コナラの老木

 時々無性に撮りたくなる、力強くて、それでいて優しく何でも知っていてすべてを包み込むかのようなコナラの老木の樹皮。

 blog「恩田の森Now」 http://blog.goo.ne.jp/ondanomori に、ただいまは11月12日に撮影した写真を5点掲載いたしております。晩秋の森の様子をご覧いただければ幸いです。

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

お一人様用超小型軽量クッキングセット

  7日に、カップ麺用のお湯を沸かしつつ缶詰を湯煎することを書きましたが、その際に使うのがこのアウトドア用クッキングセットです。snow peak(スノーピーク)の1人用クッカー「ソロセットチタン」と「ギガパワーマイクロマックス」(ストーブ本体)で、どちらも10年くらいのモデルです

写真左下から時計回りに、
1. ガス・カートリッジとストーブを収納したソロセットチタンがネット状のポーチに入った状態で重量は450g。比較用に郷秋<Gauche>の常用レンズAF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VRを並べてみました。

2. ポーチから出すとこんな感じ。使い込んだチタンが良い味を出してくれております(^^)。ポット(大)で600ccのお湯を沸かすことが出来ます。ポット(小)は大の下(外側)に収納します。

3. ポット(大)の蓋を取って中をのぞいたところ。下に小さなガス・カートリッジ(ボンベ)を収納し、その上にストーブ本体を収納します(実際は小さなタオルハンカチに包んで入れております)。

4. ガス・カートリッジの上部にストーブ本体をセットするとこんな感じ。ポット(大)、カップ麺、ストーブ、レンズがほぼ同じ大きさです。ダントツに重いのがレンズです。

 風が強い、気温が低いと効率が落ちますが、条件が良ければ500ccのお湯が3分ほどで沸きますから、ストーブはかなり強力です。これでお湯を沸かしつつ缶詰を湯煎し、そのお湯でカップ麺を作り、ビール(擬き)を飲みつつ缶詰を食べラーメンを啜り、食後にはコーヒーを淹れて甘いものと共に楽しむのが冬のランチ、「森のレストラン」の定番です。

 blog「恩田の森Now」 http://blog.goo.ne.jp/ondanomori に、ただいまは11月12日に撮影した写真を5点掲載いたしております。晩秋の森の様子をご覧いただければ幸いです。

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ラーメン用のお湯で缶詰を湯煎する

 週末散歩の楽しみは何と云ってもランチ!
 夏場は7-11の冷たい麺類やおにぎりが多いのですが、寒くなって来て美味しいのはやっぱり麺類。もちろんカップ麺ですが、小雪が舞うような寒い日に食べる熱々のラーメンや蕎麦は最高です(^^)

 熱々の麺類の為には勿論熱々のお湯が必要です。保温ボトルで持参したのではどうしても冷めてしまいますのでその場でお湯を沸かす訳ですが、ただ沸かすだけでは勿体無いので沸かしつつビールのアテの缶詰を湯煎します。

 お湯を沸かす道具はまたそのうちにご覧にいれたいと思いますが、一人用のごく小さなものです。ポットの容量も500ccくらいですのでまさしくカップ麺専用と云ったところでしょうか。ですので中に入れて湯煎できる缶詰はご覧のような小判形の小さなものに限られます。

 この手の缶詰は大体100〜200円くらいで売られております。C級グルメの所以です。大体がサンマやイワシ、鯖の塩焼きか蒲焼きですが、写真の缶詰は「鯖の竜田揚げ甘酢あんかけ」と云うC級グルメの中では高級品です。いや、これが実に美味いんです。フツーに家で食べても200円以下とは思えない美味しさです。ちなみにマルハの商品ですので興味を持たれた方はぜひお試しを。

 と云う訳で落ちのない今日の駄々文はこれでおしまい。

 blog「恩田の森Now」 http://blog.goo.ne.jp/ondanomori に、ただいまは11月3日に撮影した写真を7点掲載いたしております。文句のつけようのない「秋」の日の森の様子をご覧いただければ幸いです。

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

世界のあちこちで極右リーダーが誕生

 南米某国に「北米某国の大統領流」公約の大統領誕生のニュース。北米某国の大統領に似ていると同時に、東南アジアの某島国の大統領にも似たことろがある「極右」なのだとか。

 最近この手の指導者が増えてきているような気がしてならない。国を動かす仕組みが違うから3つの某国のように極端な形ではないけれど、我が国でも似たような流れになりつつあるので他人事とは思えない。

 つまり、いろんな意見の人に気を使うばかりに自身が思うところを声高に主張できない、全ての国と上手く付き合おうとする余りに自国の利益第一とは云いにくい、そんな政治や外交に疲弊しているんだな。国民も政治家も気遣い疲れ。その反動で歯に絹着せぬ、率直な物云いをする思いっきりの良い政治家が票を集める。その結果が自国第一へと右傾化して行くのだ。

 我が国においてはどうか。与党のすることは拙速かつ強引過ぎる、だから支持しないと云う人もいざ選挙となると現与党に票を入れる。なぜなら長く続く現与党政権の下、たまさか数年の与野党逆転の中で、野党には政権運営能力がないことがないことが露呈したから。ずっと「反対」だけを唱えるばかりで現実的な代案を提示できなかった野党に政権運営能力が育ってきていないのは自明。その結果の与党の安定多数。でもその原因を作っているのはより多くの有権者。思うに、アメリカのように二大政党が拮抗し常に緊張感を持って政権を担当するくらいにならないと日本も変わらないのだろうな。日本が平和で安心して暮らせる国であれば他国のことはどうでも良い、と思ってしまうご時世。おっと、率直な物云いの某国大統領のようになってきたところで、お終い。

 と云うわけで、例によって記事本文とはなんの関係もない今日の一枚は、秋の朝の輝き。

「恩田の森Now」 http://blog.goo.ne.jp/ondanomori に、ただいまは10月20日に撮影した写真を6点掲載いたしております。文句のつけようのない「秋」の日の森の様子をご覧いただければ幸いです。

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ネタ切れ

 書くことが見つからない。はっきり云って、ネタ切れです。
 4,941日。つまり13年半、来る日も来る日も何かしら駄文・駄写真を掲載しておりますがさすがに年に一、二度まったくもって何を書いたら良いのか思い浮かばない日があるものです。ならば書かなくても良いだろうと思われるかも知れませんが、まったく意志の弱い郷秋<Gauche>が唯一続けていることですから、これを休んでは己の存在意義さえも否定してしまうことになるのではないかと云う脅迫観念に駆られるわけですね。だから、書くことがない、ネタがないことさえもネタにして何か書かずにはいられないと云うわけです。

 4,941日というのは2005年4月20 日から今日までですが、実は書いた記事は5,154本あるようです。と云うことは一日に2つ記事を書いた日があると云うことです。ホント、暇だと思います。そんな4,941日の間に5,154の記事に対して4,348,349PV(ページビュー)ありました。

 郷秋<Gauche>はgooのblogサービスを利用しておりますが、この一週間のアクセス件数はgooの全blog、2,844,967件中3,517 位で、質の問題は置くとして数の上では上位0.123%にランクされていると云うことになります。もっとも2,844,967件と云うgoo blogの利用件数の内、相当数は休眠状態だと思いますので、全くあてにならない数字だとは思いますが。と云ったことをグダグダと書いて4,941日目を無事にクリアすることができそうです(^^;

 書くネタがない時にはお茶を濁す写真もないのが常ですが、幸い昨日撮ったネズミの額のような裏庭で色づき始めた柚子の写真がありました。今年も豊作で枝が折れそうでしたので支柱を立ててあげました。

 「恩田の森Now」 http://blog.goo.ne.jp/ondanomori に、ただいまは10月20日に撮影した写真を6点掲載いたしております。文句のつけようのない「秋」の日の森の様子をご覧いただければ幸いです。

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

老いて益々


 9月5日に、齢十二を過ぎた愛車が16km/Lオーバーの好燃費で絶好調と書きましたが、昨日からの一泊二日信州往復450kmでは18.7km/Lと云う好燃費を叩き出してビックリ。18.7km/Lは車載の燃費計の表示ですが、前回走行後の給油結果でも表示とほぼ同じでしたので、今回も同様の結果ではないかと思われます。

 間もなく13歳を迎えようとする我が愛車ですが、特に燃費的には「老いて益々壮んなるべし」を地で行く走りっぷり。2L自然吸気ですが150PSありますので実用車としては十分以上の動力性能も備えております。足回りはさすがに「寄る年波には勝てず」ですが、往復12kmの通勤とたまの遠出ならまだまだ頑張ってくれそうです。

 「恩田の森Now」 http://blog.goo.ne.jp/ondanomori に、ただいまは10月7日に撮影した写真を6点掲載いたしております。すっかり秋となった森の様子をご覧いただければ幸いです。

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ハードな2週間

 先々週が調布でステージマネージャー、先週は橋本で弾く、そして今日は表参道でステージマネージャー&弾く。いつものんびり静かに暮らしている郷秋<Gauche>としては滅多になりハードな二週間でした。あっ、それぞれの間に少しは仕事もしたし(^^;

 明日からはのんびり生活に戻ります。第一弾はもちろん散歩です。でも明日は天気良過ぎて真夏日?でも、森に行ったのは8月27日が最後でしたから一月半振ですから良しとしましょう。

 と云うわけで今日の一枚は、日本の秋を代表する花、萩。

 「恩田の森Now」 http://blog.goo.ne.jp/ondanomori に、ただいまは8月27日に撮影した写真を6点掲載いたしております。厳しい残暑の森の様子をご覧いただければ幸いです。
 上記のような状況とお天気の具合もあり一月半行けませんでしたが、明日は久しぶりの散歩&撮影に行けそうです(^^)

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

パイオニアが身売り?

 しばらく前から危ないアブナイと云われていたパイオニアがいよいよ600億円で身売り?と云うに噂が多々。郷秋<Gauche>的にはパイオニアはオーディオメーカーなんだけれど、今やカーナビのメーカーなの?

 オーディオ離れとかオーディオ不況とか云われて久しいけれど、確かに厳しい状況のようだね。山水は数年前に破綻、アカイもナカミチもない。トリオはケンウッドになって元ビクターのJVCと一緒になったけれどオーディオ製品あるのかないのか???

 パイオニアのオーディオ部門はティアック売却された? デンオンはいつの間にかデノンになっているしマランツはどうした? ソニーはまだオーディオやっているの? 大好きだったオンキョー(アンプはオンキョーから山水AU-D907 Limited。背後にあるよ)はどうなっているんだろう。

 音楽はiPodやiPhoneで聞くのが当たりませんになって何年経つんだろう。そう云う時代だから仕方がない。時代の変化、ユーザーのニーズに応えることができなかったメーカーが消えて無くなるのはやむを得ないこと。その点、地元の(時々本社前を通る)オーディオテクニカは何気にすごい。

 と云うわけで今日の一枚は愛蔵(つまり置いてあるだけ。置物)の山水AU-D907 Limited。

「恩田の森Now」 http://blog.goo.ne.jp/ondanomori に、ただいまは8月27日に撮影した写真を6点掲載いたしております。厳しい残暑の森の様子をご覧いただければ幸いです。

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

秋桜(その三)とコンサートのご案内


 私の写真を使って、友人のKさんがフライヤを作成してくれました。

【コーラス柿の実 40周年記念コンサート】

 私の恩師、高森義文先生(元玉川大学教授・音楽教育)が現在指導されている合唱団のコンサートです。「津村信夫による信濃の五つの詩」「『エテュード花』より」は先生が作曲された作品で、オリジナルは混声四部ですが今回「コーラス柿の実」のために女声合唱用に編曲されています。
 会場ホールは小田急線狛江駅の目の前です。当日券(500円)もあるようですので、お近くの方、どうぞお出かけください。
 私はと云えば、当日のステージマネージャーを仰せつかっておりますので朝からずっと下手袖の薄暗がりの中で過ごしております(^^;

 「恩田の森Now」 http://blog.goo.ne.jp/ondanomori に、ただいまは8月27日に撮影した写真を6点掲載いたしております。厳しい残暑の森の様子をご覧いただければ幸いです。

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

日本語の不思議と秋桜(その二)

 日本語は不思議だ。いや、不思議な日本語がある。
 例えば、(とん)かつは美味しいけれど、「かつかつの生活」はしたくない。と云うように、ある言葉と、その言葉を二つ重ねた時に、全く違う意味となる言葉がある。

 例えば、しゃぶしゃぶは美味しいけれど、シャブは、相当やばい。(美味しい)パンはすごく美味しいけれど、パンパンはやばい。多分、死語だけれど。

 度々(たびたび)旅(たび)に出かけたいけれど、なかなかそう上手くは行かない。基本的な意味は同じでも、「はい」は良い返事だけれど「はいはい」と繰り返すと「返事は一つで良い!」と叱られる。

 日本語は難しい。だから楽しい!面白!!!
 

 と云う訳で、例によって記事本文とは何の関係もない今日の一枚は、秋桜(その二)。

 「恩田の森Now」 http://blog.goo.ne.jp/ondanomori に、ただいまは8月27日に撮影した写真を6点掲載いたしております。厳しい残暑の森の様子をご覧いただければ幸いです。

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

葡萄、来る。

 山梨に住む古い仲間が葡萄を送ってくれた。買ったものではない、彼が丹精込めて作った葡萄だ。久しく会っていないが相変わらず忙しくしているようだ。何より。彼に会えたような、美味しく嬉しい葡萄であった。


 クイーンニーナと云う、最近山梨県で生産が始まった新しい品種だそうです。他にシャインマスカットとピオーネ。美味しく頂いております。ありがとう。

 「恩田の森Now」 http://blog.goo.ne.jp/ondanomori に、ただいまは8月27日に撮影した写真を6点掲載いたしております。厳しい残暑の森の様子をご覧いただければ幸いです。

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

やたらと慌ただしい9月

 どう云った風の吹き回しなのか、いつもはのんびりマイペースな私なのですが今年の9月はやけに慌ただしい。そ云う時に限って次から次に予定が入ってくるからますます慌ただしい。まぁ、この程度の日々を一年中続けている方は少なくないのだとは思いますが、私にはできない。好きなことだけをのんびりじゃないと生きていけないのです。


 と云うわけで今日の一枚は、9月に避けて通りことができない花、彼岸花。実に美しい花ですが、どこにピントを合わせるのが良いのか、難しい花でもあります。

 「恩田の森Now」 http://blog.goo.ne.jp/ondanomori に、ただいまは8月27日に撮影した写真を6点掲載いたしております。厳しい残暑の森の様子をご覧いただければ幸いです。

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

調布にて

 今日は、24日の演奏会の最終打ち合わせのために調布へ。数日前に調布なら「あの店」だろうと思って予約の電話を入れようとしたら、その店が無くなっていた。仕方がないのでネットで良さげな店を見繕って予約を入れて、出かけてみたら、「あの店」があった、その場所だった。


「17」と云う店名が不思議なので聞いてみたら、オーナーシェフご夫妻の二人のお子さんがどちらも17日生まれだからとか。しかし、どうしてdiciassetteではなくunosetteなのか気になったのでまたまた聞いてみたら、「ディチャ」が日本人には発音しにくいからとのこと。近くであれば度々行きたいなかなか良いお店でした。

 「恩田の森Now」 http://blog.goo.ne.jp/ondanomori に、ただいまは8月27日に撮影した写真を6点掲載いたしております。厳しい残暑の森の様子をご覧いただければ幸いです。

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

国家百年の計は教育にあり


http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/kyouiku/shogakko/shisetsu/1030266.html

 今夏の異常な暑さを契機に、寒冷地を除く全国の小中学校へのエアコン設置の動きが加速しておりますが、神奈川県茅ケ崎市では市立の小中学校31校に設置するエアコンのリース料に充当するための寄付を同市のホームページで呼びかけております。

 学校の運営経費については、学校教育法第五条において「学校の設置者は、その設置する学校を管理し、法令に特別の定のある場合を除いては、その学校の経費を負担する。」と定められております。つまり、茅ケ崎市立小中学校の運営経費は、エアコンのリース料を含めすべて茅ケ崎市が負担しなければならないと定められている訳です。

 にもかかわらず茅ケ崎市は財源不足を理由に寄付によってこれを賄おうとしております。上手いことを思いついたものだと思わなくもないのですが、このようなことが全国の都道府県、市区町村さらには国においてまで行われるようになったら大変です。

 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有しています(日本国憲法第二十五条)。小中学校へのエアコン(冷房装置)の設置は、健康で文化的な最低限度の生活を営むための、今やごく普通の設備です。特段の贅沢品や特殊な状況での中で必要となるものは別としても、常識的な設備は行政が負担しなければならないことは自明です。

 日本国民は国及び自治体の運営経費としてその所得に応じて公平に税負担しております。公教育の経費は税金で賄われるべきものであり、財源不足を理由これらの経費を寄付金で賄おうとする姿勢は安易に過ぎる。私には明らかな行政の責務の放棄に思えてなりません。

 私は横浜市民ですので茅ケ崎市で行われていることに口を出す筋合いではないのかも知れませんが、同じことが横浜市で行われるようなことを認める訳にはいきません。国や全国の自治体において、安易に寄付金に依存するようなことにならないがためにも、私はここで「NO!」の声をあげておきたいと思います。

 教育こそが「国家百年の計」であり、国と自治体にとっての最重要課題。それをないがしろにするような国に未来はないのです。

 「恩田の森Now」 http://blog.goo.ne.jp/ondanomori に、ただいまは8月27日に撮影した写真を6点掲載いたしております。厳しい残暑の森の様子をご覧いただければ幸いです。

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

猪苗代湖


 昨日ご覧いただけなかった猪苗代湖の向こうに見える磐梯山です。「会津磐梯山」と云われますが、それは民謡の曲名であり、山の名前としては「磐梯山」です。


 こちらは猪苗代湖の北側、云ってみれば湖北から対岸の布引山方面を見た図です。遠くに布を引いたように、台地状に見えているのが布引山です。晴れていればその上に点々と風車が見えるはずなのですが、風車の姿はあいにく湿気を孕んだ空気に溶け込んでしまったようです。

 「恩田の森Now」 http://blog.goo.ne.jp/ondanomori に、ただいまは8月27日に撮影した写真を6点掲載いたしております。厳しい残暑の森の様子をご覧いただければ幸いです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ