崔吉城との対話

日々考えていること、感じていることを書きます。

『Homo Deus』

2019年03月18日 06時22分22秒 | 旅行

 京都の国際日本文化研究センターでの研究会から昨夜無事に帰宅した。無事とは前回に比べて健康状態も良く、指定席であって、予定通りに帰り、韓ドラの連続テレビに間に合ったことである。研究会でも日韓、日中の関係が悪いと言われても民間レベルでは関係が悪くないと発言した人もいた。
 帰りの電車の中で『Homo Deus』を読んだ。これからは戦争は起こらない。経済が重要な抑止力になると述べている。文大統領は南北統一という反日平和商品で人気を図ったが経済的に困るだろうというメッセージが読み取れる。
前回の京都での講演について書いた新聞コラム「日本人は勤勉と正直」の掲載紙が届いている。

 

 
「日本人は勤勉と正直」
崔吉城

 京都とは縁が古い。国際日本文化研究センター、大学などで研究会や講演に往来している。現在も井上章一教授のプロジェックトの「近代東アジア風俗史」研究会に定期的に参加している。先日、京都でタクシーは古い道、一方通行のような街をジグザグ走った。私にとっては見物するのに都合が良い。今度初めて京都の古い道を楽しんだ。奥様が在日、自称「親韓派」という京都大学の小倉紀蔵教授の配慮により32日と3日の両日、京都市国際交流会館と京都大学で講演があり、京都に一泊した。
32日の演題は「小倉紀蔵教授と対談:中立派文化人類学者、日本と朝鮮半島を語る」であり、最悪といわれる日韓関係を言わざるを得なかった。私はつい最近韓国側から3回も講演依頼がキャンセルになったバッシングを受けた話から始めた。その一つで、ある釜山のある私立大学校から「海外名士招請講演」が前日にキャンセルになったが京都市と大学では無事に行われること。小倉教授のリードによってスムーズに進行された。
京都市国際交流会館に着き、早速打ち合わせになった。満室、補助椅子が出された。民団の元団長や大阪の「コリアンワールド」同胞新聞の李相善社長をはじめ関係者も参加した。私の古い知人の朴潤氏らも参席した。嬉しかった。休憩をはさんで10数人の質問に答える形式で終わった。「親日」ということばは親米、親中とは異なって韓国では売国奴ほどの悪口であることを初めて知ったという人もおられた。韓国の反日、親日には市民の異様な表情が印象に残っている。
 私は風邪で辛さが残っていた。古い飲み屋通りの中にある伝統的な旅館で一休み、夕食会に行った。提灯が多い四条の川辺通りの居酒屋で酒席に招かれた。同志社大学元教授の林廣茂氏、1940年朝鮮扶余生まれアメリカで商売、経験豊かな方。サハリンからの留学生チョン君、そして主催の小倉先生の4人の集いだった。
私は商学専門の林氏に、「勤勉であれば金持ちになれるか」と質問した。植民地と戦争で悪名高い日本人がその地に残したのは「日本人は勤勉と正直」ということだったと言ったところ小倉先生から大反論された。「勤勉と正直」だけでは金持ちなれない。私は言う。日本人がアジアに残している貴重な遺産、それが今の日本人は勤勉も正直も薄れていく。特に政治家の不正、森友、加計学園の嘘などは残念なことである。
風邪薬でふらふらしていながらも楽しい時間が続き、提灯町の真ん中の伝統的な旅館に泊まった。京都大学では、「日韓関係の過去と現在から『尊厳』を考える」であった。教授、大学院生、一般人が参加して、長時間、楽しい時間だった。連続的に日本京都で予定通り講演が無事に終わった。韓国のバッシングで大変屈辱的な敗北感の連続だったが、恨みを返した気分だった。やっと平均感覚を取り戻した気分である。京都駅まで小倉教授らが見送りしてくださった。感謝である。
コメント

温厚な心

2019年03月17日 06時12分53秒 | 旅行

 

新幹線は超満席、やっと座れた。左右の席は居眠り、羨ましい。私にはできない。研究会の発表をキチンと聞くためには疲れてはならないと眠ろうとしてもできない。京都のはじっこ、山の麓まで順調に到着した。井上チーム長と雑談、日韓関係の悪さ。
 研究論文式の発表ではなく、関心あるところの紹介であり、議論すべきではない。中には京都の阪東妻三郎映画撮影所の話が面白かった。撮影所の火事とフィルムの引火性と、弁士は映画館との関係であることなどが確認できた。私は満洲映画協会の撮影所を2回訪ね観察したことと合わせて理解し、質疑できて良かった。
 構内の宿所は飲食などが一切ない。しかし管理人がカバンを3回まで運んでくれて、感謝なのに間食までサービスしてくたさり恐縮であった。粗末な施設より温厚な心に感動した。
コメント

年末回顧

2018年12月28日 06時12分54秒 | 旅行

 年末回顧のプログラムが多い。私が何より気になるのは日韓関係の悪化である。私も一助加えたように反省する。国基研の「日本研究特別賞」を受賞し、韓国東亜大学校からは「名士」から落下させられたこともある。反日者たちの談笑の話題にもなっているようである。嬉悲・善悪に挟まれているような感もする。拙著『慰安婦の真実』を出版して下さったハート出版の社長からコミックな回顧絵が届いた。屋代に座っている三人が昭和のHeart、ハツ、こころ、しんぞうが溢れる酒を飲みながら創業時代からの回想を語るようである。顔がアップされる。そこには犬猫がいる。「平静が終わったら昭和が遠くなって昔になりました」大正、明治が、そして昭和が遠く感ずる。美空ひばりの歌の「過去たち」が悲しくも感じるのはなぜだろう。(ハート出版から届いた絵は私と家内の二人だけで見るのは勿体ないのでここに公開します。承諾を願う。)

コメント

わが人生を語る

2018年12月09日 06時35分38秒 | 旅行

 朝早く新幹線で出発、10時頃大阪淀川区にある第七芸術劇場に入った時は真っ暗でただ立っていた。手を取って席に案内してくれ、後に壇上で対談した人は50年ほど前からの友人の北村皆雄氏。壇上から見ると、多比良建夫、堀まどか、映画人の康の諸氏の顔がクローズアップされる。嬉しい再会であった。ムーダンたちによるクッの映画を再度視ながら20代に調査した時を回想し、考えさせられた。私はムーダンの内部生活から村との関係に密着していた。ムーダン社会には男女平等、恋愛自由、能力主義などがあり、先進的であると思い、調査を続けた。当時被差別集団へ接近し過ぎ、堕落していくと非難されたにこともあったが、私は調査に専念した。半世紀以上の社会変化とともに巫俗も大きく変わった。特に韓国のナショナリズムにのって差別芸能集団だった彼らは無形人間文化財へと、大きく変わった。終わってフェイスブック友の村田憲司氏ご夫婦が持ってこられた拙著にサイン、お会いできて嬉しかった。昼食後帰宅した。疲れた。
 

コメント

お知らせ「忙しく、楽しい」

2018年10月24日 05時35分55秒 | 旅行

 下関の文化人総動員のような行事に今週日曜日、私が2年目に登壇する。昨年末出した『朝鮮出身の帳場人が見た慰安婦」について語る。市民と語り合いサインもしたい。まだベストセラーマークが付いたりする。下関では既に出版記念会、日本研究特別賞受賞記念などで挨拶のように語ったことはあってもこのように直接市民と向き合って話すのは初めて。楽しみにしている。昨朝の毎日新聞下関版では主催の実行委員会は「地元にこれだけの文化人、研究者がいることを知ってもらいたい」と参加を呼び掛けている。すでに沖縄、台湾、京都などで行っていて、これからも下関12月12日、釜山11月20日、広島11月24日、大阪などでの講演会の日程が詰まっている。忙しく、楽しい。

コメント

東洋経済日報に寄稿文

2018年10月16日 05時50分23秒 | 旅行

 東洋経済日報 固定コラム 連載 2018.10.12 「私の戸籍について」

崔吉城
 留学時代に民団で事務をした時の思い出がある。在日の戸籍を多く見たが明確ではないことを知った。私は巫人たちの婚姻関係などを調査した時も多くの誤記を見つけたことがあり、在日の戸籍に別に異様な感じはなかった。ただ朝鮮戦争の記憶で自分の記憶と関連して私自身の正確な年を知るために戸籍を探してみて、新しく考え直した。それに関しては新著『米軍慰安婦の真実』(ハート出版、二〇一八)に詳しく書いた。
私は戦前に生まれた。生年月日は確かではない。私は何歳か、自問してみる。私の名前と誕生日が正確ではない。旧戸籍には名前が「乙成」、五男となって国民学校では乙成で呼ばれた覚えがある。学校では戸籍によって登録されたので乙成で四年生まで通用した。名前や誕生日は誤記されたまま通用したのである。
その戸籍は戦災で焼失した。戸籍に私の父は一八九九年、母は檀紀四弐九(一八九八年)生まれ、父は母より一歳下、一〇歳で結婚した。父は三人兄弟の次男で兄弟が子供たちを残して死亡したので父は兄の三人の男の子と弟の子供男女二人を養育し、戸籍上、従兄養子となっていて、その理由は記されず実子になっている。生存者の姉は死亡届け、他の亡くなった姉の婚姻届けが記され、母の死亡届は届いていない。
私の母は名前がない。名前を呼ばれることはなかった。その世代では珍しくはない。日常生活では名前がなくても不便ではなかった。死後に位牌を書く時に初めて死亡届けを出すために戸籍謄本を見た。「黄氏」とだけ書いてあった。普通は本貫というものがあるはずなのにそれもない。母親は四〇才を越え、私を生んだ。一一人の末息子として生まれたのに戸籍上では五男になっていた。檀紀四二七一年(一九三八年)八月一〇日(旧暦)に生まれたと記されている。
 戦争中ソウルに転学する時、家で呼ばれた自己申告で「吉成」として届けた。中学校へ進学も出来た。中学校二、三年の時だと思うが、面事務所から本籍の戸籍が戦争で焼けてしまったので新しく作るので申告せよという公文が来た。私は良い機会だと思って一新して名前を作ることを決心した。乙成は実名ではなかったし、吉成を生かして「成」を「城」の字にした。なかなかしゃれた名前だと思って、一人で決めて届けた。しかしその後、門中と親族から「成」の字は親族の「行列」であり、「城」は親族関係世代を表すものではないと言われた。さらに母親が占い師に名前を占って見てもらったら死ぬ悪運だと言い、変えるように強く言われた。しかし私は固守した。母には人は皆死ぬ運であるか ら大丈夫であると説得した。
 戸籍上からみて私は名前と生年月日が不正確である。私の時代ではそれほど異様なことではない。私が調査した村では高齢者の女性が大統領から記念品を貰っていた。私がインタビューして彼女はある人の後妻であるが、戸籍上本妻の名前で生きていることを知った。世界的に見ると驚くことでもない。
コメント (2)

火野葦平資料館

2018年09月18日 05時40分00秒 | 旅行

 数日前読書法について触れたところ台湾の頼氏からその方法を教えてほしいという投稿があった。その模範的な答えのような話になるかも知れない。すでに数回読書感想を書いた火野葦平の『インパール作戦従軍記』を読んで、昨日家内の運転で福岡県北九州市若松の火野葦平資料館「河伯洞」を訪ねた。地方作家ながら芥川賞を受賞し、戦中ベストセラー、戦後に戦犯作家と言われ、今は戦争文学者として注目されている。戦前300万部ベストセラー、印税で85余坪の自宅を建てたその家で多くの作品を書き、1960年自殺した。その時だ、息子は22才だったという。無料で観覧できるのに、彼の息子玉井氏夫妻が説明してくれる贅沢な観覧であった。作家の書斎をそのまま再現している。映画、映像の鑑賞会、読書会が行われているという。これから参加してみたい。日記から文学作品への昇華の過程を考察してみたい。
  

コメント

ベトナムでは反日はない

2018年08月06日 09時44分12秒 | 旅行

 昨日午前中はハノイ市内観光をした。わが夫婦と韓氏夫婦とホテル推薦観光会社によるもの、貸切りの車だった。日本語ガイドはおらず、英語でのガイドのシンさんに案内された。まだ観光システムがきちんとなっていない。雨の中、ホ―チミン博物館、孔子廟、道教寺院などを見て回った。重労働のような観光であった。80年間のフランス植民地、日本の占領についてガイドさんに国民に反日や反仏の感情はないのかと質問した。彼は強く、否定NOと強調した。韓国の反日とはとても対照的に感じた。ガイドと別れて食堂に入った時、韓氏の携帯電話などを車においてあることに気づき、ガイドの連絡先も知らず一時パニクになった。ホテルに電話して解決できたハプニングであった。帰国の飛行機は翌日早朝であり、時間待ちの中でロビーで顔見知りの方々にあった。彼は慶熙大学の教授、京都大学留学の学歴者、楽しい長いストリーが深夜まで続いた。疲れて福岡駅に着き、桃太郎にになった感じがした。

コメント

フィナーレ

2018年08月05日 06時16分04秒 | 旅行

  朝食から夜の飲み会まで人との出会いであった。古い弟子や新しい人との立ち話、飲食の嬉しい時間であった。ワンアジア財団(佐藤洋治)に感謝したい。アジア共同体へを目指して世界から人が集まった。参加者は国別では中国が多かったが朝鮮族か、韓国人であり、圧倒的多数は海外朝鮮人であった。日本人は少ない。日本発祥の動きからで出来上がったことを知らなければならない。韓国のロッテのベトナムへの進出により良い会場であった。このような多人種、多言語の集まりでは発表の内容も内容であるが、英語、スピーチなどのプレゼンテーションが重要である。英語で画像と動画などを利用しながら建築を通してのワンアジア(国士舘大学の国広ジョージ氏)は面白かった。後に国広氏と長く立ち話をした。彼はアメリカ生まれの米国籍、ネーティブの英語であった。

 昨日の晩餐会では国ごとに唄って良いフィナーレであった。また二次会に誘われた。ホテルの外の町の中のキンバブというバーで本当に最終の集まりであった。そこはフィナーレではなかった。オランケイ(野蛮)という5-60代の若手の集まりの準備会であった。そこには早稲田大学の李成市教授がいて、36年前韓国の我が家を訪ねてきた話、彼のゼミ学生の弟子である毎日新聞の西嶋正法氏の話をした。日本時間では深夜、大連大学の呂秀一教授がホテルまでのタクシーで送ってくれた。

コメント

20数年ぶりのハノイ

2018年08月04日 05時02分14秒 | 旅行

 福岡からベトナムのハノイへ一気に飛んだ。空港では財団案内の学生たちに迎えられ大型シャトルバスでコンベンション会場のロッテホテルに向かった。20数年ぶりの訪問である。会場へには少し遅れたが歓迎の民俗舞踊の観覧、そしてサプライズ、元アメリカ副大統領のアル・ゴア氏の講演を聞いた。地球温暖化について悲観的と楽観的な二つの見方があると言う話、分かりやすい英語、説得力あるパーワーポイントに感動した。地球全体が暑くなり、洪水、旱魃などで多くの人が死んでいく。楽観的な見方とは前者の意見へ反対するとか逆論ではなく、対策の在り方を提示した。私は両面の見解を提示し、どちらを選ぶかというレトリックと思ったが否定的な現象から対策への政策論であり、やはりアメリカの大統領のにふさわしい発想であると思った。政治家のスピーチの上手さに感動した。続いて「未来への希望」というセッションが行われた。東大の田中節三教授の話には鱗が落ちる。寒帯地域でもバナナが栽培できるという研究発表であった。早速挨拶を交わして著書をいただいた。世界から集まった650余名の学者に旅費、滞在などを提供し、研究発表、文化交流、ネットワーク構築へ寄与するワンアジア財団の佐藤洋治理事長に感謝である。私は韓国や日本などで活躍する弟子、後輩に会った。ベトナムの伝統音楽の中で豪華な食事、わが夫婦は日本での受賞の時の、豪華な帝国ホテルに続き幸せな時である。今日は学術発表会などに参席、明日の深夜便で帰国する。

コメント

「宮里キリストの教会」

2018年07月24日 05時42分01秒 | 旅行

 沖縄名護の「宮里キリストの教会」には二度目の訪問、前回は観光のようであったが、今度は礼拝時間の前について礼拝、聖餐式にも参加した。牧師翁長良明先生は入院中、メッセージは「十戒」の上映になった。敬虔な礼拝、式順から聖公会のようである。許氏はその教会の信者、その私の指摘には否定的であった。全ての信者、牧会者が平等であるという。私が紹介された。私は信者の許点淑氏の恩師であり、私の恩師もクリスチャン、許氏は三代目のクリスチャン先生、その教会で皆様と聖餐を共に受けたことに感謝の言葉を述べた。許氏のインタビュー調査記録の「恨をかかえて:ハラボジの遺言」(2016)を読んだ。戦中「軍夫」として沖縄に労働動員された姜仁昌氏の証言録である。慰安所の経験も書かれている。巻頭に許氏は「実は、私の軍夫問題への関心の傾斜には恩師である崔吉城先生(東亜大学教授・広島大学名誉教授)の存在が大きい。先生の足元にも及ばない小さき者ではあるが、先生の急所を得るアドバイスと、送ってくださった書物の『恨ハン 朝鮮人軍夫の沖縄戦』(海野福寿・権丙卓著、河出書房社、1987)に奮いたたされたのである。ここに記して感謝とお礼を申し上げる」。学問が継承されていると嬉しく、イヌ好きも継承されていると知りビックリ。李鎮栄教授の学生たちの扱いや、犬や猫を愛する行動を彼らの家庭で実感し、自分の日常生活を見るような気持だった。生活面まで本当に「先生」(?)になったのかな。

コメント

福岡空港に落雷

2018年07月23日 06時14分33秒 | 旅行

 午前中教会、聖餐式に賜わる。名護のJA農協でマンゴ、ゴーヤ、まくわうり、角煮など買って急にカバンが膨らんだ。乗車のまま注文式のアメリカンフード食のA&Wでハンバーグとコーラを口にしながら空港へ、許点淑准教授にさよならをして、飛行機内へ。降りる態勢に入る時、機長から福岡空港に落雷。福岡空港閉鎖のため、佐賀空港へ行くと短いアナウンスがあった。乗客の反響は全くない。そのまま降りてANAのバスで博多駅へ向かった。私は以前もこのようなことがあったがその体制、対備の航空会社、日本人の教養に驚く。これが先進国であろう、嬉しい。
 沖縄で雨、風、晴れと変化する気候とは違った田園風景の中、旅行は続いた。ただ沖縄の雑草、ジャングルから整頓された風景に変わった。下関に着いた時駅の構内が停電してエレベーターも使えず駅員が照らす電灯をたよりに歩き帰宅したのは夜の9時であった。ミミちゃんも花たちも元気であった。留守番をしてくれたまどかさんに感謝、長い旅であった。

コメント

パラダイス

2018年07月22日 05時57分59秒 | 旅行

 10余年ぶりに李鎮栄氏宅で朝食、許氏母子と合わせての朝餐、主婦の名料理で話題は文化論のようであった。沖縄ではノンビリできるという。台風の残余で風と雨の交差をジグザグ走る。ハイビスカスとブーゲンビリアの赤とジャスミンの黄色の花、パパイヤ、シュロ、海と空のパラダイス、楽園、古宇利島には愛楽園もあった。家内が青春時代医療奉仕に来たところである。宿願の海洋博物館へ、台風で休館、名護の観光地島一周、Ocean Towerでは自動Cart乗り、海を眺めながらのランチの時、海洋博物館オープンの嬉しい情報である。直行。巨大な水族館で巨大なサメへのフィディングショー、イルカショーは感動的であった。観客は全員中国人や韓国人であるような印象、楽園疲れは二人の弟子との楽しい夕食で講演会の公的な日程が終了した。楽園旅行中に村墓にも寄った。極楽、天国がこのような園であろう。

コメント

台風10号

2018年07月19日 05時28分40秒 | 旅行

  韓国の歴史の中で暗黒期と言われる植民地朝鮮での生活はどうであったのか。私の記憶では原始時代のような印象しかない。昨日当時の映像を見た。『映像から見る植民地朝鮮』の執筆のためである。映像に映る朝鮮の生活は花見、喫茶、映画、ダンス、パーティーなど私の想像を超えた映像ばかりである。暗黒期とは何か。戦争への兵站基地としての供出などの運動があって、朝鮮民族が日の丸を持つ忠君皇民化は異様である。反日の根源は恨みである。それは報復を繰り返す。恨みは沈んでいる心理、文化であるが、投票などには革命的な力を持つ。昨日ようやく脱稿した。解放、万歳の気持ち、それでもまだ緊張の状態、『雀様が語る日本』を語る、対談の日程のお知らせも来ている。明日は沖縄へ、台風10号と出会うようである。

コメント

躾も教育

2018年07月15日 05時56分19秒 | 旅行

 中国人観光客向けの「注意書き」に「店内に食べ物を持ち込まないように」「道の真ん中で立ち止まらないように」「便器にもっと近よって」「花に触らないで」などは不快感があるという。中国人にはそんなにマナーが悪いということばになるかも知れないが、実は日本、韓国もその過程を経て今のようなマナーを持つようになった。私はひと昔前までは治安が悪いことを機内映像を見て不快感を持ったことを覚えている。経済的成長だけではなく、マナーによって先進国になるのであろう。教科書以外に躾も教育であることを知らなければならない。

 楽しい韓国文化論と板門店旅行の案内、募集します。*写真

 

コメント