崔吉城との対話

日々考えていること、感じていることを書きます。

秋夕所感

2018年09月25日 06時11分38秒 | エッセイ

 日本では8月15夜の満月の感覚が全くない。長い過去の時間、日本も韓国のように、中国を中心とした旧暦を使用し、もちろん陰暦のお盆も大きな祝日であった。ところが、明治維新以降、西洋のカレンダーを受け入れて、徹底的に暦や祝日も陽暦化した。韓国も陽暦化の過程は長い間試行錯誤の時間であった。私は民俗学を専攻しながら、徹底的に陽暦を実行するように努めた。つまり旧習を捨て西洋化に努めたのである。ところが、旧習は伝統文化、固有文化として保持しなければならないという運動が起きて、国家的に民族主義が強く、最終的にナショナリズム現象が起きて、旧暦化、中国化に傾いていった。
 
中国が近代化や西欧化の過程を積極的に実施せずに、西洋式市場経済だけ受け入れて経済大国になるということは想像もできなかった。そんな中国が今、世界を衝動している。恐ろしい敵対国である共産主義国と宣伝してきた政治家が北朝鮮に出入りする現象が到来した。想像もできなかった現象である。今後、より多くの予測不可能な現象が起こるであろう。
 昨日秋夕の日、ソウルから墓参りに行ってきたという電話やから墓参りの写真メールで受けた。私の国の故郷唯一の強いつながりは、両親の墓である多くの親戚、友人が亡くなった私は長生きしているということになる。私の故郷は、38度線の下、6.25廃墟の地、何の価値もないというだが、は北朝鮮接続している場所に変わっている。私の父は元山など38度線行き来しながら牛の商売したが、その時に復帰す感じだ。私はそこで恐ろしい戦争経験し、その痛みが、今の生活力であり、支えである先日戦争苦労話書いた拙著『米軍慰安婦の真実』を出した新聞記事など集め本、戦争史とは異なる、私の貴重な体験の証である


コメント

추석한담

2018年09月25日 05時30分11秒 | エッセイ

 일본에서는 추석의 감각이 전혀 없다. 오랜 과거의 시간 일본도 한국처럼 중국 중심의 음력을 사용하였고 물론 추석도 큰 명절이었다. 그런데 명치 유신 이후 서양의 카렌다를 수용하여 철저하게 음력과 명절도 양력화하였다. 한국도 양력화의 과정을 오래 동안 시행착오의 시간을 겪었다. 나는 민속학을 연구하면서도 철저하게 양력을 실행하도록 노력하였다. 즉 구습을 버리고 서양화에 노력하였던 것이다. 그런데 구습은 전통문화 고유문화로서 보전되어야 한다는 운동이 일고, 국가적으로 민족주의가 강하여 마침내 국수주의 현상이 일고 드디어는 음력화 중국화로 기울어 갔다.
 중국이 근대화 서구화의 과정을 적극적으로 시행되지 않은 채 서구식 시장경제만을 수용하여 경제 대국이 된다는 것은 상상하지도 못했다. 그런 중국이 지금 세계를 충동하고 있다. 무서운 적대국인 빨갱이 나라라고 선전해 온 정치가들이 북한을 드나드는 현상이 도래하였다. 상상도 하지 못한 의외의 현상이다.  앞으로 더 많은 예측불허의 현상이 일어날 것이다.
 어제 추석날 서울의 누님으로부터 성묘를 다녀 왔다는 전화와 조카로부터 성묘사진을 메일로 받았다. 나의 조국 고향과의 유일한 강한 연결고리는 누이와 부모 산소이다. 많은 친척 친구들이 세상을 떴다. 그런 점에서 내가 오래 사는 것이라 할 수 있다. 나의 고향은 38선 밑 6.25의 폐허의 땅, 값도 없다는 곳이지만 지금은 북한으로 연결되는 곳으로 변해가고 있다. 나의 아버지가 원산 등지로 38선을 넘나들면서 소장사를 한 그 세월로 복귀되는 느낌이다. 나는 거기서 무서운 전쟁을 겪고 그것을 상처로 또 삶의 힘으로 살고 있다. 일전에 일본에서 전쟁의 고생담을 적은 글을 책으로 내었다. 신문 기사 등을 모아서 낸 책 전쟁사 류와는 다르다. 나의 귀중한 체험이다.        

コメント

敬老

2018年09月24日 05時38分22秒 | エッセイ

 韓国や中国の秋夕・中秋と連休が重なり、東アジアの連休になっている。先週は「敬老の日」だった。休日や連休しか意味がない。昨日、私は敬老の日を思い出した。オープンキャンパスを応援する気持で階段をほぼ腕力で登り、ほぼ満席の父兄用の後の席に座った。しかし、職員から「立ちなさい」と立たされた。好意を持って参加したのに、こんなことは初めてであり、不快でその場を後にした。頭から離れなかった。忘れて過ぎてしまった先週の「敬老の日」を思い出した。これも初めてのこと、自分で高齢であることを強く意識しているからもしれないと反省もした。職員は決して悪くはない。ただ細かい配慮のない冷たさを感じた。彼も必ず将来は老いを迎えるのだから知って欲しい。夕方、二つのお土産が届いた。教え子の牧師の奥さんから秋夕の贈物として牛肉と饅頭、そして韓国・民俗苑から出版された通信使に関する本である。昨日は「嬉と悲」が交差する日であった。*写真右端は釜山女子大学の徐教授

コメント

「善戦」

2018年09月22日 05時24分45秒 | エッセイ

 下関出身の安倍氏が総理に三選された。選挙を戦い、戦争に比して語り、石破氏に「善戦したね」と言った人が多い。それに石破氏から「どこが善戦か」と反問された。この「善戦」とは敗者を慰める「頑張りましたね」である。聖戦の歴史の長い日本で今度の選挙は戦いとはいえない。もし選挙が戦い、戦争に比するなら敵がいるはずである。よい戦争(?)は将棋のように「卒」も戦い、勝利と敗北が宣言されるものである。卒なしの王様、将軍同士の戦争はなりたたない。日露戦争や日中戦争に参戦した軍人の日記を読むと敵意識がない。軍人はただ命令に従うだけである。今、私が精読する火野の戦争従軍記でも中国で苦戦、悪戦をするがなぜ戦うか全く知らない。日本で人気のある将棋から「善戦」の意味を知って欲しい。自民党内の内部調整、政治ショー、そして長期執権の布石に過ぎない。敵(野党)のない選挙の本当の善戦はない。国民を巻き込んでいない選挙は政治的なショーに過ぎない。

コメント (2)

職業差別

2018年09月17日 05時55分26秒 | エッセイ

今日は「敬老の日」休日、韓国では秋夕、連休の話も聞こえる。 今週から後期学期が始まる。観光人類学(水)と文化人類学(木)以外に7年目の「楽しい韓国文化論」(崔吉城、板門店)(土)、また来週からは「ワンアジア共同体」講義、校正、その他3回の一般市民への講演も入っていて忙しく、負担も大きい。しかし何もないという虚しい寂さは避けられる。

 久しぶりに教会が和気あいあいの愛餐会になった。具長老と私は耳が遠く、大きい声で話すので迷惑になるのではないかと若干気にはなったがワーワー嬉しく賑やかだった。韓国からの3人の留学生を迎えて満車。車内でアルバイトの話になり、私からアルバイトは日本社会を理解する良いチャンス、なにより「職業差別が無くなる」という大きいメッセージを語った。私が体験した話である。

コメント

漫画

2018年09月13日 05時25分11秒 | エッセイ

オーストラリアの時事漫画家マークナイツが日本の大阪ナオミ選手に敗れたセリーナ・ウィリアムズの姿を漫画に掲載したことが人種差別女性差別という非難を受けている。差別とは、偏見や先入観を持って差異を表現するという、負の面、言論と表現の自由という面の、両面がある。今メディアが一面だけを強調する傾向がある。厚い唇の姿で描かれているのが性差別や人種差別といわれる。イスラムを漫画で描いて問題になったこともある。宗教は信仰的問題などの文化価値の基本的な問題である。
 
ポルノか芸術か、映画か文学か、の議論も想起する。漫画と写生画を区別する必要はないのか、あるのか。変形deformation芸術、日本の浮世絵、漫画、アニメーション、コメディなどはどうなるのだろうか。漫画の対象になり一躍有名人になる報道の効果はどうか。女性を描写することが差別なら女性自ら濃い化粧をすることは、女性が自ら差別助長をしていることなのか。判断するのは難しい。最近起きているさまざまなハラスメントの問題を含めて深く考えて欲しい。

 호주의 시사만화가 마크 나이츠가 일본의 오사카 나오미 선수에게 패한 세레나 윌리엄스의 모습을 카툰으로 게재한 것이 인종 차별 여성 차별이라는 비난을 받고 있다. 차별이란 편견이나 선입견을 가지고 차이를 표현하는 것이란 부정적인 면, 언론과 표현의 자유라는 입장의 양면이 있다. 지금 언론들이 일면만을 강조하는 경향이 있다. 두터운 입술에 비대한 몸집을 지닌 모습으로 묘사된 것이 “성차별과 인종차별이라고 한다. 이슬램을 만화로 그려서 문제가 된 적이 있다. 신앙적 문제 등 문화 가치의 기본적인 문제들이다.
 포르노냐 예술이냐, 영화냐 문학이냐 의 논쟁을 상기한다. 카툰과 사실화를 구별할 필요가 없는가, 있는가. 디폼deformation 예술인 일본의 유키요에 만화 아니메이션 코메디 등은 어찌 되는가. 만화의 대상이 됨으로 일약 유명인이 되는 보도의 효과는 없는가. 여성을 묘사하는 것이 차별이라면 여성 스스로가 짙은 화장을 하는 것은 차별 조장인가. 판단하기 어렵다. 최근에 일고 있는 각종 하라스먼트 문제를 포함해 깊이 생각할 필요가 있다.

 

 

 

コメント

右か左か

2018年09月11日 05時36分43秒 | エッセイ

  最近数回東京からインタービューに来られても下関のメディアからは一度も反応がなかった。昨日最近私の講演を記事にしてくれた、ある新聞の支局長が来られ、始めて挨拶を交わした。彼は私の2冊の最新著『慰安婦の真実』『米軍慰安婦の真実』を手にしておられた。完読し、話題によって彼は予めマークしたページをを開いてフィードバックをされた。彼は慰安婦問題に関して下調べをしておられたようである。私は半分冗談で貴新聞は右か左かと、質問した。彼は言う。それは読者からよく言われるが、どの記者も客観的に書いているつもりであるが、読者は左も右もない、主義主張のない、もの足りないものに感ずるようだという。左翼、右翼は読者によって決まるということになる。彼の記事を読みたくなった。

コメント

ラジオ深夜便では鳥取NHK放送局のインタビュー

2018年09月05日 05時06分39秒 | エッセイ

 今朝のラジオ深夜便では鳥取NHK放送局のインタビュー、戦争を巻き込んだラブストリーであった。その戦争は日露戦争ではない。日ソの関係、悲劇的なストリーである。蜂谷久美子さん(73)は終戦の年、朝鮮平壌で生まれた。の彌三郎さんはソ連兵にスパイ罪とされ連行され強制抑留された。母は娘を連れて日本に戻った。それから51年の歳月が流れ、突然、父の生存情報が飛びこんできた。ハバロフスク経由で父娘が半世紀ぶりに再会した。しかしその横で寄り添っていたのは、ロシア人の妻クラヴィア氏の存在、彼は彼女の了解の上、本妻と再会し、日本の家族とロシアの家族とも仲良く過ごし、世を去った。悲劇の悲惨さと面白さ、戦争と平和の混合に私はその本質を探っている。

コメント

『インパール作戦従軍記』

2018年09月04日 05時30分09秒 | エッセイ

 拙著『慰安婦の真実』が広告の所為か、再びベストセラーマークが付いた。読者カードが届いて中には返事を出したものもある。どう読まれるのか。私自身は本をどう読んでいるのか。楽しく、時間潰し、・・・のために、あるいは情報収集、「物知り博士」になりたく読むのではない。私はそれとは違った読書をする。全589ページの『インパール作戦従軍記』を付箋、赤線、ノートなどをしながら読んでいる。火野葦平氏の人生、日本帝国の軍隊、戦争に向けて、同参して、立ち停まって自分の人生を考える時間である。
 彼は戦争を記録する。それはプロパガンダのためではなかった。敗戦の記録になった。日本が勝利したら栄誉ある記録として称賛されたかもしれない。しかし大きいメッセージとなった。私は読み始める前は戦争中には敵の情報やこちらの失敗は隠して戦争賛美をするのではないかと思った。しかし情報量の多少とは関係なく、客観的に扱っている。貴重なメッセージである。むしろ戦争に直接かかわっていない銃後のメディア、行政、民衆がプロパガンダではなかったかと。263ページを引用する。

 自分はかうして、「陣中日記」「戦ひの記」というものをずっと書いてゐる。これを君にあずけるから、読んでもらってよい。自分は一八年も戦地にゐて、豊橋の教導学校、今の予備士官学校に一年教官をしてゐたほか、家族と一緒に暮らしたことがない。これは戦場の実相をもって、子供を教えたい気持ちもあって書きつけたものだ・・・

 

コメント

国籍

2018年09月02日 07時02分43秒 | エッセイ

 オーストラリア在住バクファソである私の友人奥さんであり、移民研究者である以前シドニー訪問して会い、韓国でも会って、私が売春の状況を説明しながら東豆川案内したことがある。二人は、韓国の延世大、明知大学で移民などを教えて、今再びオーストラリアに住んでいる。フェイスブックでよき交わりをしている。ここに朴氏の一節紹介したい。
 
 
私たち同胞が数十年、海外に住みながらも、当該国の市民権を申請して居住国の国民になると、祖国を裏切ることのように考えたが、韓国政府が居住国内の実質的な影響力を発揮するために市民権を申請するように在外同胞に勧める。最終的には韓国を愛する道だからだ。(要約)

 日本の在日同胞は状況が非常に異なるが、上記の内容非常に衝撃的である国籍とは運命的なものであり、簡単に変えることができるものではないだろう。しかし、海外在住長く、離れた祖国国民であることを固守しようとすることも再考する必要がある。在日3,4世歳月の間、言語風俗などが日本人でありながら韓国籍を持って<韓国人>だと主張しようとしている。日本国籍を取得すると、祖国を裏切ったという観念非常に強い。考えてみる必要がある。

コメント

국적

2018年09月02日 06時27分00秒 | エッセイ
 
 호주 거주 박화서씨의 글이다. 나의 친구의 부인이고 이민연구자이다. 이전 시드니 방문해서 만나고 한국에서도 만나서 내가 동두천 매춘 상황을 설명하면서 안내한 적이 있다. 두 분은 연세대 명지대에서 이민학 등을 강의하고 지금 다시 호주에서 살고 있다. 훼이스북에서 자주 대화를 나누고 있다. 여기 한 대목을 소개하고 싶다.
 
 우리교민들이 수십년 해외에 살면서도 당해국의 시민권을 신청해서 거주국 국민이 되면 조국을 배신하는 것 처럼 생각되었으나 한국 정부가 거주국내의 실질적 영향력을 발휘하기 위하여 시민권을 신청하라고 재외동포에게 권한다. 결국 그것이 한국에 애국하는 길이기 때문이다. 재외동포는 국내의 정치적 압력이나 정치권력으로부터 초연합니다. 
 
일본의 재일교포는 상황이 매우 다르지만 위의 내용은 매우 충격적이다. 국적이란 운명적인 것이고 쉽게 바꿀 수 있는 것이 아니라는 것이다. 그러나 해외 거주가 길고 생활이 멀어진 조국의 국민이라는 것을 고수하려는 것도 재고할 필요가 있다. 재일 교포들은 3,4세의 세월 동안 언어 풍속 사고 등이 일본인이면서도 한국국적을 가지고 <한국인>이라고 주장하려고 한다. 일본국적을 취득하면 조국배신이라는 관념이 아주 강하다. 생각해 볼 필요가 있다.    

 

コメント

野球は紳士的なスポーツ

2018年08月21日 05時27分13秒 | エッセイ

 野球の観戦は楽しい。しかし、教訓も多い。チームワークも重要であるが個人の能力、練習から実力と運、奇跡も起こる面白さがある。ゲーム中でも一部の選手は休憩か観戦もできる。しかし小さい失敗も許されない緊張感がある。審判が複数、公正であり、クレームやスクリーンによる判定などはない。デッドボールなどにはゲーム上損得が計上されるなど、ゲーム上罰則があり、有利や不利とされる。目下、日本では相撲やアメリカンフットボールなどスポーツゲームの中での反則が社会から酷く罰、バッシングを受ける。野球にはそのようなことはない。野球からの教訓は貴重である。紳士的なスポーツの野球、今日は高校野球の最終決勝戦が行われる。

コメント

無味乾燥な日本語

2018年08月18日 05時43分49秒 | エッセイ

 先日、ある人から「韓国人が書いた日本文で分かりにくい」といわれ、私は「日本語で出版もしているのに」と答えた。彼は言葉とは文法を含め細かい表現、修飾語を含め、言葉のこなし方、隠喩などの表現力を指していることは理解する。外国出身の人が言葉のハードルがあるのは当然である。しかしそれを超えるのが国際化である。英語はイギリス人やアメリカ人などに限るものであろうか。日本人が英語で本を出そうとする人は多いのに無理であろうか。国粋主義者や自国語主義者は外国語の知識、広い思考力が欠けているのではないかと反問したい。言葉の原点に戻って考えてみたい。文体だけが言葉ではない。文法をはじめ思考力の表現が重要である。私は無味乾燥的には校正されたくない。

コメント

「無知」の力

2018年08月15日 05時29分58秒 | エッセイ

 今日は1945年8月15日の記念日である。韓国では国家指定の「国慶日」であるが、日本では祝日ではない。ただ終戦や敗戦の記念日といわれる。国家とは別に私にとってこの日はどんな意味だったのだろうか、考えてみる。7歳ころの私のその日の記憶としては、嬉しいこともなかったと覚えている。日本人の敗走、敗戦の意味が多かったように感じた。当時我が村では国家の勝利も失敗も無感覚であった。それは客観、中立的であったからとはとても思えない。ただ「無知」であったからだと思う。それは侮辱的な言葉かもしれないが、ある意味では正しい。最新著で私は戦争中に農民が共産主義にも民主主義にもどちらにも味方をせず比較的に無事だったと書いた。「無知」の力だという趣旨である。それを張竜傑教授が正しく評価してくれた。幼児の平安な顔から平和を感ずる。悪がしこい人が多すぎる世間が問題である。 

コメント

報道攻勢

2018年08月13日 05時34分20秒 | エッセイ

 メディアで山根明氏殺し(?)埃叩き・袋叩き式報道攻勢に彼は「男らしい決断」という言葉で応じた。会長を辞任しながら涙汲んだ。信念と友情の強い人という自覚があるからであろうか。ある週刊誌には母が韓国人、「在日」、密航した人などと興味を引くように紹介している。年齢も「定かではない」とも書かれている。私と同年代、辛い人生経験の持ち主であると同情する。
 「民衆の杖」「民主主義の堡壘」と言われて羨望の職であった記者職は今では必ずしもそうではない。私はメディアとは記者を指す。記事の書き方などはもちろん、教育者として良い人間、よい記者を培養しなければならないと常に思う。

コメント