サムイズダート・ロシア

めざせロシア式菜園生活!ダーチャごっことロシア&北海道のお話あれこれ

プロコフィエフの手づくり本

2009-11-19 | プロコ日記裏話
「プロコフィエフの孫からメールが届いたんだけど、
転送するから見てちょうだい!」とロシア人のS先生。
なんでも、『ジェレヴャンナヤ・クニーガ(木の本)』なるものの
情報が送られてきて、リンク先を次々クリックしていくと
本のさわりが見られるんだそうな。
「それをUSBに保存できないかしら」
出たっ!それは要するに保存してこい、という命令ですね。
「USBはほとんど使ってません」と遠回しに拒絶すると
「あら!遅れてるわね~」(ムムッ!)
「大丈夫、あなたならできるはずよ」
そりゃできますけど、人の画像をむやみに保存していいのか!?
「まあとにかく見ておいてちょうだい」

…というわけで転送されたメールを見てみると、
プロコフィエフ財団のホームページにリンクされていて
そのなかに確かに『木の本』が紹介されていた。
『木の本』とはプロコフィエフが革命前の1916年に想起し、
特注でつくった木製の表紙つきのサイン帳。
ここに出会った著名人に片っ端からサインならびに
「太陽について」の一言コメントを寄せてもらい、
計48人分を集めて完成したのが『木の本』だという。
この人、思いついたらとことんやらずにはすまないらしく、
木や紙質やらサイズにもこだわり、職人の手を煩わせて
世界にただ一冊のサインブックをつくりあげたらしい。
その実物はモスクワの国立中央文学芸術文書館に収められており、
このたびロシアの出版社からその複製本が刊行されたのだという。

本のさわりを見てみれば、サイン帳なので当然、全ページ手書き!
人によってペンも筆致も筆圧も異なるし、
なかには太陽のイラストを描いてる人もいる。
これぞアナログの醍醐味である。
いいな~、手づくり本!
プロコフィエフは小説家としての顔だけだなく、
エディター、プランナーとしての顔ももっていたということか。

それはさておき…。
S先生が保存したがってる「本のさわり」はパラパラ動画になっていて、
画像としては取り出せないようになっていた。
そりゃそうだ。そんなに簡単に画像をとられちゃたまらない。
仮に画像を入手できたとしても、木の装丁の立体感や紙の手触り感は
複製であっても「本」という実体を手に入れない限り、
感じることはできないのだ。ウラ~、アナログ!
Comment

ロシアピアノリサイタル

2009-11-18 | ロシアコラム
いろいろとご縁があって、モスクワでもお世話になった
ロシア在住のピアニスト宮崎朋菜さんがソロリサイタルを開きます。

12月4日(金)19時開場、19時30分開演
すみだトリフォニーホール
URL:http://tomona.jp

リトアニアの作曲家チュルリョニスの作品をとりあげたり
ソ連時代の映画音楽を映像とともに奏でたり
そうかと思えば自作曲を演奏したりと、
いつも趣向を変えて楽しませてくれる朋菜さん。
今回はチャイコフスキー『四季』全曲、ラフマニノフなど
久々に全曲ロシアものを予定しているそうです。

朋菜さんの、クマでもわかる(!?)ロシアブログはこちら
Comment

ロシアの夢

2009-11-05 | ロシアコラム
過日『ロシアの夢 1917-1937』展を見に埼玉県立近代美術館へ。
ロシア・アヴァンギャルドのデザインを2時間かけてじっくり鑑賞。

その昔訪ねたサンクトペテルブルク演劇音楽博物館からの出品も多く、
なんだかとっても懐かしい。ソ連時代末期に訪ねた演劇音楽博物館は、
普通の建物にドアがあるだけで、とても博物館とは思えなかった。
恐る恐る入ってみると、木の机を並べただけの受付にバブシュカが二人。
お客さんは誰もいなくて貸切状態だったっけ。
今はきっと立派になってるだろうなー。

 リキの入った図録、2200円。

埼玉県立近代美術館は、ゆったりしていて居心地はよいのだが、
同県の文化施設のご多聞にもれず周辺と連動していないので
行った、見た、帰った!となってしまうのが何とも残念。
それとも知る人ぞ知る立ち寄りスポットがあるんだろうか??

 
つい買ってしまうクリアファイル。
右は槌と鎌をモチーフにしたハンカチの部分。

おまけ。こちらロシアとまったく関係ないドイツ製の猫定規。

ここのミュージアムショップは猫グッズも充実してます。
Comment