goo

2019年5月25日 真夏日となった森

 どうしてなのかはわかりませんが突然真夏の暑さとなった関東地方(全国的?)。恩田の森も例外ではなく、5月下旬だと云うのに30度を越す真夏の陽気となりました。

 先週、田んぼにも水が入った写真をご覧いただきましたが、その田んぼの田植えが終わっておりました。まだ頼りない小さな苗ですが稔りの時に向かって大きくなっていく様を見るのは楽しみです。

 田んぼに水が入るとやってくるカルガモ。カルガモは一年を通して日本にいるはずなのですが、目につくのは田んぼに水が入った時。それ以外の時期はどこにいるのでしょうか。

 すみよしの森の畑の隅で、真夏のような日差しが似合う石榴(石榴)の花が咲いていました。

 卯(う)の花の、匂う垣根に
 時鳥(ほととぎす)、早も来鳴きて
 忍音(しのびね)もらす、夏は来ぬ
 と歌われるのがこの空木(うつぎ)の花です。

 暑くなるどうしても撮りたくなると水の流れ。飛び込みたくなるような清流ではないのが残念な奈良川。

 あまりの暑さにクルマの影に逃げ込む農家の庭で放し飼いにされている軍鶏?



 ドクダミの花が咲き始めました。漢字で書くと「蕺草」ですが難しくて馴染みにくいでしょうか。ちぎると臭くて嫌われるドクダミですが花はご覧のように美しい。花弁のように見える4枚の白色ものは総苞で、淡黄色の棒状の花序に小花が密生しています。 

 恩田の森で撮った写真他を毎日更新のblogにも掲載いたしておりますので是非ご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/gauche7

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2019年5月13日 田植え間近

 このところ散歩の日に限って雨雲がやってくることが多いような気がします。天気予報では晴れですが、「雨が降るところもありそうです。折りたたみの傘を持っていくと安心でしょう」との勧めに従いデイパックに入れてありますので安心です。それにしも最近の天気予報はよく当たります。

 恩田の森の田んぼにも水が入り田植えの時が近づいてきました。


 久しぶりに遭遇したオンダヤマネコ。近頃その数がめっきり少なくなっております。


 薬師堂境内のオッタチカタバミとムラサキカタバミ。オッタチカタバミは北米原産、南米原産のムラサキカタバミは環境省により要注意外来生物に指定されています。


 麦の穂が色づいてきました。

 道端の庭石菖(にわぜきしょう)。草丈15センチほどの小さな草ですが愛らしい花を咲かせます。先にご紹介したカタバミ類と同様の雑草ですが、こんな雑草の花を見ながら歩くのも散歩の楽しみの一つです。

 恩田の森で撮った写真他を毎日更新のblogにも掲載いたしておりますので是非ご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/gauche7

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2019年5月13日 初夏の森(その二)

 昨日よりは少し涼しくなりましたが、それでも半袖で十分なほどの気温でピーカンにならない程度の日差しがありましたので絶好の散歩&撮影日和となりました。ただし、花の端境期となり欲を云えばもう少し色々な花が咲いていると嬉しいとはちょっと贅沢な今日の散歩でした。

 先週もご覧いただいておりますので「見飽きたぞ」とおっしゃる方もおられるのを承知の上でしつこくご覧いただくのは、田んぼに水が入り始めましたと云う定点観測的ご報告。

 ここ数年、恩田の森の畑で流行しているイチゴの栽培。この写真のイチゴはまさしく「ストローベリー」(麦わらではなく稲わらですが)ですね。 



 桐の木の花です。桐の木はたいへん大きくなりますので花が咲いていてもはるか頭上のことですので気づかないこともありますが、道にこんな花が落ちていたらぜひ見上げてみてください。


 ジャガイモの花。毎年必ず書いているので「耳タコ」の方も多いかと思いますが、かのマリーアントワネットが好んで髪飾りにした花。これは私が勝手に思っているだけかもしれませんが、「星の王子様」の星に似ている。

  帰り足で見つけた小判草。まだ青くて小判色はしておりませんが・・・

 恩田の森で撮った写真他を毎日更新のblogにも掲載いたしておりますので是非ご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/gauche7

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2019年5月3日 初夏の森

  昨日の冷たい雨も止み、森はすっかり初夏の装いとなりました。

 お馴染みの白山谷戸です。田起こしの済んだ田んぼに水が入るのもまもなくでしょう。

 青々とした麦。穂ももうすっかり大きくなりあとは熟すのを待つばかり。麦の刈り取りの季は夏、梅雨の晴れ間に行いますが、俳句の季語ではこれを「麦秋」(ばくしゅう)と云います先週「竹の秋」とは春のことと書きましたが、麦秋もまた知らないと???となる言葉ですね。

 空き地で群生する長実雛芥子(ながみひなげし)。地中海沿岸が原産とされていますが今では日本中至る所でみられる「雑草」。美しいその姿とは裏腹に猛烈な繁殖力を持つため在来の生態系に悪影響を及ぼすことが懸念されております。

 畑の隅で咲いていたこれは、花菖蒲?

 釣り花。うっかりすると見逃してしまいそうな小さな花(花径7〜8ミリ程)ですが、この季節に欠かせない愛らしい樹木の花です。
                    

  小さな花の次は大きな花。二週間前には美しい若葉をご覧いただいたホオノキ(朴の木)ですが、わずか半月で葉はすっかり大きくなりこれまた大きな花(大人の男性の拳大)を咲かせておりました。花はこれ以上開花が進むとちょっとグロテスクな感じになるのでこのくらいが良いところ。木も大きくなますが葉も花も樹木としては最大級の大きさとなるホオノキです。

 先週は蕾の状態をご覧いただいた金蘭(きんらん)ですが、今日は無事に開花しておりました。開花するとラン科であることが良くわかりますが、私としては先週も書いた通り蕾の状態が一番美しいような気がしますがいかがでしょうか。雑木林の林床でしか生育できない植物ですのでくれぐれも採取したりされませんように。「採ってはいけません。撮るだけ」です。

 恩田の森で撮った写真他を毎日更新のblogにも掲載いたしておりますので是非ご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/gauche7

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2019年4月27日 肌寒い森、そして雨

 朝方までには雨が止んで昼には晴れるとの予報を信じて出かけたのですが予報は大外れ。晴れるどころか帰る頃には雨が降って来る始末。近頃の天気予報は当たる確率が高いのですが今日は大外れでした。

 行くたびに緑が濃くなる森に続く道。正面の竹林は逆に茶色に変わってきていますが、これは春の季語に「竹の秋」があるように、竹にとっては新芽(竹の子)を出す今が落葉の季節だからです。

 柿若葉と呼べるのは今日までか。

 道端の紫蘭。

 すみよしの森の民家の庭先の藤の花。

 そしてこちらは山藤。

 今日の最後は楽しみにしていた金蘭(きんらん)。気温の低い日が続いていたため開花には至っておりませんでしたが、花弁が開いても「見事に開花」と云う類ではありませんので、あるいはこの状態がベストなのかもしれません。

 恩田の森で撮った写真他を毎日更新のblogにも掲載いたしておりますので是非ご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/gauche7

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2019年4月20日 蘭春(その二)

 少々風がありましたが、その風が心地よく感じられるほど気温があがった今日の恩田の森でした。ですので、今日は春爛漫(その二)です。

 染井吉野が終わると八重桜の出番です。染井吉野の咲く頃はまだ芽吹き前の雑木林ですが、今日の雑木林は若緑色。そんな雑木林をバックにした八重桜です。

 柿若葉。柿の葉は特に芽吹きの頃と紅葉が美しい。

 錨草(いかりそう)です。どうしてそんな形なの?と聞きたくなるような花は他にもありますが、錨草もその一つ。まったく不思議な形ですが、命名が実に的を得ていますね。

 久しぶりに見た蓮華草。

 上溝桜(相模原在住の方は「かみみぞざくら」と読んでしまうかも知れませんが、正しくは「うわみずざくら」)。花弁よりも30本ほどある長い雄蕊が目立つため、まるで試験缶洗いのブラシのように見えます。

 朴の木(ほおのき)の若葉。朴葉焼きで使われる大きな葉は、芽生えの時からやはり大きい。でもピンク色の(多分)苞も一緒に開いている若葉は花が咲いているかと思う程美し。

 恩田の森で撮った写真他を毎日更新のblogにも掲載いたしておりますので是非ご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/gauche7

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2019年4月13日 蘭春

 暖かくなったかと思ったら真冬の寒さに逆戻りを繰り返す今年の春ですが、今日は気温も上がりまさしく春爛漫となりました。

 いつもの白山谷戸。「山笑う」とは色とりどりに芽吹き始めた山の木々の様子を云い表した春の季語ですが、まさに云い得て妙です。

 種浸け花(たねつけばな)。「種」とは籾のことで、この花が咲いたら籾を水に浸けて苗の準備をすることからの命名。田植えの季節も近づいてきています。

 竹林の端っこで顔を出した竹の子。桜が終わると竹の子の季節。竹の子堀の人をたくさん見かけた今日の恩田の森でした。

 なるせの森の都県境の尾根道辺りを見上げる図。桜は写真左手方向に数年前に出来た墓地との緩衝帯に植栽されたもの。

 春から初夏にかけて道端などで見かける紫華鬘。難しい字ですが「むらさきけまん」と読みます。庭の隅などにも生えてくることがありますが、全体に有毒成分を含んでいますので注意が必要です。

 恩田の森で撮った写真他を毎日更新のblogにも掲載いたしておりますので是非ご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/gauche7

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2019年4月7日 散歩日和

 桜が開花したと思った途端に早春の寒さが戻ったおかげで、今年はいつになく長く桜を楽しむ事ができました。そして今日は気温も上がり花見日和、絶好の散歩日和となりました。

 あかねの森の徳恩寺境内の枝垂れ桜。私は染井吉野よりも枝垂れ桜や山桜に惹かれてなりません。

 こちらはかつらの森の山桜をバックにした柿若葉。

 なるせの森の山桜。


 今日最後の一枚は、山桜のアップ。

 恩田の森で撮った写真他を毎日更新のblogにも掲載いたしておりますので是非ご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/gauche7

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2019年3月31日 春本番

 弥生三月も今日が限り。明日は卯の花月、春本番です。とは云え今日の横浜地方は天気予報とは裏腹に空は雲に覆われ気温も上がらずと、まさに花冷えの一日となりました。

 かつらの森にある小さな馬頭観音の石碑に覆い被さるように咲いている木瓜の花。

 枝垂れ桜と云う程ではないのですが、それ風に枝垂れたひと枝を撮ってみました。

 先々週、最初の一輪をご覧いただいた編笠百合ですが、今日はたくさん咲いておりました。お願いしてここから頂いてきた我が家の編笠百合は今年も花を着けませんでした。来年に期待。

 

  春霞む恩田の森、すみよしの森からかつらの森を見たところです。都会の小さな森にあって数少ない、いかにも山の中っぽい表情を見ることができる数少ない場所からの一枚です。

 毎年楽しみにしている源平桃が見事に咲いていました。

 夜半まで降っていたらしい雨に濡れたままの豌豆の花。野菜の花とも思えないほど美しい姿ですが、スイートピーの親戚と聞けば納得いただけるでしょうか。

 

 最後にもう一枚桜を。なるせの森の芽吹き始まった雑木林をバックにした桜です。

 恩田の森で撮った写真他を毎日更新のblogにも掲載いたしておりますので是非ご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/gauche7

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2019年3月17日 蘭春へ

 先週は散歩&撮影することができず二週間ぶりに森となりました。前回はまだ早春の趣があったのに今日はもう蘭春も間近と思えるほどに、春の足は速い。考えてもみれば春の彼岸も目前。「暑さ寒さも彼岸まで」とはまったく上手いことを云ってものです。

 雪柳。真っ白な花が春の陽を受けて輝いておりました。

 麦畑。手ブレではなく被写体ブレです。風に揺れる麦の若葉を表現できないかとギリギリまでシャッタースピードを落としてみましたが、雰囲気は伝わりましたでしょうか。

 山茱萸(さんしゅゆ)と白木蓮(はくもくれん)の共演。

 木瓜。本来の花いろは深赤色ですが、これは白とピンクの二色咲。ボケとツッコミの「ボケ」ではなく、果実が瓜に似ているから木になる瓜で「木瓜」。

 雑木林と畑の境に植えられた白木蓮。クヌギやコナラに負けじと背伸びした結果、樹高だけが伸びてしまったと云うことでしょうか。

 恩田の森で撮った写真他を毎日更新のblogにも掲載いたしておりますので是非ご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/gauche7

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ