福岡市の小児歯科・矯正歯科・障害者歯科 ふたつき子ども歯科 院長日記

小児(障害児を含みます)の包括的歯科医療を提供するふたつき子ども歯科。子育てや食のことも含んだ、院長ブログ。

嬉しい提案

2009-10-28 | 子どもとの付合い

当院に来院する子どもたちが診療を待つ間、また兄弟で来院した時など、子どもたちは自分の診療後も待ち時間があったりしますので、パズルやブロック、積み木などの遊具を置いて遊べるようにしています。でも、素朴で意外と人気があるのがぬり絵です。
これは、スタッフがインターネットでぬり絵のサイトを探してきて、季節ごとにリニューアルされたものをプリントアウトしたものです。色鉛筆を使って子どもたちが楽しんでいるようです。
最近今度は、お弁当の中身のメニューを紙で作って、マグネットで付けてオリジナル弁当を作るというような遊びをインターネットで探して来て、診療の合間に画用紙にプリントアウトしたりおかずの色付けをしたりしていました。
完成して、今日の患者さんは早速それで遊んでいたようで、出来上がった弁当を持って、インスタントカメラで写真を写してもらっていました。診療後帰宅前に待合室を覗くと、壁に子ども&弁当の写真が早速貼ってありました。インスタントカメラは数日前にスタッフから要望があって購入したものです。
また、同じインターネットでも、歯科関係の書籍を検索して、目次内容なども記載されたものをプリントアウトして持ってきて、「これ良さそうなので、買ってもいいですか?」という相談もありました。
このような提案というか、「何かしたい」という気持ちから出てくるものを受けると、嬉しいばかりです。できるだけサポートしたくなっちゃいます。





一般の歯科医院には「キッズスペース」なるものがありますが、当院はすべてがキッズスペースです。
ぬりえ&お弁当コーナーは、受付カウンターの低い部分のスペース。



ふたつき子ども歯科 http://www3.coara.or.jp/~futam/
                           http://www.futatsuki-dental.com/

コメント

子育て支援

2009-10-27 | できごと
通常の歯科医院はどうか知りませんが、少なくとも当院では保護者の方が同室で、子ども達の治療や予防処置、指導などを行う場面が多いためでしょうか、患者さん+保護者+歯科医師または歯科衛生士が輪になった会話が弾みます。
会話のなかで、子どもたちが育っている環境や保護者の方の思いや悩みが見えて来ます。
歯科関係以外で私たちが解決できることは多くはありませんが、多くの親子を見て来ている者として、何らか情報提供や子育て支援をしたいと努めています。
最近「子育てワン・ツー・スリー」という福岡県地域福祉財団が発行している0歳~3歳くらいの育児についての情報が掲載されているハンドブックを見つけました。平成14年度版で、我が子の時に貰ったのか忘れてしまいましたが、最新版があるはずと思って、問い合わせてみました。
このハンドブックを発行する事業は平成20年度版で終わったそうですが、別に「子育てQ&A」というハンドブックが発行されています。いずれも郵送費の実費のみで送ってもらえますので、福岡県地域福祉財団にお問い合わせ下さい。
「子育てワン・ツー・スリー」は残部が無くなり次第、終了だと思います。
スタッフ用、そして待合室用に数部送って頂きました。







ふたつき子ども歯科 http://www3.coara.or.jp/~futam/
                           http://www.futatsuki-dental.com/
コメント

どこかに出かけたい季節

2009-10-25 | できごと
今日も家事や仕事関係の残務をしているうちに、過ぎ去ろうとしています。
弟から電話があって、たまたま自転車関係の話になったのですが、バイクか自転車、いずれにしても二輪車で季節を感じながらどこかへ出かけたい季節です。
この季節にかかわらず、寒くても暑くてもそれを感じられる二輪車は、自分にとってはやはり車よりも魅力あるものです。弟も自転車で100km位はそれほど問題なく走れるそうで、自転車を選べば、ママチャリとは比較にならないほど行動範囲が広がるわけです。
最近読んでいる、勝間和代さんの本にも同じようなことが書いてありました。ちょっとムズムズする最近です。












ふたつき子ども歯科 http://www3.coara.or.jp/~futam/
                           http://www.futatsuki-dental.com/
コメント

しょせん、すべては小さなこと

2009-10-24 | できごと

人間関係に疲れたり、仕事がたまっていてもやる気が起こらず、慢性イライラになることはありませんか? 
そのような時、人のせいにしたくなったりしますが、人を変えることは容易にできないわけで、結局自分のモードというか気持ちがそうなっているだけのことがありませんか。
それに気づくと気持ちがすっきりして自力で抜け出すことはそう難しくないでしょう。
リチャード・カールソン著の「小さいことにくよくよするな」(副題:しょせん、すべては小さなこと)はそのような時に読みたい、またそのような人に読んで欲しい1冊です。
私も結構この本に救われました。
すべての中のひとつの小さなこと(?)があって、本棚にあったこの本を思い出しました。





ふたつき子ども歯科 http://www3.coara.or.jp/~futam/
                           http://www.futatsuki-dental.com/

コメント

メッセンジャーバッグ

2009-10-23 | できごと
以前ニューヨーク大学医学部のショップで買ったドクターズ・バッグを随分長く愛用していたのですが、ジッパーが壊れてしまって修復不能となってしまいました。ドクターズ・バッグといってもカジュアルなものでどちらかと言えばメッセンジャーバッグに機能性が近くて自分の日常にぴったりでした。
バッグも色々購入したのですが、結局毎日使うのは限られているわけです。
この前に気に入って使っていたのがスリーウェイバッグ元祖のエディ・バウアーのもの。これは定番ものと思っていたのですが、随分前に商品としては姿を消しました。
最近色々探していてなかなかしっくりくるものが無く、昨日、そういえば「LOFT」には色々バッグが置いてあるよな~と思って向っていたら、手前にエディ・バウアー・ショップがあって、久しぶりに覗いてみました。
ありましたね~、シンプルでこれはというのが。名前はどうでもいいけど、一応メッセンジャーバッグ。男性用は黒が多いので、ベージュを選びました。
エディ・バウアー イズ バック という洒落ですか~?








ふたつき子ども歯科 http://www3.coara.or.jp/~futam/
                           http://www.futatsuki-dental.com/
コメント

ホワイトニングで歯が白くなった

2009-10-21 | 口の中の問題

新発売されたGC社のTION というホームホワイトニング剤の使い勝手や効果を、当院のスタッフ2名で試しているところです。歯型をとって、それをもとにマウストレーというものを作製します。このトレーの前歯部分にホワイトニング剤を付けて、1日2時間、2週間程自宅で行うのが基本です。
始めて2週間程たって、二人ともほぼ毎日実行できたとのことでしたので、ビフォーアフターの写真を比較してみました。写真はちょっとした条件で色合いが異なり、ストロボを使用することで実際の感じと異なったりしますが、二人とも明らかに歯が白くなっています。
歯の色をチェックするシェードガイドというのがあって明るいほうから暗いほうに15段階分けてあります。Mさんはシェード9から4.5へ、Nさんはシェード7.5から3.5へ、明らかに白くなっています。
シェード5以下位は通常は無い白さですので、持続すれば必ず白くなるということです。
ご希望の患者さんには、私が説明するよりも実際製品を使用した二人から説明してもらったほうが、行うにあたっての注意事項や要領などが分かって良いかと考えています。
ホワイトニングジェルは2週間充分持つ量ですので、上手に使えば余ります。3週間位までは続けても良いだろうと思います。




これが開始前でクリーニング後。もともと歯の色は白めです。




2週間後。明らかに白くなりました。診療室での彼女の笑顔が輝いていますね~。

 




ふたつき子ども歯科 http://www3.coara.or.jp/~futam/
                           http://www.futatsuki-dental.com/

コメント

新庄の歯はなぜ白い

2009-10-20 | むし歯予防の話

白い歯と言えば新庄とかペ・ヨンジュンあたりの名前が出てきませんか。
新庄の歯の白さの秘密はホワイトニングを繰り返し行った? または、人工的なものを被せたり、張り合わせたりしているのか? どちらなんでしょうか?
歯科衛生士の専門学校、短大などそろそろ3年生は就職を意識する時期です。国家試験制度があるせいか、他の職種と違って結構就活が遅く、年末にかけて位に動き出すようです。先日、鳥栖にある九州環境福祉医療専門学校から求人お願いのパンフレットがセットで送られて来ました。その中の1冊の巻頭に新庄のインタビュー記事がありました。
記事を読んで白さの秘密が分かりました。不自然なまでに白い歯は、歯を削って被せてあるとのこと。さらに白さの具合にご本人が不満足で3回やりなおしているそうです。どうも技工はスウェーデンでされているようです。日本でも同様な技術はあるでしょうが、なぜかスウェーデン。
歯は削ってしまったけれども、彼は基本的に歯に対する意識は高いわけで、歯みがきも1日8回位、試合前は必ず磨いたそうです。
それと彼のアメリカ時代の話ですが、子どものほとんどが歯列矯正をしていること、メジャーリーガーはフロスを使ってしっかり歯の手入れをしているそうで、やはりアメリカでは審美的なものも含め、歯に対する意識が高く大切にしているようですね。
当院の話になりますが、成人になるまではむし歯予防、それ以降は歯周病予防で重要なのは歯間のお手入れで、フロスがもう少し認識されないものか、と予防での必要性を日頃痛感しています。
ちなみに、私のアメリカ時代でも、ロウティーンの女の子の矯正相談を受けて、歯並び噛み合わせにほとんど問題がなかったので、「矯正治療は必要ないと思うよ
」と話したら、がっかりしていたのを思い出しました。








ふたつき子ども歯科 http://www3.coara.or.jp/~futam/
                           http://www.futatsuki-dental.com/

コメント

秋の夕方

2009-10-19 | できごと
我が家は、平日は食材等の買い物をする時間があまり取れませんので、休日にまとめ買いをするパターンです。
昨日は子ども達のサッカーの試合が当仁中学校と高宮小学校でありましたので、サッカーの応援で会場のハシゴ、その間に買い物でした。
次男の試合は会場が朝の時間からとれなかったのか、4時30分ころキックオフで1試合のみ。試合が終わる頃には暗くなりかけの時間。ちょっと風が強く、肌寒いくらいの秋の夕暮れ。




夕方5時過ぎ、高宮小学校にて。




ふたつき子ども歯科 http://www3.coara.or.jp/~futam/
                           http://www.futatsuki-dental.com/
コメント

日曜日、とりあえず洗濯と犬の散歩

2009-10-18 | できごと
私の目覚ましはラジオクロック。今朝は遅めに7時30分にセットしてしばらく聴いていました。
ラジオの天気予報で「何をするにもいい季節」とか言ってましたが、本当にその通り。
とりあえず洗濯と犬の散歩。
休日の今日も仕事以外で色々予定があります。そろそろスタートということで。




犬の散歩道の大名裏通り。ショップのスタッフの人たちが、出入り口の掃除や開店準備をしている時間帯でした。



ふたつき子ども歯科 http://www3.coara.or.jp/~futam/
                           http://www.futatsuki-dental.com/
コメント

スティッチ&キシリトール

2009-10-14 | 食のこと

ある患者さんの保護者の方のリクエストで、キシリトール100%のタブレットを仕入れました。受付でも販売してみたらということで出したところ、早速売れたようです。
キシリトール以外でも甘味料で虫歯の原因にならない、またはほとんどならい、という甘味料はカロリー0系の炭酸飲料でよく使われているアスパルテームをはじめとして数種類あります。
キシリトールがこれほどメジャーになったのは虫歯にならないだけでなく、虫歯菌を減らす作用があるという効果によるものと思います。実際そのような虫歯予防効果を得るためには結構な量を摂らないといけませんので、現実的には予防効果までは期待しない方が良いでしょうね。
キシリトールといえばガム製品が多いと思いますが、キシリトール100%のものはほとんどなく、他の人工甘味料またはショ糖などが入っているものがほとんどです。等にショ糖など虫歯の原因になる糖分が含まれているものは、いくらキシリトールが入っていても注意ですね。パッケージ裏の成分内訳をチェックしてみましょう。
私的には、わざわざキシリトールは奨めません。
甘いものを早めに覚えてしまって虫歯が心配な場合に、無理やりストップするのも可哀そうですので、代用品として与えたらどうでしょうか。少なくとも当院では、そのような場合に提案しようと考えています。
一方で、豊かな食生活のためにはある程度小さい時期に本当の甘さを知ることも大事ですよね。甘さだけでなく、他の色んな味覚や食感も小児の時期にある程度までは会得しておくのが必要と思います。
甘いもの=虫歯が極端になると、主客転倒になっちゃいますしね。
ちなみにキシリトールはカタカナ英語では「ザイラトール」です。







ふたつき子ども歯科 http://www3.coara.or.jp/~futam/
                           http://www.futatsuki-dental.com/

コメント