そこそこの放送作家・堀田 延が、そこそこ真面目に、そこそこ冗談を交えつつ、そこそこの頻度で記す、そこそこの映画のブログ。
人生そこそこでいいじゃない





はい見ちゃいました。
ハリー・ポッターシリーズの最新作。
仕事の合間に時間があったので見ちゃいました。
まず結論から言います。

観なきゃ良かったっっ!!w

これ、とんでもない駄作です。
世の中にこんなにつまんない映画があったのかってぐらいつまんないです。
星とかもう1です。★
最低評価の1。
最初から最後まで、一体これはなにを観させられているのか全くわからないという、とんでもない惨劇が映画館に待ち構えています。
いちばんの見せ場のCGも暗くて早くて何やってるか全然分かんない。
ストーリーと無関係な伏線でもなんでもないどうでもいいことばかり起こる脚本。
あの水中の馬みたいな奴とか、いるか?
魔法動物なんて、今回まったく無用です。
悪いことは言わない。
絶対に映画館に観に行かないこと。
金と時間の無駄!
良かった2時間しかなくて。
これが2時間半とかの長い映画だったら、もっとキレてるな。
いやぁ、金返せ。
J.K.ローリングって人は脚本の才能がゼロ。
もう2度と騙されないぞ。
なんか宣伝が凄そうだから、また騙されたよハリー・ポッターシリーズに。
このシリーズとパイレーツオブカリビアンのシリーズでちゃんと面白かった映画1本もないもんなぁ。

ご清聴ありがとうございました(笑)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






QUEENのフレディ・マーキュリーの伝記映画。
公開初日にIMAXで見た。
その感想。

はい、久々の5点満点出ました。★★★★★
これはね、もう今年の最高傑作。
少なくともQUEENファンにとって。
そして僕にとって。
これ以上の音楽映画はこの先もう作れないと思う。
そのぐらい素晴らしいです。
もう星10個の勢いです。★★★★★★★★★★

事実関係がおかしい?
確かにおかしいよ。
フレディがエイズ検査を受けたのは1987年なので、1985年のLIVE AIDの時にAIDSのことを知ってた映画の描写はおかしい(ていうかAIDとAIDSって一文字違いなのね。なにこの偶然?)。
バンドの解散危機もフレディのソロ活動だけではない(ブライアン・メイとロジャー・テイラーの方が咲にソロアルバム出してた)。
でもそんな事実関係の改編なんか、どーでも良いのよ。
もうとにかく最高なの。
45歳の若さでAIDSで死んだフレディ・マーキュリー。
インド人でゲイで出っ歯でってコンプレックスを抱えながら、その天才性で世界を魅了し(特に日本人を)、フレディはこんなに凄い奴だったんだ、QUEENはこんなに凄い音楽作ったんだってことが映画化されて、全世界で公開されて大ヒットしていて、そしてあの1985年の伝説のLIVE AIDの会場にラスト20分観客を連れて行ってくれるというだけで、もう最高なの。
こんなのが映画で見れたってのがもう最高なの。
映画としてどうとかこうとかは、もう完全に超越している。
ひたすら泣く。
泣きはらした。
それだけです。

あと5回は観に行きます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






なんと上映時間1時間40分、全てパソコン画面上で展開するというスリラー。
その斬新な作りでアメリカで評判を呼び、プチヒットしたらしい。
全部パソコン画面って、「んなバカな!」って感じで観に行ってみた。
その感想。

うん本当だった。
ずっと1台のパソコンではなく、Windowsに始まって、Macになり、iPhoneになり、とデバイスはいろいろ変わっていくんだけど、本当に100分間ずっといわゆるパソコン画面上で見られるものだけでストーリーが展開していった。
そのアイディアへの執念というか意欲というか努力?力ワザ?だけでもう見ているこっちはニヤニヤしてしまい、お話なんて正直どうでもいいし、実際どうでもいい安物スリラーなので見終わったあとは「なんじゃそりゃ!」なんだけど、とにかく「よくお前らコレ作りきったな」という気持ちだけでブラボーになってしまうという変わった映画だった。
星3つ。★★★
前半が特に面白い。
iMessageやFacebook、Instagramやライブチャットなど、僕たちが日頃使っているものがガンガン出てきて、もうなんて言うか、世界はもう1つなんだなぁ感が凄い。
まぁ二度と出来ないアイディアです。
素晴らしい意欲作でした。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2001年宇宙の旅 日本語吹替音声追加収録版 4K ULTRA HD&HDデジタル・リマスター ブルーレイ (初回限定生産/3枚組/ブックレット&アートカード付) [Blu-ray]
クリエーター情報なし
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント


僕が生まれた年の超名作。
今年で製作50周年記念なのでIMAXで上映していた。
ビデオでは何度も観ているけど、生まれて初めて映画館で鑑賞。
その感想。

もう素晴らしいに尽きる。
意味が分からなくて最高!とはこのことだ。
何度観ても最後の10数分は、意味分かんない(いや頭では分かってるんだよw)
最高に意味が分からなくって、最後の3分ぐらいニヤニヤしちゃう。
傑作に星をつけるのもなんだけど、星5つ。★★★★★

今回のIMAX特別上映。
何が良かったって、上映前の序曲、映画途中のインターミッション(休憩時間)、そしてクレジットが流れ終わったあと上映後にも流れ続ける退場曲まで、きちんと1968年当時の上映を再現してくれていたところ。
映画が始まる前に真っ暗なスクリーンに曲がかかってて、途中でオシッコ休憩があって、で、映画が終わっても映画館から出て行くあいだ音楽が鳴り続けるいうのはなんとも優雅で良い。
今でも3時間を超える長い映画はこのように途中休憩出来るようにすれば良いのだ。
オシッコ我慢しながらプルプルしつつ映画観るの辛いもの。
インターミッションの復活を強く望む。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




【Amazon.co.jp限定】IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/イラスト・カード付)(ステッカー付) [Blu-ray]
クリエーター情報なし
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント


全米では「エクソシスト」と「シックスセンス」の興収記録を塗り替え、歴代最高のヒット作となったホラー。
そんなに当たったのなら相当面白いのだろうと、Netflixで観賞。
その感想。

これは僕の感覚がズレてきているのか、世間の感覚が鈍ってきているのか分からないが、観た感想は「そこまでのもんかコレ?」だった。
スティーブン・キングの原作もので、全体的には「スタンド・バイ・ミー」のようなボーイズンフッドもの。
子供たちが謎の連続殺人の背後にいるピエロの化け物に挑むという物語なんだけど、それぞれの子供たちが抱えるトラウマが恐怖として襲ってくると言う設定はものすごく面白いし、心底震えるような設定のはずなのになぜかそんなに伝わってこず、最終的には化け物と殴り合いで決着をつけるという残念な展開。
原作通りなのかも知れないけど、もっと高尚な納得感のある物語が構築出来ただろうと、見終わっても何も得るものがない浅い中身に少し憤慨してしまった。
星2つ。★★
怖いかというと怖くない。
面白いかというと面白くもない。
CGで作られた化け物描写はどこか滑稽。
世の大半のホラー映画のように登場人物たちは基本的に全員バカで、バカな行動をするから化け物にやられちゃうのもイライラ。
コレが大ヒットするなんて、よほど僕の感覚がズレてきているのか、世間の感覚が鈍ってきているのだ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




サニー 永遠の仲間たち デラックス・エディション Blu-ray
クリエーター情報なし
TCエンタテインメント


だいぶ前に一度観ているのだが、ここに感想を書いていなかったので。
韓国の大ヒット映画「サニー」。
現在、日本でリメイクされた映画が上映中。
そちらは観ていないが、まぁオリジナルを観ておけばこういう場合だいたい事足りる。

「サニー」といえば往年の名曲で、いろんなアーティストにカバーされ、とくにボニーM版が有名だと思うんだけど、その名曲「サニー」をベースに韓国の現在と80年代の女子高生時代を平行で描いたガールズフッドものがこれ。
ガールズということでシンディ・ローパーの曲を上手に使い、こうなんというか80年代を生きた者たちの共感を呼ぶ映画になっている。
とんでもない名作だし、韓国映画の懐の深さを知れる。
星は3つ。★★★
なんというか甘酸っぱいし、ほろ苦いわけですよ。

個人的な不満は(少しネタバレになるけど)、顔に傷を受けてしまった美少女スジがその後どうなったかが一切分からないところかな。
まぁ、脚本上あえて伏せている部分なんだろうけど、気になりますよ。
そこにもうひとドラマ盛り込んでいてくれたら、満点でした。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ショーン・オブ・ザ・デッド [Blu-ray]
クリエーター情報なし
KADOKAWA / 角川書店


まだまだ日本では「カメラを止めるな!」ブームが続く秋だが、当初から「カメラを止めるな!」と並ぶゾンビ映画の傑作として各所から名前が挙がっていた2004年のイギリス映画「ショーン・オブ・ザ・デッド」。
そんなに面白いのかと、ようやくBlu-rayで観賞。
その感想。

うーん。
僕はこの感じの映画が合わない。
星は1つ半。★1/2

映画の前半、建て込みの部分はとても良い。
イギリスの日常の中、忍び寄るパンデミックの影。
主人公たちはそんなことに気付かず、コメディタッチで伏線が次々と張られていく。
観ていると伏線回収への期待値がどんどん上がっていく。
登場人物は主人公を含めてよくいる欧米のハチャメチャ馬鹿野郎パリピキャラ設定ばかりなのだが、それも良い。
そう、ゾンビが実際に主人公たちを襲い始めるまでは良かったのだ。
ところが、である。
実際にゾンビの襲撃が始まると、案外それがマジのゾンビで、噛まれると死んでゾンビになって生き返るという設定はロメロのゾンビそのままだし、頭を切断するか脳みそを吹き飛ばす以外にゾンビは止まらないというのもいわゆるゾンビものの定番。
それはそれでいいのだけど、ゾンビの襲撃が始まっても主人公たちは相変わらずバカで、馬鹿な行動をしたせいでゾンビに食われるといういつものパターンが踏襲され、韓国映画「新感染」で感じたのと同じイライラにさいなまれて、「とてもじゃないけど観てられんなこのバカたち!」って気持ちに中盤以降なってしまった。
こういういわゆるバカな登場人物が出てきて、足を引っ張る映画を良しとするか嫌いなのかは人それぞれだろう。
僕はバカが出てくると途端に醒めるタイプなので、この映画は後半だいぶキツかった。
だってみんなバカなんだもん。
相手はゾンビだっつーの。
なんで素手で普通に立ち向かうのか?
噛まれたら終わりなのになぜそんなに無防備でいられるのか?
意味が分からない。
リアリティがない。
ゾンビ映画にリアリティを求めるのはどうかという意見もあると思うが、「ゾンビという大ウソ」を付いているからこそ、それ以外の部分ではリアリティにリアリティを重ねないと観ていられない絵空ごとになっちまうよ、と僕は常々思っているし、このブログでも言及してきた。
同じことがこの映画には起こっている。
「カメラを止めるな!」は、あくまでリアルにゾンビの発生した世界ではないという設定だし、その上登場人物に馬鹿は1人もいないので、あれほどの傑作になったのだとも思う。

うん、とにかく、この作風が僕は嫌い。
よく考えたらサイモン・ペッグの映画、基本的にあんまり面白いと思わないんだよね。
感性が合わないんだと思う。
これがすごく好きだという人の気持ちはまったく分からないけど、そういう人がいるのも世の中だと思っています。
人の感性は多様だからね。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書 ブルーレイ+DVDセット[Blu-ray]
クリエーター情報なし
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン


スピルバーグが「レディ・プレイヤー1」の製作途中に、反トランプ政権の思いに駆られ、ふと思い立って急ピッチで作ったという映画。
メリル・ストリープとトム・ハンクスの共演。
AppleTVのレンタルで鑑賞。

いやぁ素晴らしかった。
名優2人の安定感たるや。
そりゃアカデミー賞の作品賞にノミネートされるわけだ。
今これを作らなきゃ、ということでなんとスピルバーグ、この映画を撮影開始から仕上げまで半年以内で作っている。
スピルバーグ史上、最短で作られた映画だ。
まずその仕事の凄さに驚くし、映画としては水準以上の出来だし、アメリカの闇が浮き彫りになるし、なによりこの映画を観て思うのは、今の安倍政権と日本のマスコミ(新聞社・テレビ・雑誌等)との向き合い方に対する問題定義として実に時代性があるということ。
まさに報道の自由とは何か、報道する権利、報道の意義を問うものになっている。
報道に携わるマスコミ人はこの映画、全員見るべきだろう。
星3つ。★★★

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






映画館で観てきました。
くまのプーさんの実写版。
その感想。

この映画、オープニングの数分がいちばん泣けます。
子供時代のクリストファー・ロビンとプーたちの別れの場面から始まるんだけど、とにかくそこで泣いた泣いた、泣きはらしたね。
これはね、もう仕方ない。
卑怯だけれど、仕方ない。
いいものは、いい。
純粋なものは純粋にいい。
そういう映画でした。

そのあとの本編では大人になったクリストファー・ロビンとプーたちの物語がまぁ展開されるんだけれど、これがもう想定内中の想定内。
大人になってからのストーリーは正直言ってそんなに泣けない。
なぜなら本当の意味での純粋無垢なものを大人になったクリストファーは失ってしまっているから。
それが大人になった観客の自分自身がいちばんよく分かっていて、!00%子供の頃の自分に戻れないという悲しさで泣ききれない。
それをプーもどこかで分かっていて、プーすら大人になったクリストファーに忖度し始めるあたりでもう違う悲しさがこみ上げてきて、泣く前に虚しく切なくなるという映画。
星2つ半。★★1/2

あと、プーさんはそもそもクリストファーの脳内にだけ存在する「動くぬいぐるみ」だったはずなのに、他の大人たちにも普通に見えてしまう後半は、全くもって余計。
設定が完全に崩れている。
それではもうプーさんではなく、テディベアが動く映画と一緒だ。

つまり、オープニングの数分が珠玉。
プーさんの原作本を早速Amazonで注文しました。
答えはあの原作の中にあるんでしょう。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






マーベル最新作。
劇場で観てきました。
その感想。

はい、マーベルさんは通常営業。
退屈せずに楽しめる娯楽映画。
それ以上でも以下でもなく(笑)。
大きくなったり小さくなったり、量子の世界まで極限的に小さくなったりと、もう何でもありの荒唐無稽祭り。
前作「アントマン」と「アベンジャーズ/シビルウォー」の設定を引き継いでいるので、この2作はあらかじめ観ておいたほうが吉。
僕は観ていなかったので忘れていることが多く、映画の前半とくに「この人なんだっけ?」「これ何の話してるんだっけ?」が頻発した。
まぁでも、フラッと見ても損はしないまさにポップコーンムービー。
最後に「インフィニティ・ウォー」への伏線も。
星2つ半。★★1/2

上映前に「エンドクレジット後にも映像が流れます。最後までお楽しみ下さい」って字幕が出るんだけど、あれ必要か?
その結果、観客誰1人立つことなくエンドクレジットを最後まで見続けていたが、その結果、見られた映像が「アレ」だけよ(笑)。
帰っても良かったわい。
そこだけ最後の最後に「なんじゃそりゃ」と思ったね。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




三谷幸喜「大空港2013」
クリエーター情報なし
メーカー情報なし


「カメラを止めるな!」の余波で、三谷幸喜のワンカットドラマを2本観た。
Amazonプライムに入ってる人はただで観られるのでぜひ観て欲しい。
「Short cut」という中井貴一と鈴木京香のほぼ2人だけで山道ワンカット110分のドラマと、「大空港2013」という竹内結子主演のワンカット群像劇100分の2本だ。

「Short cut」は山道を2人で進んでいくワンカットで凄いのだが、いかんせん長いし、途中ダレる。
登場人物が全部で3人だけなのが原因で、脚本に無理矢理感が生まれていて、とても惜しい。
ただし、最後の最後でクレーンカットになるのは「カメラを止めるな!」の元ネタだと思う。
このとんでもないワンカットドラマを成立させている役者陣とカメラマン始めとするスタッフに敬意を払いたい。

そしてもう1本の「大空港2013」。
こちらは素晴らしかった。
松本空港を舞台に、ワンカット100分のコメディ群像劇が展開するのだが、主要登場人物が10人ぐらいいるかな。
エキストラを入れたらもっと多いのだが、これが全て狂い泣く、スタッフの見切れもなく、ワンカットで芝居を続けるという奇跡的な1本。
「カメラを止めるな!」の冒頭37分も素晴らしいが、こちらもむ負けていない。
むしろプロのスゴ技という意味では、こちらが上だろう。
竹内結子や香川照之の芝居に加え、その他全員が100分ワンカットの緊張感の中、完璧に全てを演じきると言う感動(2ヶ所噛んじゃう役者さんがいたけどそこはご愛敬w)。
これは必見の作品だと思う。
「大空港2013」、星3つ。★★★
竹内結子、見直した。
そして香川照之はやはり凄い。
生瀬勝久とオダギリジョーも頑張っている。
三谷幸喜作品では安定の梶原善。
懐かしの青木さやかとか。
うん、すごいワンカットだった。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




クリーピー 偽りの隣人[Blu-ray]
クリエーター情報なし
松竹


ちょい前に見た「CURE」と同じ黒沢清監督の2016年の作品。
Netflixにあったのでなんとなく観賞。
その感想。

うーん。
なんだこりゃw
星2つ。★★

前半ね、なんだか面白いのよ。
香川照之のキャラがすごくて、もうすごく面白いのよ。
それなのに中盤ぐらいからどんどん「?」が生まれてきて、こんなことするわけないだろとか、こんなバカな奴いないだろとか、こんな偶然あるわけないだろとか、そんなものこの世に存在しないだろとか、もう「?」の乱打戦よ。
前半がすごーく面白い分星2つだけど、後半だけ見たら星1つだね。
まぁ、どんな惨状なのかは見てもらうといいと思う。
とにかく映画に最低限のロジカルを求めてしまう人は無理。
だって無茶苦茶なんだもの。
「CURE」はその辺まだ最低限のロジカルを保ちつつ最後まで行けてたのにな。
これは酷いな。
そもそもゲラゲラ笑いながらツッコもうと思って観たら、楽しめるかも知れないw

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




殺人の追憶 [Blu-ray]
クリエーター情報なし
KADOKAWA / 角川書店


ここからは「カメラを止めるな!」の上田慎一郎監督が選ぶ、オールタイムベストの時点の作品群を観ていく。
まずはこれ。
2003年の韓国映画。
前に一度観てモヤモヤした記憶があったのだが、再観賞。
その感想。

さすがの傑作。
星3つ半。★★★1/2
韓国で実際に発生した未解決連続強姦殺人事件を元にした話だが、見終わったときのやるせなさがこの映画の真骨頂。
事件解決でスッキリしたい人には全く向いていないフィルムノワール。
未解決事件の捜査に当たる刑事たちの姿を通して、何が真実で何が嘘か分からない社会の不条理を描いている。
まぁ、圧巻ですよ。
実際の事件で犯人が捕まっていないで時効迎えちゃったっていうのがまた闇深くていい。
ドキドキするし、超怖いですが、オススメです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






会議と会議の合間に観賞。
オーシャンズ11シリーズ久々の新作。
今回は泥棒チーム全員が女。
その感想。

まぁ、普通だなぁ。
星2つ半。★★1/2

メトロポリタン美術館で年に一度開かれるメットガラで、カルティエの1億5000万ドルのネックレスを盗むという話。
女優の首に架けられたその超豪華ネックレスをいかにして盗むかというストーリーに文句はない。
つたない字幕のせいかもしれないが、前半話を見失いがちになる部分が多々あり、混乱しちゃうのもまぁいい。
いざ盗みが始まればまぁ見ていられるので、それもいい。
だけど、この手の泥棒もので定番の、唐突に発生する「予期せぬハプニング」とそれに対する「機転を利かした見事な回避」というカタルシスがなんとほぼなんにもなし。
あれよあれよとスイスイと宝石を盗み出すことに成功しちゃうのだ。
まぁなぜスイスイだったのかの理由はのちに分かるわけだし、さらにその先に「なるほど」という大オチも用意されているんだけど、とにかく映画としての熱量が足りない。
映画全体がスマートすぎて、僕は2時間弱ずっと「なんだろうなぁこの絵空ごとは」と醒めた感じで観ていた。
いや、そう観るしかなかった。
登場人物の誰1人汗をかかないし、観ている方も全然ドキドキしないし、どうせうまく行くんでしょと思っていたら本当にうまく行ってしまうというありそうでなかった脚本で、逆に斬新かも知れないと思うほどだw
見終わって思った。
この映画を作りたかった奴は誰なのか、と。
この映画本当に作りたかった奴はいるのかスタッフの中に、と。
こんな感じで有名女優を8人集めて、ファッション的にもおしゃれな感じでキラキラさせて、オーシャンズシリーズのパッケージで新作作れば、そこそこ観客をだませて、チケット代が入って、儲かるんじゃね?
みんなそれで金儲かるからいいんじゃね?
……という感じにちがいない。
そうなのだ。
本当に本当にこの映画を作りたい奴なんておそらく1人もいないのだ。
ビジネスに過ぎないのよ。
違うよ、本気をくれよ本気を!
本物の熱量を見せてくれよ!
ああだめだ!
もう「カメラを止めるな!」の洗礼を浴びてしまったあとでは、たいていの映画がその「熱量」でアレに勝てんぞ。
置きに行った映画は、圧倒的に「熱量」が足りなく感じちゃう。
その点、トム・クルーズの「MI6」はトム自身のスタントへの異常なまでの熱量を感じたから、観ていられたのだろう。
そういう映画とは違い、金儲けになりそうだから作っているこういう「企画映画」「ビジネス映画」はもう物足りん!
「カメラを止めるな!」と「MI6」の爪の垢を煎じて飲めバカ!!!

サンドラ・ブロックがマイケル・ジャクソンそっくりの顔になってきていて、ヤバい。
いちばんの感想はこれ。
出てくる男優がヒュー・ジャックマンと顔が似過ぎているが、ヒュー・ジャックマンではない。
いちばんの驚きはそこ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




博士の異常な愛情 [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
クリエーター情報なし
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント


上田慎一郎監督が選ぶオールタイムベスト10シリーズ。
今回はキューブリックの「博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか」。
うん十年ぶりの観賞。
その感想。

ご存じアメリカ軍がソ連に誤って水爆を落ちてしまうブラックコメディ。
初めて見た人は「え、落ちるの?」と驚くと思う。
1964年の映画なんだけど、これ当時のアメリカ人はコメディとして見られたのだろうか?
水爆実験はまだ各国がガンガンやってる時期だし、キューバ危機は1962年だし、今よりも遥かに第三次世界大戦が身近に感じられていた時代に、この映画が描く核戦争の恐怖はもっともっとリアルなのだったはず。
ブラックコメディと評される作品だけど、映画はほぼシリアスに進むし、確実に「これ笑わそうとしてるだろ」と分かるのは、最後の方に出てくる車椅子のストレンジラブ博士の挙動だけで、他は結構「このぐらいのバカは米ソの中枢にいるだろうなぁ」と妙にリアル。
一人三役のピーター・セラーズを観るための映画だと割り切ればすこぶる面白いけど、今観る人はピーター・セラーズも知らないし、一人三役にも当然気付かないし、案外シリアスな物語として受け止めちゃうんだろうなぁと感じた。
星は3つ。★★★
昔見たときも今見ても、記憶に残るのはストレンジラブ博士の右腕だけである(笑)。
アレは卑怯だよw

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ