漢方薬剤師の日々・自然の恵みと共に

漢方家ファインエンドー薬局(千葉県)
http://kampo.no.coocan.jp/

朝井まかて著「雲上雲下」・物語のない現代を憂いて語る日本昔話

2018-06-14 | 
朝井まかてさんだからこそできた作品だと思う

深い森を抜けでた小さな草むらで、子狐にせがまれて常緑の草(草どん)が昔話を語る。
次々とお馴染みの登場人物でなつかしさがあふれる
日本の言葉の美しさに心洗われる

ああ、こんな話だったかなあと、この頃すっかり物語に遠ざかっている自分に驚く
たぶん今の子らは、こんな話を知らないんじゃないかという不安が膨らむ


案の定というべきか物語の後半、現代の余裕のない耳障りな言葉が、
神々も住む物語の世界を消していくのです。
なんという展開。

大人が読むべき昔話の本 子供に何を伝えなければならないかを学ぶ本

朝井まかて 1959年 大阪府生まれ
『本(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 万引き家族・万引きしたのは... | トップ | セッカ(雪加)、モンキチョ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事