DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

台北101の花火ショー、福原愛さん夫妻らがカウントダウン

2018年12月31日 | 台湾ニュース





(台北 29日 中央社)台北の超高層ビル「台北101」の張学舜董事長(会長)は27日、元日恒例の花火ショーでカウントダウンを彩る各界の有名人を発表した。元中日で米大リーグ、マーリンズのチェン・ウェイン(陳偉殷)投手や、卓球選手の江宏傑さんと妻・福原愛さんなど、台湾を代表する18組がビルの外壁に設置された巨大網形状装飾「TPAD」に映し出される。

今回の花火は、360秒にわたって計1万6000発が打ち上げられる。ショーの後半ではTPADに台湾社会の多様性や寛容性を示す16カ国の言語によるあいさつ文が現れ、世界に祝福を届ける。映像にはこのほか、人気グルメの台湾風フライドチキン(鶏排)やタピオカミルクティー、ショーロンポー(小籠包)、観光名物の天灯なども登場し、台湾らしさが演出される。

張董事長は、台湾のフレンドリーさと温かさをアピールし、外国人観光客に台湾の人情味と暖かい日差し、美しい空間を楽しんでほしいと来訪を呼び掛けた。

コメント

高雄市、ポケモンイベ開催へ 早ければ来年2月のランタンフェス期間

2018年12月31日 | 台湾ニュース



(高雄 31日 中央社)高雄市政府観光局は31日、人気ゲーム「ポケットモンスター」と連動したイベントを市内で開催する計画を明らかにした。早ければ来年2月の高雄ランタンフェスティバル期間中にも実施される見通し。開催により、観光客の呼び込みを狙う。

潘恒旭観光局長によれば、先月の市長選挙終了後に日本のポケモン社から高雄でのイベント開催を持ちかけられた。覚書は現時点では交わしていないという。韓国瑜新市長は就任前、ポケモンのキャラクター、サトシに扮して撮影した写真を公開していた。

実施時期については、ランタンフェス実施主体がポケモン側と交渉を進めている最中だと潘局長は説明。2月のランタンフェスに間に合わなければ、5、6月の開催を目指すとした。

台湾の県市では、南部・嘉義県が今年2月開幕の台湾ランタンフェスティバル期間中にスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」と初めてタッグを組み、注目を集めた。11月に台南市が開いたポケモンGOの大規模イベントには国内外から多くのユーザーが駆け付け、予想の5倍以上となる約100万人を動員。市の知名度向上や地域振興に貢献した。

高雄ランタンフェスは来年2月9~24日に開催予定。

コメント

台北101花火ショー、絶好の観賞地点は「東」と「北」

2018年12月31日 | 台湾ニュース



(台北 31日 中央社)台北の超高層ビル「台北101」で毎年恒例の年越し花火ショーは、今回は映像と花火を高度に融合させた演出を行う。制作を手がけた会社は、この演出方法は世界初の試みかもしれないと自信をのぞかせる。同社によれば、台北101の東と北の方角が絶好の観賞地点になるという。

今回は花火1万6000発を360秒にわたり打ち上げ、同時に映像を使った演出を380秒間行う。上演時間は過去最長となるという。映像は、ビル外壁に設置した巨大網形状装飾「TPAD」に映し出される。人気グルメのタピオカミルクティーやショーロンポー(小籠包)、観光名物の天灯などを映像に登場させ、台湾らしさを前面に押し出す。

制作会社によると、北東の季節風が強く吹く影響で、風下に当たる南西は煙が流れてくるため、観賞には向かないという。

台北市政府工務局水利工程処は、台北101の北北東に位置する彩虹河浜公園を観賞スポットに推薦している。同公園近隣の美堤、観山、迎風の3カ所の河浜公園では花火を観賞できるだけでなく、カウントダウンをする音も聞こえるという。

台北101の花火は2004年から2005年に変わる年越しから毎年開催されており、今回で15回目となる。

コメント

大みそかの天気 台湾北部や東部は雨 湿気多く肌寒い一日に

2018年12月31日 | 台湾ニュース



(台北 31日 中央社)中央気象局によると、大みそかの31日の台湾本島は北東の季節風などの影響で各地で気温がやや低くなる見込み。北部や北東部は引き続き雨となり、所によっては大雨になる恐れがある。桃園以北では最高気温が16~17度程度にとどまり、湿気が多く肌寒い一日になるとみられている。中部や南部は雨が降ってもぱらつく程度で、最高気温は21~24度程度になる見込み。

各地でカウントダウンや新年を祝うイベントが行われる31日夜から1月1日朝にかけての予想気温は台北市15度、台中市16~19度、高雄市18~22度、宜蘭県15~16度など。降水確率は桃園以北で70%以上、新竹以南の各地で10~30%。

気象局は防寒対策を心がけるよう呼び掛けている。

コメント

海外からの訪台客、過去最多を更新 1100万人目は日本人

2018年12月31日 | 台湾ニュース

訪台1100万人目となった日本人旅行客ら



(台北 30日 中央社)2018年の訪台旅行者数が30日、1100万人を突破し、過去最多となった。交通部(交通省)の王国材政務次長が同日明らかにした。1100万人目は奈良県在住の男性。同部は、来年の訪台旅行者数1200万人達成を目指すとしている。

王政務次長によれば、男性は関西国際空港発のチャイナエアライン(中華航空)CI159便に搭乗し、同日昼前に桃園国際空港に到着した。台湾を訪れるのはすでに5回目で、今回は家族と共に4日間滞在し、台北や中部の台中を訪れる予定だという。男性には同部観光局から国際便の航空券や台湾高速鉄道(高鉄、新幹線)の3日間乗り放題フリーパス、ホテルの宿泊券などが贈られた。

訪台旅行者数は今月2日、4年連続で1000万人を突破し、年内の1100万人達成に期待が寄せられていた。


コメント

高速道路で事故車両を手で押していた男女はねられ死亡 雪規制中

2018年12月31日 | 京都のニュース



30日午前7時45分ごろ、綾部市小呂町尾ケ谷の舞鶴若狭自動車道上り線で、単独事故の対応のため車外で作業をしていた20代前半の女性と福井県小浜市城内、会社員男性(44)が、大型トラックにはねられ死亡した。トラックは別の乗用車に衝突し、計4台が絡む多重事故となった。京都府警高速隊が女性の身元確認を進めている。

 高速隊によると、女性が運転する軽乗用車が自損事故を起こし、目撃した会社員男性ら乗用車2台が前方の路側帯に停車。午前7時40分ごろ、会社員男性から「軽乗用車が雪でスリップし、ガードレールにぶつかった」と110番があった。

 その後、女性と会社員男性が軽乗用車を路側帯に入れようと手で押していたところに、福岡県春日市須玖南、運転手男性(62)の大型トラックが追突したとみている。運転手男性は軽傷を負った。

 現場は片側2車線で緩やかな下り坂の直線道路。事故当時は雪が降り、路面には積雪があったという。最高速度は50キロに規制されていた。

 この事故で、綾部インターチェンジ-綾部ジャンクション間が通行止めになり、約7時間後に解除された。

【京都新聞】

コメント

「京の台所」錦市場、迎春準備の買い物客でにぎわう

2018年12月31日 | 京都のニュース



年の瀬も押し迫った30日、「京の台所」として知られる京都市中京区の錦市場は正月用の食材などを買い求める大勢の人でにぎわった。乾物店や鮮魚店などには全国各地から集まった山海の幸が並び、平成最後の迎春ムードに包まれた。

 約130店が軒を連ねる錦市場では、棒だらや数の子、黒豆などおせち料理に欠かせない食材をはじめ、松やハボタンなど正月飾り用の生花が並んだ。店頭では客寄せの威勢の良い声が響き、買い物客は混雑でもみくちゃになりながらも、次々と商品に手を伸ばした。観光客はカメラを手に、年末の風情を楽しんでいた。

 毎年訪れるという会社員の女性(55)=下京区=は「歩けないほどの人の多さで、暮れの雰囲気を味わうことができた」と話した。

【京都新聞】

コメント

台湾出身のTWICEツウィ、「世界で最も美しい顔」2位 アジア首位

2018年12月30日 | 台湾ニュース

ツウィ(周子瑜)







(台北 29日 中央社)米映画評論サイトTC Candlerが28日、2018年の「世界で最も美しい顔100人」を発表した。台湾からは、韓国の女性アイドルグループ、トワイス(TWICE)のツウィ(周子瑜)が2位にランクインし、アジア人としてはトップとなった。1位はフランス出身のモデル、ティラーヌ・ブロンドー。日本勢は女優の小松菜奈(31位)が最高位で、その後に石原さとみ(43位)らが続いた。

1999年生まれのツウィ。トワイスのメンバーとしてデビューした2015年に同ランキングの13位に選ばれた。それ以降、8位(16年)、3位(17年)と年々順位を上げ続けてきた。9人組のトワイスからはツウィのほかにも、日本人のサナ(46位)、韓国人のジョンヨン(66位)、ナヨン(82位)も入選している。

コメント

台湾プロ野球30周年、台北で特別展 蔡総統が来場呼び掛け

2018年12月30日 | 台湾ニュース

台湾プロ野球の特別展を訪れる蔡英文総統(手前中央)



(台北 29日 中央社)台湾のプロ野球は来年で30年の節目を迎える。熱い声援を送り続けてきたファンや、全力プレーで球界を盛り上げてきた選手に感謝を伝えようと、プロリーグ中華職業棒球大連盟(CPBL)が29日から台北市内で特別展「無人出局」(仮訳:ノーアウト)を行っている。

台北駅に程近い「華山1914文創園区」内の会場では、「職棒(プロ野球)元年」(1990年)の入場券や刊行物、4度の本塁打王に輝いた林仲秋(元三商など)らレジェンド選手ゆかりの用具などが並ぶ。そのほかVR(仮想現実)体験コーナーも設けられ、来場者を、数多くの名勝負が繰り広げられるも2000年に取り壊された台北市立野球場にいざなう。

28日の開会式に出席した蔡英文総統は、「野球は(台湾の)国技だ」とした上で、「本物の野球ファンこそ(見に)来る。(見に)来る人こそ本物の野球ファン」などと述べ、来場を呼び掛けた。

開催は来年3月31日まで。

<台湾プロ野球> 1990年、味全、統一、三商、兄弟の4球団で最初のペナントレースを争った。元巨人・呂明賜、元中日・陳義信らの活躍もあって「国民的娯楽」としての地位を築いた。90年代後半に入ると、相次ぐ八百長問題に、新リーグの発足に伴う球団の乱立が重なってファン離れが進み、2000年には過去最低の動員数(1試合平均1676人)を記録した。

01年のW杯3位獲得や03年のリーグ合併などで野球人気が回復し、17年まで5年連続で同5000人を突破。だが、09年以降は球団数が発足当初の4チームにとどまっていることなど課題も残る。

コメント

台北MRT、大みそかに終夜運転 猫空ロープウェイや高雄MRTも終電延長

2018年12月30日 | 台湾ニュース

駅構内の混雑を避けるため、秩序維持にあたる関係者ら=台北メトロ提供



 (台北 30日 中央社)大みそかから元日にかけて、メトロ各社は終夜運転や終電時間の繰り下げを行う。延長運転により、年越しイベントなどに参加する人々の輸送を担う。

▽台北メトロは終夜運転

台北メトロ(MRT)は31日午前6時から来年1月2日午前0時まで42時間連続運転を実施。主要路線の板南線と淡水信義線では31日午後6時以降、列車を増発し、運転間隔は板南線で最短2分32秒、淡水信義線で3分に短縮する。年越しイベント開催会場の最寄り駅となる市政府、台北101/世貿両駅は、駅構内の混雑状況に応じ、一部列車を停車させない措置が取られる。

▽猫空ロープウェイ、終電は深夜2時

猫空ロープウェイ(台北市)は大みそかの終電を1日午前2時に繰り下げる。31日午後9時から同11時まで、終点の猫空駅前では無料で遊べる輪投げなどのゲームが用意されるほか、熱いお茶も振る舞われる。

▽桃園メトロの各駅停車、終夜運転

桃園メトロ空港線は、主要駅にのみ停車する「直達車」は通常通りの運転となるが、各駅停車(普通車)は31日午前6時から1月1日夜11時まで41時間連続運転を行う。

▽高雄メトロは終電繰り下げ、始発繰り上げ

高雄メトロは31日、レッドライン、オレンジラインの終電延長運転を実施する。最終列車の始発駅出発は1日午前2時。31日午後1時から列車を増発し、最短3分間隔で運転する。1月1日は始発時刻を早める。始発発車はレッドライン小港駅午前5時10分、同南岡山駅午前4時45分、オレンジライン西子湾駅午前5時28分、同大寮駅午前5時10分。

高雄ライトレール(LRT)は31日午前7時から1月1日午前1時30分まで運転する。

コメント

塀や屋根崩れ「通行注意」台風被害の空き家、整理めぐり苦慮

2018年12月30日 | 京都のニュース

台風21号でブロック塀が崩れ、ごみが捨てられるようになった空き家
(京都市東山区)



9月の台風21号で損傷した空き家や山林の多くが、京都市などで放置されたままになっている。景観や安全面から近隣住民を悩ませるが、崩れたブロックや屋根、倒木は個人所有物のため、行政が勝手に処分すれば財産権の侵害になりかねない。災害復旧と私有財産との間の線引きに行政と地域が苦慮している。

■崩れたブロック「ごみと言い切れない」

 「夜になるとごみが投棄され、不気味だ」。同市東山区で、台風被害を受けた空き家近くに住む高齢男性は話す。道に崩れたブロックは地域住民たちが敷地内に押し戻した。連絡を受けた市まち再生・創造推進室はフェンスとネットを設けて「通行注意」と書いた紙を張って警告している。

 だが、男性によると、日がたつにつれて家電などのごみが敷地に捨てられるようになった。男性は崩れたブロックなど空き家の早急な整理を望むが、同室は「壊れたブロックも行政としてごみとは言い切れない」とし、空き家の所有者が対処すべきとの立場だ。

 台風後、被害を受けた空き家に関する通報が同室には200件以上寄せられた。職員がその都度、現場に足を運んで損傷具合を目視で確認。飛散物を拾い集めて敷地内に戻し、注意喚起のコーン標識などを設置している。瓦やトタンが公道などに落ちる危険がある時は、空き家対策特別措置法などに基づいて立ち入り、最小限だけ取り外して敷地内に置いている。

 所有者に改善や撤去を求めるために不動産登記を調べても「相続状況が登記に反映されておらず、名義と現在の所有者が一致しないケースが多い」(同室)という。法定相続人をたどるなど所有者の特定に時間を取られ、十分な指導が行えていないのが現状だ。

 行政の対応は山林の被災地でも同様だ。倒木が多発した左京区鞍馬では、民家の敷地内に倒れ込んだ大部分はすでに撤去されたが、裏山には無数の倒木が折り重なるように無残に横たわる。市林業振興課は「私有林ならば木は個人所有物のため、所有者が解決を」とするが、鞍馬自治振興会の梁瀬忠夫会長(71)は「倒木の崩落など二次災害の危険性が増している」と危惧する。

 自身も山を持つ梁瀬会長は「木材価格の低迷や不在地主の増加で山林への関心が所有者の間で低下している」と指摘。倒木処理が思うように進まない現状から公費投入の必要性を訴えている。

■ガイドラインの整備を

 立命館大政策科学部の高村学人教授(土地政策)の話 災害復旧のために行政が、空き家や山林の所有者の許可を得ずに倒壊した物をどこまで除去できるのか民法の基準が定まっていない。自然災害が頻発する今日では、災害復旧の場面に応じ、行政による介入の範囲や所有者の管理義務を示したガイドラインの整備が求められる。山林に放置された倒木は、府の森林環境税による撤去の公費補助も選択肢の一つだ。

【京都新聞 2018年12月30日】

コメント

警官射殺にバラバラ殺人…事件相次ぎ「捜査員へとへと」滋賀県警

2018年12月30日 | 京都のニュース

滋賀県内で2018年に発生、または公判があった凶悪事件



2018年の滋賀県は、例年になく凶悪事件が相次いだ。滋賀県警彦根署の警官射殺事件や2つのバラバラ殺人事件が発生し、県警単独としては20年ぶりに三つの捜査本部が立ち上がった。審理の多さに、大津地裁には「ピンチヒッター」の裁判官が派遣されるなど、捜査・司法機関が多忙を極めた一年となった。

■警察幹部「捜査員へとへと」

 「こんなに事件が続く年は近年なかった。捜査員はへとへとだ」。県警幹部はため息をもらす。

 県警は、3月に守山市のバラバラ殺人事件、8月に草津市のバラバラ殺人事件、10月に長浜市の男性刺殺事件で捜査本部を立ち上げた。県警が単独で捜査本部を年間で三つ立ち上げたのは、旧安土町で小学校の事務職員女性が殺害される事件などがあった1998年以来。さらに、昨年12月に捜査本部が立ち上がった近江八幡市の監禁殺人事件の捜査も続いていたため、捜査員は休日返上も多かったという。

 守山と草津の二つのバラバラ殺人事件は被疑者が殺人容疑などで逮捕され、公判も始まった。ただ、草津事件の被疑者は、10年前に発覚した「琵琶湖バラバラ殺人事件」の被害者との交友関係が判明、捜査が続いている。長浜の男性刺殺事件は被疑者の逮捕に至っていない。

■事件多発、裁判所にも影響

 凶悪事件の多発は、事件を審理する裁判所にも影響を及ぼした。

 大津地裁刑事部に11月、本来は大阪高裁所属の裁判官1人が増員された。期間は「当面の間」という。増員を決めた大阪高裁は「大津の事件動向や事務処理状況を踏まえた」と説明。ある元裁判官は「“応援”の裁判官には比較的軽微な事件を割り振り、元々いる裁判官が重大事件に集中できるようにする狙いがある」と明かす。

 大津地裁によると、殺人など重大事件が対象となる裁判員裁判の初公判は今年13件あり、昨年の12件と大差はない。ただ、年明けには彦根警官射殺事件など4件の裁判員裁判が予定され、加えて草津と守山のバラバラ殺人事件なども裁判員裁判になる見通しで、公判前に争点などを整理する必要があるという。

 別の元裁判官は「大津地裁は同規模の地裁と比べ、もともと裁判員裁判が多い」と話す。普段以上に重大事件が続くと裁判員裁判の日程が立て込み、それ以外の裁判に手が回りにくくなるため、年明けも裁判所の「激務」は続きそうだ。

【京都新聞 2018年12月30日】

コメント

師走の鴨川、白銀の世界に 京都府内各地で降雪続く

2018年12月30日 | 京都のニュース

鴨川河川敷を行き交う人たち
(29日、京都市北区・北大路橋上流付近)



強い冬型の気圧配置が続いた29日、京都府内では4カ所で今冬の最低気温を記録し、師走の鴨川や帰省でにぎわう街なかに白雪が舞った。

 京都地方気象台によると、29日の深夜から朝にかけて冷え込み、京都市中京区0・0度、南丹市氷点下3・4度、京田辺市氷点下3・1度、福知山市氷点下1・6度となり、いずれも今冬最低気温を観測した。

 早朝、鴨川の北大路橋(北区)付近では、北山の雪景色を背景に河川敷もうっすらと雪に覆われた。

 府北部でも断続的に雪が降った。府の観測によると、午前11時の積雪は福知山市篠尾で5センチ、舞鶴市浜で3センチだった。

 JR福知山駅では、帰省客や出迎えた家族らが大きなかばんを抱えて雪道をゆっくりと歩く姿が見られた。綾部市の祖母宅で年末年始を過ごすという会社員藤岡恵さん(42)=大阪府守口市=は「大阪では雪は降ってなかったので寒い。古里に帰ったという感じがする」と話していた。

 京都地方気象台によると、強い冬型の気圧配置は30日午前まで続く。同日午後6時までの24時間降雪量は多いところで府北部の平地20センチ、山地30センチ、府南部の平地3センチ、山地30センチと予報している。

【京都新聞 2018年12月30日】

コメント

寒波到来で一面銀世界 京都・丹波

2018年12月30日 | 京都のニュース

積雪で銀世界となった和知第二大橋一帯



強い冬型の気圧配置となった28日、京都府の丹波2市1町は山間部を中心に雪が降り積もり、南丹市や亀岡市の市街地でも雪が舞った。

 府の観測では同日未明から降り始め、午前9時の積雪は京丹波町仏主で11センチ、南丹市美山町盛郷で7センチ。

 京丹波町本庄でも朝までに一面に雪が積もり、由良川に架かる和知第二大橋をはじめ周囲の民家や山々も銀世界となった。

 京都地方気象台によると、2市1町の29日午後6時までの24時間降雪量は山間部で30センチ、平地で3センチを予想して注意を呼び掛けている。

【京都新聞 2018年12月29日】

コメント

大みそかに仕上げる「日本一早い手揉み茶」 京都の永谷宗円生家

2018年12月30日 | 京都のニュース
「永谷宗円生家」のライトアップ



現在の京都府宇治田原町出身で青製煎茶製法を生み出した永谷宗円の生誕地にある「永谷宗円生家」(同町湯屋谷)が31日から1月3日まで、夜にライトアップされる。31日から年明けにかけて宇治田原手揉(も)み保存会による手揉み製茶の実演があり、「日本一早い手揉み茶」として奉納される。

 湯屋谷地区の住民や茶業関係者のグループが毎年開いている。ライトアップは日没から午後10時ごろまで行う。観覧無料。31日午後9時から、焙炉(ほいろ)の上で手揉み製茶を行い、近くの茶宗明神社に奉納する。同日は豚汁や甘酒の振る舞いもあり、ライトアップを1日午前1時ごろまで延長する。

【京都新聞 2018年12月29日】

コメント