崔吉城との対話

日々考えていること、感じていることを書きます。

業績と行跡

2010年08月21日 06時01分23秒 | エッセイ
 昨日韓国のMBCテレビの恐ろしい番組「PD手帳」(2006年8月15日)のDVDを初めて見た。呉善花氏への非難が一貫している。彼女が在職している拓殖大学の彼女を推薦した方の話を出している。その教授いわく彼女を「業績」で評価したといったが韓国語の字幕では「行跡」となっており、学歴偽造、日本語の不能力を主張している。彼女の日本語能力が足りないといいながら業績を「行跡」と間違えるほど幼稚な番組である。
 公的なテレビが作家や教授をしている彼女をプライバシーをもって非難できるのだろうか。韓国を愛するという韓国のナショナリズムしかないように思う。私は彼女と10日間一緒に調査に行ったことがあるが、他の人類学者より彼女が熱心にインフォーマントに密着して調査をするのを見た。その態度と能力を認めた。彼女の講義を盗撮した番組は告発されるべきであるが、韓国では無冠の帝王というマスコミの暴力には犠牲になるしかないであろう。
 韓国も鎖国状況の偏ったナショナリズムからグローバル化している。しかし時代に乗る生き方は正しくない。時代を超える個人の生き方を正すべきであろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 朝日新聞に「愛と誓ひ」報道 | トップ | GODIVA »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
PD手帳は良い番組です。 (朴正人)
2010-08-21 19:50:47
8.15特集の呉善花氏が出た「PD手帳」
題名が「新親日派」を5年前に私も見ましたが、呉善花氏はPDのインタビューに答えずに最後まで逃げてばかりいましたよね。自分自身の信条に自信があるのならば
番組の中でインタビューに答えるべきでした。

>韓国を愛するという韓国のナショナリズムしかないように思う。

PD手帳は韓国の盲目的なナショナリズムの使命感で報道してるのではなく、公益性、公共性
に反する、韓国内の社会問題を告発するプログラムです。道義上の問題をなぜナショナリズム
と結び付けるのですか?PD手帳はいい番組だと思いますよ。韓国社会の矛盾点がわかる意味でも、、ウソや偽善、誇張が多く、報道制約のやたら多い韓国社会で少なくととも真摯に真実を追求しようとしている番組だと思いますね。決して幼稚だとは思えません。 

思うには、、、
本国の韓国人も在日にも共通しているのは
臭いものに蓋をして真実を隠す人間が多いと
いうこと。あまり馬鹿正直でも困るが、
率直さ、すなおさがなさすぎる。兩非論で
問題の本質をはぐらかして避けようとするのも
特徴です。道義上の問題を扱うPD手帳を
しまいには左派だとか反韓だとか、日本的だとか精神構造が疑われるようなことを平気でいう
人間もいる。今の時代は昔と違って韓国の情報がその場で随時に入ってくる時代です。昔のように胡散臭く、真実性のない一方通行的な情報
で本質をはぐらかす時代ではないのです。
そういう意味でもPD手帳みたいな番組は
韓国で必要だと思いますよ。
 
Unknown (崔吉城)
2010-08-22 07:19:31
 ご意見有難うございます。公共性のあるテレビであるべきという意見は同感です。ただ私も取材を受けて分かったが呉さんについては盗撮ばかりであり、人権を侵す暴力的なことで番組時代がなくなると報じられています。

コメントを投稿

エッセイ」カテゴリの最新記事