そこそこの放送作家・堀田 延が、そこそこ真面目に、そこそこ冗談を交えつつ、そこそこの頻度で記す、そこそこの映画のブログ。
人生そこそこでいいじゃない



コクリコ坂から [Blu-ray]
宮崎吾朗
スタジオジブリ


宮崎駿監督の息子、宮崎吾朗監督の監督第2作。
昨年NHKで放送していたとき偶然見たドキュメント「ふたり/コクリコ坂・父と子の300日戦争~宮崎 駿×宮崎吾朗~」がたいへん面白かったので、どんな映画なのかと楽しみにしていた作品。
ようやくBlu-rayが出たので鑑賞。
その感想。

うーむ。
やはり宮崎駿は宮崎駿。
オンリーワンなのだ。
宮崎駿監督とそれ以外の監督では、なにかが違う。
今作でもそうだし、その前の「ゲド戦記」でもそうだし、米林宏昌監督の「借りぐらしのアリエッティ」でも感じたのだが、具体的には言えない「なにか」が決定的に違う。
その「なにか」はおそらく作画の構図や、キャラクターの動きや、テンポの微妙な違いなのだろう。
具体的には言えないのだが、「なにか」が天と地ほど違うので、今作も最初その違和感に戸惑う。
とくに前半の30分ぐらいがつらい。
物語の筋が良くつかめず、主人公にも感情移入があまり出来ず、その上、全体的にアニメがアニメとして微妙にフワフワ不安定なので、観ている方を不安にさせる。
中盤ぐらいからは、このタッチに慣れてくるからか、物語の筋がようやくはっきりしてくるからか分からないが、なんとか観られる映画になってくる感じ。
星をつけるなら申し訳ないけど2つ。★★
なにかがしっくりこないのだ。
「このときこんな顔で泣かないだろ」とか「このときこんな構図ないだろ」とか思っちゃうのだ。
つまり、逆に宮崎駿の天才性が際立つ映画でもある。
やはり宮崎駿は宮崎駿。
オンリーワンなのだ。

天才の息子ってたいへんだな。

ま、この映画も悪くはないけどね。
ただし、良くもない。

NHK ふたり/コクリコ坂・父と子の300日戦争~宮崎 駿×宮崎吾朗~ [Blu-ray]
クリエーター情報なし
スタジオジブリ


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




大往生したけりゃ医療とかかわるな (幻冬舎新書)
中村仁一
幻冬舎


老人医療についてかねがねうっすら思っていたことをズバリ書いてくれている本。
全国の病院の待合所に1000万冊ぐらい配布して、毎朝用もないのにやってきて医療費で国家予算を疲弊させている老人たちに読ませればいいのに。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




マイティ・ソー ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]
クリエーター情報なし
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン


夏の話題作『アベンジャーズ』に備え、関連作を見る。
今回は『マイティ・ソー』にしてみた。
ほぼ予備知識がないのだが、どんなものか?

これ、すごいな。
こんな話だったんだな。
まぁ、なんとなくは分かっていたが、それにしても荒唐無稽もいいところだ。
こんなぶっ飛んだ設定のヒーローが『アベンジャーズ』ではアイアンマンやキャプテン・アメリカやハルクと共に戦うのだからムチャクチャだ。
どう考えてもこのソーが最強だろう、と思うのだが『アベンジャーズ』ではそうでもないのだろう。
こういうのは昔からたまにあった。
ウルトラマンと仮面ライダーが一緒に戦うとか。
マジンガーZとデビルマンが一緒に戦うとか。
実はパワーバランスが微妙に気持ち悪いというか、どっちが強いかそもそも決まっているはずなのに、そこはボンヤリ誤魔化す感じの作品。
『アベンジャーズ』もそうなのだろう。
まぁ、別にいいといえばいいのだが。

この『マイティ・ソー』
星は2つ。★★
なんだかもう笑っちゃうのだ。
何から何までムチャクチャで。
ただ、面白いよ。
面白くない映画ではない。
でも、笑っちゃうのだ。

あとは『インクレディブル・ハルク』だけだな。
ハルクを演じたエドワード・ノートンが『アベンジャーズ』出演は断っちゃったので、少し関連性は薄いのかな。
それよりも『アイアンマン』の1と2を見直しておいたほうがいいかもだ。

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )




ドラゴン・タトゥーの女 デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [Blu-ray]
クリエーター情報なし
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント


デヴィッド・フィンチャー監督の最新作を観ることに。
なかなか評判が良かったが果たして?

デヴィッド・フィンチャーはやっぱりお上手。
そういう感想。
今思えば『セブン』や『ファイト・クラブ』はスゴイ映画だった。
『パニック・ルーム』や『ソーシャル・ネットワーク』はたいした映画じゃなかったし、『ゲーム』はある意味酷い映画だったけど、マドンナの『ヴォーグ』のPVとか今観ても格好いいし、まぁデヴィッド・フィンチャーって人は間違いなく天才なのだろう。
そんなフィンチャーらしさがとても出ている本作は、なかなか上質なサスペンス。
2時間半に詰め込みすぎなので若干『なぜ?」な部分が残るし、なにより最終的な謎の真相自体が誰もが最初に思いつく方向なので思わず膝を叩くようなカタルシスに欠けるのは難点。
ただそれでも主演女優ルーニー・マーラの身体を張った迫真の演技で、見応え満点の物語に仕上げている。
正当派美人っぽい顔をしている女優さんなのに、よくもまぁこんな激しい役を引き受けたもんだ。
その度胸だけで、十分。
星は3つ半。★★★1/2

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー  ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
クリエーター情報なし
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン


この夏、スゲー映画が来るのだ。
「アベンジャーズ」
アメリカではすでに公開たった5週で歴代興行収入の第3位につけている。
「アバター」「タイタニック」に次ぐ第3位だ。
5週間で5億5700万ドル稼いでいるのだ。
これはやばい。
やばすぎる。
歴代1位獲得の可能性すら見えてきている。
「アバター」越えだ。
どれだけ面白いのか、というものだろう。

というわけで、日本では夏に公開されるその超大作映画「アベンジャーズ」に備え、関係作を見ておく必要がある。
マーベルコミックスの人気キャラが一堂に会する映画だ。
「アイアンマン」と「アイアンマン2」はすでに観た。
残るは「マイティ・ソー」と「キャプテン・アメリカ」と「インクレディブル・ハルク」なのだが、なんとなくまずはこの「キャプテン・アメリカ」から手をつけることに。
その感想。

全く予備知識なしで見たのが良かったのだろうか、そこそこ面白かった。
とくに前半、キャプテン・アメリカが生まれるまでの物語が程よくベタで心地良い。
なるほど、そういうバックボーンと過程を経たヒーローがキャプテン・アメリカなのだな、と妙に納得。
星を付けるなら2つ半か。★★1/2
途中、どうでも良くなり睡魔が襲う場面もあるのでこの点数。
ただ、この手の映画に良くある感じほど悪くはない。

にしても「アベンジャーズ」やばいな。
本当に面白いのかは疑問だが、大ヒットしていることだけは間違いない。
うーむ、楽しみだ。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )