崔吉城との対話

日々考えていること、感じていることを書きます。

「たった一人だけの私の味方」

2019年06月17日 06時37分25秒 | エッセイ

 韓国のKBS終末ドラマ「たった一人だけの私の味方」が昨夜最終回だった。父娘関係を基に認知症、親孝行、恋愛、殺人犯、謝罪、和解などが総網羅したドラマ、俳優たちの演技力によって魅了された。毎回視聴者の予想が外れ、進み、待たされるような気分になり、人気を保って続いていた。作品と演技の上手さは高い。華麗な生活の中の悲しい問題。韓国は1960年代以降大学で映画演劇学科が多く作られ、研究されてきた。脚本から演技、キャスティングなども水準を高めてきた。日本の世襲制的人間関係による芸能界とは異なる。しかし昨夜の最終編のハッピーエンディング。急いで3組の夫婦が出産、謝罪、和解の李王朝時代の勧善憎悪の劇のようであった。メディアと社会へのメッセージであり、芸術の劇ではない。



コメント   この記事についてブログを書く
« 「ちゃぶ台返し」の解散権 | トップ | インタビューに応じる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エッセイ」カテゴリの最新記事