ふくろう日記・別室

日々の備忘録です。

「戦争のつくりかた」アニメーションプロジェクト-What Happens Before War?-

2017-06-18 01:02:40 | Movie
「戦争のつくりかた」アニメーションプロジェクト-What Happens Before War?-
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ネジバナとニワゼキショウ

2017-06-15 21:02:16 | Stroll
6月になりますと、ニワゼキショウとネジバナが咲きます。







上を見れば……

ネムノキ


ユリノキ



みんな、きれいよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スミレ タネが飛ぶ 

2017-06-07 23:57:36 | Movie
スミレ タネが飛ぶ 









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スミレの種

2017-06-06 13:23:22 | Stroll
去年の撮影の記録を見ると、スミレの種の写真は10月の日付になっています。
花の後の実がまだ見られますので、種は次々と現れるのでしょうね。

実は葉の影にいますが、種はグーンと背伸びしています。
飛ぶためでしょう。花はなんて賢いのでしょう。









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夜の歌 なかにし礼

2017-06-04 22:32:47 | Book


なかにし礼(1938年・黒竜江省牡丹江生れ)の小説を読むのは初めてです。以前、テレビドラマの「赤い月」を観ました時に、「あぁ、この方も満洲からの引揚者だったのね。」と思い、「お父上はあの時代に満洲国を目指した実業家の1人だったのね。」と思った記憶はありました。

その彼の少年期の引揚者体験を読むつもりでこの本を開きました。藤原ていの「流れる雲は生きている」を読む動機と同質でした。しかしちょっと違っていた。「癌の克服」ののちに書かれた彼の小説には「ゴースト」が登場するのでした。それによって過去と現在が入り乱れ、さらに地獄とこの世を往来して、彼の満洲国における少年期と現在は交錯します。体験記を読むこととは違う側面がありました。作詞家としての彼には興味がないのだけれど、あの敗戦体験はなかにし一家のそれぞれに大きな影を落としているようです。

さらに小説全体に気になるのは、詩人、作家、哲学者などの有名な一節を多量に引用することでした。

主人公一家(…と言っても父親の行方がわからず。)は、敗戦後に軍用列車で牡丹江から哈爾浜へ移動。そこでしばらく暮らすが、やっと会えた父親は、自分の意志でソ連兵に連れていかれる。そしてかえってきた父は間もなく死んでしまう。戦争が終わったにも関わらず。

敗戦直後の哈爾浜において、外務大臣「重光葵」のお達しはこう書かれていた!

『哈爾浜地区の事情がまったくわからないので、引揚交渉を行うにも方法がない。さらに日本内地は米軍の空襲によって壊滅状態にあり、加えて、本年度の米作は六十年来の大凶作。その上、海外からの引揚者数は満洲を除いても七百万人にのぼる見込みで、日本政府には、あなた方を受け入れる能力がない。日本政府としては、あなた方が、哈爾浜地区でよろしく自活されることを望む。』

怒りがこみ上げる。

私達一家は哈爾浜において、暮らしていました。赤ん坊だった私は、敗戦後の暮しも引揚体験も記憶にないのですが、父母の手記によれば、敗戦後間もなく哈爾浜から気候のよい新京へ移動しています。新京において引揚げまでの日々を過ごしたとのことです。なかにし一家のように哈爾浜で引揚の知らせを受け取った方々もたくさんいらしたのですね。

戦争は、大いに非人間的な生き方を強いられます。その体験は生涯心を病み、体を蝕みます。二度と戦争はしないでください。その思いを込めて、たくさんの手記や小説や詩歌、評論などが書かれています。それらを忘れないでください。

 (2016年 毎日新聞出版 発行)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

田植えの季節に

2017-06-03 20:57:17 | Stroll
田に水が引かれ、苗を植えたのは一週間ほど前だろうか?

今日は、初めて田の鯰に遭遇。びっくりしたわ。カメラを向けたらどんどん遠くへ逃げる。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まもなく五月尽

2017-05-25 20:20:15 | Stroll
花を探す五月の日々も間もなく終わる。
梅雨にはいれば、またゆっくりと本を開こうかな?どうかな?


 コマツヨイグサ


 ユキノシタ


 八重咲きのドクダミ


 ナワシロイチゴ


ここからは樹木の花です。


 イヌツゲ


 ザクロ


 ブラックベリー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

五月の樹々

2017-05-19 00:12:13 | Stroll
栴檀がほとんど開花しました。「芳しい香り」はありません。樹が大きすぎるのかしら?


キングサリが満開。


ソメイヨシノのサクランボ。


寒桜のサクランボ。どちらも食べられません。


菩提樹の若葉がきれい。樹齢200年以上とか……。



菩提樹 Lindenbaum  シューベルト作曲・近藤朔風訳詞
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

五月の樹・花と実

2017-05-15 23:58:58 | Stroll
今日の新しい出会い。 モクレンの実です。


蜜柑の花


柿の花


栴檀の花も開花しました。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

五月は気まぐれ……。

2017-05-15 13:14:28 | Stroll
今日は寒いです。
お花たちは辛いのではないかしら?心配。

キキョウソウに遭いました。




空を見上げれば、樹々は次の季節へ。

桑の実




さくらんぼ。食べられませんが……。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カメラ・テスト

2017-05-12 16:05:02 | Stroll
カメラを買い替えました。
もとよりカメラに弱いわたくしが、またまた新規のカメラに緊張しています。

とりあえず、ヒメフウロでテスト。




春はどんどん花が咲くので、あせる。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

五月の野原・その2

2017-05-11 22:22:19 | Stroll
ハナダイコン


キツネノボタン


ニワゼキショウ


ムラサキツメクサ


マンネングサ


ヘラオオバコ


ワスレナグサ


コメツブツメクサ



小さなものを拡大して見せることはいけないと言う説もあるらしい。たしかに……。
それでも、小さい花の姿を、克明に、なんとしても記録に残したい。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

五月の野原

2017-05-04 22:40:38 | Stroll
毎日毎日、春の野の花が気になるわ。
手紙を投函する時にも、カメラを持って行くの。
真夏になると、この意気込みは、多分消滅するかもしれないわ。


 ノミノツヅリ


 アカバナ


 キツネノボタン


 セリ


 ハルジオン


 シロツメクサ


それから、「ヤエムグラ」の正体を見つけました。あまり良い画像ではありませんが。
どうやら「ヤエムグラ」は、自立できない野花のようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

似ているわ。

2017-05-02 21:41:34 | Stroll

 タチイヌノフグリ




 ムシクサ


「ムシクサ」に辿り着いて、やれやれ……と思う頃。

「んん?何かに似ているわ。」
「タチイヌノフグリ?」
「そうそう!」

ゴマノハグサ科 クワガタソウ属という同じ仲間でした。

1人で喜んでいます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の野原

2017-05-01 21:26:23 | Stroll
まだ紹介してくれないの?と言っている小さな花たちの声が……。
ああ。春は忙しいなぁ~。


 ウマゴヤシ




 アメリカフウロ


 タチイヌノフグリ


 タツナミソウ(つぼみ)


 ちなみに、開花はこんな感じです。


 スズメノエンドウ


それでも、開花を心待ちにしている野花はまだありますが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加