田舎住まい

吸血鬼テーマーの怪奇伝記小説を書いています。

一粒の麦のよろこび。 麻屋与志夫

2018-09-02 12:41:46 | ブログ
9月2日 Sun.

●おどろきだった。元塾生からとつぜんコメントがはいった。遠くからわたしのブログをよんでいてくれた。それだけでも、ありがたかった。

●そのうえ、的確にわたしのあの当時――30数年ほど前になるかと思うのだが――の心境をよみとってくれていた。うれしかった。

●わたしのひとこと一言を、よく覚えていてくれたものだ。感謝している。

●もういちどよんでみたいと言う作品??? すっかりわたし自身が忘れていた。14年くらい?? 前にかいた作品だった。直腸癌を発病し、もうこれまでか? と覚悟した。自動筆記法で一気呵成にかきあげたものだった。

●指摘されなければ、すっかり忘れていたから、朽ち果ててしまう運命にあった作品だ。

●再録しながら、側にカミサンがいなくてよかった。めずらしく感傷的になっていた。

●70歳になったとき、上に記したとおり難病におそわれた。それでも塾は一日もやすまなかった。

●だがもういちどだけ夢を見ることにした。三度目のカムバック、せめて雑誌に作品を発表できればと……毎夜、小説をかきだした。いまだに挫折続きだが――。

●カクヨムのような投稿サイトがある。作品をよんでもらえるという願いはかなえることができる。

●それもわたしのことをよくしっている元塾生によんでもらえるなんて。わたしは果報者だ。

●よむだけではなく、わたしの志をうけとってくれている。

●キザでおはずかしいのだが、一粒の麦になれたような、すがすがしいきもちでこのブログをかくことができた。もういちど、ありがとう。



麻屋与志夫の小説は下記のカクヨムのサイトで読むことができます。どうぞご訪問ください。

カクヨムサイトはこちら




  今日も遊びに来てくれてありがとうございます。
 お帰りに下のバナーを押してくださると…活力になります。
 皆さんの応援でがんばっています。


にほんブログ村


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« カクヨムに作品をまとめてい... | トップ | 「白」いまどこにいるの?  ニ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございました。 (元塾生)
2018-09-03 06:56:22
先生

久しぶりに読みたかった作品を拝読させて頂きました。ありがとうございました。
ご尽力に感謝致します。
やはり記憶にあった通りの面白さで、改めて、より多くの方の目に触れて欲しいと感じました。

いま思い返せば、先生は常に弱者に寄り添うように生きてこられたように思います。

とある女子生徒の家族が地方議会選挙に落選した際、田舎特有の無邪気な残酷さも75日を過ぎる頃には収まるであろうと女子生徒を励まし、他の生徒には中学生にも理解できるよう言葉を選びながら、辛く悲しい経験の尊さを説いてくださいましたね。

レストランの経営も、新たなビジネスに進出したというより、人助けとして参画されたと人伝てに伺いました。

厭世的な人間不信者になられても仕方がないような仕打ちを受けながらも、決して逃げずに真正面から全てを受け止め、人を嫌うことが出来ず、ただひたすらに人を信じ、人を愛し続けてこられた先生の生き様は、多くの人に映画やドラマ以上の感動と敬意を与えるものであると信じております。

干してある麻の匂いをくぐりながら靴を脱ぎ、先生が笑顔で迎えてくださる教室へと入っていった頃を懐かしく思い出します。

ありがとうございました。
すばらしい記憶力ですね。 (麻屋)
2018-09-03 23:12:25
そうですね。わたしが、いちばん苦しかった時に、立ち会ってくれたのですね。
村八分。いまていう、パワハラでしょうか。でも、若いお母さんたちが、「アサヤ塾」を支持してくださったので助かりました。
わたしの苦しい心情をよく理解してくれていたのてすね。うれしいです。
小説も、読者と作家の息が合ってこそ存在するものです。
これから、全作品をカクヨムにのせていきますから、なにとぞよろしくおねがいします。

コメントを投稿

ブログ」カテゴリの最新記事