そこそこの放送作家・堀田 延が、そこそこ真面目に、そこそこ冗談を交えつつ、そこそこの頻度で記す、そこそこの映画のブログ。
人生そこそこでいいじゃない








コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )







マドンナからの流れでNOKKO。
レベッカの中でもこの曲が僕は好きだ。
今聞くと当時は分からなかった『若さ』と『青春」のはかなさほろ苦さが身に染みる。
名曲だなぁ。
NOKKOのボーカルがいちばんいい感じではまっている曲。
有名な「Friends」や「Moon」は実はあまりはまっていない。
この「Girls, Bravo」か「Love is cash」あたりがいちばんはまっている。
高校生ぐらいの時、一度ライブを観に行ったことを思い出した。
NOKKOはライブで聞くとその歌唱力がハンパなかった。
僕は今でも日本のロック史上屈指の女性ボーカリストだと思っている。

NOKKOも、もう48歳らしい。
うーむ。
年月が過ぎるスピードは恐ろしいね。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




Sticky & Sweet Tour [Blu-ray] [Import]
マドンナ
Warner Bros / Wea


マドンナのアルゼンチンでのライブBlu-ray。
スゲー!
そのひとこと。
51歳なのにマドンナはマドンナだった。

高校生のとき、東京ドームにマドンナのコンサートを観に行った。
そのころに比べるとマドンナはむしろ若返っているし、進化しているし、技術が向上している。
いつからギターを弾くようになったのか知らないが、ギターを弾きながら歌う曲がかなりあり、これが超カッコイイ。
ダンスのキレは51歳とは信じられず、ずっと踊りながら歌って息が切れないのは、そうとうな努力の賜だと思われる。
マドンナはプロ中のプロであった。
スゲー!

アルゼンチンでのライブなので『エビータ』の曲を途中で歌う。
そこがまた感動的なのだ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






引っ越しして6年(だっけ?)
ついに近所にコンビニが出来た。
2月17日に、駒沢通りの叙々苑の隣にローソンがオープンするのだ。

歩いて行けるコンビニが近くにないので若干不便だった我が家だが、これで格段に便利になる。
ありがたい。
いろんな店が出来てはつぶれ、出来てはつぶれした、あまり験の良い場所ではないが、ローソンには頑張って末永く続いて欲しい。
頑張れローソン。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )