goo

一日一句(2191)







大寒や青みががつて夜の樹々






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

一日一句(2190)







東京の枯木の影は美しき






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

一日一句(2189)







寒卵破り宇宙の始まりぬ






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

一日一句(2188)







寒卵破つて一日始まりぬ






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

一日一句(2187)







一月の夜一月の蔵の白






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

一日一句(2186)







冬天の光の中へ樟一本






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

一日一句(2185)







一月の夜の蔵なるしづけさよ






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

一日一句(2184)







大壁に樟の影ゆれ寒の入り






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

一日一句(2183)







山眠る聖なるもののごときかな






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

一日一句(2182)







初富士や山といふ字の美しき






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ