そこそこの放送作家・堀田 延が、そこそこ真面目に、そこそこ冗談を交えつつ、そこそこの頻度で記す、そこそこの映画のブログ。
人生そこそこでいいじゃない





ふと気付いたら、
ブルースが顔にケガをしていた。

鼻の横。
少し血がにじんでいる。

多分、僕が気付かないうちに、吹き抜けを2階から1階に落ちたか、階段を落ちたかして、裂傷を負ったんだと思う。
本人はケロッとしているし、さわっても別に痛がらないし、出血も止まっているようなので(自分でペロペロ舐めている)ほっておく。
多分、自然に治るだろう。

ま、男の子だから。
名誉の負傷だね。
男の子はケガの1つや2つしなきゃ。

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )






時間に不規則な飼い主の生活が飼い猫にも影響するのか、真夜中に2匹でドタバタ遊び回るからうちの猫たちはタチが悪い。
そのくせ「ちょっと静かだな」と思って探してみると、こんな感じで2匹くっついて昼寝してたりする。
ついにアンナは1階と2階を階段で行き来出来るようになった。
そのうちブルースも追随するだろう。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー)
スコット フィッツジェラルド,村上春樹
中央公論新社


雷鳴が轟いていて。
そのたびに家が揺れる。
世田谷区でこの大雨。
この雷。
ちょっと世紀末的様相を呈している。
まるで地球最期の日。

そんな眠れない夜。
フィッツジェラルドの名作を。

AからBへ。
BからCへ。
普通はそう書くものだが。
フィッツジェラルドはそうじゃない。
時系列ではないフィッツジェラルドの語り口。
さすが天才の妙。
村上春樹さんの翻訳もさすがだ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






アメリカンショートヘアー
VS
ロシアンブルー

仲良くしてくれアメリカとロシア。
うちのは仲いいぞ。

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )






エライもんを発見した。
ご存じランチパックの「バナナチョコ&チョコホイップ」味。
これは素晴らしい。
超~美味いのだ!
今年出会ったジャンクフードの中でナンバーワンかも知れん。
僕のこの興奮が伝わるだろうか?
伝わらんだろうな。
まぁ、そりゃそうだ。

コイツの何がスゴイって、挟んであるのがチョコなのだ。
板チョコ。
バナナ味の板チョコ。
パンにバナナ味の板チョコが挟んである。
パンに板チョコを挟んで食べるというこの食感が実にいい!
発見したら即買いだ。
悪いこと言わないから即買い。
だまされたと思って即買い。
まぁ、だまされたと思う人も出てくると思うが。

言っておくが、なかなか売っていないぞ。
レアものだ。
ランチパックは種類が多すぎて、なかなかお目当ての味が売ってない。
だから売っていたら即買いだ。
レアものだからだ。

40歳にもなって何を食べているのかと思うが。
好きなもんは好きなのだ。
ほっとけ。

コメント ( 4 ) | Trackback ( 1 )




ひざが痛い。

調子に乗って走りすぎたのだろうか、約2日に1回のペースで5㎞ちょっと走っていたところ、ひざが痛み出した。
走っている最中はたいして痛くはないのだが、日常生活でのひざの曲げ伸ばしがキツイ。
どうしたものだろう?

専門書を読んだところ、初心者が走り始めた場合、ひざが痛むのは当然のことらしい。
ひざの筋肉がついていないので、必然的にひざは痛むという。
だが、走り続けていれば次第に筋肉がつき、自然に痛みは治まるんだとか。
本当だろうか?
なんだか怪しいが、信じるしかない。

まぁ、たかだかジョギングをしていたせいで一生を棒に振るような大ケガをしたなんていう話は聞いたことがないので、いけるところまでいってみよう。
なにかが起きたら、なにかが起きたときのことだし、故障をしたら、故障したときのことだ。
なにもしなければ、人生に新しいことなんてなにひとつ起きやしないんだから。

コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )






みんなでお昼寝。
写真を撮って、送ってくれたARDEN、ありがとう。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )






コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )






友人たちに猫じゃらしで遊んでもらうの図。

古いデジカメを引っ張り出してきて撮影したので、綺麗な写真が撮れた。
携帯のカメラはダメだね。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




子猫のアンナとブルース。
なんだか面倒なので、もうケージを使うのはやめた。
2匹とも一日中家の中で放しっぱなしだ。

で、真夜中。
どんなふうに寝ているのかと思い、そっと2匹の様子を見に2階のリビングに上がってみた。

どこだ?
……
……
静かに見て回る。
……
……
いた。

ソファの上で2匹寄り添うようにくっついて熟睡していた。

なんだよ。
心配して損した。
すっかり仲良しじゃないか。

軽く嫉妬。
だってこの家で、僕だけひとり寝だ。
早く1人と2匹で寄り添って寝たいところだが、まだ2匹は小さすぎて階段を上り下り出来ない。
それに、僕のベッドはまだ飛び乗るには高すぎる。
もう少し大きくなってジャンプ力がついたら、一緒に寝られるはずだ。
日に日にグングン成長しているので、大きくなるのはすぐだろう。
だけど、軽い嫉妬を覚えるのは確かなのだ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




フルマラソンへの道。

目標は来年3月22日の東京マラソン。
完走はもちろん、出来れば4時間台でゴールしたい。
その日が来るまで、残り半年あまり。
おそらく、というか、確実に、その日は「あっという間に」やってくる。
僕に残された時間は想像以上に少ないのだ。

ということで……
計画的に、かつ段階的にトレーニングしていかないと、目標は達成出来ないと思う。
そこでまずは「2日に1回5㎞走る」と誓った。
そしてこの一週間ほど、その誓いを果たしている。
今夜なんか雨が降っているのに走った。
さすがにこの雨では駒沢公園のジョギングコースを走っている人は1人もいない。
それでも小雨の降る中、ちゃんと走ってきた。
5.37㎞を32分半で。
1㎞を6分03秒のペース。
まずはこの「1㎞6分のペースで5㎞」をラクに走れるようになるのが目標だ。
不思議なことに、そして喜ばしいことに、走れば走るほど、毎回ラクになってくる。
走り終わったあと、息は切れなくなってくるし、身体の疲れも少なくなってくる。
走るたびに身体は少しずつだが確実にランナーとして成長しているのだ。
それが励みになる。

フルマラソンは42.195キロ。
今日走った5.37キロの約8倍だ。
あれの8倍……
あの距離を8回繰り返すとフルマラソンのゴールか……
うーむ。
意外に簡単に走り切れそうな気がするから怖い。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




走ることについて語るときに僕の語ること
村上 春樹
文藝春秋


いい本だった。

昨年、こんな本を村上春樹氏が出していて、
今年、僕は走り始めようとしていて、
そんな時、この本に出会って、
読んだらとても面白くて、
すべてが偶然だとは思えない。

やはり、フルマラソンに出る決意をした。
出たい、というより、出ないとダメだ。

走れ!


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






最近、久々に馬券を買っている。
とはいっても、遊び程度にだけど。
今はインターネットで投票が出来るのだ。
便利な時代になったもんだ。

20歳から25歳ぐらいの頃、僕は競馬にハマっていた。
ちょうどオグリキャップの活躍をきっかけにして第二次競馬ブームが起こった時代だ。
競馬好きが高じて「さんまのナンでもダービー」という番組にも携わった。
テレビ業界で働いてきて、有名人には死ぬほどたくさん会うのだが、唯一サインをもらったのは杉本清さんだ。
競馬実況の神様といわれる元関西テレビアナウンサーの杉本清さん。
それ以外には誰からもサインはもらっていない。
そのぐらい競馬が好きだった。

当時は土日になるとよく場外馬券場や競馬場に出掛けた。
若き日、なけなしの全財産12万円を持って1人で日曜の東京競馬場に朝イチから出掛け、1レースから最終レースまで全レースの馬券を買って、最終レース前にもう残金1万円まで負けていて泣きそうになり、最後の12レースで奇跡的に12万円取り返して「もう二度とこんなことするもんか」と深く反省しつつ小田急線に揺られて一人暮らしのアパートに帰ったこともある。

だが、いつしか競馬への熱意を失い(確かナリタブライアンが活躍していたころからだと記憶している)馬券も買わなくなり、今いったいどんな馬が活躍しているのかまったく分からなくなり、いつの間にやら4歳馬と呼んだものを3歳馬、当歳馬と呼んだものを0歳馬と呼ぶようにJRAの制度が変わっていたりして……
まったく競馬をやらなくなった。
つまり、競馬と僕は一時決別したのだ。

その後、たまに思い出したようにG1レースの馬券だけは買ったりしていた。
ちょっとここには書けないような超万馬券(自宅建築費の一部に当てたぐらいの額)を取ったこともある。
でも、そんなに熱心ではなかった。

だが、最近また馬券を買っているのだ。
毎週土日、馬券を買っている。
で、調子がいいのだ。

たぶん、肩に力が入っていないからだと思う。
適当に馬券を買うと、当たるのだ。
昔のように競馬新聞とにらめっこして、必死に馬券を買うとダメなんだろう。
なにごともそうだ。
力が入るとロクなことにならない。
欲が出るとロクなことにならない。
あくまで適当に、力を抜いて、買う。
すると的中しやすい。

今日なんかは、とくにすごかった。
僕は今日、札幌競馬場、新潟競馬場、小倉競馬場の三ヶ所それぞれの特別レースだけ全10レースの馬券を買ったのだが、そのうち6レースが的中し、そのうち2つが万馬券(265倍と106倍)1つが76倍の高配当で、結果大勝してしまった。
ほとんど予想らしいことをしていないのに、だ。
僕の馬券の買い方は超簡単だ。
あるとても簡単な法則で各レースから一頭の馬を選び出し、その馬を軸に総流しをかけるだけだ。
競馬新聞もスポーツ新聞も見ない。
見るのはYahoo!スポーツの競馬コーナーの出馬表とオッズのみ。
でも、そんな簡単なことで、馬券は当たる。

明日も当たるかな?
儲かったら焼き肉でも食べに行こう。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 1 )






だいぶ落ち着いてきた。
相変わらず派手に2匹で遊んでいるけど。
仲良く食事中。

携帯のカメラがバカすぎて(単焦点で反応スピード激遅)すばしっこいネコ相手には、なかなかいい写真が撮れない。
それがもっかの悩み。

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )






遅ればせながら、アメショーのブルースくん合流。



2匹でずっと追っかけっこして、取っ組み合って、噛み合ってるんだけど、ほっとけばいいのかな?
今のところ先住者のアドバンテージでアンナ優勢。

コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ