花の四日市スワマエ商店街

諏訪振興組合代表理事の横道ブログ

市井からの眺め64弾丸列車⑭

2020-06-03 | レモン色の町

昭和7年に鉄道省に入った竹内外茂技師は東大工学部機械学科に入学している。島安次郎の長男 島英雄の7年後輩である。彼は“弾丸列車計画”を初期のころから担当することとなる。

昭和の初めころから、東海道線は輸送量の増加で飽和状態が読めていた。加えて陸軍の大陸進出である。清水トンネルと丹那トンネルが相次いで開通した昭和9年「関西線と東海道線のほかにもう一本、伊勢の桑名あたりから京都へ抜ける(鈴鹿越え)鉄道があってもいいのでは」という案が出され、東京大阪間にもう一本増設しては、いっそのこと高速列車で北京まで伸ばしてはということになった。

この頃、満鉄の『あじあ』号は高速列車をより身近なものにしていた。竹内は島英雄とともに『あじあ』号の調査に赴く。「国鉄の最高速度だった『燕』がまだ百キロも満たないのに『あじあ』号は百二十キロから百三十キロを出した。“やりやがったな”ということですよ」竹内 談。

そして、国内の狭軌と大陸の広軌論争に及ぶ。朝鮮海峡をトンネルでつなげば、広軌の列車そのままで大陸とつなぐことができる。昭和13年には関門海峡トンネル(世界初の海底トンネル工事)に着工しており朝鮮海峡トンネルも実現可能だということだった。

「内地から大陸へという考え方は、東海道の行き詰まり調査を始めるとき、鉄道部の上層部の局長クラスにはすでにあった、我々には直接伝えてはいなかったが、言い方として“北京まで”としていた。それではどうやるのか。大陸への一貫輸送ならば、連絡船で行き来していたのでは時間がかかってしょうがない。関釜連絡船が走っている下にトンネルを掘って鉄道を通すのが最良の方法だということになったのです」

島親子の弾丸列車計画への挑戦が始まる。

 

コメント

閑話休題 イザベラバードの旅②

2020-06-01 | レモン色の町

宮本常一氏は「日本奥地紀行を読む」でこう書いてみえます。

プライバシーがほとんど問題ではなかったということは、逆にお互いが安心して安全な生活が出来たということです。我々の生活を周囲から区切らなきゃならない時には、すでに我々の生活が不安定になっているということです。

また、イザベラバードが、各地を訪ねていたるところで書いていることは、店が開け広げているということです。日本の店とは“見せる”ことだったのです。それは品物を見せるだけでなく、仕事を、作っているところを見せた。見ると安心して買えたし、声もかけられたわけです。

戦後、物はウィンドウへ並べられて、人間が奥へ入り込んでしまう。その時に日本の伝統工芸が滅び始めたのだと思うのです。自分たちで作っているところを見せなくなってしまい、見せないことが良いことだと思い始めた。小ぎれいに作った商品が店先に並べられ、ショーウィンドウ時代が続いていくのです。

ところがこれが少し破れ始めています。日本で古い食べ方を残したのがにぎりずしで、調理しているところを見せたほうがよく売れるようになってきた。すると、物を売る場合でも同じことが考えられるのではないでしょうか。

これから先、もう一度元のような店が復活し始めるのではないか。少なくとも小さな店の場合、こうした日本人の中にある人間関係を抜きにしては成り立たないのではないかと考えるのです。

工房型店舗が見直されていることは事実です。ところが今回のコロナ災禍で、人と人との接触に黄信号が出ました。けれど、安全信号の出る時代は近いうちに必ずやってきます。工房型で人と人との交流が生まれるような店舗が、小さなお店にとって武器であるのかもしれません。まちゼミもまた、その一環だと思います。

 

コメント

閑話休題 イザベラバードの旅①

2020-05-31 | レモン色の町

イザベラバードの「日本奥地紀行」では、明治初期の地方の風俗が興味深く書かれている。

栃木という大きな町に着いた。宿屋は非常に大きいものだった。すでに六十人の客が着いていたので、私は部屋を選ぶこともできず、襖(ふすま)ではなく障子で四方が囲まれている部屋で満足しなければならなかった。かび臭い蚊帳はまったく蚤の巣であった。部屋の一方は人のよく通る廊下に面し、もう一方は小さな庭に面していた。庭に向かってほかに三部屋あったが、そこに泊まっている客は、礼儀正しく酒も飲まないという種類の人たちではなかった。障子は穴だらけで、しばしば、どの穴にも人間の眼があるのを見た。絶えず眼を障子に押し付けているだけではない、召使たちも非常に騒々しく粗暴で、何の弁解もせずに私の部屋をのぞきに来た。宿の主人も、快活で楽しそうな顔をした男であったが、召使と同じことをした。手品師、三味線ひき、盲人の按摩、そして芸者たち、すべてが障子を押し開けた。

湯沢は特にいやな感じの町である。私は中庭で昼食をとったが、大豆から作った味のない白い豆乳(カード)に練乳を少しかけた貧弱な食事であった。何百人となく群衆が門のところに押しかけてきた。後ろにいる者は、私の姿を見ることができないので、梯子を持ってきて隣の屋根に登った。やがて、屋根の一つが大きな音を立てて崩れ落ち、男や女、子供五十人ばかり下の部屋に投げ出された。

群衆はまたも激しい勢いで押し寄せてきた。駅逓係が彼らに、立ち去ってくれと頼んだが、こんなことは二度と見られないから、と彼らは言った。

外国人がほとんど訪れることのない高田(タカタ)では、町のはずれで出会うと、その男は必ず町の中に駆けもどり「外人が来た!」と大声で叫ぶ。すると間もなく、老人も若者も、着物を着た者も裸の者も、目の見えない人までも集まってくる。宿屋に着くと、群衆がものすごい勢いで集まってきたので、宿屋の亭主は、私を庭園の中の美しい部屋へ移してくれた。ところが大人たちは家の屋根に登って庭園を見下ろし、子供たちは端の柵にのぼってその重みで柵を倒し、その結果、みながどっと殺到してきた。

好奇心旺盛な日本人。こんな素朴さを忘れたくないですね。

コメント

市井からの眺め63弾丸列車⑬

2020-05-30 | レモン色の町

大阪の湊町は関西鉄道の終点、

明治42年

山田は参宮線の終点です。

明治42年

引き込み線を多く持っているのは当然ですが、明治42年、四日市港の整備もいまだ出来ていない時代に(工場誘致のための国際振興博覧会<訂正:国産振興四日市大博覧会>は昭和11年でした)四日市駅にこれだけの引き込み線が必要だったのかな?

明治42年

と考えると、ふと、謎が解けました。関西鉄道本社が、私鉄時代には四日市だった。広大な引き込み線は関西鉄道の整備工場だった(島安次郎氏が勤務していた)のです。

下総人氏曰く「関西鉄道は四日市に本社と整備工場を持っていました。鉄道国有後、四日市工場は名古屋工場に移されて名古屋工場となりました。四日市工場の敷地は貨物車の組み換えを行う操車場となりました。

阿瀬知川沿いの転車台はこの操車場が出来た時に、その施設の一部として設置されたものです」

昭和51年撮影

もう一つ、先日掲載の機関車の正体です。

スミマセーン これはコッペル車でした。湯の山線を走っていた

追記:5月31日。下総人さんから上の錦絵について「1号機と随分形が違うとコメントしたところご返事がありました。ペリーが持ち込んだ模型機関車に運転室の覆いを付けると錦絵の機関車とそっくりさんです。あんな形の煙突や車輪配置の機関車は鉄道開業当時にはありませんでした。最初の10輌はすべて英国製。錦絵の機関車はどう見ても米国型に思えます。

 下総人氏から(上の写真の機関車について)「どこの機関車であるか解りました。京阪間<訂正:新橋 横浜間>を始めて走った10輌の機関車の一つで、後の台湾へ移籍されたものです。現在この10輌のうち3輌が保存されています。有名な一号機関車(150型と改番)は、鉄道博物館、

さいたま市鉄道博物館

110番は青梅の鉄道公園、

どうやら展示は終了のようです。青梅鉄道公園

そしてこの台湾の機関車です。ご参考まで」

下総さま、ありがとうございました。

コメント (4)

市井からの眺め62弾丸列車⑫

2020-05-29 | レモン色の町

下総人さんからお預かりした明治43年1月現在の「管内各停車場平面図」です。

ここに四日市駅の図がありました。明治43年というと、関西鉄道が国営になったのが明治40年ですから、国営後の鉄道構内図ということになります。このころ、島安次郎氏は大阪に移っています。

明治44年のマップと比べると、四日市港へ向かう広大な貨物の引き込み線の記入はありません。阿瀬知川南の転車台は、まだ出来てないのでしょうか?赤い点線になっています。

 

 

コメント

市井からの眺め61弾丸列車⑪

2020-05-27 | レモン色の町

Webページを検索していたら、『安芸の国から・まぼろしの弾丸鉄道』にあたった。広島県西部の廿日市市の駅のホームに弾丸鉄道建設当時の杭が残されているそうだ。盗用させていただく。

日本国有鉄道(JRの前身)は、昭和14年に東京~下関間を9時間で結ぶ「弾丸列車」の計画を立て、将来は対馬海峡にトンネルを掘って、朝鮮半島経由北京行直通列車を走らせるという壮大な計画のもとに、翌昭和15年に建設が始められました。そのため用地買収は、広島県廿日市市でも行われ、買収用地には枕木を利用した杭が廿日市市を貫いていました。この遠大な計画も太平洋戦争の戦局が悪化したため、昭和18年度末に中止となり、買収用地は一転して食糧増産のために払い下げられ杭の姿も消えていきました。左方(八日市市佐方)で保存しているこの杭は、奇しくも当時の杭が洞雲寺の前に数本残っていたもので、大変珍しいものです。この駅は廿日市駅北土地区再整理事業として再開発され、田んぼも宅地に代わり、現在では過去の様子を再現することはできなくなりました。そのため、この杭を大切に保存して、弾丸列車の計画を長く後世に引き継ぐため、ここに保存いたします。   平成25年12月 左方アイラヴ自治会

丸印のところにあったという

墓標のように見える

 

コメント

市井からの眺め60弾丸列車⑩

2020-05-26 | レモン色の町

明治11年、イザベラ・バードは、横浜から新橋まで列車に乗っている。

東京と横浜の間は、汽車で1時間の旅行である。素晴らしい鉄道で、砂利をよく敷き詰めた複線となっている。鉄橋あり、こぎれいな停車場があり、終着駅はしっかりと出来ており、広々としている。この鉄道は、英国人技師たちの建設になるもので、明治5年の開通式には、ミカドが臨幸された。

横浜駅は、りっぱで格好の石造建築である。玄関は広々としており、切符売り場は英国式である。等級別の広い待合室があるが、日本人が下駄をはくことを考慮して、毛氈を敷いていない。そこには日刊新聞が備えてある。広くて天井がつき石を敷き詰めたプラットホームへは、周り木戸を付けた関所が設けてある。切符切り《これは中国人》、車掌と機関手《これは英国人》そのほかの駅員は洋服を着た日本人である。停車場の外には、辻馬車ではなくて人力車が待っている。

英国製の車両は、英国にあるものと違っていて、左右の両側に沿って座席があり、両端にドアがある。一等車は、深々としたクッション付きの赤いモロッコ皮の座席を備えたぜいたくなものだが、ほとんど乗客はいない。二等車の居心地の良い座席も、立派なマットが敷いてあるが、腰を下ろしているのは実にまばらである。しかし、三等車は日本人で混雑している。

https://www.youtube.com/watch?v=nKe7znhL3bk

ユーチューブでも紹介 すみません また コピー 貼り付けでお願いします

コミック化もされている

コメント

市井からの眺め59弾丸列車⑨

2020-05-25 | わたくしごと、つまり個人的なこと

イザベラ・バードは、明治11年横浜に着いて以来、北海道函館へ向かって旅行を行った。その紀行文から当時の地方の暮らしが詳細に記録されている。この紀行文を民俗学者である宮本常一氏が解説している。「イザベラ・バードの『日本奥地紀行』を読む」平凡社ライブラリーより “理想と現実の同居”

ここで、北海道の開拓が非常にアンバランスであることを書いている。

山道を15マイル登っていくと、七飯(ナナイ)という整然とした洋風の村がりっぱな農作物に囲まれている。ここは政庁が新風土馴化その他の農事試験をしているところの一つである。

政府自らが北海道開拓地にテコ入れして欧米風の村づくりが行われている。そう、満州の状況を連想させる。

奉天

新京

函館から汽船でつながったところの森(地名)は、噴火湾の南端に近い大きな村だが、今にも倒れそうな家ばかりである。村は砂丘の荒涼としたところで、たくさんの女郎屋(ジョーローヤ)があり、いかがわしい人間が多い。

と、ガラッと変わってくるのです。つまり日本の恥部ともいうべきところが政府の高級な開拓方針とは別に、そこへ行くと金儲けができるというようなことで、こういうような人が集まっていて、理想と汚い現実が並行して現れる。これは日本の持っている一番大きな弱点というべきもので、朝鮮統治の問題にしても、台湾や満州統治にしても、全部これが絡んでいるわけです。役人の建てた建物は新京でも奉天でも素晴らしく、非常に良い街を作り上げていったのに、そこに集まった人たちは、素性の良い人と悪い人が混在していた。これが日本の僻地における開拓の姿だったといってよいと思うのです。(宮本常一)

 森からの汽船が室蘭に着くと・・・

いろいろな宿屋から番頭たちが桟橋に降りてきて客引きをするが、彼らの持つ大きな提灯の波は、その柔らかい色彩の灯火とともに上下に揺れて、静止している水面に空の星が反映しているかのように魅力的である。

コメント

No.58椙山氏の『思い出写真をめぐって』⑨

2020-05-23 | レモン色の町

前回掲載した写真ですが、四日市駅構内のことが書いてありました。

四日市駅東口

本稿組付け後に筆者椙山氏より、更に珍しい写真が到着したので掲載する。四日市駅構内を名古屋方より撮影したものである(大正中期撮影)

右側に四日市、三重両鉄道の合同駅舎が写っている。国鉄駅の西駅舎は未だ建っておらず、従って西駅舎とホームを結ぶ陸橋も架設されていない。列車を降りた乗客は東駅舎を経てこの写真を写した場所である駅の北側踏切を渡り、右に建つ合同駅へ急いだ訳で、乗り換えには遠回りの不便さが強いられていた時代であった。

合同駅は、東口からしか入れなかったのか

そういった訳でこの写真は大正11年までの撮影である。正面左側のホームと東駅を結ぶ陸橋は下の写真の陸橋そのものであり、陸橋の下には三本の線路が施設されていた(狭軌)

Aが東口 合同駅はまだ出来ていない

後年線路中心間間隔を広げるため、次の写真のように日本になった(広軌)

昭和51年撮影

中央ホーム先端の平屋建ては信号扱い所であり、中央と左端に写るポイント標識は夜間にランプを乗せる古い様式のものが設置されている。

平成20年発行「鉄道ビクトリアル」より 信号扱い所

左、信号扱い所の建物(平成20年)

現在、本町の踏切より南を望む

 

コメント

No.57椙山氏の『思い出写真をめぐって』⑧

2020-05-22 | レモン色の町

Webよりコッペル車

四日市鉄道紹介で、安濃鉄道工事車両とあります 資材を運ぶのに使われていたのでしょうか? 追記 上と下は別の車両でした もっとちゃんとみます!

下の写真⑬は、四日市鉄道湯の山駅に到着のロコはコッペル(ドイツのコッペル社製)1号か2号機。キャブの高さが2153mmの背の低い超ミニサイズのタンクロコである。

 客車よりもずっと小さい

次の写真⑭は、四日市鉄道菰野駅から湯の山方面を望んだところ。煙を吐いて停車中のロコは、折り返し運転に備えて点検中なのか?昭和の初期にはこのように電車と蒸気の併用運転が行われていたようである(確かに、上には架線がかかっているのに煙を吐いたミニ汽車が停車している)

山の形といい雰囲気が出ている

このガイドブックは『三重鉄道 沿線案内』。四日市鉄道と三重鉄道の合同駅があるので、大正末から昭和初期になるか。椙山先生も追記してみえるが、左端、内部川に砂利採取場があってトロッコで内部駅まで運んでいる。八王子から生糸が運ばれるだけでなく、内部からは砂利が運搬されていたのだ。現在でも、少し上にのぼると土石工場が建っている。

 

コメント (3)