福岡市の小児歯科・矯正歯科・障害者歯科 ふたつき子ども歯科 院長日記

小児(障害児を含みます)の包括的歯科医療を提供するふたつき子ども歯科。子育てや食のことも含んだ、院長ブログ。

週はじめから

2018-09-18 | 子どもとの付合い

現在福岡に滞在している長男と友人のNくん、昨日は連休後の火曜でしたが一緒に食事会をしたいとのことで付き合いました。
彼らのリクエストは、焼き肉が美味しい「BAKURO」。当院の近くでもあるので、診療後の6時半に現地待ち合わせにしました。

 


BAKUROコースはお値段もいいんですが、オススメの焼きしゃぶ、焼きすきがメニューに含まれていて、文句なく美味しさを堪能できます。
彼らは今から復学、そして就活です。色々、今後の展望や未来予想などを聞けて、意外と同年齢頃の自分と比べて先を考えているな、と見直しました。





 ふたつき子ども歯科 http://www3.coara.or.jp/~futam 

コメント

長男たち

2018-09-17 | 子どもとの付合い

長男が先日、カナダでの1年間のワーキングホリデーを終えて帰国し、しばらく福岡に滞在しています。
ワーキングホリデーと言っても、現地バンクバーでとりあえず働きながらというのではなく、クリエーターの仕事をしながら、現地の芸術系の大学に通っていました。そして、9月終わりから京都で4年生の後期に復学して、来年春大学卒業予定です。
大学入学して間もなく、同期のNくんと一緒にRoamという映像クリエーター集団を設立して活動していましたが、今日Nくんが長男の帰国に合わせて、京都から福岡に遊びに来てくれました。Nくんも思うところあって、長男と同時期に休学していましたので、仲良く再会、そして卒業というところでしょうか。
二人とも就活が今からですが、彼らは業界的に半分社会人に足を突っ込んでいますので、親としては何とかなるのではと楽観視しています。





今日は長男の高校時代からの親友Hくんも合流して3人で飲みに出かけました。
彼はストレートで卒業していますので、社会人1年生です。
Nくんは数日我が家に滞在するようですが、お土産に地元奈良の日本酒を持って来てくれました。
3人の青春に乾杯!
ちなみにBGMは上野優華の「星たちのモーメント」。ワカコ酒のエンディングテーマで日本酒にあう曲かな?




ふたつき子ども歯科 http://www3.coara.or.jp/~futam

コメント

今日は撮影

2018-09-17 | むし歯予防の話

振り返ると結構長い間担当しているTV番組の「はぐはぐ」。小児歯科部門の担当で、時間が取れる休診日の今日に2本の撮影。
当院にディレクターと撮影クルーがやってきて撮影します。
ほんの数分の番組ですが、打ち合わせなども含め、1本あたり30分以上はかかります。


 


今回のテーマは仕上げ磨きから自分磨きへの移行時期と磨くポイントの話、そして虫歯菌の母子感染の話です。 
オンエアは11月、12月頃の予定のようです。 
番組HPで過去の動画も観ることができます。ご覧くださいね。 






ふたつき子ども歯科 http://www3.coara.or.jp/~futam

コメント

臨床矯正歯科医会に出席

2018-09-16 | できごと

矯正歯科の分野では日本歯科矯正学会と、九州地域では九州歯科矯正学会というのが規模が大きい学会です。
規模は大きくないのですが、開業矯正専門医に絞って会員資格が厳しいのが、臨床矯正歯科医会。
今日は、九州支部の講演会が福岡で開催され、会員外も参加オープンということで、良い機会と思い参加しました。
4名の講演があったのですが、いずれも私にとっては関わりの深い、つきやま歯科、サトウ・ヤスナガ矯正歯科の先生方。


 


つきやま歯科の築山先生と木戸先生。お二人ともタフツ大学(ボストン)で専門医資格を取得しています。
矯正歯科と歯周病、補綴専門医のコラボレーション という観点での講演で、最新情報も学べて大いに勉強になりました。
佐藤先生も安永先生も当院とはオフィスが近いのもあって、お世話になっています。 
彼らは、少なくとも福岡では開業歯科医界を牽引していくキーパーソンでしょう。 
参加者との質疑応答も、会員のレベルの高さを感じさせるもので、午後半日の講演会でしたが、なかなか濃い時間でした。
昨日は中州ジャズでしたから、よく遊びよく学べ、というところでしょうか。


夕方、講演会が終わってからオフィスに移動。
明日、テレビ撮影があるので、その台本を確認して準備しました。帰宅がいつもと同じの午後7時くらい。





夕暮れ、夕焼けを見ると、条件反射的に、今日も自分なりに頑張ったという気持ちで、ホッとします。




ふたつき子ども歯科 http://www3.coara.or.jp/~futam

コメント

中州ジャズに行ってきた

2018-09-16 | できごと

金曜土曜と中州ジャズが開催されていました。今年で10周年だそう。
昨年、当院の税理士Sさんに誘われて初めて行ったのですが、なかなか楽しかった。
今年もSさんと一緒に、土曜日の診療後出かけました。連休前の土曜日でもあって、多分昨年よりも人出は多いだろうという印象。


 


午後7時くらいから、中州大通りど真ん中に設置されたステージでの「福岡城」 からスタート。
Sさんが気を利かしてビールとおつまみを買ってきていましたので、お疲れ様〜で乾杯しながら。
他の場所にも移動しながら、4個目のステージは9時からのメーンイベントというか日野皓正クインテット。





さすがにすごい集客。比較的ステージがよく見える場所が取れました。
彼は今ニュージャージ (ニューヨーク州の西隣り)在住で、76歳だそう。
みっちり1時間休みなしの、エネルギッシュなステージを見せてくれました。 
疲れ気味の私たちオジさんには、なかなかの刺激で、元気を貰いました。
今年も満足。 





ふたつき子ども歯科 http://www3.coara.or.jp/~futam

コメント

マイ冷蔵庫

2018-09-09 | できごと

私の自室には小型のマイ冷蔵庫があります。10数年前に購入しましたが、購入のきっかけは、居酒屋みたいに日本酒の一升瓶を冷蔵して、冷酒を家でも楽しみたいということでした。小型冷蔵庫でも仕切りを外したら一升瓶が入るサイズにしたわけです。
もちろん他にビールやテキーラなども冷やして、主としてお酒の貯蔵庫的でした。
そのマイ冷蔵庫も最近冷蔵能力が落ちて来ましたので、今回リニューアルしました。





サイズ的には以前のものよりやや小ぶりですが、一升瓶は入るサイズです。
最近は健康上の配慮で以前ほどは飲みませんので、実際は4合瓶が入ればOKです。
冷蔵庫のトップテーブルはミニバーかな。ウイスキー、焼酎、泡盛などですね。日本酒は冷蔵庫、テキーラは冷凍庫です。
シンプルに結構嬉しいリニューアル。 




ふたつき子ども歯科 http://www3.coara.or.jp/~futam

コメント

早期矯正治療とその効果

2018-09-07 | 歯並び、矯正の話

9月になって、さすがにちょっと涼しくなって来ました。患者さん予約も少し余裕が出て来ましたので、勉強の秋と言うことで、気になる最新刊を数冊購入して読み始めました。
その1冊が実践 早期治療というタイトルの専門書。





GP(一般開業医)、小児、矯正が共に考えるというサブタイトルが付いています。
それぞれの専門家の共著と言う形ですね。ただし著者のメンバーが小児歯科系のスタディグループをベースにしていますので、小児歯科の発想が大きい傾向だと感じました。
治療各論と言うより、コンセプトという印象です。
〇〇の立場から、などという講演が多々ありますが、患者さんにとっては立場は関係なくベストな診断や治療をして欲しいいわけで、ともに考えメインの流れが1本化できるのが理想と思います。
私自身は小児歯科ルーツではありますが、早期治療の必要性を検討しながら少なくとも高校卒業頃までは歯列咬合は観ています。
長期管理と経過観察が必要な内容ですので、その中でどのような時期にどのような介入をするのがもっとも効果的かを考えながらです。
治療を何段階かに分ける場合でも、装置使用期間がだらだらと長くならないように、現在ある問題点にこだわらず先を見通して治療計画を立てる、ということなどが重要と思います。





ふたつき子ども歯科 http://www3.coara.or.jp/~futam

コメント

盛会でした

2018-09-02 | できごと

今日の午後からは、スタディグループ、小児歯科集談会の講演会を催しました。
会員に加え、九州大学小児歯科OBネットワークでお知らせしていたところ、多数の参加者があって盛会でした。
今回のメインテーマは、小児口腔機能発達不全症。今年度、保険診療の中でも病名と処置や治療について新たに加わったこともあって、小児歯科医には関心あるトピックです。
サイエンティフィックな部分はN九州大学名誉教授、保険診療の中での理解の仕方と実際についてはI先生にお願いしました。
今回のトピックについては、マスコミも小児歯科学分野での新しい流れとして関心を持っているようで、テレビ局からの取材もありました。









会場が若干狭かったのもありますが、満員御礼。皆の関心が高いということでしょう。
OBで、遠くは愛知県からの参加もあって、こちらがびっくり。
とにかく濃い3時間でした。講師のお二人とも私にとっては身近な先生で、身近にこのようなすごい人がいるというのは恵まれているな〜と思いました。
毎度ですが、講演後の食事会でさらに深いお話が聴けて、役員としては企画実行にパワーを使った以上のペイバックがあるというものです。
 

 

ふたつき子ども歯科 http://www3.coara.or.jp/~futam

コメント

暑さ、おさまらず

2018-08-30 | できごと

今日は休診日。子どもたちの夏休み期間は終わったところが多いんですが、まだ今週も患者さんは多い状況です。
毎度の休診日と同じで、午後からはカルテ記載とチェック、矯正関係の技工、在庫のチェックなどで診療室でお仕事。
現在、歯科医側のマンパワーが若干不足気味で、院長の私が若干の根性を出す必要があります。
何とかこの夏を乗り切れそうですが、まだまだ暑さはおさまりませんね。


 


今日はまるでシンガポール?という感じのスコールがありましたね。しばらくしたら結構青空なんですが、入道雲です。





これは昨日ですが、ほぼ毎日夕焼けの西空。





ふたつき子ども歯科 http://www3.coara.or.jp/~futam 

コメント

反対咬合の早期治療例

2018-08-30 | 歯並び、矯正の話

矯正治療は最近、早期治療がある種ブーム的ですね。保護者の方も早めが良いのではと相談される例も少なくありません。
もちろん何でも早期が良いわけではありませんが、反対咬合の場合の噛み合わせ改善は乳歯の時期からも行う場合もあって、早期が良い代表例です。





この患者さんは小学校前半の年齢ですが、乳歯の時期にムーシールドを使用して治癒傾向がありました。
しかし、途中で早めに生え変わりが始まったため、一旦装置を休止して様子を観ていました。



中切歯が反対咬合で、側切歯もやや捩れがある状況です。
リンガルアーチとかブラケット装置でしたら上の4本の前歯が出そろう時期までもう少し待つ必要がありますが、この患者さんの場合はスペース的にわりとゆったりしていますので、マウスピース装置で治癒できると判断してスタート。



 


中切歯の改善は短期で達成出来ましたが、出てくる途中だった側切歯の捻れや噛み合わせを誘導、改善するのにむしろ時間が必要でした。
治療開始から約8カ月、装置使用終了で、経過観察です。噛み合わせが安定しているので経過良好と思いますが、思春期成長による下顎の成長と噛み合わせの変化の可能性はフォローが必要です。

 




奥歯部分の前後的噛み合わせも安定しています。 また、噛み合わせが改善したことで、下の前歯の歯並びの改善もみられます。連続性が出てきていますね。
このような患者さんの場合、マウスピース装置適応か否かの判断は、中切歯が出てきて側切歯が出始めくらいの時期がもっとも良いのではと考えています。
マウスピース装置の治療効率の点からも、この時期がジャストと思います。 


 



ふたつき子ども歯科 http://www3.coara.or.jp/~futam 

コメント