♪ラジオ放送・文字版「世の光」

   1952年以来、キリスト教会が協力して全国民放ラジオで放送して66年の
「世の光」を文字で 

■十戒 -自由への励まし 34 / 大嶋重徳

2017年11月30日 | Weblog
2017/10/26放送

 世の光の時間です。いかがお過ごしでしょうか? 大嶋重徳です。

 聖書には十戒と呼ばれる神と人との間に結ばれた約束があります。十戒の第四戒は「安息日を覚えて、これを聖なる日とせよ。」(出エジプト記 20章8節)と語り、その根拠を旧約聖書の出エジプト記に、神様が休まれた神であった、その神に似せられた私たち人間も休みを取らなければいけない、と記されているからです。

 では神様は七日目をどのように休まれたのでしょうか。このことが、休みを取るのが下手な私たちの休み方の基礎となるはずです。

 十戒が記されている旧約聖書の出エジプト記には、「安息日を覚えて、これを聖なる日とせよ。六日間、働いて、あなたのすべての仕事をしなければならない。」(出エジプト記 20章8節、9節)

 ここで、安息日を迎える前になすべきことがある、と記されています。それは「六日間、働いて、あなたのすべての仕事をしなければならない。」とないと、第四戒は休むことを求めながら働くことも求めているのです。なぜなら神様は休まれる前に働かれる神でもあるからです。そして人間にも六日間働く事を命じておられます。

 ここから第四戒の持っている聖書的な労働観が生まれてきます。キリスト教信仰において働く事も信仰のことなのです。

 創世記1章には、神様が人間造られた時、その使命として「生めよ。ふえよ。地を満たせ。地を従えよ。」(創世記 1章28節)と、世界を治める使命を与えられました。また同じ創世記には、「神である主は人を取り、エデンの園に置き、そこを耕させ、またそこを守らせた。」(創世記 2章15節)とあるように、人間が罪を犯す前のエデンの園にも「耕す」という労働はあったのです。まさにエデンの園において労働・働く事は神様との交わりでした。神様のことを日々感じながら、神様、次にどこを耕しましょうか、と自分に託されたエデンの園を耕したんです。また最初の人アダムは動物たちに名前をつけました。世界を管理したんです。まさに働くことは神の御計画を思い巡らしながら神様との交わりの時であったのです。
 
 私たちも今日の一日を始めるとき、今日それぞれに託されている仕事があるのだと思います。病気で横になっておられる方も、自分の身体を管理する治療もまた神様に委ねられたお仕事です。安息日を迎えるためにその場その場で託されている仕事を精一杯頑張りたいと思います。そして今日の一日を終える時に神様は、「よくやった。良い忠実なしもべだ。」(マタイ 25章21節、23節)と誉めてくださるのです。
 
  ( PBA制作「世の光」2017.10.26放送でのお話しより )

******


さて、この番組を制作しているPBAの「世の光」の係りでは分りやすい聖書通信講座を用意していて、初めての方には無料の入門コースがお勧めとの事。詳しくはPBAに案内書を申し込みましょう。日曜日に教会を覗いてみるというのもいいんじゃないかなあ。日曜日は大抵、朝10時か、10時半頃からお昼頃まで集まっていて誰が行ってもオーケー。PBAに聞くと近くの教会を紹介してくれるので、気軽に問い合わせるといいでしょう。問い合わせ先は、mail@pba-net.comです。


******
このサイトは URL名として  http://yonohikari.biblica.info  が使えます。携帯からもこのURLでどうぞ。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« ■信仰があったなら / 福井... | トップ | ■信じて生きよう / 関根弘興 »