goo

一日一句(2571)







秋ひとつ見つけてゐたり夜の道






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

一日一句(2570)







天心に月ある川の乱れかな






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

一日一句(2569)







秋の朝コップの水が揺れてゐる






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

一日一句(2569)






鐘の音は鐘を離れず長崎忌






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

一日一句(2568)







新涼や遠くの塔は傾いて






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

一日一句(2567)





てんとう虫ぎっくり腰の腰のうへ






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

一日一句(2566)







秋の蟬旅に誘われゐたりけり












コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

一日一句(2565)







広島の西日の中の西日かな







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

一日一句(2564)






広島や夏のさくらの幹しづか






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

一日一句(2563)





小さき羽コップに溺れ夏満月






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ