モータースポーツの底辺

 6日に郷秋<Gauche>の初代愛車をご覧いただきましたが、2代目のクルマはこれでした。25年前のレーシングカートの雑誌が本棚の隅に数冊残っおり、その裏表紙に掲載されていたYAMAHA RC100の広告です。


 エンジンは2ストロークの100ccで最高出力は15psくらいだったと思います。低回転から高回転までスムーズに回りますのですので、変速機がなくてもちゃんと加速します。ギヤの設定によっては150km/h近くまで出ますが、それでは加速が遅くなりますので、通常はトップスピードを抑えて加速重視のキア設定になります。

 モータースポーツが盛んなイタリアやフランスのメーカーのフレームやエンジンが各種入って来ていましたがいずれも高価で、YAMAHAのRC100が最もリーズブルなモデルでした。専用のコースでの走行料金もゴルフコースに出るよりはずっとリーズナブルで、まさにモータースポーツ入門には最適なカテゴリです。

 レーシングカートはモータースポーツの底辺に位置するカテゴリで、一流のレーシングドライバーもここからキャリアをスタートしF3、F2とステップアップしてF1を目指して凌ぎを削るのは当時も今も変わりません。もっともF1までたどり着けるのは世界中でたったの30人です。まぁ、プロにならなくても趣味で走るだけでも楽しいですからね、これで基本をしっまり学ぶことは重要だと思いますよ。

 「恩田の森Now」 http://blog.goo.ne.jp/ondanomori に、ただいまは2月3日に撮影した写真を4点掲載いたしております。春の気配を感じていただければ幸いです。

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

McLAREN HONDA MP4/4


 買っちゃいました、1/43のMcLAREN HONDA MP4/4。税込999円で安かったから。これ以降は2490円だと云うから全部は買えないね。もっともお気に入りのマシンはそんなないし。

 あとはウィリアムズFW14B、何台かのフェラーリをとジョーダン191。そうそう、ホンダ RA300も出るようだからこれも揃えたいね。

 毎週撮影・掲載している「恩田の森Now」に、ただいまは1月7日に撮影した写真を5点掲載いたしております。穏やかな年初めの森の様子をどうぞご覧ください。
「恩田の森Now」 http/:blog.goo.ne.jp/ondanomori

Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

F1史上最も美しいマシン


 ぐったり疲れて息も絶え絶えに家にたどり着き、ビール擬きでエナジーチャージ。ようやく少し元気を取り戻し、月初めに届いていたものの手付かずであったCG5月号を読むでもなくパラパラめくっていたら目に飛び込んできた小さな写真。1991年のJORDAN 191 Ford V8です。

 ちょっと小さな写真だし、アレックス・ザナルディとアンドレア・デ・チェザリスの陰になってしまっている部分がありますが、正真正銘F1史上もっとも美しいマシンです。時代を先取りしたフロント・ウイング、サイド・ポンツーン後部の処理は空気力学的に理に適ったものであると同時に実に美しい造形です。その美しいマシンがメインスポンサーである7Upのグリーンを纏い一層美しく輝いています。

 シーズン開幕戦以来のドライバーであったベルトラン・ガショーがつまらないいざこざを起こしてスパ・フランコルシャンを欠場。その代役として走った若きミヒャエル・シューマッハが予選でいきなり7位につけ、ベネトンがすかさずリクルートしたという逸話が残っています。ちなみにこの時、ミヒャエルにはホテルに泊まるカネがなくユースホステルに泊まったと伝えられておりますが、本当かしらん。

 横浜の住宅地に残された里山の四季の移ろいを毎週撮影し掲載している「恩田の森Now」に4月9日撮影の写真を4点掲載いたしました。春爛漫の森の様子をどうぞご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/ondanomori 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

祝!フリー2、第3位!!!

  決勝リザルトは勿論のこと予選結果とも何の関係もないフリー走行とは云え、3位のタイムを叩き出すとは、まっことめでたい。昨年は常に後方に沈んでいただけに、たとえ一時のこととは云え、めでたい。実にめでたい! あっ、マクラーレン・ホンダのジェンソン・バトンが、と云うお話しです。


 と云うわけで今日の一枚は、郷秋<Gauche>秘蔵の常勝時代のマクラーレン・ホンダMP4/4 アイルトン・セナが駆ったCar No.12(1988年)。

 横浜の住宅地に残された里山の四季の移ろいを毎週撮影し掲載している「恩田の森Now」に3月26日撮影の写真を4点掲載いたしております。早春から欄春へと移りゆく森の様子をどうぞご覧ください。
 なお、今週末は都合により撮影・掲載が出来ません。次週をどうぞお楽しみに!
http://blog.goo.ne.jp/ondanomori 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2016年F1第1戦オーストラリアGP結果

 昨日、
6. 新たなシーズン初戦は荒れたレースとなり強豪チーム、優れたドライバーが生き残るサバイバルレースとなることが多い。つまり、予選ではたまたま良いタイムを出したチーム&ドライバーが脱落する可能性が高い。アクシデントに巻き込まれなければ、マクラーレンホンダの2台が揃って入賞の可能性もある。
 と書きましたが、アロンソは見事にアクシデントに巻き込まれました。一方、バトンの14位は全く期待はずれ。ただし、走りきらないことには次戦に向けてのデータも取れないことになりますから、必要最小限の目的を辛うじて達成したとも云えますね。次戦に期待しましょう。

 横浜の住宅地に残された里山の四季の移ろいを毎週撮影し掲載している「恩田の森Now」も是非ご覧ください。ただいまは、3月12日撮影の写真を4点掲載いたしております。次回の撮影・掲載は明日を予定いたしております。どうぞお楽しみに。
http://blog.goo.ne.jp/ondanomori 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2016年F1第1戦オーストラリアGP

フリー走行P1(ウエット)
    マクラーレンホンダのフェルナンド・アロンソ、トップから3.33秒落ちの7位。
フリー走行P2(ウエット)
    マクラーレンホンダのフェルナンド・アロンソ、1.054秒落ちの6位。
フリー走行P3(ドライ)
    マクラーレンホンダのフェルナンド・アロンソ、1.639秒落ちの11位。
予選(ドライ)
    マクラーレンホンダのフェルナンド・アロンソ、1:26.125秒で12位。
※ジェンソン。バトンは各セクションともにアロンソに次ぐポジション。

【この結果から伺えること】
1. MP4-31は昨年のマシンより格段に進歩している。
2. ただし多くのレースで表彰台を狙うにはまだ力不足。
3. ウエットで上位に食い込めるのはドライバーの力によるものであり、ドライのP3とQualifyの順位がマシンの実力を表している。
4. マシンの信頼性は悪くない。アロンソとバトンのタイムが拮抗しているのがその証左。ただし、レースディスタンスでの信頼性を保証するものではない。
5. 4つのセンションで常にアロンソが前にいることは、アロンソのマシンへの順応性がバトンよりも高いことを示している。
6. 新たなシーズン初戦は荒れたレースとなり強豪チーム、優れたドライバーが生き残るサバイバルレースとなることが多い。つまり、予選ではたまたま良いタイムを出したチーム&ドライバーが脱落する可能性が高い。アクシデントに巻き込まれなければ、マクラーレンホンダの2台・二人が揃って入賞の可能性もある。
以上


   例によって記事本文とは何の関係もない今日の一枚は、咲き始めた木五倍子(キブシ)。

 横浜の住宅地に残された里山の四季の移ろいを毎週撮影し掲載している「恩田の森Now」も是非ご覧ください。ただいまは、3月12日撮影の写真を4点掲載いたしております。次回の撮影・掲載は3月21日を予定いたしております。どうぞお楽しみに。
http://blog.goo.ne.jp/ondanomori 

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

本当ですか?

「【マクラーレン・ホンダ】エンジンのパワーアップにドライバーも『ハッピー』」との報道。昨シーズンは、余りの体たらくで見るのも嫌になりほとんど見ませんでした。郷秋<Gauche>がまたF1全戦を、夜中の放送でも見たい応援したいと思うほどの進化があったのなら嬉しいのですが・・・

 横浜市青葉区の里山「恩田の森」の四季の移ろいを毎週撮影し掲載している「恩田の森Now」も是非ご覧ください。只今は2月28日撮影の写真を4点掲載いたしております。春本番目前の森の様子をどうぞご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/ondanomori 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

イタリアGP表彰台でのでのフェリッペ・マッサ

 もう先週末の出来事ではありますが、私自身が感じたことの記録として残しておくのが良いかと思いましたので忘れないうちに書いておきます。Formula One イタリアGP表彰式でのこと。 

 4位でレースを終えるかに見えたウィリアムズのフェリッペ・マッサが、ニコ・ルズベルグのエンジンブローによりまさかの4位フィニッシュ。今年はウィリアムズのマシンを駆るとは云っても2006年から昨年まで8年までフェラーリで走ったドライバーだ。昨年まで応援してくれたファンの前での久し振りの表彰台がよほど嬉しかったのだろう、表彰台での英語でのインタビューが終わらぬうちに、イタリア語で喜びを爆発させていた。

 そうだろうと思う。思い起こせば2008年、最終戦の最終コーナーで失った「フェラーリでの幻のチャンピョン」。あの時タイトルを取ってさえいれば、それ以降のリザルトに関わらず歴史に残るドライバーとなれたのに、それ以降は目立った戦績を残すことができずに、ウィリアムズに移籍することでかろうじてF1ドライバーとしてのキャリアを重ねることができたマッサ。そんなマッサをフィフォシは忘れていなかったのだから、彼らの前での久々の表彰台が嬉しくないわけはない。

 レース後のインタビューで「もう若くない」などと口にしていたマッサだが、低年齢化が進む現代F1にあって34歳はすでに超ベテラン。自身のF1でのキャリアを考えて思わず口をついた「若くない」であったのだろう。幸にして戦闘力を取り戻した2015年のウィリアムズ。来季のシート確保は難しくないかも知れないが、若く才能あふれるドライバーのためにシートを開け渡さなければならない時が遠からずやってくる。そんなことも考えてはいるマッサなのだろうな。

 これまで、私の好きなドライバーランキングの上位にいたわけでもないマッサだけれど、イタリアGPの表彰台を見て、なんだか急に好きになってしまったマッサであるぞ。

 🌟毎週末に撮影し一両日中にUpする、横浜市青葉区の自然あふれる森の今を伝える「恩田の森Now」も是非ご覧ください。http://blog.goo.ne.jp/ondanomori 

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )

F1はスピードが命

 レースなんだから当たり前と云えば当たり前の話だが、F1は速くてこそF1。昨日はシルバーストン。モナコと共にF1伝統の一戦。昨年辺りからレギュレーションの関係からスピードとエンジン音のボリュームが下がり魅力が失われたF1。エグゾーストノートは相変わらずしょぼいけれど、速さの点では名うての高速コースのシルバーストン、久し振りに楽しませてもらいました。やっぱり高速コースでのレースが面白い!

 昨日は終盤に雨が降って来てのドタバタが面白さを増してくれたね。スタート直後のアクシデントも、まぁ、レースですからあんなものでしょう。大体がですよ、アクシデントが起こりがちなテールエンドからスタートしなければならないほどに戦闘力に欠けるマクラーレン・ホンダが悪い。ワールドチャンピョン二人をドライバーに迎えてこの体たらく。モナコでバトンが8位に入り、ここからスタートかと思ったのもつかの間、またしても動くシケインと化したマクラーレン・ホンダだ。

 フェラーリもマクラーレンもウィリアムズも、長くやっていれば勝てない時期が続くこともあった訳ですから、ホンダがF1に復帰したからと云ってすぐに勝つことが出来ないのは自明。しかしですよ、9列目からの発進とか、周回遅れとか、そう云う事は名門チームには無かったはず。自己都合で参戦しては止めを繰り返して来たことが原因だと郷秋<Gauche>は思うのです。「ホンダには走るDNAが」などと云う都合の良いイメージを作っておきながらこれまた都合の良い理由を作って休止。これじゃあだめです。F1がダメでも市販車でもうかりゃいい、ヒコーキもあるじゃぁ、勝てません。F1はそんなに甘くない。本業が傾くくらいの人と資金を投入して取り組みなさい。そうすれば勝てるから。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

マクラーレン・ホンダの残念な結果

 日曜日のF1のお話しです。
 予選では参戦以降初めてのQ1突破で決勝レースの結果を大いに期待したのでしたが、まったく期待外れとなりました。取り分けブレーキのトラブルは頂けませんね。次戦はモナコ。カタルーニャ以上にブレーキに負担がかかるコースです。と云うか、空力やエンジンン以上にブレーキ性能が大切なサーキットと云っても良いほど。同時にGPコースきってのドライバーズコースでもあります。ですから、ブレーキに問題が解決すれば、マクラーレン・ホンダにとってはかなり有利なコースとも云える訳ですね。頑張れ、マクラーレン・ホンダ!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

マクラーレン・ホンダ、Q1突破!

 2015年F1第5戦スペインGPのQ1で、マクラーレン・ホンダが一時アロンソ5位、バトン6位と大健闘しQ1を突破、初のQ2進出。残念ながらQ2突破はなりませんでしたが、シーズン開幕直前のテストでは満足に走れもしなかったことを考えれば大進歩です。明日は13、14グリッドからのスタートとなりますが、アロンソの母国GPですから決勝レースでは活躍を大いに期待したいものですね。

 しかし、さすがと云うべきかマクラーレン・ホンダ。5戦目にして良くぞここまで来たものです。と云うか、マクラーレンにしてもホンダにしてもブランドイメージをかけての戦いですからね、いつまでも「走るシケイン」でいる訳にはいかないのです。

 マクラーレンとしては価格面でフェラーリ458と競合できる3160万円と云う「お手頃価格」の650Sを発表したばかりで、超高級スポーツカーマーケットに切り込むためにも、ホンダとしてもホンダジェットとNSXの販売開始を目の前にして、何としても「速くてカッコイイ」ブランドイメージを高めるためにも負けられない訳です。

 ホンダとマクラーレン、両者の思惑が一致してのF1での協業、両社共に威信をかけての戦いです。人・物・カネ・情報を大量に投入していることは間違いがありませんからQ2進出くらいではまったく満足しておりません。スペインGP決勝レースでのポイントゲットで更に弾みをつけて、F1GPきってのテクニカルコースであるモンテカルロではドライバーのアドバンテージを生かしてQ2突破、カナダから戻ってのヨーロッパラウンドではQ3進出どころかウィリアムズやレッドブルをカモルくらいのつもりでいることでしょうね。面白くなってきた今年のF1。たまには見て、応援してあげようかな(^^)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2015年F1第4戦

【駄文生活3653日目】
 上の表示にたいした意味はありません。惰性で表示しているだけです。そのうち消えますので気にしないでください。

 さて今日は、久々にF1の話題。でも、見ていません。今シーズンになってから、まったく見ておりません。TV47インチンにしたのに見ていません。だって、面白くなさそうなんだもの。音、少しはF1らしくなりましたか?

 でも、結果はちゃんとチェックしています。マクラーレン・ホンダのアロンソがQ1を突破しました。もう少しにポイント11位フィニッシュです。でも、それがなんだと云うのですか。昔ならあと五つ順位を上げないとポイントはもらえないのです。

 Q1を突破したからと云って、11位フィニッシュだからと云って誰も喜んでおりません。だってそうでしょう。マクラーレン・ホンダ+フェルナンド・アロンソですよ。勝って勝って勝って、レースが面白くなくなる程勝ちまくってこそのマクラーレン・ホンダなのです。

 次戦はスペインですよ。アロンソの地元です。期待せずにはいられない一戦です。起きていられたら、見てあげましょう(^^;


 例によって記事本文とは何の関係もない今日の一枚は、恩田の森の二輪草群生地。さすがに来週には終わっていますね。今年最後の輝きです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

マクラーレンホンダがマジで凄い件

 2015F1開幕戦、オーストラリアGPが終了。残念ながらTV観戦も叶わなかった郷秋<Gauche>ではありますが、結果を見ると凄い事になっていましたね。いや、メルセデスのダントツ優勝は別にどうと云う事もないのですが、凄いのはマクラーレンホンダ、バトン。だってそうでしょう。シーズン開幕前のテストではレースディスタンスを走れていないのに、本番でいきなり完走ですよ。いやはや、二周遅れの最下位はまったくもって褒められたものではないけれど、ろくに走れもしなかったマシンなのに、そのダメダメマシンをフィニッシュラインまで運んだバトンもまたすごい!

 考えても見て欲しい。2位の上には1位しかないのです。どんなに頑張っても一つしか上げることが出来ないのです。なのにですよ、マクラーレンホンダは「十」もあげる余地があるのです。頑張り甲斐があると云うものではありませんか。これはすごい事です。そして今日はシーズン前のどのテストよりもたくさん走ることが出来たのです。それだけデータも取れた訳ですからね、次戦は一つ上げて10位、ポイントゲットです。その次は9位、そして8位と上げて行く楽しみがあるのです。マクラーレンホンダ、凄すぎですよ。次戦はアロンソも走ります。TVの前で応援するからね!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

アロンソ=マクラーレン・ホンダの事故の真相は?

 一昨日、「間に合うのか、マクラーレン・ホンダ」と題する小文を書いた。翌朝、アロンソが大事故を起こしヘリで運ばれたとのニュースが飛び込んできた。ヘリで緊急搬送されるとは、これは大事故だと思ったのだが、ウォールにかなり浅い角度でヒットし、そのまま数十メートル走って止ったという。直後を走行していたベッテルによれば150km/hとかなり遅い速度でのことだと云う。状況からすれば「なんてこった!」と云いながらコックピットから出てくる程度の事故であるが、アロンソは自力で出て来ることが出来ない状況であった。

 今現在の入手できる情報を総合すると、コース上で突発的な強風が吹き、マシンの進路が乱されコースアウトしたのであり、マシンにはまたく異常は見られなかったと云うのがチームの公式コメント。また、電気系統の不具合によりアロンソが感電していたのではないか、バッテリーから有害ガスが発生しそれを吸ったアロンソは気を失っていたのではないかと云う憶測を、チームは完全に否定している。

 しかしながら、事故の瞬間を見ている訳ではないけれど情報を総合すると、脳震盪により病院に二泊する程の事故には思えない。誰が云ったのが忘れたけれど、コースアウトする前にアロンソの頭が前に倒れていたと云う情報もある。やはり「チームは何かを隠している」としか思えない状況なのである。

 「間に合うのか、マクラーレン・ホンダ」と書いたのは、何とかトラブルを克服し初戦からせめてポイントを狙えるようであって欲しいと云う願いを込めての事であったが、今回の事故によりその願いが叶う可能性は更に低くなったと云わざるを得ない。ただ、好調に見えるチームであってもまったく問題を抱えていない訳ではないもので、シーズン前のテストで好調であったチームが開幕途端に失速と云うことだってあるし、その逆もまたあるものだ。めげずに頑張って欲しいものだぞ、マクラーレン・ホンダ!


 と云う訳で、今日は久々にガレージから引き出した我が家のF1マシンたち。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

間に合うのか、マクラーレン・ホンダ

 3月13日、メルボルン、アルバートパークで開幕する2015年F1。日本のF1ファンの多くはホンダのパワーユニット(エンジン)を搭載するマクラーレンが、かつてのマクラーレン・ホンダにように快進撃することを願っている訳だが、現実はかなり厳しそうだ。

 強力なエンジンがあれば勝てた1980年代・90年代初頭とは違うのだ。それでもトラブルフリーで強力なエンジンがあれば大きな力となることは間違いないが、たとえポテンシャルがあったとしてもトラブル続出ではテストのしようもない。

 ジェンソン・バトンが語ったことが伝えられている。
 「マクラーレン・ホンダMP4-30はすべてのトラブルが解決すれば今シーズン末には優勝できるだけの力を発揮するかもしれない」

 シーズン末に勝てるようになっても遅いのだよ。しかし、バトンがそう云わざるを得ないのが今のマクラーレン・ホンダの状況なのだろう。開幕まであと3週間。ドライバーは天下一品。あとはホンダの頑張りすべてがかかっているという事だ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ