そこそこの放送作家・堀田 延が、そこそこ真面目に、そこそこ冗談を交えつつ、そこそこの頻度で記す、そこそこの映画のブログ。
人生そこそこでいいじゃない





評判の良い『猿の惑星:創世記』を観た。
その感想。

確かに面白かった。
過度に期待すると失敗すると思うが、娯楽作としては及第点。
星3つあげて良い。★★★

個人的に言うと『もっといい映画になったんじゃないか?』と感じてもったいなく思った。
そのぐらい題材はいい。
ストーリーも途中まではいい。
しかし、いかんせん詰めが甘い。
虐げられた猿の苦悩と怒りをもっとドラマチックに表現出来たと思う。
シーザーのキャラクターをもっともっと魅力的なリーダー猿として立体的に表現する余地がある。
具体的に書くなら、シーザーの飼い主家族や人類に対する『見限り』があっさりすぎる。
あんな隣の家のエキセントリックなおっさん1人のせいで、全人類を敵に回さんでもいいじゃないか、と思う。
そのへんもっと決定的な事件を設定すれば、人間側の主人公ウィルとの関係でさらに深い話は作れたし、ジョン・リスゴー演じるアルツハイマー症の老人とのお話にも深く描く余地があっただろう。
前半がすごく良いのだ。
その分、展開を急ぎすぎている後半がもったいなかった。

1968年の『猿の惑星』を観ている人なら必ず引っかかる『コーネリア』という名前の猿が一瞬出てくる。
時代的にいって『猿の惑星』の『コーネリアス』本人のはずはないので、たぶんその先祖の猿なんだろう。
オラウータンの『モーリス』というのも出てくるが、あれは『猿の惑星』に出てくるオラウータン博士『ゼイウス博士』を演じた俳優モーリス・エヴァンスにひっかけたネーミングなのかも知れない。
なんか昔の『猿の惑星シリーズ』を5本全部見てみたくなった。
2001年のティム・バートンのやつだけは観る気がしないが。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






お掃除ロボ「ルンバ」を使い始めてしばらく経つ。
僕の家では月水金の昼に自動で掃除するように設定しているのだが、そのスケジュールで勝手に掃除をしてくれるので、猫の抜け毛が散乱する我が家ではとても重宝している。
そんな大事なルンバくんが故障した。
1ヶ月ほど前のことだ。

ルンバくんは掃除が終わると自動でホームベースと呼ばれる充電器に戻り、自己充電する。
だが、この機能が突然壊れた。
いつも掃除が終わると、部屋のどこかで死んだように動かなくなっている。
家まで帰らずに、どこかでのたれ死んでいるのだ。
この症状をルンバのホームページなどで調べて、リセット対処法などを試してみたが直らない。
どうやら機械の内部的に完全に壊れたらしい。
だが、並行輸入のよく分からない通販で買ったため、修理に出すにもどこに出せばいいのかわからない。
なので、修理はあきらめた。
きっちり掃除はしてくれるのだ。
ただ、部屋のどこかでのたれ死んでいるだけのことである。

実はこののたれ死に。
便利なような気がしてきた。
自動的にホームベースに戻っていると、ルンバくんが掃除をした感が希薄だ。
そのため、内部にたまったゴミの掃除などのメンテナンスを怠る恐れがあるのだ。
しかし、掃除のたびに毎回部屋のどこかでのたれ死んでくれていれば、必ず僕が発見救助し、内部のゴミを捨て、再び充電器に戻す必要がある。
つまり、忘れずにルンバくんの世話が焼けるのだ。
僕にとってもルンバくんにとってもいいことずくめではないか。

というわけで、今週も月水金と3回、朝11時になるとうちのルンバくんは部屋の掃除に出かけ、必ずどこかでのたれ死ぬのだろう。
そして僕は、そんなのたれ死にルンバくんを救助するのだ。

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




新番組のお知らせです。

TBSにて10月11日火曜日深夜24:20~『まさかのホントバラエティー イカさまタコさま』スタートします。
さまぁ~ずMCの年内限定レギュラー新番組です。
2週目以降はもう少し早い時間からオンエアされるようです。
よろしければご覧下さい。

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )






もう17年も前。
1994年。
僕が最初に買ったパソコンが、Macintoshのパフォーマ630だった。

今思えば、よく最初にMacを選んだものだと思う。
もしあのときDos-Vとかいうマシンを買っていたら人生は違っていた。
Macは当時少数派が使うマニアックなマシンだった。
でも、デザインが格好良かったので直感でMacを選んだのだ。

そして僕の生活は変わった。
ネットでたくさんの友達が出来た。
パソコンで仕事をこなしてきた。
Mac1台が僕の人生を変えた。
確かにそんな気がする。

あれからずっとMacだけを使い続けてきた。
PowerMacも買ったし、iMacは旧型を2台、新型も3~4台買ったし、PowerBookも何台も買った。
iPodはもう何代目か分からないし、iPhoneももちろん使っている。
Macのマウスのクリックは基本1つ。
右クリックとか左クリックとか、そういうWindowsの流儀はよく分からない。
シンプルで直感で操作出来るパソコン、それがMacだった。
Macに慣れてしまうと、Windowsなんてさわれたもんじゃなかった。

スティープ・ジョブズ氏のご冥福をお祈りいたします。

正直言えばAppleをもっと牽引して欲しかった。
今後のAppleが心配です。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ガリバー旅行記 [Blu-ray]
ジャック・ブラック
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン


ジャック・ブラック主演の『ガリバー旅行記』を観た。

うーむ。
正直、面白くない。
いや、面白くないと書くと語弊があるかも知れない。
面白くないのではなく、すべっているのだ。
ジャック・ブラックにハズレなし、のはずだったのだが、初めてハズレた。
そのぐらいすべっている。

これは漫画『ワンピース』にも言えることなのだが、荒唐無稽はやり過ぎるとすべるのだ。
ある程度の物理法則的なルールや、生物学的なルールを堅守しないで、何でもありにしてしまうと、作品全体がどうでも良くなってしまう。
僕は『ワンピース』を全巻持っているのだが、1巻から読み進めても、毎回空島のあたりで挫折する。
あの空島のどうでも良さと、ガリバーが迷い込むこびとの国や巨人の国のどうでも良さには、近いものがある。
つまり、やり過ぎなのだ。

星1つ。★

ジャック・ブラックはやはり『スクール・オブ・ロック』だな。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




塔の上のラプンツェル ブルーレイ(デジタルコピー & e-move付き) [Blu-ray]
クリエーター情報なし
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社


ディズニーCGアニメ『塔の上のラプンツェル』を観た。

ひとことで言えば「THE 王道中の王道」
とらわれのお姫様。
悪い魔女。
お姫様を助けに来るヒーロー。
どこかで観たことのあるステレオタイプなキャラクターたちが、想像通りの顛末を繰り広げるストーリー。
よく出来ているのだけれど突き抜けない、そんな印象の映画。
星2つ半。★★1/2

厳しいかなぁ。
よく出来てるんだけどなぁ。
でもやっぱ、星2つ半だなぁ。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




スペシャル番組のお知らせです。

10月5日19時からテレビ東京『緊急!家族の絆再発見 徳光&ピン子&ミッツのもしも突然芸能人が家族になったらどうなるSP!?

ぜひご覧下さい。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )