そこそこの放送作家・堀田 延が、そこそこ真面目に、そこそこ冗談を交えつつ、そこそこの頻度で記す、そこそこの映画のブログ。
人生そこそこでいいじゃない



インディ・ジョーンズ レイダース 失われたアーク《聖櫃》

パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン


イギリスの雑誌「エンパイア」が先日発表した映画ランキングの第2位「レイダース/失われた聖櫃」を観た。
今まで50回ぐらいは観ていると思うのだが、久々に最初から最後まで通して観た。
まぁ、納得の2位だね。
星5つ。★★★★★
ハリソン・フォード、若い。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ゴッドファーザー PartI <デジタル・リストア版>

パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン


イギリスの雑誌「エンパイア」が先日発表した映画ランキング
読者1万人とハリウッド関係者150人、映画評論家50人にアンケートを取って作った、歴代の映画総合ランキングベスト500作品だ。
そのランキングで総合1位に選ばれたのが「ゴッドファーザー」だ。
だからというわけではないが、久々にこの映画を観た。

まぁ、そりゃ名作なのだ。
何度観ても。
僕はマイケルがシチリアで結婚し、すぐに車爆弾で殺されてしまう最初の花嫁さんが好きで、彼女が出てくるシーンは何度観ても切なくなるのだが、今回ももちろん切なくなった。

ちなみにこの「エンパイア」の映画総合ランキングベスト500
2位が「レイダース/失われた聖櫃」で3位が「スター・ウォーズ/帝国の逆襲」と、なかなか僕好みの素敵なランキングになっているので、1位から順に100位ぐらいまで観てみるのも面白そうだ。
ベスト10で言うと、6位の「グッド・フェローズ」と9位の「パルプ・フィクション」は観たけど中身を忘れているので、また観るととても楽しめるかも知れない。

関係ないが、
最近、猫たちが甘えん坊すぎてたいへんだ。
アンナは常に僕のひざの上に乗ってゴロゴロ言ってるし、ブルースは仕事場の机の上が大好きでキーボードをすぐ踏む。
正直、仕事中に、ひざの上に猫がいると落ち着かないし、キーボードを踏まれるのは腹立たしい。
だが、猫はどれだけ叱っても理解しない。
最近の悩みだ。
仕事中、猫をどうするか。

やっぱ、部屋から閉め出すしかないな。

「ゴッドファーザー」
星5つ。★★★★★
そりゃそうか。

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )






久々に映画館で映画を観た。
「アイアンマン」
今年アメリカでは「ダークナイト」に次ぐ年間第2位の興業成績を収めている大ヒット映画(3位はインディ4)
なので、相当期待して、観た。

感想。
とても面白かった。
正直言えば「ダークナイト」よりも断然面白かった。
死んだヒース・レジャーには申し訳ないのだが、僕的には断然「アイアンマン」の方が面白かった。

ただ、深みがあるかと言えば、ない。
まぁ、しょうもないと言えばしょうもない。
所詮アメコミ原作の映画なのだ。
せいぜいビール飲んでポップコーン食べて観る映画だ。

でも、僕は高評価。
星3つ半。★★★1/2

本当は星4つなのだ。
だけど、最後に問題があるので、その分2分の1個、星をマイナスした。
というのもこの映画、エンドクレジットのあとにオマケがあるのだが、わざわざご丁寧に「エンドクレジットのあとに続きがあります」と字幕まで出るのだ。
だから、5分ぐらいある長いクレジットを観客はひたすら観させられることになる。
で、何が待っているのかと思えば、大したオマケではない。
むしろ日本人の観客はなんのことやら分からない「ポカーン」のオマケ。
「エ?これだけ?なんのこと?」となるのである。
不親切きわまりない。

あの「エンドクレジットのあとに続きがあります」の字幕。
誰のアイデアか知らないが、この字幕をつけた映画会社は、アホだと思う。
言わないでそっと上映しておけば、そんなもん勝手に口コミで広がるのに。
上手くいけば、オマケ見たさのリピーターが望めるのに。
あの字幕にプラスのことは何もない。
だから、アホだと思う。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




約10㎞のロングレンジを3回走ってみて、分かったことがある。
長距離を走り続けるコツだ。

実は3回の10キロ達成の間に、一度だけ10㎞走ろうと思っていたのに途中3㎞で断念しちゃったことがある(恥ずかしいのでブログにはその事実を書かなかったけど)
そして、10㎞走り通せた時と、断念しちゃった時の違いにこそ、10キロランの秘密があった。
これは間違いない理論だと思う。

10キロ走るコツ。
それは、美味しいおこめの炊き方といっしょなのだ。
「始めチョロチョロ、中パッパ、ジュージューふいたら火をひいて、赤子泣いてもふた取るな」である。
これをランニング風に直すと、
「始めチョロチョロ、中パッパ、ジンジン来たらペース落として、足が泣いても足止めるな」である。

とにかく「始めチョロチョロ」が大事だ。
走り始めは意識的に「異常に遅いペース」で走り始める。
1㎞を7分とか7分30秒とかのペース。
これで、最初の2㎞ぐらいを走るのだ。

そうすると、2㎞過ぎぐらいから身体にエンジンがかかってきて、一気にペースを上げることが出来、ペースの速いまま残り8㎞を走り続けられるのである。
これが逆に、走り始めから飛ばしてしまうと、3㎞ぐらいでダメになる。
「もうダメだ、走れない」となるのである。
人間の身体は間違いなくそういう仕組みに出来ているのだ。

最初はゆっくり。
その方が長続きする。
なるほど。
考えてみれば世の中にはそういう事例の方が多いかも知れない……例えば恋とかね。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




やばい。
結構な事実が判明したのだ。

僕は今夜も10㎞走った。
いや、走ったはずだった。
だって、毎回走るコースはまったく同じなのだ。
なのに、測定距離は9.79㎞だった。

???

同じコースを走ったのに、前々回は10.8㎞、前回は10.35㎞、で、今回は9.79㎞。
どうやら、Nike+iPodの測定誤差は、相当高いらしい。
つまり、これまでの3回、僕は実際10㎞走っているのかいないのかさえ怪しくなってきたのだ。

今回の測定データは、9.79㎞を1時間1分24秒。
1㎞6分16秒のペース。
3回目の長距離ランで、かなりペースアップ出来てきた。
でもこれが実際は10.8㎞なのか9.79㎞なのかによって、話はだいぶ違う。

実際どれぐらいの距離を走っているのか、机上で計算してみよう。
僕は家の前から走り出し、駒沢公園に入ってジョギングコースを4周後、また家の玄関先まで走って戻る。
つまり、少なくとも1周2.13㎞の駒沢公園ジョギングコースを4周している。
なので、それだけで8.52㎞は確実に走っている。
10㎞まではあと1.48㎞。
家から駒沢公園までの往復距離が1.48㎞あるかどうかが問題だ。
……
……
……
うーむ。
1.48㎞はないような気がする。
ということは、もしかすると今夜出た9.79㎞という数値が実測に近いのかも知れない。

というわけで。

次回。
駒沢公園のジョギングコースだけを純粋に5周してみることにする。
そうすれば間違いなく10.65㎞のタイムが出るからだ。
乞うご期待!(笑)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




日曜日の夜、走った。

10.35㎞を1時間9分37秒。
キロ6分43秒ペース。
まったく同じコースを走ったのに、測定距離は前回が10.8㎞、今回は10.35㎞。
これがNike+iPodでの距離測定の限界かな。
実際10㎞走れているのかどうかも疑わしかったりして。

今度20㎞走ってみようかな。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




緒形拳さんの遺作となったドラマ「風のガーデン」
今夜22時から放送がスタートするが、視聴率は「篤姫」を越えるのではないか?
28%どころではないのではないか?

「篤姫」は宮崎あおいの女優としての迫力で視聴率がいいのだと僕は思う。
でも「風のガーデン」には死の間際だった緒形拳さんが出演している。
その俳優としての迫力が、まだ20歳そこそこの女優には当然勝るはずだ。

全て撮り終わり、放送開始直前に逝くという「天命」をも感じさせる作品。
そもそも脚本家・倉本聰氏が手がける最後のテレビドラマだ。
以前はほとんど話題に昇っていなかった「風のガーデン」だけど、その視聴率がどんな結果になるか、注目したい。
僕は当然皆さんと同じでこのドラマをまだ見ていないが、多くの人に見て欲しい、と思う。
高い視聴率を記録してもらい、緒形拳さんの旅立ちをみんなで悼む花添えとしたい。

毎週録画予約することに決めた。

代表作「楢山節考」のDVDを僕は持ってます。
緒形拳さん、言うまでもなく、超名優でした。
合掌。

楢山節考

東映ビデオ



コメント ( 2 ) | Trackback ( 1 )






僕のベッドの上で昼寝中。

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




初の10㎞ランに挑戦してみた。

家を出て、駒沢公園のジョギングコースを4周し、さらに家に帰り着くまで走り続けた。
初めての10㎞なので、ごくゆっくりのペースで走った。
その結果。
10.8キロを1時間13分40秒。
1㎞を6分50秒ペース。
これなら府中多摩川マラソンの10㎞マラソンに出場したとしても、制限時間の70分以内で完走出来たことになる。
この倍を走れば、ほぼハーフマラソンの距離。
1㎞7分ぐらいの遅いペースならハーフマラソンに出場しても完走出来そうな気がしてきた。
11月23日の府中多摩川マラソンでは、10キロマラソンに出るか、ハーフに出るか、悩むところだ。

とにかく……

10㎞を止まらずに走り切れたことは大きな自信になった。
次はスピードアップが目標だ。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )






アンナとブルースの血統書が届いた。

アンナ。
父親がチャンピオン。
母親の祖父がチャンピオン。
父親の曾祖父と曾祖母がチャンピオン。
母親の曾祖父もチャンピオン。
血統書にチャンピオンだらけ。
そりゃ、美人なワケだ。

ブルース。
……
……
……
血統上にチャンピオンなし。

うーむ。

猫の価値は血統ではない。
もちろん、人の価値も。
ブルースよ。
たくましく生きろ。

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )






コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )