そこそこの放送作家・堀田 延が、そこそこ真面目に、そこそこ冗談を交えつつ、そこそこの頻度で記す、そこそこの映画のブログ。
人生そこそこでいいじゃない



ジョン・トラボルタ [Blu-ray]
クリエーター情報なし
角川書店


めちゃくちゃ良いミュージカルがあると聞いて鑑賞。
女装したジョン・トラボルタが出ている2007年の作品「ヘアスプレー」。
その感想。

これは良いぞ!
星4つ。★★★★
掘り出し物どころか、傑作といっていいのではないか?
これで賞レース無冠とかありえないのだが。
素晴らしいミュージカル。
元々は舞台。
いやぁよく出来ている。

60年代のアメリカを舞台に、人種差別とマイノリティ(デブ)差別を真正面から取り上げて、とにかく最後までずっとカラッと爽快、で、ハッピーエンド。
曲がすべて良いし、主演のおデブな女の子がとにかく可愛いし、ジョン・トラボルタの巨漢女装もギリギリ成立していて、とにかくいい映画。
これマジで相当な傑作だと思うのだが、賞レース無冠なのか。
アカデミー作品賞ノミネートぐらいされてもいいレベルだと思うのだが。
なぜ評価されていないのか分からない。

一度見て損はない可愛らしい映画ですよ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




シング・ストリート 未来へのうた スタンダード・エディション [Blu-ray]
クリエーター情報なし
ギャガ


良い評判を聞いていたので鑑賞。
アイルランドを舞台にした少年たちの青春ストーリー。

佳作。
いわゆる佳作。
ものすごく良いわけではないけど、良いことは間違いない。
そんなタイプの映画。
星3つ半。★★★1/2

系統で言うと「遠い空の向こうに』とか『すべてをあなたに』とか『スタンドバイミー』的な映画。
少年たちの(いわゆる)成長物語。
後半じんわりと涙がにじんだ。
どこが良いというわけではないんだけれど、なんか泣けた。
たぶんすっかり大人になってしまってもはや失ってしまった「ピュアさ」に感涙するのだろう。
ああ、俺も昔はこういう多感な少年時代があったのだなぁ……と悲しくなるのだ。
ああ、なんでこうも薄汚れてしまったのだろう……と悲しくなるのだ。
そういう映画だった。

途中のミュージカルオマージュをどうとらえるかが評価の分かれ目。
僕はあのシーンで少し冷めてしまった。
それまで地道に積み上げてきた「地味さ」というか「青臭さ」が急にエンタメしちゃったので。
なんだ結局みんな役者なのかよ、という夢の覚め方というか。
校長先生、側転しまくるのかよ、というね。
そこまでリアリティで積み上げてきたものが、あのシーンで少し損なわれた気がした。
だから僕はこの映画をものすごい名作だと思えなかったのかも知れない。

主人公が15歳なのはなんとなく納得がいくが、ヒロインが16歳設定なのにどう見ても20歳越えているだろうと思っちゃう点も日本人には少しばかりつらいかも知れないかな。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )