福岡市の小児歯科・矯正歯科・障害者歯科 ふたつき子ども歯科 院長日記

小児(障害児を含みます)の包括的歯科医療を提供するふたつき子ども歯科。子育てや食のことも含んだ、院長ブログ。

コマーシャルです

2009-04-28 | できごと
6月と言えば、業界では「歯の衛生週間」。
今年も6月7日(日)に、中央区大名にある、福岡県歯科医師会館を会場に午前10時~午後3時の間に「福岡市民の歯を守る集い」が催されます。
私も今年度は一応、福岡小児歯科集談会会長ですので、小児歯科相談コーナーを担当予定です。
ブログを見て、小児歯科関係で一度相談したいな~とお思いの保護者の方、ご来訪下さい。それはさておいても、小児から高齢者の方々まで、皆さん楽しめるイベントだと思いますので、歯科医師会員の1人としてもお待ちしてます。
詳しくは、福岡市歯科医師会HPで。当院にもチラシを置いています。








ふたつき子ども歯科 http://www3.coara.or.jp/~futam/
                             http://www.futatsuki-dental.com/




コメント

犬の散歩

2009-04-26 | できごと
我が家の犬のお世話係りは次男ですので、最近は毎朝、次男が学校に行く通学路の途中まで、私も一緒で犬の散歩に行きます。
今日は休日ですので、やや遅めに2人と1匹で散歩。父親としては、子どもと付き合える時間でもあります。
途中で知り合いのKさんに会って挨拶したところ、「うちにも犬がいるよ」ということでシュナウザー登場。
我が家の幼犬は吠えられてビビっていました。散歩しながら色々免疫つけていかないとね。












ふたつき子ども歯科 http://www3.coara.or.jp/~futam/
                             http://www.futatsuki-dental.com/
コメント

お礼の手紙は嬉しい

2009-04-25 | 子どもとの付合い
南区井尻、私のブログに時々登場するつきやま歯科の歯科衛生士さんが、先日も2名見学にみえたのですが、お礼を兼ねた見学レポートが届きました。
Sさんは以前勤務していた時に、私が咬合誘導(予防矯正)治療をしていた際に主としてアシストしてくれた人で、ある種の仲良し。久しぶりで私の軽いノリが懐かしかったかも知れません。
Oさんはお子さんが当院の患者さんでもあります。保護者として数回来院されているのですが、歯科衛生士として見学して、意外と新発見があったようです。
当院に見学にみえた歯科医師、歯科衛生士の方々の感想で共通している部分は、多少皆さんのお世辞もあるでしょうが、自然で患者さんである子ども達へ負担がかかっていないということ、子ども達の気持ちを大切にしていること、診療室とスタッフの雰囲気も含め、安心感があるということのようです。
とにかく皆さんにそのような印象を持ってもらって、嬉しいばかりです。私達にとっても励みになります。
実際来院される患者さん、保護者の方々もそのように感じていただければベストです。
でもこれらは業界内の意見ですので、せいぜい歯科のなかでの比較とも言えますけどね・・・・・。


 

お礼状と一緒に、机上にあった小児歯科学会の雑誌を撮りました。5月に大阪で開催される全国的な学会の抄録集です。
時々は刺激受けに勉強にいかなくっちゃ。自分自身も、そろそろ発表しなきゃいけないのですが。










ふたつき子ども歯科 http://www3.coara.or.jp/~futam/
                             http://www.futatsuki-dental.com/
コメント

Diana Krall は悪くないね

2009-04-24 | できごと
ニューアルバムはQuiet Nights、今回はボサノバも数曲入っており、スタンダードナンバーを歌ってます。
ボサノバってどこか哀愁漂いつつも軽いイメージがありますよね。でもDianaが歌うと、ちょっとJazzyなムードが強すぎるかも。
それはそうと、ボーナストラックでHow Can You Mend A Broken Heart というのがあって、「あれ~、誰が歌ってったっけ~?」としばらく考えて、分かりました。かの、Bee Geesでしたね。
次のボーナストラック、Every Time We Say Goodbyeは最近ではSimply Redもカバーしていた、コール・ポーター作曲のいわゆるスタンダードナンバー。いい曲ですよ。
色々あってもDiana節は許せるというところでしょうか。



ジャケットの文字も写真もシンプルというか、曲の内容にあわせて、あえてレトロ&スタンダードってことで。




ふたつき子ども歯科 http://www3.coara.or.jp/~futam/
                             http://www.futatsuki-dental.com/
コメント

緑の季節

2009-04-23 | できごと
日差し輝く季節。休診日でお休み。
これといって外出する用事はないのですが、家に居るにはもったいない気候。平日で皆さんお仕事だと思いますが、のんびり散歩&写真のささやかな贅沢。
コンパクトデジカメ、リコーGX100でどこまで撮れるか、まだまだ練習中。















ふたつき子ども歯科 http://www3.coara.or.jp/~futam/
                             http://www.futatsuki-dental.com/

コメント

和やかな小児歯科

2009-04-22 | 子どもとの付合い
先週、九州大学病院全身管理歯科の歯科医師Aさんが見学にみえましたが、見学のお礼のハガキが届きました。
全身管理歯科といえば、高齢や有病の患者さんが中心ですので、今まで小児を診る機会がほとんどなかったとのこと。研修医と勤務医で経験できなかった小児分野も、今後勉強していきたいそうです。当院はそのイントロというところでしょう。
診療後のミーティングで感想をお願いしたのですが、「子どもがあまり嫌がらずに診療を受けており、診療台に上がる場面などでも、子どもを無理強いせずに周りが見守っているというか待ってあげており、無理がない印象を受けました」とのこと。
特に当院が乳幼児の取り扱いで目指していることを感じてもらって、嬉しい気持ちでした。
かつてむし歯の多かった時代は、小児歯科では保護者と患者さんの分離が原則で、とにかくむし歯を治療、治療でした。治療される側の子どもも随分大変な思いをしたと思います。その時期には、一般歯科の先生はまだあまり小児の治療というのは不得手で、患者さんに保護者の方が付き添って診療する方針のところが多かったように思います。
最近は、専門でないまでも一般の先生も以前より随分小児歯科治療をきちんとされるところが増えましたが、以前の小児歯科医がしていたような方針をフォローされているように思います。
最近の私達小児歯科医は、その時代を過ぎて、最近は乳幼児ではあえて患者さんと保護者の方一緒という方針のところが増えているのではないでしょうか。当院は開院当初からそのようにしています。
保護者が一緒だと患者さんが甘えて協力的にできないから、分離することで患者さん~歯科医およびスタッフとのコミュニケーションがうまくいく、という理論でしたが、保護者の方が一緒でもコミュニケーションがうまくいくところまで持っていくのが小児歯科医の仕事のような気がします。
最近は治療もですが予防指導や処置が増えてきていますので、保護者の方への説明など、一緒に診療室内に入ってもらったほうが便利で簡単です。また私たちと保護者の方がある種仲良く話している姿は、子ども達もリラックスするというプラス効果があると思います。何しろそれが、単純に、自然と感じています。






ふたつき子ども歯科 http://www3.coara.or.jp/~futam/
                             http://www.futatsuki-dental.com/




コメント

晴天、さくらんぼ育つ

2009-04-21 | できごと
院長室から見える、隣家のサクランボ、みるみるうちに葉が育ち、サクランボも大きく色づいて来ています。気持ちの良い季節。
当院も窓を開けて、エアコンを入れず診療中。
時々、下のスーパーマーケットの惣菜コーナーの調理の匂いがしてきて、から揚げ?焼き魚?という、歯科医院らしくない生活感のある平和な匂いが診療室に漂います。
スタッフも新人さんも含め、皆楽しく働いているようで(そう思っているのは院長だけか・・・?)、何よりです。



カメラの性能、または私の撮影術の限界で若干アウトオブフォーカスですが、もう少しで食べごろのさくらんぼ。




ふたつき子ども歯科 http://www3.coara.or.jp/~futam/
                             http://www.futatsuki-dental.com/
コメント

レトロ&チープ

2009-04-19 | できごと

我が家の幼犬も3回目の予防接種を先週終え、散歩デビューをしています。次男がよくかわいがってくれます。
今日は犬の首輪とブラシを買いにちょっと出かけたのですが、すっかり良い天気。ほとんど初夏を思わせる日差しで、街中も家族連れが多くみられました。
我が家は家内は仕事、長男はサッカーの試合、次男は朝から弁当と水筒持参で1日中外遊び、私は一応家事と、今日はバラバラ。
買い物ついでに文具コーナーに立ち寄ってボールペンをチェックしていたら、クリックゴールドというレトロ&チープなボールペンを見つけました。BIC製ですのでチープでも書き味は合格。
ブルーとイエローを買って上下を外して入れ替えるとこんな感じ。今日は割引の日だったようで、2本で220円也。














ふたつき子ども歯科 http://www3.coara.or.jp/~futam/
                             http://www.futatsuki-dental.com/

コメント

ウェルカム・バック

2009-04-19 | 国際交流
金曜日の診療を終えて、7時過ぎまで残務をして帰ろうとしていたら、携帯が鳴りました。
相手は懐かしい、九大小児歯科の後輩F先生。彼女は2年間途上国の海外ボランティアで小児歯科医としてトンガに赴任していて、帰国したばかりです。「友人二人と、我が家の近くの居酒屋みのるにいます」とのこと。
一旦帰宅して、少し家事を済ませてからさっそく「みのる」へ。同じく小児歯科の後輩で現在は北九州で働いているO先生も一緒で、懐かしい面々。
小児歯科医といっても、途上国では歯科医数が極端に少ないので、日本のように個人レベルで診療していても追いつきません。公衆衛生的観点で活動して、小児の虫歯や歯茎の病気をどのように予防、改善するかということを健康に携わるプロフェッショナル、学校の先生、保護者も巻き込んで、さらに経済的サポートも含め動かしていく必要があろうと思います。
長い時間ではありませんでしたが、彼女のトンガでの活躍の話が聞けて、非常に嬉しい気持ちでした。いい話が聞けました。
途上国といえば、九州大学歯学部では5月から4ヶ月間ほど、途上国の歯科医師10数名を招いて歯学教育を行うコースがJICA(国際協力機構)とのコラボで行われます。私も講師の一人で小児歯科関係の講義が依頼されているのですが、彼女の体験は多分、このコース参加者に最も役に立つものではないかと思いました。
コースのコーディネーターのS先生に、本気でF先生の講義をスケジュールしてもらうよう依頼したい。
ちなみに「みのる」は随分久しぶりだったのですが、元祖氷温生ビール、そしてポテトサラダ、卵焼き、スジ煮込みは相変わらずほっとする味でした。





ふたつき子ども歯科 http://www3.coara.or.jp/~futam/
                             http://www.futatsuki-dental.com/
コメント

歓迎します

2009-04-16 | できごと
昨日は夕方から、新人歯科衛生士Nさんの歓迎会を催しました。
場所は大名1丁目、我が家のすぐ近くの「酒楽(しゃらく)」。スタッフTさんの行きつけのお店で、予約もしてもらいました。海鮮系が多いのですが、馬刺しやもつ鍋もおいしい処です。スタッフはひたすら食べ、私はひたすら飲むといういつものパターン。
ひたすらと言っても黙々と暗く食べるという意味ではなく、いつもの診療室と同じで、なかなか和やかで楽しい会でした。
ちなみにもつ鍋といえば、醤油か味噌が普通でしょうが、ここのもつ鍋は塩味でニラは少なめですがもやしと豚が入っていて、趣が違ってかつ美味でした。
焼酎の「小松帯刀」はどちらかというと安い部類だと思いますが、味は気に入りました。篤姫ブームとは関係なく以前からある銘柄だそうですが、どこか近辺に売っていないかな~?
そういえば、当院は開院してやっと3年ちょっとなのですが、歓迎会の話題の中で、そろそろ院内旅行をしたいという希望が出てきました。スタッフ側からの希望ですので、院長のオヤジと一緒でもOKということなんでしょうね。大歓迎です。




ふたつき子ども歯科 http://www3.coara.or.jp/~futam/
                             http://www.futatsuki-dental.com/
コメント