goo

2018年11月12日 晩秋(その二)

 先週「早や11月、晩秋です」と書きましたが今日は12日、すでに中旬となりました。間も無く師走がやってきます。温暖な横浜の森にも冬がやって来ます。

 先週中に脱穀を済ませたかと思っていた白山谷戸のSさんの田んぼの稲が干されたままになっておりました。お天気と手すきの日のタイミングが合わなかったのでしょうか。

 薬師堂の隣の民家で白八重咲きの山茶花が見事に咲いておりました。バックが青空ではなかったのが残念でした。


 山茶花の原種は所々に淡いピンクが混じる白色なのだそうですが、江戸時代に盛んに品種改良された結果なのか、今ではピンクあるいは赤の花を多く見かけます。 濃いピンクの山茶花を日本画風に撮ったつもりですが、上手くいったらおなぐさみ。


 臭木(くさぎ)の実です。果実はすっかり熟して濃紫に萼は見事に紅葉していました。


 今日最後の一枚は、なるせの森の刈り取り後の田んぼで山羊がのんびり草を食んでおりました。

 恩田の森で撮った写真は毎日更新のblogにも掲載いたしておりますので是非ご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/gauche7

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2018年11月3日 晩秋

 早や11月、晩秋ですが今日の横浜地方は穏やかな秋晴れの一日となりました。と云いたいところですが昼頃から急に雲が広がり、散歩の後半にはポツリポツリと雨粒が。でも本降りにはならず無事に家に帰り着くことができました。

 稲刈りの終わったた白山谷戸ですが、畑の敷き藁で使う藁が干したままになっておりました。

稲架がけで干されたままの田んぼも一枚だけ残っておりましたが、さすがに明日辺りには脱穀でしょうか。

 刈り取りが早かった田んぼでは、ひこばえが伸びて花が咲きお米が実っておりました。

 そして「トトロの切り通し」。覆っていた木々の葉っぱが落ちて切り通しが明るくなってきました。


 道端のハゼラン。この草の花が咲いているところを見たことがないような気がします。ですのでこの赤い丸いものが蕾なのか実なのかは?ですが、いかにも固そうなので花の後の実なのだと判断しましたがどうでしょうか。ハゼランを漢字では「爆蘭」と書くようですが、これでは「バクラン」では? 

 秋の花、山茶花。毎年撮るのを楽しみにしていた山茶花の木が切られてしまって以降良い被写体が見つけられずにおりますが、今日は久しぶりに撮ることができました。


 たわわに実ったみかん。柿が栗に、栗がみかんに転作されていているようですが、失礼ながらあまり手入れも行き届いていないように見受けられました。

 恩田の森で撮った写真は毎日更新のblogにも掲載いたしておりますので是非ご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/gauche7

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2018年10月20日 秋

 先週は曇天で気温も低く、早や晩秋かと思うほどでしたが今日は文句のつけようのない秋。歩き始めた時にはやや強い風がありましたが、それもいつしかそよ風となり、絶好の散歩日和となりました。

 なるせの森番匠谷戸の田んぼです。コンバインで刈り取ったようです。稲作だけの米どころではありませんので、稲藁は何かと使い道がありますので刻んで撒いてしまわず、このように干しておきます。

 犬蓼(いぬたで)の花。赤飯(かまんま)と云った方が判りやすいでしょうか。イヌタデ、イヌマキ、イヌザンショウ、イヌビワなど食べられない、材質が劣り利用価値がない植物になぜか「イヌ」という名前が付けられています。

 恩田川の護岸壁のあちらこちらで溝蕎麦(みぞそば)が群生しておりました。タデ科ですので犬蓼の仲間で、「溝」の名の通り川辺など水気の多い場所を好みます。

 近くで見るとこんな花(蕾)です。先週、blog「独り言」の方に掲載した蔓姫蕎麦(つるひめそば)もタデ科で同じ仲間ですので、花が似ています。

 2つ上の写真で、手前に黄色く写っているのがこれ、背高泡立草(せいたかあわだちそう)です。アメリカ原産の外来種で、日本ではススキと陣取り合戦を繰り広げています。

 先々週もご覧いただきましたが、この季節にはやはりゴンズイの実が目を引きます。

 恩田の森で撮った写真は毎日更新のblogにも掲載いたしておりますので是非ご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/gauche7

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2018年10月13日 晩秋?

 先週の散歩&撮影の日が、10月だと云うのに30度を超えるびっくりの猛暑となりましたが、今日は今日で驚きの涼しさ。日差しがあれば気温が低くても快適な季節のはずですが、あまりの寒さに後半は首にタオルを巻いて歩いておりました。


 秋の花のはずですが、最近は早咲きのものが多くなったのか、10月にはすでに見かけることが少なくなったように感じるコスモスです。


 白山谷戸の田んぼで最後の稲刈り。刈り取り時期に大きな台風がきましたが、稲が倒れることなく刈り取ることができてホッとされていました。


 道端で咲いていた水引の花。祝儀袋にかけられる「水引」に似ていることからの命名とのこと。ごく小さく地味なこの花を愛でる為に庭に植える方もおられるようです。


 秋明菊(しゅうめいぎく)です。名前は「菊」ですがキンポウゲ科ですのでアネモネの近縁種です。中国原産で日本へは鎌倉後期から室町初期に渡来したようです。


 最初に、コスモスはもう終わりかのようなことを書きましたが、帰り道でたくさん咲いているキバナコスモスを見つけました。
 
恩田の森で撮った写真は毎日更新のblogにも掲載いたしておりますので是非ご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/gauche7

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2018年10月7日 秋になっておりました

 前回が8月27日でしたので一月半ぶりの散歩&撮影となりました。ここ一月半、いろいろ忙しかったんです。行けるかな?と思った日に限って雨だったりして。森はすっかり秋になっておりましたが、なんなのでしょうね、この暑さは。真夏日ですよ。10月に入っての真夏日はさすがに珍しいようですが、風がありましたので助かりました。そして、久しぶりの森には、本当に癒されました。


 白山谷戸の田んぼです。写真に切り取ったこの一枚だけでは横浜とは信じられないかも知れませんが正真正銘、横浜市です。手前の稲わらが円錐状にして干してあるところはコンバインで刈り取った田んぼで、はさ掛け(稲が干してある)のところは手押しの刈取り機で刈った田んぼ、そしだけ少し黄色く見えているのはまだ刈取りが済んでいない稲田です。

 今日は素晴らしい晴天でしたが、先週の台風25号の被害の跡もありました。

 檜林から向こうの谷戸を見る図。太陽が低くなっているからなのでしょうか、真夏とは色合いが違って見えます。

 ゴンズイの実がやけに目立っておりました。

 今年も秋祭り。「ブルー・ライト・ヨコハマ」ではなく「ブルー・レイン・ヨコハマ」です(^^)


 最後にオマケ。散歩&撮影の昼食後の楽しみ。コーヒーにするつもりだったのですが、暑かったのでお茶にしました。さすがに次回からはコーヒーかな。
 
恩田の森で撮った写真は毎日更新のblogにも掲載いたしておりますので是非ご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/gauche7

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2018年8月27日 厳しい残暑

 前回「二、三日前から朝夕は驚くほどの爽やかさで、まるで高原のよう。暑過ぎた夏もいよいよ終盤、晩夏です」と書きましたが残念ながらと云うべきかその後暑さがぶり返し今日は35度超えの猛暑となりました。この暑さはいったいつまでつづくのでしょうか。


 先週もご覧いただいた白山谷戸の田んぼですが、わずか一週間の間に随分と黄色味が増したようです。九月に入ると稲刈りが始まります。


 二日前に雨が降ったからなのか、暑くてもやはり秋が近いからなのか、森の日当たりの悪いところで可愛らしいキノコの姿を見かけました。


 すみよしの森の民家の庭先で咲いていた角虎の尾(かくとらのお。花虎の尾とも)です。夏前に咲く岡虎の尾と名前が似ていますが全くの別物です。こちらは花穂が垂れ下がらないので「虎の尾」のようには見えません。「角」は茎の断面が四角いことから。


 森のあちらこちらで仙人草(せんにんそう)が咲いていました。この花と仙人草と云う名前は結びつきにくいと思いますが、花の後の果実に生える白い綿毛を仙人の髭に見立てての命名です。


 今日は森の中を歩いていて幾度も蜘蛛の巣に顔を突っ込みそうになりました。これからしばらくは蜘蛛の巣のシーズンです。藪を歩く時には細い枝や篠竹を身体の前で振り回しながら歩きます。


 都県境の尾根道。右が横浜市青葉区、左が東京都町田市です。

 恩田の森で撮った写真は毎日更新のblogにも掲載いたしておりますので是非ご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/gauche7

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2018年8月19日 晩夏の森

 今年は7月から記録的な猛暑が続きましたが、二、三日前から朝夕は驚くほどの爽やかさで、まるで高原のよう。日中は流石に気温が上がりますがそよ吹く風は心地よく何処となく秋の風情。暑過ぎた夏もいよいよ終盤、晩夏です。


 イネの花が咲いているところをご覧いただいたのは二週間前でしたが、今日はもうこんなに実り首を垂れておりました。政治家や大企業が世間を賑わせている種々のニュースを見聞きするたびに、「実るほど首を垂れる稲穂かな」を思い出すのは私ばかりでしょうか。


 オニヤンマは真夏のトンボ、シオカラは夏の終わりのトンボ。そして稲を干す頃になるとアキアカネが飛び始めます。


 ご先祖様を迎える胡瓜の馬と茄子の牛。それぞれにエノコログサの尻尾がつけられています。これにはありませんが、茹でた素麺が背中に乗せられたものも見かけます


 薬師堂の前の無患子(むくろじ)の木がたくさんの実を落としていました。石鹸がない時代には、この実をその代わりに使ったのだそうです。


 奈良川の護岸壁に生えた臭木の花が甘い香りを漂わせておりました。臭木の花が甘い香を云うのも不思議ですが、「臭木」とは葉を千切った時の臭いから。花は大変良い香りがいたします。
 
恩田の森で撮った写真は毎日更新のblogにも掲載いたしておりますので是非ご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/gauche7

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2018年8月4日 盛夏の森

 記録的な猛暑が続いております。と先週書きましたが、横浜地方は今日も35度になっていたようですので、もう猛暑が普通、これがフツーの夏なんだと云う感じになりつつありますね。ですのでタイトルもフツーに「盛夏の森」としました。


 田植えが早かった田んぼでは稲の花が咲いておりました。地味な花ですが、この花が咲いて実、つまりお米ができる訳ですから実はとっても貴重な花なんです。


 米よりも先に収穫の時を迎える栗のイガも随分大きくなって来ていました。


 春紫菀(はるじおん)の茎にしがみつく空蝉。樹木だけではなく、何かつかまる物があればとにかくそれにつかまって登って行くのが蝉の習性のようです。


 すみよしの森の農家の庭先で百日紅の花が見事に咲いていました。


 きっと咲いているだろうと思って楽しみにしていた本日のハイライト、狐の剃刀(きつねのかみそり)。ご覧いただいておわかりの通り彼岸花の仲間です。彼岸花よりもひと月半先に先に咲きますが、花が咲く時には葉がない「葉なし花なし花」であるのも彼岸花と同じです。


 田んぼをバックに群れ咲くひまわり。2011年の東日本大震災以降、自然災害の被災地に寄付をする目的で農家の方が栽培しているひまわりです。ひまわりの切り花を1本100円で販売し、今年は7月の豪雨災害の被災地に寄付をすると書かれておりました。

恩田の森で撮った写真は毎日更新のblogにも掲載いたしておりますので是非ご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/gauche7

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2018年7月23日 記録的な猛暑

 記録的な猛暑が続いております。生命の危機さえあると報じられ実際に暑さが原因で亡くなる方も後を絶ちません。そんな暑さの中ではありましたが、私や夏休みを取り森に出かけて参りました。もちろん暑さ対策はバッチリしておりましたので無事に帰還いたしております。


 写真ではわかりずらいですね(反省)。なるせの森の谷戸田を雑木林をはさんで見た絵です。猛暑の横浜地方ですが雑木林の中の小径、谷戸の青田は清々しく、体感温度は3度ほど下がる気がします。


 空蝉があちらにもこちらにも。だから蝉もたくさん。だから蝉が盛大に鳴いております。季節が一ヶ月早まっているような気がします。


「トトロの切り通し」に続く道で咲いていた野萱草。春や秋にはたくさんの草木の花が咲きますが、最も暑い時期に咲く花は少ないのは、受粉や結実の時期を見計らった種の存続のための戦略なのでしょうね。


 前回もご覧いただきましたが、木槿(むくげ)とともに真夏の花の代表格の百日紅です。百日間咲いている紅い花と書いて「さるすべり」と読みますが、そのまま「ひゃくじつこう」とも云います。7月から10月まで百日以上咲いています。


 これは白い「百日紅」。「百日白」とは云わないようです。


 春先に咲いた木五倍子(きぶし)の実です。この実を染め物に使うのだと、採っていた方にお会いしたことがありますが、さて、どんな色に染まるのでしょうか。

恩田の森で撮った写真は毎日更新のblogにも掲載いたしておりますので是非ご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/gauche7

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2018年7月11日 早くも猛暑

 西日本各所は豪雨に見舞われておりますが、神奈川県地方は暑いばかりでこの夏の水不足が心配になってきている昨今です。


 ほぼ毎回ご覧いただいている白山谷戸の田んぼです。青田の向こうの雑木の山の上には青い空と白い雲。The “夏“ですね。


 二週間前には藪萱草(やぶかんぞう)をご覧いただきましたが、その時に書きました通り今日はあちらこちらで一重咲きの野萱草(のかんぞう)が咲いておりました。


 これまた度々ご覧いただいている「トトロの切り通し」ですが、猛暑の中でもここだけは涼しい風が通り抜ける切り通しから向こうに足を踏み出すのには相当の勇気が必要です。


 道端で咲いていたヘラオオバコ(箆大葉子)の花。オオバオ(大葉子)に仲間ですが江戸時代末期に渡来した外来植物で、環境省の要注意外来生物類型2に指定されているそうです。


 夏を代表する花の一つ、木槿(むくげ)。


 百日紅(さるすべり)。木槿同様6月から10月初旬まで咲いている夏の花です。


 猛暑の中で凛として咲く山百合。百合の王様。純白で大ぶり豪華なことで知られるカザブランカも、ヨーロッパに渡った日本の山百合が改良されたものと云われています。 

恩田の森で撮った写真は毎日更新のblogにも掲載いたしておりますので是非ご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/gauche7

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ