そこそこの放送作家・堀田 延が、そこそこ真面目に、そこそこ冗談を交えつつ、そこそこの頻度で記す、そこそこの映画のブログ。
人生そこそこでいいじゃない



離婚は、怖い。
想像以上に、怖い。
特に、男子。
離婚は、怖い。
精神をやられる。
離婚を考えている男子、心するように。

先日、某会議で某プロデューサーに言われた。
別会議で某ディレクターにも言われた。
「離婚して以来、堀田さん、すさんでますよね~」
……
……
……
確かに、すさんでいた。
心がすさんでいた。
自分が自分じゃない感覚。

だから発言に知らず知らず毒が混じる。
考え方がネガティブな方向を向く。
「どうせ何やったって数字取れない枠じゃん」
「こんな枠でやらされても、企画つぶしだよな」
「ま、いいんじゃないの、そんな感じで」
発言がポジティブじゃない。
ネガティブ。
まったくもって、よくない。
反省。

僕とほぼ同時期に離婚した後輩作家から、先日の夜中、突然メールが来た。
ヤツも精神的に相当参っているらしい。
同じ境遇の僕に、仕事がつらいと愚痴をこぼしてきた。
なにがつらいって「なんのために働いているのか分からない」らしい。
実は、僕もそうだ。
一度結婚すると、妻のため家庭のために働く感覚が染みこんでしまう。
で、それを失うと、もう元の独身時代のテンションには戻れない。
だから、必死に別の「なんのため」を探すけど、なにかの拍子にそれを失うと途端に心が折れる。
もうこんなに必死に仕事しなくていいんじゃないか、と心が折れそうになる瞬間がある。
やばい、やばい。
せっかく、夢であり、憧れだった放送作家の仕事をさせてもらっているのに。
そんなことではダメだ。
反省。

離婚は怖い。
1年以上経っているのに、この調子だ。
自分を見失わせる。
離婚を考えている男子は、心したほうがいい。

なお……

新しい女がいる場合は、別だ。
だったら心は折れないだろうから。
ふん、
うらやましい。
……
……
……
いかん。
また発言がすさんでいる。

反省。

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




R35 Sweet J-Ballads
オムニバス,class,槇原敬之,財津和夫,オリジナル・ラヴ,徳永英明,藤谷美和子,中山美穂&WANDS,CHAGE and ASKA,米米CLUB,JAYWALK
ワーナーミュージック・ジャパン


最近、運転中はこのアルバムばかり聴いている。
ベタですまないが「R35」だ。
だって、いいモノはいい。
「君がいるだけで」
「TRUE LOVE」
「シングルベッド」etc
名曲だらけ。

この「R35」という言葉。
そもそも「35歳以上限定」という意味だ。
で、僕は今39歳。
このCDの発売時点(2007年4月)では38歳。
だからもちろん自分もR35世代だと思っていた。
実際、CDに収録されている90年代前半のラブソングは全て、思い出の曲だもの。

そしたら、ある女の子に言われた。
「ホリタさんはR35世代じゃないでしょ?」と。
ええっ!?
な、なぜだよ!?
必死に反論したが、27歳の彼女の中ではR35に39歳は含まれないらしい。
35、6、せいぜい37歳ぐらいまでがR35だというのだ。
おいおい、そりゃひどい話だ。
入れてくれたっていいのに。
ケチらず入れてくれ。
39歳もR35に入れてくれ。
頼む。

だいいち、実際この歳になると35歳も39歳もそんなに変わりゃあしないのだ。
感覚は35歳も39歳も一緒だし、もっと言えば30歳ぐらいからずっと一緒だし、40歳越えても今と変わらない予感がする。
だから、僕はR35なのだ。
間違いなくR35。
だから、このCDをヘビーローテで聴いていても許される世代。
そうだ。
そうに間違いない。
だから入れてくれ。
39歳をR35に入れてくれ。
頼む。




ただ。

このCD。
キャッチコピーがいただけない。






もう一度妻を口説こう



もう、いないんで、無理っす。

そういう意味では僕はR35失格かも。
そうか。
そういう意味でなのか。
そういう意味でR35じゃないのか。
妙に納得。
ではある。

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




嬉しいような嬉しくないような。
EXILEがカバーする「銀河鉄道999」
キリンビール「ZERO」のCMで盛んに流れているわけだが。
どうしても耳に付いてしまう。
僕の中では青春の名曲のひとつだから。
で、なんだか違和感を感じる。

EXILE、こんなイイ楽曲をカバーするなんて、卑怯だ。
つーか、うらやましいぞ。
よく分からないけど、嫉妬だ。
この曲、キミらのモノになるのか~という嫉妬。
織田裕二でリメイクされた「椿三十郎」はどうせオリジナルを越えられそうもないから問題外だと思っていた僕だが、EXILEがカバーした「銀河鉄道999」はオリジナルより良かったりしそうじゃん、という危惧を感じているというか。
なんとなく分かるよね?

だが!
やっぱりこの曲はゴダイゴのモノだ。
誰がなんと言おうとゴダイゴ。
オリジナルに勝るものはない。
と、信じたい。

頑張れ、ゴダイゴ。

さぁ、オリジナルを聴くべし。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




午後のスケジュールがぽっかり空いた平日。
ふと思い立って、河津桜を観に行くことに。
13時過ぎに東京を出て、東名高速を西へ飛ばす。
すでに太陽は傾き気味だ。



右手に富士山を見つつ、東名高速で沼津まで。
富士山は雪で真っ白。
車中から写真を撮ったら、映画「リング」に出てきた気味の悪い心霊写真のように景色がねじ曲がってしまった。
なぜだか分からない。
なにかの怨念か?



沼津から有料道や国道を通って、峠越えで河津を目指す。
ここで越える峠と言えば、天城峠。
天城越えだ。
♪あなたと~越えたい~天城~越~え~
天城トンネルのあたりは雪が残っていた。



出た!
伊豆ドライブ名物、ループ橋。
グルグルと回りながら下る。
また車中から撮った写真がなぜか「リング」状態だ。



16時過ぎ。
なんとか明るいうちに河津桜まつり会場に到着。
平日の夕方だというのに、まだ観光客がチラホラ。



今年の開花は遅れているらしい。
通常の年なら満開の時期だけど、今年の河津桜はまだ5分咲き。
それでも十分綺麗だし、春を感じるけど。



来週中頃には満開になるらしい。
川沿いに延々と続く桜並木。
満開だったら、それはそれは壮観だろう。



河津桜まつりをやっているので、川沿いに露店が並ぶ。
これは桜まんじゅう。
他にも桜そばとか、桜ソフトとか、キンメ汁とか、地魚の干物とか、静岡おでんなど、美味しそうなものがたくさん売っていてたまらない。



ザッと桜を見て、すぐさま16時半ごろ帰路につく。
帰りは伊豆の東海岸を北上。
お馴染みの、稲取→熱川→伊東→熱海という海沿いルート。
小田原道路から厚木インターで東名に入り、東京に着いたら19時半だった。

生まれて初めて見た河津桜。
実は「もしもツアーズ」で近々この河津でロケがある。
で、明日締め切りで、河津ブロックのロケ台本を僕が書くのだ。
だから、一度本物の河津桜を見ておこうと思った次第。
旅番組の構成をしているのだから、たまには旅しなきゃ、ね。





さて。
今から台本書き。
実物の河津桜を観たことが、いくらか役に立つといいけど。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






これから毎月第3日曜日はファンクラブの仲間とホームパーティーを開くことにした。

というわけで、今月の開催日は2月17日の日曜日。
昼間から10年来の旧友たちが小人数僕の家に集まってワインを飲み始める。
Wiiで遊ぶ。
この日もパーカーポイント高得点ワインをガンガン開ける。
99点の[2003]スタンディッシュ シラーズ
98点の[2004]トルブレック・ディセンダント
95点の[2001]クロ・ドゥ・サルプ
どれもこれも美味しかったが、僕は特に98点の[2004]トルブレック・ディセンダントが気に入った。
何だかチョコレートっぽい、アーモンドっぽい香りがするのだ。
で、ちょっとした渋みがあって美味い。
99点のも美味いが、味がお上品すぎる。
95点のヤツはまた少し違って酸味がキツくて軽い、いかにもワインって感じの味。
なので[2004]トルブレック・ディセンダントに軍配。
超オススメだ。
ワインの味ってこんなに違うもんなのか、と感心する。



僕らはスター・ウォーズのファンクラブなので、この日は、この夏に公開が迫ったインディ4の話題で盛り上がる。
(知らない人のために書いておくと、スター・ウォーズの主演俳優と監督は、インディ・ジョーンズシリーズの主演俳優とプロデューサーなので、両作品はほぼ同じ人が作った映画といって良いのだ)

で、みんなでインディ4の予告編を見る。
「これはアメリカ軍だ」
「ここはレイダースの最後に出てきた倉庫だ」
「これはナイアガラの滝か?」
「ロズウェル事件がらみだぞ」
「相変わらずスピルバーグのギャグは冴えている」
「アンタ本当に大学教授か?」
「パートタイムだがな」
等々、予告編に一瞬チラッと映った映像を肴に、映画の中身を推測して盛り上がる。
詳しく知りたい人はここをクリックして参照

その後、地下のホームシアターに移り、みんなで過去のインディ3部作を鑑賞。
とはいっても、部分部分飛ばしながらだけど。
何度観ても良くできた娯楽映画だ。
つ~か、80年代のハリウッド映画は良かった。
なんだか、あのころは全てが素朴で幸せだった。
未来は夢と希望に溢れていた。
なんなんだろ、最近の世界の閉塞感。
インディ4が、この閉塞感を破ってくれることに期待しよう。

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )






金曜夜は「もしもツアーズ」の会議。
先輩作家の樋口さんが発売されたばかりのMacBook Airを持参していたので、見せてもらった。

世界一薄いノートブック。
CMと同じく茶封筒入り。
わざわざ茶封筒は買ったと言うから樋口さん、さすがだ。

で、実物は初めて見たけど、マジで薄い。
びっくりしたのは、その軽さ。
持たせてもらったら、想像していたよりぜんぜん軽い。
これはやられた。
前評判では「意外に重いよ~」みたいなことを聞いていたのだが、ウソばっかりだ。
軽い、軽い、軽すぎる。

欲しくなった。
うーむ。
¥229,800か。
メモリ増設したりいろいろすると30万コースだな。
うーむ。

うーむだ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




来た。
インディ4の予告編がついにお披露目だ。
ここインディ4公式サイトで見られる。
あるいはここで。

やべぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇっっっっっっ!!!
メチャクチャ面白そうだぁぁぁぁっっっ!!!
あまりに嬉しくて、涙もんだ。

何だかんだで日本公開まであと4ヶ月。
スゲー楽しみだ。
嬉しいぞ。
また作ってくれてありがとう、スピルバーグ。

YouTubeでも見られる↓



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )






去年はチョコゼロだった。
今年は1個だけチョコが貰えた。
不二家のペコちゃんのチョコ。
なんだか、とっても、ナイスセンスだ。

嬉しかった。
ありがとう。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






こっちは93点。
月曜日に開けた2本目のワイン。
4980円。
原産はイタリア、トスカーナ地方。
これはこれで、美味い。

ただ。

やっばり99点とはちょっと違う。
少し軽いし、浅い感じ。

ていうか、そもそもブドウの品種が違う。
これはサンジョベーゼという品種。
下の99点のはシラーズという品種。
ロマネ・コンティはピノノアールという品種。
五大シャトーはカベルネ・ソーヴィニヨン。

ワイン奥深いな。

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )






月曜日、建国記念日の夜。
友人たちを我が家に招いて、6人でしゃぶしゃぶ&ワインパーティー。
そのとき開けたのが最近買ったこのワイン。
オーストラリアのワイナリー、スタンディッシュシラーズの2003年。
パーカーポイント99点取ったワインだ。

なにしろ100点満点中99点だ。
これってすごいのだ。
90点取ればすごいパーカーポイント。
あの1本80万円~300万円するロマネコンティでも毎年平均したら95点ぐらいしか取れないパーカーポイントだ。
それが、99点。
どれだけ美味いのかと飲んでみたら、確かに美味いっていえば美味い。
とはいえ、そんなに言うほど美味くはない気もする。
つーか、ワインの味なんてそもそもよく分からないのだが。
でも、香りは強烈だし(抜いたコルクの香りなんてスゴイ)、味も素晴らしい。
何より、飲みやすい。
強いて言えば、10年後20年後に飲むと、よりまろやかになり美味しいのかもなぁ……
そんな感想を持つ味だった。

で、このワイン一本のお値段。
12800円。
激安だ。
その辺の店に行ったら、12000円で飲めるワインなんてたかが知れている。
なのに、この値段でパーカーポイント99点。
ものすごくお買い得だ。
パーカーポイント90点のワインなら、探せば1000円チョットで買えるものもある。
皆さんも是非飲んでみては?

ちなみに。
Wiiスポーツを4人でやった。
ボーリングを4人でやった。
で、改めてこのゲーム機、大人数のパーティー向けだってことが分かった。
楽しかった。
Nintendo偉大だ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




深夜。
またパスタを茹でる。



お馴染みペペロンチーニ。
バカのひとつ覚え。



最近ダイニングにライトを付けた。
ルイス・ポールセンの「エニグマ」



寝室に置いていた照明をリビングに移した。
いい感じになった。



世間は三連休。
我が家は静か。

前向き前向き。
頑張れ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




この週末、
いろいろあって、
精神的にかなりダメージを負ったのだが、

見事、

復活。

明日からまた前向きに頑張る。

というわけで、
宣伝。

ガンジス河でバタフライ ディレクターズ・カット版【2枚組】

東映


原作者の東映のたかのてるこさんから、今日サンプル版のDVDが突然自宅に届いた。
丁寧なお手紙付きで。
いえいえ、こちらこそどうもありがとうございました。

で、ドラマ「ガンジス河でバタフライ」のDVD。
絶賛発売中だ。
どうやら2枚組で、
1枚は長澤まさみさん主演のドラマ本編。
もう1枚は僕が構成を手がけた宮藤官九郎くん出演のインドロケドキュメント。
インド、濃ゆすぎです。

買ってください。

では、

おやすみなさい。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




スリープ・スルー・ザ・スタティック
ジャック・ジョンソン
UNIVERSAL INTERNATIONAL(P)(M)


新発売。
ジャック・ジョンソン5枚目のアルバム。

ハワイの風。

聴くと、落ち着く。
聴くと、リラックスする。
聴くと、リフレッシュする。
聴くと、いろいろな不安が収まる。

ハワイに行きたくなった。

海が見える部屋にステイして、
でかいアメ車のオープンカーを借りて、
好きな時間に起きて、
好きな時間に寝る。
好きな本を読んで、
好きな音楽を聴く。

来年の正月はハワイに行けるかな?

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




Wiiフィット(「バランスWiiボード」同梱)

任天堂


先日、酔った勢いで買ったWii本体。
何もソフトがなかったのだが、ようやく話題のソフト「Wiiフィット」が届いたので、早速開始。
バランスWiiボードの上に乗って、あーだこーだ身体を動かす。

で、

これ、
くやしいけど、
面白いや。
認める。

僕はソニー派だったのだ。
だからまるで役に立たないPS3を先に買っちゃったわけだ。
でも、DSにしろ、Wiiにしろ、Nintendoはやはりすごい。
底力が、このWiiというハードからもにじみ出てる。
そりゃ株価も上がるわ。
任天堂の時代だな、ここしばらくは。
ソニーの負けだ。

で、「Wiiフィット」
僕の重心は少し右より。
BMIは「やせ気味」とのちょうど境目あたりの「標準」
バランス年齢は、34歳。
実年齢より5歳若かった。
ワハハハハ。
こんなことひとつで気分良くなるもんだ。
多分、任天堂の仕組んだワナだと思う。
……34歳って。
そうか、そうなのか?
若いか、若いのか?
そうだろう、そうだろうとも。

ガレッジセールのゴリや、古田敦也前ヤクルト監督がCMでやっている各種ゲーム。
やってみると案外難しい。
サッカーのヘディングのヤツとか。
スキーのジャンプのヤツとか。
ヨガとか筋トレとか。
結構、疲れる。

もうひとつ買ったソフト「Wiiスポーツ」のボウリングで、240出した。
スコア240って!
全フレーム、ストライクかスペアだった。
スゲェぞ、オレ。
多分、任天堂の仕組んだワナだと思うが。

……と。
雪でどこにも出掛ける気にならなかった日曜日。
39歳独身男が1人でゲームに興じていましたが、何か?
何か問題でも?

コメント ( 6 ) | Trackback ( 2 )




東京が雪だ。

ところで……
雪が降ったとき、
世界でいちばん美しい建物を知っていますか?

雪が降ったとき、
世界でいちばん美しい建物は、
間違いなく、
日本の、
京都にある、
この建物だ。
と、僕は思う。



















鹿苑寺舎利殿。
通称、金閣。

この美しさ。
日本の誇りだ。
世界一。
間違いない。
日本人が作った世界一の美。



雪が降ったら、
そうだ、
京都に行こう。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ