荒れた小谷戸

 あかねの森西側の小谷戸です。手前には三枚ほどの田んぼがあり、その奥が畑になっておりましたが10年程前からは稲作はされておりません。その割には荒れ放題となっていないのは、誰かが最低限度の手入れをしていると云うことなのでしょうか。

 おそらくは日本全国至る所で見られる耕作放棄地です。ややこしいのは、地方のほとんど価値のない土地ではなく、宅地に転用すれば(出来れば)平米当たり数十万円の価値があるから。都市近郊特有の悩ましい問題も併せ抱えている里地です。

 blog「恩田の森Now」 http://blog.goo.ne.jp/ondanomori には、ただいまは2月2日に撮った写真を、6点掲載いたしております。春間近の森の様子をご覧いただければ幸いです。

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

今年最初の森散歩&撮影

 今年は正月早々に風邪をひいて寝込み、その後遺症の咳が長く続いたためようやく今頃になっての「初森」となりました。

 昨年末にも何度か撮っていた水仙でしたが、ようやく少しまともな写真が撮れました。マクロレンズを持ち歩いているのに近頃交換が億劫になったのがいけないようです(ちなみにこれば標準ズーム)。今年はせっせと交換しつつ撮ってみたいと思います。

 今日撮った写真をblog「恩田の森Now」 http://blog.goo.ne.jp/ondanomori に、7点掲載いたしております。穏やかな散歩日和となった新春の森の様子をご覧いただければ幸いです。

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

谷戸の落ち葉道

 軽トラックがやっと一台通れる細い道。番匠谷戸のこの道は谷戸の一番奥に続いています。どん詰まりから上を見ると都県境の尾根道が南北に通っています。

 blog「恩田の森Now」 http://blog.goo.ne.jp/ondanomori に、ただいまは12月24日に撮影した写真を8点掲載いたしております。強風に見舞われた森の様子をご覧いただければ幸いです。

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

冬来たりなば春遠からじ

 冬来たりなば春遠からじ。
 寒い冬はその後にやってくる春を思いながら耐えるもの、辛い今を耐えてこそ努力が報われ佳き日々がやってくると云う、日本の古くからの格言かと今の今まで思っていたのですが、さにあらず。

 イングランドの詩人、パーシー・ビッシュ・シェリー(Percy Bysshe Shelley、1792年8月4日 - 1822年7月8日)の長詩「西風に寄せる歌」の最末尾にある
If Winter comes, can Spring be far behind ?
を上田 敏(うえだ びん。1874(明治7)年10月30日-1916(大正5)年7月9日)が訳した言葉であるといことを知ったのです。

 自然の成り立ちにあっても、悩み多い人生にあってもその起伏を見事に云い得た名句であるなぁ。

 と云う訳で今日の一枚は、黄葉する傍ですでに早春に開花する花の芽が用意されている木五倍子(きぶし)。人生の辛い時期に、程なく花開く蕾を見て確かめることができるのであれば辛抱もできようが、多くの場合それを見ることができない。だから挫折もする。それに引き換え木五倍子は実に分かりやすい「冬来たりなば春遠からじ」である。

 blog「恩田の森Now」 http://blog.goo.ne.jp/ondanomori に、ただいまは12月1日に撮影した写真を7点掲載いたしております。穏やかな初冬の森をご覧いただければ幸いです。

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

モミジバフウはモミジである

 昨日掲載したモミジバフウが予想外の好評を頂きちょっと驚いております。郷秋<Gauche>としては、こんなに色とりどり紅黄葉する樹木があります、「紅葉葉楓」と云う名前も面白いですねと云うことで、云ってみれば証拠写真として掲載したようなものだったのですが・・・。いや、ありがたいことです、ホント。

 昨日、モミジとカエデの違いについて、植物分類上ではカエデとモミジは区別しないこと、一般的に葉が五つ以上に切れ込んだ掌状のものをモミジと呼び、切れ込みが三つのものをカエデと呼ぶようだと書きました(四つのものはどちらなんだと云う疑問が残りますが・・・)。

 今日の写真の中央の葉の下側、左手に倣えば小指の第三関節辺りで千切れてしまっておりますが、ここに五つ目の突起があったことは容易に想像がつくことと思います。五つ以上に切れ込んだ、つまり五つ以上の突起、人の手に倣えば五つの指があるので先の定義によればモミジバフウは「モミジ葉風」なだけではなく、間違いなく「モミジ」であると云うことになりますね。

 と書いておいて今更なのですが、モミジの代表格であるイロハモミジがムクロジ科カエデ属であるのに対して、モミジバフウは実はフウ科フウと属と、別科・別属なのです。ますます訳が分からなくなってくるモミジとカエデなのであります。

 blog「恩田の森Now」 http://blog.goo.ne.jp/ondanomori に、ただいまは11月19日に撮影した写真を6点掲載いたしております。晩秋を彩る花たちとニワトリをご覧いただければ幸いです。

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

冬に向かう畑

 立冬過ぎだと云うのに暖かい日が続いている横浜地方ですが、明日からは少し気温が下がって来る週間予報が出ております。そうは云っても最低気温もまだ二桁を維持、日中は16〜18度程度まで気温が上がる見込みのようです。一ヶ月の長期予報では平年より暖かい可能性が高いようですし、向こう三ヶ月お予報でも平年よりは暖かい冬になりそうな気配の横浜地方です。

 東京よりも南に位置し海も近いことから比較的温暖な横浜地方ですので畑では冬でも野菜が作られております。手前はキャベツ、そしてその向こう芽を出し始めたのは小松菜かな? 長葱と大根の「畝売り」はこの辺りの冬の風物詩ですし、春菊や白菜、小松菜で青々とした畑も多い横浜です。

 blog「恩田の森Now」 http://blog.goo.ne.jp/ondanomori に、ただいまは11月3日に撮影した写真を7点掲載いたしております。文句のつけようのない「秋」の日の森の様子をご覧いただければ幸いです。

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

秋の庭の雑草たち


 我が家の南側の庭の隅から全面制覇を狙っている雑草たちです。ほとんど雑草に覆われている我が家の庭ですが、以前にも書いたことがありますが繁殖が許されている草の種類は限られており、上の写真に見えているのはこの季節に生えていることが許されている草どもです。

 一番たくさん葉っぱが見えているのがアイビーです。アイビーにはたくさん園芸種があるのですがこれは多分、ヘデラ・へリックス‘ピッツバーグ’と云う品種ではないかと思われます。

 キノコのような長い茎の先に丸い葉を載せているのは ウチワゼニクサ。メダカの鉢用にと買ってきた水草、「ウォーター・マッシュルーム」が鉢から逃げ出して地面でもその生息範囲を広げつつあります。チドメグサの仲間ですが、どうやら水陸両用の「雑草」のようです。そしてピンクの丸い花はおなじみの姫蔓蕎麦です。

 駐車場への通り道で踏みつけられる場所以外ではこの三点セットが一年中少しずつ広がりつつあります。春になるとその他の「雑草」も顔を出して賑やかになりますが、これからしばらくはこの三点セットの天下が続きます。

 「恩田の森Now」 http://blog.goo.ne.jp/ondanomori に、ただいまは10月20日に撮影した写真を6点掲載いたしております。文句のつけようのない「秋」の日の森の様子をご覧いただければ幸いです。

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

狗尾草

 秋枯れた狗尾草。狗尾草と書いて「えのころぐさ」。「狗」は犬のことで「尾」は尻尾。つまり犬の尻尾の草と云うことですが、なぜか「猫じゃらし」の方が通りが良いようです。犬の尻尾で子猫をじゃらす、と云うことでしょうか。

 「恩田の森Now」 http://blog.goo.ne.jp/ondanomori に、ただいまは10月20日に撮影した写真を6点掲載いたしております。文句のつけようのない「秋」の日の森の様子をご覧いただければ幸いです。

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

森の畑

「恩田の森Now」 http://blog.goo.ne.jp/ondanomori に、ただいまは10月20日に撮影した写真を6点掲載いたしております。文句のつけようのない「秋」の日の森の様子をご覧いただければ幸いです。

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

森の散歩道


「恩田の森Now」 http://blog.goo.ne.jp/ondanomori に、ただいまは10月20日に撮影した写真を6点掲載いたしております。文句のつけようのない「秋」の日の森の様子をご覧いただければ幸いです。

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

森の散歩道

 暦の上では既に秋だと云うのに現には猛暑が続く横浜地方でありますが、まあ、見た目と云うのか気分的には涼しげな所も探せばある訳でございます。今日の一枚はそんな森の散歩道。車一台がやっと通れる程の道の右には竹林、左には雑木と竹の混合林。この散歩道を、多少は涼しい風が吹き抜けてまいります。

 森林浴の効能についてWeb上の情報を見る限りでは、樹木などが発散する殺菌力を持つ揮発性化学物質フィトンチッド(phytoncide)がその源であり、「森林浴とはこれに接して健康を維持する方法だが、健康だけでなく癒しや安らぎを与える効果もある」とあります。

 しかしですよ、考えてもみれば健康とは身体的なものだけではなく、否、むしろ心理的な安らぎに負うところが大きいにではないかと思うのでありまして、従いまして「健康だけではなく癒しや安らぎを与える効果もある」のくだりはむしろ逆で、「癒しや安らぎを与える効果があり、ひいでは健康が維持される」のではないかと思う郷秋<Gauche>なのであります。

 と云うわけでありまして、今日の一枚は恩田の森の、私が「すみよしの森」と勝手に命名いたしました森のメインストリーであります。この写真の奥を右に曲がって進む小径が、度々ご覧いただいている「トトロの切り通し」へと続いているのでございます。

 「恩田の森Now」 http://blog.goo.ne.jp/ondanomori に、ただいまは8月4日に撮影した写真を6点掲載いたしております。盛夏の森の様子をご覧いただければ幸いです。

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

春の谷戸奥


 なるせの森の谷戸奥です。手前は菜の花ではなく、同じ仲間のアブラナ科の何かの花です。日当たりの悪い場所に梅の木が二本。18日に撮ったものですが、毎年恩田の森で一番最後に咲く梅の木です。必要があってかけてあるわけですがブルーシートが目障りです。せめて濃緑や茶色であれば良いのといつも思ってしまいます。

 「恩田の森Now」 http://blog.goo.ne.jp/ondanomori に、ただいまは3月18日に撮影した写真を6点掲載いたしております。花盛りとなった森の様子をどうぞご覧ください。

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

我が家の野菜たち


 昨秋の種まきが遅かったために結局冬の間には食べられなかった野菜たちですが、3月に入ってからの気温の上昇とともにぐんぐん大きくなり始めました。すでにルッコラは間引きしたものが食卓に登場し、クレソンももういつでも食べられそうな大きさのものもあります。パクチーはこれからの成長が楽しみな状態ですが、きっと元気に育ってくれることでしょう。

 「恩田の森Now」 http://blog.goo.ne.jp/ondanomori に、ただいまは3月3日に撮影した写真を7点掲載いたしております。春到来の森の様子をご覧いただければ嬉しいです。今週末は撮れるかなぁ・・・

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

大根の畝売り


 葱の畝売りは時々見かけるけれど、大根の畝売りは初めて見たような気がする。売る側の農家としては時期を見定めて収穫し、泥を落とし、洗い箱詰めするなどの手間が省ける。買う側からすれば、農家が手間を省いた分安く購入できるなど双方にメリットがある、都市近郊の農家・農地特有の販売方法である。

 それにしても、葱は本来の収穫時期を過ぎても土に活けておきさえすれば、それ以降多少収穫時期が遅くなっても大きな支障なく食べることができるが、大根は適時を逃せば風味は落ちやがて鬆が入り、人が食するに耐えられなくなる。

 畝の長さにもよるけれど、干して沢庵漬けにでもするのであれば別だが、一軒(一家庭)だけでは食べ切れないだろうから、近所や知り合いと共同で購入、適時に収穫して分け合うのが良さそうである。恩田の森では路傍の無人販売とともに、時折このような野菜の畝売りを見かけることがある。

 「恩田の森Now」 http://blog.goo.ne.jp/ondanomori に、ただいまは1月7日に撮影した写真を7点掲載いたしております。今年最初の森の様子をどうぞご覧ください。

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

9日間でこんなに!


 今日、恩田の森の都県境から「みなとみらい」のランドマークタワーを見た図です。


 そして9日前(11/25)にご覧いただいた、同じ場所(若干カメラ位置が違いますが)から「みなとみらい」方面を見た図です。
 わずか9日間で木々の色がこんなに違うものなのですね。あまりの違いにびっくり!

  「恩田の森Now」 http://blog.goo.ne.jp/ondanomori に、ただいまは11月25撮影した写真を10点掲載いたしております。冬隣となった森の様子をどうぞご覧ください。
 本日撮影の写真は一両日に掲載予定です。どうぞお楽しみに!

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ