崔吉城との対話

日々考えていること、感じていることを書きます。

위험한 한일 관계

2020年08月04日 05時38分53秒 | エッセイ

 8월이 되면서 일본의 히로시마 나가사키의 원자탄 피폭의 회상, 한국의 광복절 기념의 나들이 이어진다. 한국의 반일이 범람할까 걱정이다. 한국의 여러 대통령 들을 보아 왔으나 김대중씨가 가장 두드러진 인물로 남아있다. 그가 일본문화 개방 등 미래를 보면서 한일관계의 좋은 틀을 놓았다. 케이 포프 등 건전한 한국문화의 성장의 틀을 만들었다. <겨울 연가>가 NHK에 방영되면서 한국을 좋아하는 사람이 폭발되어 일본에 사는 나로서도 각광을 받는 것 같은 즐거웠다. 그런데 문재인씨의 출현으로 어려운 한일관계는 급강, 위기에 직면하였다. 거기에 코로나 위기가 더해 있다. 그런 가운데 나는 친일과 반일의 역학이라 할까, 위험한 한일 관계를 논하는 글 어제 서울에서 온 원고 잘 다듬어져 있다. 성의를 다해 다듬어진 나의 글이 곧 출판하게 된다. 감사할 뿐이다. 많은 독자들과 빨리 만나고 싶다. 

8月、日本では被爆の話、韓国では解放記念と反日の話が氾濫するのではないか心配だ。金大中大統領を思い出す。日本文化の開放、韓日関係の改善、K-POPなど健全な韓国文化の成長の枠組みを作った。『冬のソナタ』がNHKで放映され、韓国好きな日本人が爆増し、日本に住む私も脚光を浴びるような気持だった。ところが文氏の出現で日韓関係は難局、危機に直面している。今日は徴用工裁判最後日、コロナ危機も加わっている。その中、私の親日と反日の力学を論じた本、危険な韓日関係を語った原稿が昨日よく整えられて届いた。誠意を尽くして整えられた拙著が間もなく出版される予定。多くの読者たちに早く会いたい。 

コメント

민족주의

2020年08月02日 06時41分22秒 | エッセイ

私はどんな非難を受けてもナショナリズムに賛成できない. サハリンで見た日本人の朝鮮人虐殺事件を思い起こす。 平和に暮らしていた日本帝国の国民が混乱期に朝鮮人を虐殺した恐ろしい事件を知ったからである。今、韓国は暇さえあれば日本を敵視する。本欄でも数回指摘したが、三国時代、江戸時代、そして現在に至るまで、ずっと韓国は日本には敵として接している。韓民族の対抗意識が強いからである。政策によるものではないとは言え,ナショナリズムが最も根本的な問題だろう。
ウィルソンの「民族自決主義」の影響を受けて3·1運動が起こったことを考える。民族主義が強化され、各民族に独裁政権政府ができ、自国民を奴隷にしてしまった国々が、隣国の北朝鮮、中国をはじめ、世界に広く存在している状況である。 「わが民族を復興させなければならない」という思想は部分的には正しいかもしれないが、人類全体としては正しいとは言えない。日本を敵視する民族主義を反省する必要があり、ウィルソンの民族主義を反省検討する運動は、少数ではあるが起こっている。望ましいことである。
나는 어떤 비난을 받아도 민족주의를 찬성할 수 없다. 사할린에서 본 일본인의 조선인 학살을 상기한다. 그런대로 평화스럽게 살았던 일본제국의 국민들이 혼란기에 일본인이 조선인을 학살하는 무서운 사건을 저지른 것을 알았기 때문이다. 지금 한국은 틈만 있으면 일본을 적대시한다. 본란에서 수차 지적했지만 삼국시대 에도시대 현재에 이르기까지 줄곧 한국은 일본을 원수로 대하고 있다. 한민족의 대항 차별 의식이 강하기 때문이다. 정책 전술에 의한 것이 전혀 아니라고는 할 수 없어도 민족주의가 가장 근본적인 문제이다.
윌슨의 '민족자결주의'의 영향을 받아 3 .1 운동이 일어났던 것을 생각한다. 민족주의가 강화되었고 민족마다 독재정부가 생기면서 자국민을 노예로 만들어 버린 나라들이 이웃 북한 중국을 비롯해 세계에 널리 존재하는 상황이다. '우리 민족을 부흥시켜야 한다'는 사상은 부분적으로는 옳을지 모르지만 인류 전체로서는 옳다고 할 수 없다. 일본을 적대시하는 민족주의를 반성할 필요가 있다. 윌슨의 민족주의를 반성 검토하는 운동이 소수이기는 하지만 일고 있다. 바람직하다.

コメント

プライバシー

2020年08月01日 06時26分23秒 | エッセイ

コロナ対策に困っている。緊急に対策を主張する人がいる。プライバシーや人権云々という人が多いので難しい。ここでプライバシーが何か考えてみたい。日本はプライバシーを強調し過ぎる傾向がある。大金持ちだからではない。多くは恥ずかしいからである。恥はそれほど大変な秘密ではない。
 プライバシーを強調しすぎる人を見ると、出生届もせずに生きることを願うのかと思われるほどである。個人のプライバシーをある程度尊重すべきであるが緊急とか危機の時は、それより人間社会の尊重が優先しなければならない。私の専門の文化人類学ではインタビューも録音も難しい。プライバシーを強調する学者の研究業績は信頼性が薄く感ずる。

コメント

李登輝

2020年07月30日 21時41分41秒 | エッセイ

 台湾の元総統李登輝氏が死去した。蒋介石政権の時から台湾のことを思い出す。当時韓国の独裁よりも酷いとも思ったが李氏に依る民主化、血の運動なしに今のような台湾の民主化への功労は世界的に模範的であろう。アジアにまだ独裁主義が多く広がっているが、彼のような指導者が出て欲しいと思う。
しかし中国では彼を国家分裂の台湾独立の「台独分子」という悪名で敵対している。心からご冥福を祈る。

コメント

2020年07月30日 06時16分16秒 | エッセイ

어제는 막바지 일본문화특론의 원격수업, 그 하나가 <외국인이 본 일본>이었다. 에도시대의 통신사 신유한이 본 일본에 대해 언급했다. 아메노모리 호슈우와의 신씨와의 대화를 다루었다. 아메씨가 왜 조선인은 일본을 야만인 왜라고 하는가에 대한 질문에 신씨는 임진왜란을 생각하면 일본인을 갈기갈기 찢어서 씹어먹어도 한이 풀리지 않는다고 대답하였다. 지금의 한일관계의 모습 그대로이다. 한국의 어는 사립자연관에 위안부에 사죄하는 동상을 세운 것이 화제가 되고 있다. 한이 많은 얘기는 그냥 내버려지는 것이 아니다. 나의 고향의 무속 굿에는 떡을 나누어 먹는 장면이 있다. 성계육이라 한다. 이성계에 패한 최영장군의 한을 풀기 위해 성계육을 씹는 것이라 한다. 800여년전 성계, 300여년전 일본을 씹어 먹고 싶다는 한, 이제도 존재하는 현실의 한일관계 너무나 무섭다. 

昨日は最後に近い日本文化特論の遠隔授業。「外国人が見た日本」がテーマだった。 江戸時代の通信使、申維翰が見た日本について触れた。雨森芳洲と申氏との対話を取り上げた。雨森氏が、「なぜ朝鮮人は日本人を野蛮な倭人というのか」と質問、申氏は、「壬辰倭乱を思うと、日本人を切り刻んで食べても恨みが晴れない」と答えた。 今の日韓関係の姿そのままである。韓国のある私立自然植物園に慰安婦と謝罪する男性像(安倍総理がモデル)を設置したことが話題になっている。私の故郷の巫女の儀式には餅を分けて食べる儀礼がある。肉(餅)を食べる。 李成桂に敗れた崔瑩将軍の「恨」を晴らすために「成桂肉」を噛み、食べるのだという。800年前の成桂肉、300年前の日本を噛み、喰ってしまいたいほどの恨み、それが今も存在する現実の日韓関係はあまりにも恐ろしい。拙著『恨の人類学』で詳論した。

コメント

망고

2020年07月29日 06時15分15秒 | エッセイ

長い梅雨やコロナなどで萎縮し、退屈な時間が流れていく。ネットを通じた会話、遠隔授業など生活パターンが一変した。昨日はねぎらってくれる二人の贈り物をもらった。一つは沖縄からマンゴー、もう一つは広島から読書カードなどだ。「なぜマンゴーはおいしい果物を作るのか」。その味は口の中から頭を刺激させる。実を結ぶ. 美しい心が込められている。
 ソウルから原稿の初稿が始まったというニュースも入ってきた。中東テロの中で軍務を遂行している女性兵士から惨憺たる現地ニュース、そしていつも人の悪口を言っては貶める隣国からのニュースなど、良し悪し場面が相次いで起こる。どのように総合して判断するか。 思考の朝である。

 긴 장마와 코로나 등으로 위축되고 따분한 시간이 흘러간다. 넷트를 통한 대화, 원격수업 등 생활 패턴이 아주 달라졌다. 어제는 위로하여 주는 두 분의 선물을 받았다. 하나는 오끼나와로부터 망고, 다른 하나는 히로시마로부터 독서카드 등이다. 왜 망고는 맛있는 과일을 맺는다. 그 맛은 입안에서 머리로 가 사고하게 한다. 우리는 어떤 열매를 맺는다. 아름다운 마음들이 담겨 있다. 서울에서 원고 초고가 시작되었다는 소식도 들어 왔다. 중동 테러 가운데 군무를 수행하고 있는 여군의 참담한 현지 소식, 그리고 늘 남을 욕하고 헐뜻는 인국으로부터의 뉴스 등 좋고 나쁜 장면들이 드리닥친다. 어떻게 종합하고 판단할까.  사고하는 아침이다. 

コメント

「脱北」

2020年07月28日 06時53分24秒 | エッセイ

金正恩氏が「越南」と言った。久しぶりに聞く言葉である。類似語では「脱北」という言葉がある。辞書を見ると北朝鮮の「北」韓から脱する、北朝鮮から脱出する意味である。学術用語が一般化するのではなく、最近はメディアが使う言葉がそのまま通用している。北朝鮮からの脱出、韓国や中国などからの移民もほとんど同意味である。彼らが海外で活躍し、韓国の国際化に大きく貢献するのは事実である。韓国国内では親日・反日という国境より危険な線がある。 

コメント

월남

2020年07月28日 06時33分25秒 | エッセイ

 <월남>이라는 말, 오래간만에 듣는 말이다. 이전에는 거의 월남이라는 말을 썼는데 최근에는 <탈북>이라는 말이 있다. 북한에서 남으로 내려 오는 것은 월남이고 북한을 탈출해서 나가는 것은 탈북이라 한다. 학술 용어가 일반화 되는 것이 아니라 요즘에는 미디어가 쓰면 그냥 통한다. 북한 북조선이 싫어서 나라를 떠나는 것이다. 한국이나 중국 등에서 이민하려는 사람이 많은 것도 거의 마찬가지의 의미이다. 그들이 해외에서 활약하여 한국의 국제화에 크게 공헌하는 것도 사실이다. 일본에 대해서는 친일 반일이라는 국경보다 강한 선이 있다. 한 치 앞을 보지 못하면서 살아온 세월과 세상은 믿을 것이 아니다. 

コメント

犬肉スープ

2020年07月27日 06時37分13秒 | エッセイ

日本ではウナギの日、韓国では今、三伏の暑さ、犬肉スープの季節である。ペット愛犬家たちが犬の保護を求めるデモが起きている。私の文化人類学の講義中に、ベトナムなど東南アジアからの留学生たちは韓国と似た犬食文化で悩むことがあると聞く。韓国では食文化としてどんな動物を食べても良いと言う人が多い。人間が何を食用とするかは文化であるという。有名なハリスHarrisの理論としては経済性で食文化が定着するという。食文化論だけで論じれば、人肉を食べる<食人>文化を排除できない。人肉を食べない食文化論は存在しない。そこには人類愛や人権が前提である。愛犬問題は人間の愛の問題、犬を愛する人々の人権問題であることを理解して欲しい。

コメント

보신탕

2020年07月27日 05時56分09秒 | エッセイ
 한국에서는 지금 삼복 더위 개잡아 먹는 보신탕 계절이다. 애완동물인들이 개를 보호하라는 데모가 일고 있다. 나의 문화인류학 강의에서는 베트남 등 동남아 유학생들은 한국과 비슷한 개고기를 먹는 문화로서 고민하는 말과 글이 올라 온다.  원초적으로 인간이 동물을 식용할 수 있다. 유명한 하리스의 이론으로서는 원시적 경제 행위에서 식문화가 정착한다고 한다. 
 식문화만로서만 논한다면 사람을 잡아먹는 <식인>을 배제해서는 안 된다. 인간이 인간을 먹지 않는 것은 식문화론으로 논하지 않는다. 거기에는 인류애나 인권이라는 것이 전제한다. 애견 문제는 바로 사랑의 문제, 개를 사랑하는 사람들의 인권문제이다.    
コメント

「在日義勇軍」

2020年07月26日 06時24分33秒 | エッセイ

園芸センターへ向かっている道中、ゲリラ爆雨、雨後の散歩であった。言語的に正しくない造語が多発中、昨日のゲリラとは戦争用語、直感があった。朝鮮戦争に関する私へのインタービューは終ってもその取材は続くようである。私とコラムを書く朴仙容氏が朝鮮戦争の「在日義勇軍」について書いた寄稿紙が届いた。在日であっても祖国を守るために朝鮮戦争に参戦した話である。例外的な例とはいえ、大きい問題点を含んでいる。仮に日本と韓国の戦争となれば在日韓国人は韓国のために日本に向けて銃を打つだろうか。戦争中サハリンの平和な農村で日本人が朝鮮人を虐殺した事件、拙著『樺太朝鮮人の悲劇』で扱ったメッセージが今、問われる。アメリカなどで中国の外交官、留学生がスパイとされているというニュースがある。数々の戦争を経て、やっと平和を求める今のこの時に、中国による国土拡張主義政策などで不幸な歴史は何時まで続くのだろうか。

コメント

オンライン同窓会

2020年07月25日 05時59分17秒 | エッセイ

 昨日は未明から準備して待っていたオンライン同窓会は難しかった。今はアメリカ人になった数人の誘いでアメリカ、韓国、日本の私を繋げて対話を企画したものだった。この番組はこれまでほとんど挨拶が中心だったが、私には日本での生活を語るように企画された。50分間の生放送だった。長いリハーサルから本番になり、パソコンとスマートフォンを利用するなどして10人余りが同時に入り、60年前、1950年代の同窓生の顔の映像が流れ、ただ嬉しい顔を確認するだけにとどまった。話が絡み混乱の時間だった。趣旨は達成されなかった。混乱した映像の中、高校時代の回想、多くのクラスメートがアメリカ人になった時代,私はそこではアメリカ行きが実現できなかった落伍者のような人間だった。FB友たちもこの映像を見ようと希望したが難しかった。 申し訳ない。 

コメント

兪明希

2020年07月22日 05時38分03秒 | エッセイ

 講義支援5年目のワンアジア財団名を「ワンアジア財団」から「ユーラシア財団」に変更したというメールが届いている。地域の広さだけではなく価値観の変革を狙っているその趣旨は価値観、客観性。私は子供の時から中立・客観を信条として生きてきた。日韓においてもそうであり、両方から不信と非難されることが多いが、時には必ずしもそうではない。
 WTO事務局長選は誰が適任者なのか、それは客観的な人であろうか。韓国政府は全面的に韓国の見方を希望し、兪明希氏を支持している。その資質を判断すべきであるが、どんな人が適任者であろうか。

コメント

「老いを生きる」

2020年07月21日 05時10分08秒 | エッセイ

「老いを生きる」こと、そして今母語を考える。日本語で文を書いているがどうしても語彙が制限されている。自分のことばの色が十分出ない。田舎生まれの私の母語はシンプルである。文学少年時代、作家になろうとしたが先生から文章が単純だといわれ痛感し、評論家へと方向を転換した。今母語へ戻ってみたいと思うようになった。その母語のハングルで書いてグーグル翻訳によって日本語文にしてみる。自分が知らない語彙も出て表現に別味がでる。文は家内が日本語のチェックをする。母語を生かしていきたい。

 *写真は数日前我が鉢物の絵で名前を公開質問したところ田辺正樹氏から「園芸センターの吉田玲子様より連絡があり、クレロデンドラム・クラリンドウではないか?とのことです」と。早速検索した。

コメント

日朝関係

2020年07月20日 06時14分32秒 | エッセイ

 日本人は韓国人に敬意をもって公私ともに必ず礼儀を尽くしているが韓国人は日本については必ず「倭賊、蛮酋」と言い、差別的に言うので嫌な感がある。それについて彼は「とても遺憾である」と、しだいに怒気さえ露わし、言っている。私は「日本は理解していないか、すべて壬辰倭乱が痛感の讐であり、国家の恥辱である。韓国人は誰でも日本人を切り刻みて食わんと思わぬ者がいるか。韓国は日本と友好、親睦を図っている。」

 読者はこの文を読んだことがあるだろうか。実は1719年雨森芳洲氏と朝鮮通信使の申雄翰氏の筆談である。今から301年前の日朝関係、今の日韓関係と一寸も変わっていない。心痛い。

 

 

コメント