弥生、三月、春!



*Click on the photo to see it in larger size.

 弥生、三月。例年よりも一日多く待たされましたが、待ちあぐねていた春がやってきました。
 しかし不思議です。春から夏へ、夏から秋へ、そして秋から冬へと移ろう季節は今日から夏、秋、冬とは云い切れないのに冬から春へは、その季節の移り変わりをはっきりと云うことができる。二月は冬、三月は春。三月になれば雪が降ろうとどんなに寒かろうと、春なのです。

 と云うわけで今日の一枚は春を代表する畑の花、菜の花。

 横浜の住宅地の中に残された小さな里山の四季の移ろいを毎週撮影しているblog「恩田の森Now」に、ただいまは2月24日に撮影した写真を5点掲載しております。春に向かう森の様子をご覧いただけたら嬉しいです。
https://blog.goo.ne.jp/ondanomori/e/8adab147236a39df5c8c906b5e19a8e6

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

#弥生 #三月 #春 #春到来 #菜の花

コメント ( 0 ) | Trackback (  )

閏日、歳の取り方とCisとDes


*Click on the photo to see it in larger size.

 今年は閏年、そして今日は閏日、2月29日。四年に一度しか巡ってこない日ですが、2月29日に生まれた人は四年に一歳しか歳をとらないのかと云うとそうではなく「年齢計算ニ関スル法律」(1902(明治35)年公布・施行)によって、毎年一歳ずつ年齢が加算されるのだそうです(あたり前田のクラッカー。分かる世代にしか分からないジジイギャグ)。

 この法律によれば、加齢する(歳をとる)時刻は誕生日前日が満了する「午後12時」(24時0分0秒)と解されるので、2月29日が無い年にでもちゃんと歳をとることができるのだそうです。

 上記はWikipedia記載の要点の転載なのですが、面白いのは注意書きとして「前日午後12時(24時)」と「当日午前0時(0時)」は時刻としては同じだが、属する日は異なることに注意」と書かれていたこと。

 成る程。私は以前から午後12時(24時)と午前0時(0時)とは、何が違うのかとずっと疑問に思っていたのですが「時刻としては同じだが、属する日は異なる」と云うことなのですね。腑に落ちたような落ちないような、分かった分からないような(^^;

 そう云えば、音楽の「音」でも同じようなことがありますね。例えば、ドの♯(シャープ。ドイツ語音名のCis)とレの♭(フラット。同Des)は同じ音のはずなのにどうしてCisとDes、二つの音名があるのかズ〜〜〜ッと不思議に思っていたのですが、「属する音が異なる」と云うことなのだと、いま、気が付きました。そんなことも分からずにチェロを弾いていた訳ですから、いつまで経っても上手くならないのは道理ですね(^^;

 と云う訳で記事本文とは何の関係もない今日の一枚は、この春(一日フライング)初めて見つけた紫花菜(むらさきはなな。アブラナ科オオアラセイトウ属)。正しい日本名は大紫羅欄花(おおあらせいとう)。諸葛菜(しょかっさい)、花大根(はなだいこん)とも呼ばれるようですが、私はもっぱら「紫花菜」と呼んでいます。

 横浜の住宅地の中に残された小さな里山の四季の移ろいを毎週撮影しているblog「恩田の森Now」に、ただいまは2月24日に撮影した写真を5点掲載しております。春に向かう森の様子をご覧いただけたら嬉しいです。
https://blog.goo.ne.jp/ondanomori/e/8adab147236a39df5c8c906b5e19a8e6

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

#年齢計算ニ関スル法律 #閏年 #閏日 #紫花菜 #むらさきはなな #アブラナ科オオアラセイトウ属 #大紫羅欄花 #諸葛菜 #しょかっさい #CisとDes

コメント ( 0 ) | Trackback (  )

落ち椿


*Click on the photo to see it in larger size.

 咲き始めたばかりの椿の花ですが、咲いた花はいつかは散る運命。花が散ると云えば花吹雪。でも不思議なのは、花びらを散らず花は数あれど、花吹雪は桜と決まっていること。晩秋から冬にかけて咲く山茶花も花びらを散らしますが、大きく重たいので風に舞うことはなく、自らの足元を赤く染めて魅せてくれます。

 山茶花の花が終わりかける頃に咲き始め、晩冬から春にかけて開花の時を迎える椿は、花弁の付け根が雄蕊と共に合着しているために花びらを散らすことはなく、花の終わりの時には花全体はぽとりと落ちます(注)。

 花がポトリを落ちることから縁起が悪いとされる向きもあるようですが、落ち椿には桜の花吹雪に勝るとも劣らない美しさが、その生涯を全うし何物も持たず凛として去って行く武士道、侘び寂びにも通じる潔い美しさがあるように、私には思えてなりません。

注:椿と山茶花の自然交配種だと云われる寒椿は、花弁や雄蕊が合着しておらず山茶花同様花弁を散らします。

 横浜の住宅地の中に残された小さな里山の四季の移ろいを毎週撮影しているblog「恩田の森Now」に、ただいまは2月24日に撮影した写真を5点掲載しております。春に向かう森の様子をご覧いただけたら嬉しいです。
https://blog.goo.ne.jp/ondanomori/e/8adab147236a39df5c8c906b5e19a8e6

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

#椿 #ツバキ #山茶花 #サザンカ #ツバキ科ツバキ属 #武士道 #侘び寂び

コメント ( 0 ) | Trackback (  )

どうしてそこで・・・


*Click on the photo to see it in larger size.

 恩田の森の薬師堂境内北側の、垂直な擁壁の目地に根を下ろしているらしい薺(なずな。いつもはカタカナで「ナズナ」と書いておりますが、漢字ではこんな字)です。目地とは云っても見えている部分には割れ目や欠損はありませんので、果たして根を伸ばすような隙間が本当にあるのかどうかはわかりません。

 面白いのは葉の出かた。ナズナは冬を越す植物(草本)の多くがそうであるようにロゼット状に葉を伸ばしますが、驚くべきは垂直の壁から生えたナズナもまた、重力や太陽の方向とは関係なく、水平な地面に生えるのとまったく同じようにロゼット状に葉を伸ばしていることです(写真は垂直の壁を真横正面から撮っている)。

 興味深いのはロゼット状に広がる葉とは対照的に花茎は最初から上を向いて伸びていること。斜面に生える植物は多いですが、このようにまったく垂直な壁から生えてくる植物は多くないと思いますのでなかなか見る機会がない珍しいナズナの育ち方と云えるでしょうか。

*Click on the photo to see it in larger size. 
 横浜の住宅地の中に残された小さな里山の四季の移ろいを毎週撮影しているblog「恩田の森Now」に、ただいまは2月24日に撮影した写真を5点掲載しております。春に向かう森の様子をご覧いただけたら嬉しいです。
https://blog.goo.ne.jp/ondanomori/e/8adab147236a39df5c8c906b5e19a8e6

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

#ナズナ #薺 #アブラナ科ナズナ属 #ロゼット

コメント ( 0 ) | Trackback (  )

There was no harvest.

*Click on the photo to see it in larger size.

画像はhttps://nikonrumors.com/2024/02/17/the-2024-cp-show-starts-next-week-what-to-expect-from-nikon.aspx/ より

 Nikon RumorsによればCP+2024に合わせて、ニコンから次のカメラ及びレンズが発表される可能性があると云うことでしたが、結果はゼロ回答。
Nikon Z6III
Second unknown Nikon camera
NIKKOR Z 35mm f/1.2S
NIKKOR Z 28-400mm f/3.5-6.3

 私はもっぱらSecond unknown Nikon camera(Z7IIIか?)とNIKKOR Z 28-400mm f/3.5-6.3を期待していましたので残念な結果となりましたが、ニコンとしては今期の業績が良好であることから期末に慌てることなく、新製品による利益は来期に反映させようと云うことなのでしょうか。いずれにしても、3月中には上記4製品のうち少なくとも2製品(Z6IIIともう一つ)は発表されるものと大いに期待している郷秋<Gauche>なのであります。

 横浜の住宅地の中に残された小さな里山の四季の移ろいを毎週撮影しているblog「恩田の森Now」に、ただいまは2月24日に撮影した写真を5点掲載しております。春に向かう森の様子をご覧いただけたら嬉しいです。
https://blog.goo.ne.jp/ondanomori/e/8adab147236a39df5c8c906b5e19a8e6

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

#CP+2024 #国内最大のカメラショー #ニコン #Nikon #新製品 #Z7III # NIKKORZ28-400mm

コメント ( 0 ) | Trackback (  )

竹林を背にした白梅



*Click on the photo to see it in larger size.

 落葉の季節を前に早くも黄変した竹林を背にした白梅。
 一年中青々としている印象の竹(竹林)ですが、実は春先、筍(竹の子)が出る季節が落葉の季節(古い葉が落ちると同時に新しい葉が生えてくる。この季節を俳句の世界では「竹の秋」と表現する)で、それを前にした2月の竹林は緑色から黄緑、黄色へと変化している途上にあるのです。

 まったく個人的な好みではありますが白梅の背景はこの黄変、もっと云えば金色となった竹林が最高だろうと思っている郷秋<Gauche>です。黄変した竹林はもう暫くは見ることができますが、梅の方は来週まで花が持つかどうかと云うところですので、金色と白銀の取り合わせを撮ることができるのはここ二、三日で終わりになりそうな、そんな関東南部に位置する恩田の森です。

 横浜の住宅地の中に残された小さな里山の四季の移ろいを毎週撮影しているblog「恩田の森Now」に、ただいまは2月17日に撮影した写真を6点掲載しております。春に向かう森の様子をご覧いただけたら嬉しいです。

https://blog.goo.ne.jp/ondanomori/e/6795debbbd1b906123b1aa95f7372025

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

#白梅 #竹 #竹林 #竹の落葉 #竹林と白梅

コメント ( 0 ) | Trackback (  )

サクラサク


*Click on the photo to see it in larger size.

 桜咲く。すでに開花した四季咲き桜は幾度かご覧いただいておりましたが、こちらは正真正銘、春にだけ咲く桜。早咲きの桜です。花と同時に葉が出始めていますね。なんと云う品種なのでしょうか。

 「サクラサク」とカタカナで書けば、それは桜の花が咲いたと云うことではなく、大学の入学試験に合格したと云う意味であることを知るのは、今では六十代以上の方のみとなりましたでしょうか。

 横浜の住宅地の中に残された小さな里山の四季の移ろいを毎週撮影しているblog「恩田の森Now」に、ただいまは2月17日に撮影した写真を6点掲載しております。春に向かう森の様子をご覧いただけたら嬉しいです。

https://blog.goo.ne.jp/ondanomori/e/6795debbbd1b906123b1aa95f7372025

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

#桜 #バラ科サクラ属 #サクラサク #早咲き桜

コメント ( 0 ) | Trackback (  )

木瓜、ボケ、惚け



*Click on the photo to see it in larger size.

 毎週末の散歩の折に通る公園の木瓜の花です。ちょっと花の着きが悪いのですが、色彩が乏しい晩冬に咲く朱色の花は目に嬉しいですね。
 木瓜(ぼけ)は中国原産のバラ科ボケ属の低木で、日本には平安時代に渡来したと言われております。果実が瓜(うり)に似ていて木に成る事から木瓜、「もけ」と呼ばれたものが「ぼけ」に転訛したようです。

 上の写真は望遠(300mm)で撮っているため、中央の一輪だけにピントが合い、他の花にはピントが合わずボケております。この「ボケ」は「る」から来ている言葉。写真の表現技法の一つで、主たる被写体(主役)を引き立たせるために使われます。「ボケ」は日本だけでなく世界中Bokehで通じます。欧米の写真家がパンフォーカスを好むのに対して、日本に「ボケ」を多用する写真家が多い事からBokehで通用するようになったのではないかと想像するところです。

 話しは変わりますが、私が書くblogの文章に以前にも増して誤字脱字が多くなっていることに気がつかれた方がおられるかも知れません。投稿する前には何度か見直すのですが、それでも誤字脱字がなくならず毎回のように恥を晒している次第です。翌日以降でも間違いに気がついた時には直すようにはしておりますが「郷秋<Gauche>もいよいよ『惚け』て来たか」とお思いくださり、お見逃しいただければ幸いです。

 横浜の住宅地の中に残された小さな里山の四季の移ろいを毎週撮影しているblog「恩田の森Now」に、ただいまは2月17日に撮影した写真を6点掲載しております。春に向かう森の様子をご覧いただけたら嬉しいです。

https://blog.goo.ne.jp/ondanomori/e/6795debbbd1b906123b1aa95f7372025

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

#木瓜 #ぼけ #バラ科ボケ属 #ボケ #写真表現技法 #ボヤける #惚ける #呆ける #誤字脱字が多い

コメント ( 0 ) | Trackback (  )

「春よ来い」か、「春よ、来い」か


*Click on the photo to see it in larger size.

 「春よ来い」か、「春よ、来い」か。どちらを選ぶかでその方の世代がわかる?
 私はどちらもOKのMid Shouwa世代です(^^)

 と云う訳で今日の一枚は、早春の野の花(雑草)の代表格、仏の座(ほとけのざ。シソ科オドリコソウ属)。春の七草のひとつに数えられる「ほとけのざ」はキク科の小鬼田平子(こおにたびらこ)であり、本種とは別種です。

 横浜の住宅地の中に残された小さな里山の四季の移ろいを毎週撮影しているblog「恩田の森Now」に、ただいまは2月17日に撮影した写真を6点掲載しております。春に向かう森の様子をご覧いただけたら嬉しいです。

https://blog.goo.ne.jp/ondanomori/e/6795debbbd1b906123b1aa95f7372025

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

#春よ来い #春よ、来い #松任谷由実 #仏の座 #ほとけのざ #シソ科オドリコソウ属 #小鬼田平子 #こおにたびらこ #春の野の花

コメント ( 1 ) | Trackback (  )

三寒四温とは云うけれど


*Click on the photo to see it in larger size.

 初夏かと思うほどの陽気となった翌日は、未明こそ二桁気温でしたが明け方以降は終日一桁台の気温。明日は終日5度台、明後日朝には霙の予報も出ている、まさに三寒四温の如月後半です。

 と云う訳で今日の一枚は、寒々しい感じに撮った雑木林から空を見上げた図。

 横浜の住宅地の中に残された小さな里山の四季の移ろいを毎週撮影しているblog「恩田の森Now」に、ただいまは2月17日に撮影した写真を6点掲載しております。春に向かう森の様子をご覧いただけたら嬉しいです。

https://blog.goo.ne.jp/ondanomori/e/6795debbbd1b906123b1aa95f7372025

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

#三寒四温 #晩冬から早春へ #里山 #冬の空 #冬枯れの森

コメント ( 0 ) | Trackback (  )

春を待つ


*Click on the photo to see it in larger size.

 「春を待つ」と書いてから、今日が春を通り越して初夏のような陽気だったことを思い出した。「待つ」を通り越していましたね。

 横浜の住宅地の中に残された小さな里山の四季の移ろいを毎週撮影しているblog「恩田の森Now」に、ただいまは2月17日に撮影した写真を6点掲載しております。春に向かう森の様子をご覧いただけたら嬉しいです。

https://blog.goo.ne.jp/ondanomori/e/6795debbbd1b906123b1aa95f7372025

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

#ハクモクレン #白木蓮 #春近し #春間近 #春を待つ

コメント ( 0 ) | Trackback (  )

春近し


*Click on the photo to see it in larger size.

 今日は、天から落ちてくるものが雪から雨に変わる頃と云われる、二十四節気の雨水。二週間前の立春は、まさに名のみであったが今朝は肩に入っていた力がすぅっと抜けていく、春がもうすぐそこまで来ていることを知らせてくれる嫋やかな雨。

 と云う訳で今日の一枚は、雨水の日の我が家の庭の春の斥候たち。画面中央の幅広の葉は、植えた覚えもないのに何者(虫か鳥)かが運んできた種から生えてきたクリスマスローズ、その左右の細い葉は花韮。分かりにくいかも知れないが、その二種の間で無精髭のような細く濃緑の葉を出し始めているのが大甘菜。

クリスマスローズ:ヨーロッパ、地中海西岸地方原産とされる。キンポウゲ科クリスマスローズ属。学名から「ヘレボレス」が正名称とされる。クリスマスに咲く品種があることからクリスマスローズと呼ばれるが、多くは春に開花する。
花韮(ハナニラ):ヒガンバナ科ハナニラ科。アルゼンチン原産。我が国へは明治期に観賞用として移入されたが、その後逸出し今では道端の雑草。和名は葉をちぎると韮臭がすることから。
大甘菜(オオアマナ):キジカクシ属オオアマナ科。ヨーロッパ、地中海南西岸地方原産。別名「ベツレヘムの星」(英:Star of Bethlehem)。ベツレヘムの星とは、イエス・キリストの誕生を告げ、東方の三人の博士をベツレヘム導いた星のこと。クリスマスツリーの最上部に飾られる星。明治末期に観賞用として渡来したが逸出し今では野生化している。有毒なので要注意。

 横浜の住宅地の中に残された小さな里山の四季の移ろいを毎週撮影しているblog「恩田の森Now」に、ただいまは2月17日に撮影した写真を6点掲載しております。春に向かう森の様子をご覧いただけたら嬉しいです。

https://blog.goo.ne.jp/ondanomori/e/6795debbbd1b906123b1aa95f7372025

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

#二十四節気 #雨水 #春近し #春間近 #クリスかスローズ #花韮 #ハナニラ #大甘菜 #オオアマナ #ベツレヘムの星

コメント ( 0 ) | Trackback (  )

谷戸の老白梅

*Click on the photo to see it in larger size.

 なるせの森、番匠谷戸の取り分け日当たりの悪いところに置かれた老白梅。数年前まで4本あったものが、樹勢が特に落ちた3本が切られ今はこの一本だけとなってしまった。それでも命ある限り一所懸命に花を咲かせている老木を見ると、その数十年の来し方行く末を我が身と重ねてしまう。私もそんな歳になったのだとつくずくと思うこの頃である。

 横浜の住宅地の中に残された小さな里山の四季の移ろいを毎週撮影しているblog「恩田の森Now」に、ただいまは2月10日に撮影した写真を5点掲載しております。冬日和となった森の様子をご覧いただけたら嬉しいです。
https://blog.goo.ne.jp/ondanomori/e/5ac2782de07d6513497adf60d19f575a

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

#老白梅 #老木 #来し方行く末 #恩田の森 #なるせの森 #番匠谷戸

コメント ( 0 ) | Trackback (  )

紅梅

*Click on the photo to see it in larger size.

 今日は昼前からお日様が出てくる予報でしたが、生憎予報が外れ帰宅時間までずっと曇り空で寒い一日となりました。

 と云う訳で、怪我の功名とでも云うのか、曇り空の日にしか撮れない一枚。

 横浜の住宅地の中に残された小さな里山の四季の移ろいを毎週撮影しているblog「恩田の森Now」に、ただいまは2月10日に撮影した写真を5点掲載しております。冬日和となった森の様子をご覧いただけたら嬉しいです。
https://blog.goo.ne.jp/ondanomori/e/5ac2782de07d6513497adf60d19f575a

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

#紅梅 #曇り空 #薄曇り #白い空 #曇天

コメント ( 0 ) | Trackback (  )

二月はお得?

*Click on the photo to see it in larger size.

 今年は閏年。4年に一度、2月が29日まである年、そしてオリンピック(夏)がある年ですね。

 たまたまネットで見つけた記事(どこの何というページだったか今となっては?)に、「2月は1年で一番日数が少ない月なので、ちょっと得した気分になるのでは?」と書かれておりました。今年は29日までありますが平年の28日までだと、31日まである月と比べると3日、つまり10%少ないですからね。給与所得者にとっては働く日数が3日少ないのにいつもと同じ給料がもらえる、そして3日分の生活費が浮きますから「得した気分」ということなのでしょう。

 でもね、私は損をしたような気分なのですよ。だってそうでしょう、31日まである月と比べると3日少ないんですよ。残りの人生が3日少なくなったような気がして(^^;

 と云う訳で今日の一枚は、これまでもやれ十月桜だ、やれ冬桜だと云ってご覧いただいていた桜。立春を過ぎたとは云え、寒風の中で咲いておりました。この桜、どうやら四季咲きのようで多寡はあっても一年中花を咲かせております。待ちに待ってようやく咲いた桜だからこそ愛でる価値がある、となると年中咲いている四季咲き桜は・・・

 横浜の住宅地の中に残された小さな里山の四季の移ろいを毎週撮影しているblog「恩田の森Now」に、ただいまは2月10日に撮影した写真を5点掲載しております。冬日和となった森の様子をご覧いただけたら嬉しいです。
https://blog.goo.ne.jp/ondanomori/e/5ac2782de07d6513497adf60d19f575a

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

#二月 #2月 #閏年 #平月よりも3日少ない #得した気分 #損した気分 #四季咲き桜


コメント ( 0 ) | Trackback (  )
« 前ページ