goo

2019年11月12日 またまた散歩日和

 夜半の雨で埃もすっかり洗い流されたのか、起きてみれば真っ青な空。今日もまた絶好の散歩日和となりました。

 いつもの白山谷戸です。今日は雲ひとつない晴天で、まるで銭湯のペンキ絵のようです。と云ってはペンキ絵屋さんに失礼でしょうか。その季節らしい雲が二つ三つ浮いているくらいが様になりますね。

 八重咲きの白い山茶花。山茶花(さざんか)の季節ですね。

 こちらはシンプルな薄桃色。
 「さざんか」の名は山茶花の本来の読みである「さんさか」が訛り「さんざか」に、さらに音位転換(注)して「さざんか」が定着したとされています。
注:発音しにくい音の並びが入れ替わり、より発音しやすい形になること。

 菊の花も今が旬。手塩にかけた豪華な菊よりも、毎年この季節に勝手に生えて咲く素朴な菊の方が、私は好きです。

 恩田の森も色づき始めました。まずは山桜から。

 恩田の森で撮った写真他を毎日更新のblogにも掲載いたしておりますので是非ご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/gauche7

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.


#恩田の森 #横浜の里山 #都会の里地里山 #身近な自然

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2019年11月2日 またしても散歩日和

 今年は夏がめちゃくちゃ暑くてそのあとは台風の大雨と、随分と酷い天気が続いた横浜地方ですがようやく秋らしい天気になりました。先週に続いて今日も暑くもなく寒くもない絶好の散歩日和となった恩田の森です。

 先週、恩田の森で最後に稲刈りをした田んぼを逆方向から見たところです。早くに刈り取った手前の田んぼは「ひこばえ」で青々としています。

 果物としては近頃不人気の柿ですが、柿は秋の里山の被写体として無くてはならないものでもあります。

 なので、もう一枚。

 恩田の森の半野良猫、昼寝中。

 森の民家の庭先ではみかんがたわわになっておりました。温暖な横浜地方です。

 恩田の森で撮った写真他を毎日更新のblogにも掲載いたしておりますので是非ご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/gauche7

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2019年10月28日 散歩日和

 台風19号以来雨がちな天気が続いておりましたが今日は久しぶりにお日様が顔を出して絶好の散歩日和となりました。明日は雨の予報ですが明後日以降はしばらく秋晴れが続きそうな横浜地方、恩田の森です。

 恩田の森の最後の稲刈りです。他の田んぼは早いとことではひと月も前に済ませていましたが、田植えが遅かった田んぼはやっぱり稲刈りも一番後でした。

 道端の野菊。シロヨメナでしょうか。

 お馴染みの、勝手に命名した「トトロの切り通し」。

 道端で咲いているミズヒキ。のし袋に付いている「水引」のミズヒキです。のし袋に付いている水引の方が先で、祝儀用のそれにいていることからの命名だそうです。

 先週、木になっているところをご覧いただいた無患子(ムクロジ)の熟した落果と黒々とした種子。

 なるせの森、番匠谷戸の稲刈り後の田んぼ。

 オマケ。本日の森のレストラン、メインの部。左端のポットでお湯(500cc)を沸かし(ポットの左が一人用の超小型ストーブ(コンロ))、ついでに手前の丸い小さな缶詰(前菜)を湯煎します。沸いたお湯をカレーヌードルに投入します。飲み物は節税ビール擬きと決まっております

  食後には残ったお湯を沸かし直してコーヒーを淹れてドルチェと共にいただきます。

 恩田の森で撮った写真他を毎日更新のblogにも掲載いたしておりますので是非ご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/gauche7

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2019年10月20日 雨がちな森

 各地に大きな被害をもたらした台風19号以来雨がちな横浜地方です。今日は雨にこそなりませんでしたスッキリとした秋晴れにはならず。それでも時に青い空が見え、陽が差してくれたのが救いでした。

 と云うわけで今日最初の一枚は、一番天気が良かった時間に撮った一枚。柿と秋の空。

 

 「チャノキ」の花。判り易く云えば、お茶の(葉を採る)木の花です。ツバキ科ツバキ族ですので花も椿に良く似ており、これから12月頃までが花期です。恩田の森には茶畑はありませんが、農家の生垣や畑の仕切りとして植えられております。かつては自家用のお茶の葉を摘んていたのだろうと思います。

 奈良川の護岸壁で咲く溝蕎麦。

 徳恩寺別院薬師堂境内の無患子(むくろじ)の実。熟した果肉は石鹸の代用品として使われました。黒くて硬い種子は数珠玉として、また羽根つきの羽の「頭」に使われたのだそうです。

 なるせの森の牢場谷戸の田んぼで干された稲。その稲の向こうで咲いている黄色の花が気になり近づいて見ると・・・

 緑肥として、また土埃防止や景観維持を目的として実験的に植えられたクロタラリアと云うマメ科の植物でした。

 今日最後の一枚は、なるせの森番匠谷戸の、稲刈り脱穀が終わった田んぼ。

 恩田の森で撮った写真他を毎日更新のblogにも掲載いたしておりますので是非ご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/gauche7

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2019年10月15日 台風のあとに

 15号に次いで19号の襲来。東日本各地に甚大な被害をもたらした19号でしたが、幸い横浜市内での被害は限定的でした。大慌てで済ませところを含め、ほとんどの田んぼで稲刈りが終わっていましたのでまずは一安心。

 先週干されていた稲は台風前に脱穀を済ませたようでしたので一安心。白山谷戸ではまだ二枚の田んぼの稲刈りが済んでいませんが、稲が倒れたりはしておりませんでしたので天気が回復すればいつも通りの刈り取りとなることでしょう。

 秋の野の草の代表格、野菊と犬蓼(いぬたで)。犬蓼は「あかまんま」と呼んだ方が判り易いでしょうか。

 台風の被害がまったくなかったわけではありませんでした。杉と竹の混合林ではこんな姿も。よく見ると杉の木の中は空洞になっていて折れて然るべき状態であったようです。弱いものはこのようにして淘汰されてゆく自然の摂理と云うべきでしょうか。

 白粉花(おしろいばは)です。花期は春から夏と云われておりますが、この時期になってもまだ花を咲かせます。夕方に咲いた花は暑い時期には翌朝には萎んでしまいますが、秋になると昼頃までこのように咲いています。

 台風対応で疲れ果てたのか、あちらこちらで逃げもせず眠りこけている猫をたくさん見かけました。

 

 あかねの森南麓の民家の駐車場脇で咲いていた秋明菊(しゅうめいぎく)。名前に「菊」の字がついておりますがキク科ではなく、キンポウゲ科イチリンソウ属ですのでアネモネの親戚です。球状の蕾でそれと判りますね。

 恩田の森で撮った写真他を毎日更新のblogにも掲載いたしておりますので是非ご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/gauche7

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2019年10月5日 10月の真夏日

 地球温暖化のニュースを見聞きしない日はない昨今ですが10月に真夏日となると、さすがにまったくもって他人事ではなく、本当に地球はどうなってしまうのかと心配になります。

 そうは云っても植物は正直です。稲は今年も稔り刈り取りの時期を迎えております。稲藁だけが干されているのは大型コンバインで脱穀まで一気に済ませた田んぼです。



 早咲きのコスモスが出回ったせいで本来のコスモスの花期が怪しくなってきてしまいましたが、稲刈りどきの今が、コスモスの花の本来の季節なのだと思います。

 地味ではありますが、こちらも盛りを迎えた力芝(ちからしば)。大きな株になり引き抜くにも刈り取るのにも力がいることからの命名。

 なるせの森の谷戸奥の畑。夏の野菜が残る一方で冬の野菜が育ちつつあります。


 「おまけ」の一枚。散歩の途中、昼食の後のお楽しみ。

 恩田の森で撮った写真他を毎日更新のblogにも掲載いたしておりますので是非ご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/gauche7

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2019年9月26日 秋好日

 涼しい日が続いた後の今日は、厳しかった今年の夏の暑さを思いださせる暑さとなりました。少し日向を歩くと額に汗が滲んできますが、日陰に入るとすっとひいていく、そんな秋の一日でした。

 いつもの白山谷戸の田んぼですが、「あれっ」と思われた方が多いことと思います。それもそのはず、いつもとは逆、つまりいつもは田んぼの奥に見えているこんもりした森の中から撮ってみたのが今日の一枚です。

 畑の隅で露草が見事に群生しておりました。

 踏まれれば踏まれるほどに盛大に繁殖すると云われる雑草の王様、大葉子(おおばこ)が道端で地味〜な花を咲かせておりました。



 森のあちらこちらで盛大に咲いている彼岸花。

 小さくて地味だけれど愛らしい溝蕎麦(みぞそば)も今が盛りです。

 恩田の森で撮った写真他を毎日更新のblogにも掲載いたしておりますので是非ご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/gauche7

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2019年9月15日 秋暑し

 残暑は立秋過ぎても残る暑さのことですが、今の暦では9月に入ってもまだ夏の暑さが続いていることと解するのが良いでしょうか。対する「秋暑し」とは、秋であることを感じる時期になっての暑さを云う季語。同じ暑さでも微妙に異なる暑さの感じ方とその表現です。

 白山谷戸の田んぼです。稲刈りまではあと二週間ほどでしょうか。先の台風の強風で稲が倒れなかったのは幸いでした。手前の赤く錆びたトタンの下には稲架掛け(はさかけ。刈りとった稲を天日干しすること)のための丸太棒がしまわれています。

 柿紅葉。秋にあり真っ先に紅葉・落葉するのが柿でしょうか。虫食いだらけの葉っぱですが、好きな落ち葉の一つです。

 まだ咲いている臭木(くさぎ)。盛夏に美しい花を見せてくれる臭木ですが、これからさらに美しい姿を見せてくれます。画面左下の薄桃色のガクが赤味を増して開きその中から赤紫の果実が顔をだします。

 秋の彼岸を前にして彼岸花が咲き始めました。

 恩田の森で撮った写真他を毎日更新のblogにも掲載いたしておりますので是非ご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/gauche7

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2019年9月7日 初秋と云うには暑すぎる

 今年の横浜地方の夏は猛暑に見舞われましたが、暑さの勢いは9月に入っても衰えず。台風の後には少しは秋らしくなるのかと期待をするのですがそうはならず相変わらず厳しい残暑が続きそうです。

 例によって白山谷戸の田んぼです。このまま順調に稲刈りを迎えられれば良いのですが、台風が心配です。稲が倒れてしまうと機械での刈り取りができなくなってしまいますので。

 今年初めて見たホトトギス。我が家のホトトギはもっと遅くなってから咲きます。

 ツツジの木を覆い全体が白く見えるほど咲いていた仙人草。仙人僧の名は、花が終わった後の痩果から伸びた銀白色の長毛が密生した様子を仙人のひげにたとえたことに由来しているようです。

 白い花でも百日白とは云わない百日紅。

 都県境の尾根道の脇でツルボが盛大に咲いておりました。 漢字で書くと「蔓穂」なのですが、つる性であるわけではありません。 

 恩田の森で撮った写真他を毎日更新のblogにも掲載いたしておりますので是非ご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/gauche7

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2019年8月24日 晩夏

 台風10号以来雨がちな横浜地方でしたが、今日は久しぶりに雨の心配のない一日でした。一日曇り空だった昨日よりは少し気温が上がりましたがそれでも32度程度。35度を越す猛暑の後では涼しく感じられるから不思議です。

 白山谷戸の田んぼです。頼りなげな早苗が3カ月と少しでこんな立派な稲穂になります。重たげな稲穂が盛夏から秋へと移りゆく時を感じさせてくれます。

 生きているセミにはほとんど興味がないのですが、何故か心惹かれる空蝉です。

 

 すみよしの森の農家の納屋の前で咲くサルスベリ。

 もう見ることができないかと思っていた狐の剃刀(きつねのかみそり)。今年は見ることができましたが来年はどうなることやら・・・

 都県境の尾根道。右が東京都町田市、左が横浜市青葉区。気持ちの良い散歩道です。

 恩田の森で撮った写真他を毎日更新のblogにも掲載いたしておりますので是非ご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/gauche7

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ