マリアテレジアの独り言

日々の生活の中で見つける・・
  小さな感動をつづります。

くじで選ばれたキリストの使徒・・・『聖マチア使徒』・・・『わたしがあなたを選んだ。」

2019-05-14 05:00:00 | 聖書。聖書勉強会。教会。日常の信仰生活。

 5月14日。火曜日。

         『聖マチア使徒 祝日
   
     マチアはキリストの復活の証人となるためにユダの代わりに選ばれ、
          十一人の使徒の仲間に加えられました。

 

『今日の第一朗読 使徒マチアの選出

    『その日、ペトロは兄弟たちの中に立って言った。
      百二十人ほどの人々が一つになっていた。

 「兄弟たち、イエスを捕らえた者たちの手引きをしたあのユダについては、
          
          聖霊がダビデの口を通して預言しています。
       この聖書の言葉は、実現しなければならなかったのです。

  ユダはわたしたちの仲間の一人であり、同じ任務を割り当てられていました。
        
詩編にはこう書いてあります。

      『その務めは、ほかの人が引き受けるがよい。』

   そこで、
        主イエスがわたしたちと共に生活されていた間、

 つまり、ヨハネの洗礼のときから始まって、わたしたちを離れて天に上げられた日まで、
   
   『復活されたイエスと11人になった弟子たち』

     いつも一緒にいた者の中からだれか一人が、わたしたちに加わって、
           主の復活の証人になるべきです。」

  そこで人々は、バルサバと呼ばれ、ユストともいうヨセフと、マティアの二人を立てて、
      
次のように祈った。

         「すべての人の心をご存じである主よ、
    この二人のうちのどちらをお選びになったかを、お示しください。
ユダが自分の行くべき所に行くために離れてしまった、使徒としてのこの任務を継がせるためです。」

       二人のことでくじを引くと、マティアに当たったので、
      この人が十一人の使徒の仲間に加えられることになった。』
                   使徒言行録 1章15-17節 & 20-26節

 

  『くじ』
くじで大事な弟子を決める、まして、人の一生をくじで決める、ということが不思議な気がしませんか?

   くじを引くことは、古代にも広く行われていた習慣です。
   イスラエル人も、くじを『神の御心』を知る方法としたことが、
         旧約、新約を通じて記されている。
             聖書辞典より。

 

  
   イエスの復活後。

   エルサレムに戻ってきた使徒たちは、ペトロを中心に、
   『イスカリオテのユダ』に代わる使徒をたてることを決定します。
      そこで。
     洗礼者ヨハネの洗礼からイエスの昇天までの間、
      イエスと使徒たちと共にいたものの中から、
       『新たに一人』を選び出すことにします。

     
   祈ってくじをひくと・・・
二人の候補者の中で、『マティア』の名が出たので、彼が十二人目に加えられたのです。

 
     弟子たちは、くじの結果を考えながら・・・
 以前に、イエスが弟子たちに言われた『イエスの御言葉』を思い出したことでしょう。

 

『今日の福音 イエスの御言葉

    『そのとき、イエスは弟子たちに言われた。

     「あなたがたがわたしを選んだのではない。
       わたしがあなたがたを選んだ。

   
   あなたがたが出かけて行って実を結び、その実が残るようにと、
 また、わたしの名によって父に願うものは何でも与えられるようにと、
       わたしがあなたがたを任命したのである。

      
     互いに愛し合いなさい。これがわたしの命令である。

    
    父がわたしを愛されたように、わたしもあなたがたを愛してきた。
          わたしの愛にとどまりなさい。
       
わたしが父の掟を守り、その愛にとどまっているように、

   あなたがたも、わたしの掟を守るなら、わたしの愛にとどまっていることになる。」』
                ヨハネ福音書 15章9-17節

 

   『今日の教皇ベネディクト十六世の言葉』

『わたしたちは、復活の後に、この裏切者であるユダの代わりに選ばれた人のことを思い起こしたいと思います。

  エルサレムの教会で二人の人が共同体の中から候補として立てられ、くじが引かれました。

     選ばれたのは、マチアでした。
 こうして『この人が十一人の使徒の仲間に加えられることになった。』のです。


   わたしたちは、
      マチアがイエスが地上で行ったすべてのことの証人であり、
      マチアが最後までイエスに忠実に従い続けた、
         ということのほかには、マチアについて何も知りません。


 このすばらしい『忠実さ』に、ユダの代わりになるようにという『神の招き』が加えられました。
     それはあたかも、ユダの裏切りを埋め合わせたかのようです

    
    ここからわたしたちは『最後の教訓』を得ることができます。
 

  教会の中には、ふさわしくない不誠実なキリスト者が少なくありません。
     たとえそうだとしても、

わたしたちは主であり救い主であるイエス・キリストをはっきりあかしすることによって、
    彼らが行った悪の埋め合わせをすることが、わたしたち皆の務めなのです。』
                     
『使徒ー教会の起源』より。

 

『今日の叙唱』

『聖なる父、全能永遠の神よ、
       あなたは使徒たちを礎として教会をたて、
  教会はすべての民に福音を告げ、救いの恵みをあらわす使命を受けています。
あなたの偉大なわざをたたえ、すべての天使とともに声を合わせ、感謝の賛美を歌います。』
  

 

皆様!
御訪問に感謝申し上げます。
私たちの小さな小さな善意が世の悪の償いになるかもしれない。頑張らなくちゃね。 お元気で!

コメント