そこそこの放送作家・堀田 延が、そこそこ真面目に、そこそこ冗談を交えつつ、そこそこの頻度で記す、そこそこの映画のブログ。
人生そこそこでいいじゃない



リアル・スティール ブルーレイ(2枚組/デジタルコピー & e-move付き) [Blu-ray]
ヒュー・ジャックマン
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社


近未来を舞台にした父と子のロボットボクシングの話。
評判が良かったので映画館に観に行きたかったのだが、観に行けなかったので、ようやくBlu-rayにて鑑賞。
その感想。

評判通り、なかなかの佳作だった。
でも、秀作とは言わない。
あくまで、佳作。
惜しいんだけど、もうひとつ足りないといった感じ。
なので、星は3つ。★★★

コレ、なんて言えばいいんだろう。
正直にズバリ言っちゃうと、いい話だし、よく出来てるし、登場人物もなかなか魅力的なんだけど、誰1人感情移入できなかったのだ。
そこが問題なんだと思う。
だから、佳作。
いちばん感情移入できたのが、むしろロボット。
だけど、この映画に出てくるロボットには感情がない。
だから正確な意味での感情移入ができない。
なので、佳作になっちゃった。
涙は出ない。
感動もそんなにしない。
なにしろ誰にも感情移入できなかったから。
ただ、これは僕の個人的な感想だと思う。
ヒュー・ジャックマン演じるシングルファーザーに感情移入できた人は感動するはずだし、そういう人も少なくないと思う。
だから星3つだ。★★★

ロボットボクシングは、アイディアとしてなかなか面白い。
ハリウッドのCGは一見したぐらいではもうCGだと分からないぐらいに進化している。
ここまで違和感がないと、もう実写と変わらない。
CGのCG感がなくなった先、映画はどこに進化していくのだろう?

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




特番のお知らせです。

5月13日(日)14時から、テレビ朝日にて『韓国あるコトないコト最新クチコミ10連発!』が放送されます。
メーテレで放送されている『キングコングのあるコトないコト』の特番です。
韓国ロケで、韓国の知られざる怪しい噂の真偽を確かめています。
ぜひご覧下さい。

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




特番のお知らせです。

明日5月8日(火)夜7時から、テレビ東京にて。
「徳光&ピン子&ミッツの突然芸能人が家族になったらどうなる!?」
第3弾が放送されますので、ぜひご覧下さい。
今回はシングルファザーSPです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )