そこそこの放送作家・堀田 延が、そこそこ真面目に、そこそこ冗談を交えつつ、そこそこの頻度で記す、そこそこの映画のブログ。
人生そこそこでいいじゃない





映画「SUPER 8」
スティーブン・スピルバーグが製作で、『ロスト』のJ.J.エイブラムスが脚本監督を務める話題作。
最近めったに映画館になんて行かないのだが、この組み合わせで、宣伝文句は「今年度最高傑作」
ついつい観に行ってしまったよ。
その感想。

ひとことでいって、雑。
とにかく雑。
『ロスト』でもそうだったけど、やはりJ.J.エイブラムスというクリエイターは思わせぶりが上手いだけで、結局、雑なのだ。
伏線を張って張って張りまくった挙げ句、いっさい回収しない、いやそもそも回収する気すらない、そんな『ロスト』と同じ雑さが、なんとももったいない子供だまし。
星2つ。★★

冒頭とかは実に上手いのだ。
最初の5分で、僕は傑作を確信した。
微妙に「E.T.」に似せた雰囲気も前半は期待感を増幅させる。
時代は1979年。
意味深な母の死。
ちょうど発生しているスリーマイル島事故。
犬たちの謎の失踪。
なにかが映った8ミリフィルム。
最高にいい子役たち。
人物造形、細かな伏線、とにかく前半は「これはどんな傑作になってしまうのだろう?」という期待感だらけ。
ワクワクドキドキで進む。

ところが、中盤ぐらいから雲行きが怪しくなってくる。
いつまで経っても出て来ない、あっと驚く新展開。
いつまで経っても出て来ない、ああそうだったのかという膝を打つ感。
後半になるとだんだん物語の決着点が透け始め、じわじわと感じる「え、それだけのこと?」感。
せめて「E.T.」のような二転三転のストーリーテリングだけでも考えればいいのに、そんな工夫すらなし。
ひとことでいえば、中途半端な「極悪版E.T.」みたいな話。
もう少しなんとかならなかったのかよスピルバーグ。
製作にタッチしているなら、エイブラムスに忠言しろよ。

とにかく前半に張られる伏線は1つも回収されない、と割り切って観ればまだ楽しめるのか。
二度目を観ればもう少し楽しいのかも。
唯一子供たちのドラマとしてみればやや観られるのだが、とはいえ底は浅い。
やるならもっと徹底的に親との確執や絆の欠損と再生を描ききればいいのに。
中途半端。
というか、あれでは泣けん。

にしてもエイブラムスって人は、ああいう造形のモンスターが好きなんだね。
だって「クローバー・フィールド」とほぼ同じデザインじゃん。
失笑。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ちはやふる (1) (Be・Loveコミックス)
クリエーター情報なし
講談社


少女漫画だけど面白いと聞き、購入。
一気に最新の13巻まで全巻読破。

素晴らしいね、これ。
素晴らしい青春コミック。
少女漫画だけど、男でも共感出来る。
素晴らしい。

10月からアニメ化されるらしいが、ドラマ化も面白そう。
主人公ちはや役は、今ならもちろん武井咲だろうな。

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )






噂のガラポンTVを導入した。
自動でテレビ番組を全てワンセグで録画保存してくれる機械だ。

2TBのハードディスクを接続し、過去50日分を常に保存するように設定。
これで同録忘れで番組チェック出来なかったりする不具合がなくなった。
まさにテレビマンのための仕事道具。
外からiPhoneで遠隔視聴も出来るようだが、設定がよく分からない。
後日チャレンジしよう。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




明日6月16日(木)深夜25:51~テレビ朝日にて「教えて!ストリート通」(7月上旬までレギュラー放送残り4回)
あさって6月17日(金)深夜25:05~フジテレビにて「右脳活性ヒラメキ鬼退治オニ★ギリ」
よろしければぜひご覧下さい。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




GIRLS' GENERATION(期間限定盤)(DVD付)
クリエーター情報なし
NAYUTAWAVE RECORDS


出た。
少女時代のアルバム。
ついに全曲日本語歌詞だ。
韓国語は韓国語で音の響きが可愛らしいのだが、やはり日本語で歌ってくれると親近感が沸く。
最近少女時代のマグカップも手に入れてしまった(もしもツアーズのスタッフに新大久保で買ってきてもらった)
どうしよう。
もうすぐ43歳なのだが。

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )