。

今日になっても、その印象がまだくっきりと残っていて、現在放送しているバルサ戦を差し置いて、こうやってアップしている(笑)
というのは意外に、昨晩のテレビで、そのシーンの露出がなかった(と記憶している)
ので、ここであえてまた紹介。

映像はyoutube上や、ニコ動でいろいろ上がっているので探してみて下さい。


これで彼女は、5試合連続でゴール。
大会MVPになれるといいなあ.......

決勝のは25日(土)(日本時間では翌朝)
Hasely Crawford Stadium(写真)で行われる。

今度も相手に不足はない。
宿敵 韓国。
がんばれニッポン!
がんばれなでしこ!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




トリニード・トバゴで開催中の、【2010 FIFA 女子 U-17 ワールドカップ】準決勝。
先ほど、スペイン vs 韓国の試合が終了、韓国が決勝進出した。
これによって、次の試合が日本 vs 北朝鮮のため、今回の決勝はアジアカップ状態に。


そしてその試合の結果は・・・

日本 vs 北朝鮮 の決着は、なんと2 vs 1で日本勝利!
しかも前回優勝の北朝鮮から、たて続けのゴールで逆転勝利とは、あまりに美しい。。。。


<4試合連続でゴールを決めている、FWワントップの横山 久美は控え。
<後半に出場して、一気にたたみかけるのだろうか?

予想より早く、32分に途中出場し、70分に決勝点!!
しかも、マラドーナ級のキーパー含め(のべ)7人抜き?の神ゴ~~~~ル!
(これは見る価値あり!)
強力な攻撃陣が持ち味を発揮し、見事勝利を収めた。

25日(土)(日本時間では翌朝)にHasely Crawford Stadiumで行われる決勝の相手は、宿敵 韓国。
今度も相手に不足はない。
がんばれニッポン!
がんばれなでしこ!




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




トリニード・トバゴで開催中の、【2010 FIFA 女子 U-17 ワールドカップ】準決勝。
先ほど、スペイン vs 韓国の試合が終了、韓国が決勝進出した。

これによって、今回の決勝は「アジア対決」が決定。
アジアカップ状態に。

これから行われる、日本 vs 北朝鮮 の勝者が決勝にいく。
現在、スタメンまで発表になったところ。


4試合連続でゴールを決めている、FWワントップの横山 久美は控え。
後半に出場して、一気にたたみかけるのだろうか?
北朝鮮はもともと日本より地力は上、あのドイツにも勝利して準決勝にきている。


一方、日本も強力な攻撃陣が今回の持ち味。
初戦のスペインは負けたものの、ベネズエラ、ニュージーランドにそれぞれ6点取って準々決勝に。
そして身長差の激しいアイルランド相手に、2 vs 1 で決勝進出。

相手に不足はない。
がんばれニッポン!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




最近よくきくキーワードになった「ガラパゴス化」だが、この本では3つの角度から、この現象をみている。

1.日本製品のガラパゴス化
2.日本という国のガラパゴス化
3.日本人のガラパゴス化

日本製品でいうと、携帯電話だけでなく、医療サービス、大学、会計基準、デビットカード、電子マネー、おさいふケータイ、そしてカーナビまでにわたる事例はいちいちうなずける。


「日本製品のガラパゴスの行きつく先」について言及している第二章が面白い。
読ませる引用、分析が私的には3つはあった。

それが絶対正しいという認識でもないが、少なくとも列挙しておくと、
1.実はアメリカも「ガラパゴス仲間」(本文では同義語でパラダイス鎖国」)

2.国際競争力を国際収支統計でみると、
貿易収支(黒字だが↓)
所得収支(黒字で↑)
サービス収支(赤字)
投資収支(赤字で↓)
今後、特に「サービス収支」の改善に期待、という視点が個人的にはマル。

3.長期的にみた日本のポジション(アンガス・マディソン教授からみた)
日本のGDPが「世界の8%近くを占めていた時代自体が19世紀以降の歴史の中では
ごく短い期間なのであり、いずれGDPシェア3%の国に戻っていく」

まあ~そうならないように、今アタマを使いたいわけだが!



そして8つの戦略の方向性を提示し、具体的に脱ガラパゴス企業の事例紹介のあとは、その中でもありそうな方向性の議論。
前述のように、日本製品だけでなく日本人の「今後のありよう」について論述しているところが刺激的。


その中で出てくるキーワードを。
「ゲームのルールをつくる、ゲームのルールをかえる」

大きくわけると、
1.意図的に先手を打ったり、あるいは意図的に後手を打ったりする
2.ゲームの結果、得られる利益を提携、情報操作、公的主体への働きかけによって自社に有利なようにあらかじめかえてしまう

ここで私的には思い出すのが、2002年ワールドカップ招致活動での韓国のしつこい動き。
まさにこういった手法で、ねちっこく攻めてきたことを思い出す。
あとで方々に悪い印象も残してはいるが(笑)それまでに経験したことのないものだった。


最近こういう点で驚いているのが、地デジの日本の放送方式の海外採用について。
日本方式を採用したブラジルなど南米10カ国について、関心が高かった当ブログ(2006-04-16など)
だが一方で戦慄したのは、それが日本メーカーの追い風にあまりなっていないというニュース。

そして今日の朝刊にまたそのような記述が!
アフリカ南部でも現在デジタル方式採用を検討しており、争奪戦の最終局面を迎えている。
が、ここでもやはり日本メーカーとの連携などの総合戦略に欠けるという指摘があるそう。
せっかくのこのチャンスを生かすべく、日本人には今回は奮闘願いたい!
ではいと本当に「ガラパゴス」になってしまうかもしれない......

コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )




「瞳の奥の秘密」(2010-08-05 )の時も書いた.
通常触れられない世界の映画をみると、ハリウッド映画や日本映画にない生活の「その国」独自な「感性」を発見できるのが面白い。

でいうと、今回は「イラン映画」
なのだけれど、普遍的にうなづける部分と、そうでない部分を発見するのが醍醐味!


バカンスのはずが、事件発生で一転して鬱々たる日々に陥るグループ。
タイトル通り、1人の女性が忽然として消えてしまう。

彼女は死んだのか?
それともただの失踪か?

グループ各々のメンバーがおかれた状況や個性の違いから出てくる「アク」
このぶつかり合いがリアルで、目が離せない。
それほど複雑怪奇な状況ではないところが、その「アク」を理解しやすく出来ている。

一方、クライマックスでは、日本と微妙に違う「倫理観」が表出し、ここも興味深い。
それを軸として「本音」⇄「ウソ」をめぐっての議論がまきおこる。
この「共通する認識部分」と「国民性の違いが明らかに露出する部分」を感じて楽しめるのが、この映画の楽しみ方。
良く知らない国をかいま見れるというのは、実に映画の醍醐味!




コメント ( 0 ) | Trackback ( 22 )




新OS 4.1 がリリースをインストールし、先日その感想をアップした(2010-09-09)

視覚的な変化としては、唯一デスクトップに1つだけアイコンが追加されたが、
ところが!そのアイコン、クリックしてみると→GAME CENTERに接続

ゲームに使う時間は一秒たりともねえや!な私にとって、そのアイコンは即刻「抹殺」
はじっこのフォルダに放り込まれている(当然サインインなぞしない)


ところが、今日知った話なのだけれど.....
Game Centerを起動していると「電池の消耗が早くなる」とのレポートが!
それを防ぐにはサインアウトして再起動せねばならぬと。。。。

目障りなだけじゃなく、使用時間にまで悪影響を与えるなんて....
恐るべし!Game Center。
写真のアイコンには、くれぐれもご注意下さい(笑)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今回発売されるディスクには、未公開映像「6時間」(そんなの聞いたことない!)
だけでなく、合計「12時間」もの特典を収録しているとのこと。

その内容は、
LIMITED EDITION COLLECTOR’S SET
・2-Disc Blu-ray with all extras as detailed below
・Standard Definition DVD
・45th Anniversary Soundtrack
・100-Page MY FAVORITE THINGS scrapbook
・Snapshots from Salzburg
・Reproduction of the original 1965 Souvenir program
・Exclusive “My Favorite Things” Music Box with letter of authenticity

3-DISC COMBO SET:BD DISC-1
・Feature Film Remastered in 1080/24f Hi-Def with DTS-HD MA7.1 Sound
・Your Favorite Things: An Interactive Celebration ― All-New Immersive Viewing
・Experience with Behind-the-Scenes Images, On-Screen Lyrics, Trivia Track and
・Location Quiz
・Music Machine Sing-Along
・Audio Commentaries with Julie Andrews, Christopher Plummer and Director Robert Wise
・BD-LIVE: Live Looku Powered by IMDb

3-DISC COMBO SET:BD DISC-2
・Musical Stages: Creating THE SOUND OF MUSIC ― All-New Interactive BACKLOT TOUR with In-Depth Featurettes on the Songs, the Stage Show & Movie, the Film and Sound Restoration and the Real-Life von Trapp Family
・A City of Song ― Virtual Map of Filming Locations in Salzburg, Austria
・Vintage Rodgers & Hammerstein and THE SOUND OF MUSIC Programs
・Screen Tests, Rare Treasures, Interviews, Photo Galleries & More!

3-DISC COMBO SET:DVD
・Feature Film In Standard Definition
・Newly Remastered Picture and Sound
・Optional Sing-Along Track
・Music Machine Sing-Along
・THE SOUND OF MUSIC Tour – A Living Story


ぐわ~!
さすが名作かつ名曲ぞろいあって、1965年の公開当時のものだけでなく、音楽面からフィーチャーした内容も盛りだくさん。
これぞ「史上初」の特典満載(限定の「豪華コレクターズボックス」も同時発売されるらしい:写真)

youtube上には、この予告編(あくまでもティーザーレベルだが)もアップされている
(The Sound Of Music Blu-ray Teaser Trailer)
もう待てない(笑)その発売日は、アメリカで11月2日(日本では、12月3日)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




名作中の名作といえる作品はそうないが、ためらいもなくそう言えるミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」。
これが遂にブルーレイ Blu-rayになって発売されるそう!

「オリジナル65mmネガティヴからのFOX DIアーカイヴを経た完全復元盤」って、何か凄そうではないか。
高画質で、マリアが草原を駆け巡ると思うだけで、もうワクワク。
(写真をクリックすると、多少大きくなるので、その気分をお楽しみ下さい)


しかも今回発売されるディスクには、未公開映像「6時間」(そんなの聞いたことない)
だけでなく、合計「12時間」もの特典を収録しているとのこと。

その内容は、次のエントリーで....


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ   


 
編集 編集