DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

西本願寺で修復を前に本尊を移動

2018年12月18日 | 京都の寺社





京都市の西本願寺で、国宝の阿弥陀(あみだ)堂の修復が本格化するのを前に、17日、本尊の阿弥陀如来像が隣の御影堂(ごえいどう)に移されました。

京都市下京区にある西本願寺は、国宝の飛雲閣や唐門の修復作業を進めていて、阿弥陀堂でも本尊を安置する内陣で亀裂の入った柱やふすまなどの修復を本格化することにしています。

これに先立ち、17日は僧侶たちが台座を除く高さおよそ1メートルの本尊・阿弥陀如来像を御唐櫃(おんからびつ)と呼ばれる木製の箱に納めました。

雅楽の演奏が響き渡る厳かな雰囲気の中、僧侶たちは箱を丁寧に持ち上げて渡り廊下を通り、本尊を隣の御影堂に安置しました。
阿弥陀堂は来年2月末まで全面的に封鎖される予定で、その後、一般の人も入れるようにはなりますが、修復がすべて終わるのは、およそ3年後の2022年の3月になる見通しだということです。

【NHK 2018年12月17日】

コメント

快慶の弟子 行快作の仏像発見

2018年12月18日 | 京都の寺社



京都市の聞名寺が所蔵する木彫りの仏像について、鎌倉時代の仏師、快慶の一番弟子で現存する作品の少ない行快によるものだということがわかりました。

京都市左京区の聞名寺に伝わる「木造阿弥陀三尊像(もくぞうあみださんぞんぞう)」は、高さが、それぞれおよそ80センチの1体と60センチの2体の木彫りの仏像です。

このほど、京都国立博物館が来春の展示会にあたって調査したところ、像を台座に固定するための、ほぞ=突起の部分に、墨で行快の署名が見つかりました。

鎌倉時代の仏師、快慶の一番弟子にあたる行快は、現存する作品が少なく貴重な発見だということです。
また京都市左京区の極楽寺の「毘沙門天立像(びしゃもんてんりゅうぞう)」は、首の部分が外れる仕組みになっていて、中から紙に包まれ「息災延命」などと書かれた木像や木の板が見つかりました。

京都国立博物館は来年4月13日からの特別展「国宝 一遍聖絵と時宗の名宝」で展示することにしています。

【NHK 2018年12月17日】

コメント

突然、刀剣女子の「聖地」に 名刀髭切、膝丸ゆかりの神社

2018年12月14日 | 京都の寺社

「髭切」「膝丸」のデザインが施された相槌神社の御朱印
月2回の月次祭でそれぞれ交互に授与される(京都府八幡市)



名刀が作られた地と伝わる京都府八幡市八幡の相槌(あいつち)神社に、女性参拝者が急増している。これまで知名度が低かったが、本殿などの修復への協力を呼び掛けようと神社がPRしたところ、刀剣好きの「刀剣女子」がツイッターで発信して「バズった(話題が広まった)」。月2回の月次祭(つきなみさい)(1、15日)に御朱印などを求める長蛇の列ができ、宮司らは「良縁に恵まれた」と感謝する。

 今月1日の月次祭には、約100人が詰めかけた。台湾から姉と訪れたサイ・イウェンさん(35)は「インターネットで知り、ずっと来たかった」と笑顔を見せる。刀剣女子になったきっかけは、名刀を擬人化した美男子キャラクターを育てる人気インターネットゲーム「刀剣乱舞」という。

 神社の社伝によると、創建は不詳だが、千年以上前に刀工の安綱(やすつな)と稲荷神が、境内に今もある井戸の水を使って名刀「髭切(ひげきり)」「膝丸(ひざまる)」を作った。幕末の地誌「男山考古録」も同様の伝承を記す。髭切は北野天満宮(京都市上京区)、膝丸は大覚寺(右京区)が所蔵し、刀剣女子に人気だ。

 御香宮神社(京都市伏見区)で神職だった髙月清子宮司が10年ほど前から相槌神社の神職を兼ね、今年の春から宮司になった。本殿や社務所が老朽化していたため、ホームページや看板でPRを始めたところ、9月に参拝した刀剣女子の1人が髭切と膝丸の「聖地」としてツイッターで協力を呼び掛け、話題が広まったという。

 9月以降、特別公開を含む9日間で全国から約800人が訪れた。刀の絵入りの御朱印や絵馬も人気だ。神社ボランティア3人も刀剣女子。女性(24)は「こんなすてきな場所があるなんて。復興の手伝いをさせてほしい」という。

 今年は大阪府北部地震と台風21号で被害を受け、本殿や社務所の損傷がひどくなっていただけに、髙月宮司は「ありがたいの一言に尽きる。少しでも多くの人に歴史を知ってもらい、次へとつなげたい」と語る。月次祭の日は午前9時半~正午に開所し、ホームページでも確認できる。

【京都新聞 2018年12月13日】

コメント

もう梅?北野天満宮で早咲き2輪咲く 12月上旬暖かさ影響か

2018年12月12日 | 京都の寺社

開花した早咲きの「寒紅梅」(11日 北野天満宮)



今冬一番の冷え込みとなった11日、京都市上京区の北野天満宮で早咲きの梅2輪が咲いた。昨年に比べ約3週間早いといい、天満宮は「最高気温が連日15度超となった今月上旬の暖かさが影響したのでは」としている。

 祭神・菅原道真が梅を愛したとされることから天満宮は梅の名所として知られ、境内には50種約1500本がある。例年、年末から3月中旬にかけて順次、紅白の花を咲かせる。

 京都市の最低気温が1・3度を記録した11日朝、絵馬所北側の寒紅梅が2輪開いているのを神社職員が確認した。梅は朝方の寒風に耐え、親指ほどの大きさの赤い花を咲かせていた。

【京都新聞 2018年12月11日】

コメント

法輪寺で「針供養」

2018年12月10日 | 京都の寺社



京都市の寺で、8日、針をこんにゃくに刺して手芸の上達を願う「針供養」が営まれました。

京都市西京区の法輪寺では、本尊の「虚空蔵菩薩」が手芸や芸事の上達に御利益があるとされ、毎年12月と2月の2回、針供養が営まれます。
この寺の針供養は、1100年以上前に皇室で使われた針を供養したのが始まりとされ、8日は、和裁教室や裁縫学校の関係者など日ごろから針を使っている人たちおよそ500人が参列しました。

住職が読経する中、訪れた人たちは2枚重ねにして厚さがおよそ20センチもある大きなこんにゃくに長さおよそ30センチの糸を通した針を刺し、手芸の上達を願いました。

本堂の前には使わなくなった針を納める箱が置かれていて、持ち込まれた針は、供養されたあと境内の塚に入れられるということです。

東大阪市の和裁教室に通う31歳の女性は、「できたばかりの自作の着物を着てきました。今は教えてもらうばかりですが自分でお直しができるまでに上達したいです」と話していました。

NHK

コメント

西本願寺の「逆さイチョウ」色づく

2018年12月08日 | 京都の寺社



浄土真宗本願寺派の本山・西本願寺(京都市下京区)の境内で、イチョウが鮮やかな姿を見せている。御影堂(ごえいどう)の前にある木が、例年より1週間ほど遅く色づいた。

 イチョウの木は高さ約12メートルで、幅は25メートルほど。枝が横長に伸びる様子が、空に向かって根を張っているようにも見え、「逆さイチョウ」の名で親しまれている。1985年には京都市の天然記念物に指定された。

 「水吹きイチョウ」の別名もある。1788年に大火に巻き込まれた際に、水を噴き出して御影堂を守ったという言い伝えからその名が付いた。

 イチョウの前で水彩画を描いていた長岡京市の野口武彦さん(77)は「上に向かって広がる枝に強い生命力を感じる」と語った

朝日新聞

コメント

ダイナミック、全身揺らし念仏 東本願寺で「坂東曲」

2018年11月28日 | 京都の寺社

体を揺らし声を張り上げて、和讃を読み念仏を唱える僧侶たち
(28日午前10時40分、京都市下京区・東本願寺)



京都市下京区の東本願寺(真宗大谷派本山)で営まれている報恩講は28日、最終日を迎えた。僧侶が全身を揺らしながら念仏を唱える「坂東曲(ばんどうぶし)」があり、多くの参拝者がダイナミックな動きに見入った。

 坂東曲は宗祖親鸞が東日本に向かう際、船上で荒波に揺られながらも念仏した様子を伝えるとされるが、詳しい発祥は分からない。関東の僧侶たちが始めたとされ、現在では親鸞命日の同日のみに行われている。

 午前10時半すぎ、親鸞像が安置されている御影(ごえい)堂外陣前方で、僧侶約60人が親鸞の書いた七五調の和讃(わさん)を読み上げ念仏を唱えた。山吹色や緑色の衣を着た僧侶たちは体を前後左右に揺らしながら和讃の一節を読み、独特の節回しで「南無阿弥陀仏」と唱和した。

 御影堂には約5500人の参拝者が集まった。堂内に入りきれない人もおり、障子が取り払われた広縁には僧侶の動きを一目見ようと二重三重の人垣ができた。

【2018年11月28日 京都新聞】

コメント

正月の縁起物「大福梅」の包装 京都市北野天満宮

2018年11月28日 | 京都の寺社



京都市の北野天満宮で、境内で収穫した梅の実で作る正月の縁起物「大福梅(おおふくうめ)」を和紙で包む作業が始まりました。

梅の名所として知られる京都市上京区の北野天満宮の境内には、およそ1500本の梅の木が植えられ、「大福梅」は、実を塩漬けにしたあと天日干しにして作られます。

元旦にさ湯やお茶に入れて飲むと、1年を健康に過ごせるとされる正月の縁起物で、27日から境内の一角で梅の実を包む作業が始まりました。

みこの女性たちは6粒の実が入った袋に、しめ縄や鏡餅などにも使われる縁起物の裏白の葉を添えて一つ一つ和紙で丁寧に包んでいました。
作業にあたった女性は「丁寧に心をこめて包んでいます。大福梅を服していただいて1年間健康に過ごしていただきたいです」と話していました。

大福梅はおよそ3万袋が用意され、来月13日から1袋700円で参拝者に配られるということです。

NHK

コメント

醍醐寺、復興の紅葉ライトアップ 台風で樹木被害

2018年11月26日 | 京都の寺社

色づいた木々がライトアップされた境内(25日、京都市伏見区・醍醐寺)



台風で大きな被害を受けた醍醐寺(京都市伏見区)で、夜間拝観が行われている。復興した境内で3連休最終日の25日には京都観光の締めくくりとして訪れた参拝客らが、浮き上がるように照らし出された紅葉に見入っていた。夜間拝観は12月2日まで。

 醍醐寺は9月の台風21号で建物被害は軽微だったが、境内の約2千本のスギやマツが倒れた。下醍醐は10月6日から拝観受け入れを全面再開したものの、五大堂などがある上醍醐は現在も入山禁止が続き、再開時期は未定となっている。

 夜間拝観で公開されている下醍醐の観音堂と弁天堂前の池、林泉では、周囲を取り巻く赤や緑のモミジが穏やかな水面に映り、参拝客らがスマートフォンなどで撮影していた。醍醐寺参拝は2回目という東京都新宿区の会社員、古閑里枝さん(42)は「清水寺や嵐山を回り、最後に醍醐寺に来ました。また来たいです」と話していた。

【 2018年11月25日 京都新聞】

コメント

イノシシの巨大絵馬飾る 松尾大社

2018年11月26日 | 京都の寺社



来年の干支(えと)イノシシの巨大絵馬が24日、西京区の松尾大社に飾られた。七五三参りの家族が次々に並び、笑顔で記念撮影していた。展示は来年1月末まで。

 高さ3・2メートル、幅5・5メートルで重さは90キロに及ぶ。北区で暮らした木版画家の井堂(いどう)雅夫さん(2年前に死去)の原画を使った。巨大絵馬は1983年のイノシシから始まり、井堂さんは2013年のヘビから原画を担当。生前に24年の辰(たつ)までの干支一巡を描き終えており、来年以降も井堂さんの絵が使われる。

 禰宜(ねぎ)の竹内直道さん(62)は「イノシシのようにまっすぐ進んでほしいという願いを込めた」と話す。娘2人の七五三で訪れたパートの榎木谷朝香(えのきやあさか)さん(28)=右京区=は「こんなに大きいのは初めて見た。シンプルで色づかいがいい」。小学校1年で長女の歩さん(7)は「楽しそうな絵やね」と笑顔だった。

2018年11月26日朝日新聞

コメント

深紅と黄金に染まる 京都・東福寺で紅葉見ごろ

2018年11月24日 | 京都の寺社





紅葉の名所として知られる京都市東山区の東福寺のカエデが色づきを増し、多くの人出でにぎわっている。境内に架かる「通天橋」付近には、約2千本のカエデが渓谷を赤や黄に染め上げ、人波で埋め尽くされた散策路からは感嘆の声やシャッター音が響く。

 同寺によると、今週末が人出のピークで、1日約3万5千人が訪れる見込みという。見頃は今月末まで続き、12月2日までは拝観時間を通常より30分早い午前8時30分から受け付けている。(

朝日新聞


コメント

長岡京の柳谷観音・楊谷寺の紅葉が見ごろ、手水鉢の紅葉アートがSNSで話題に

2018年11月24日 | 京都の寺社

伏見経済新聞 2018.11.23

柳谷観音・楊谷寺の手水鉢の紅葉アート









京都府長岡京市の柳谷観音・楊谷寺(京都府長岡京市浄土谷堂ノ谷)の紅葉が見ごろを迎え、モミジの落ち葉などで装飾した紅葉アートが「美しい」とSNSでも話題を呼んでいる。

同寺は光明寺、善峯寺と並ぶ西山三山の一つ。清水寺の開祖延鎮(えんちん)により806年に建立された。空海が祈とうを施し、眼病に悩む人々のために霊水にしたという独鈷水(おこうずい)が有名で、古くから眼病祈願の寺として信仰を集める。

代々の天皇家や豊臣秀吉の側室・淀殿ゆかりの寺、近年はモミジやアジサイを使った押し花朱印の寺としても知られている。

 手水鉢(ちょうずばち)の紅葉アートを創作したのは、同寺執事の日下恵さん。日下さんは「2017年ころから、参拝者の方に喜んでいただこうと、境内や庭園の手水鉢(ちょうずばち)にモミジやアジサイを装飾している。今年は季節の花を使った手水鉢アートを作り、その写真をインスタグラムやフェイスブックで公開したところ、多い時には8万人の方に視聴いただくなど、国内外で大きな反響があった」と話す。

 SNSでの情報発信の影響もあり、今年に入ってから外国人観光客の参拝者数が増加傾向にある。「台湾人のブロガーの方に紹介いただいてから、特に台湾人の方が増えた。山間にあり交通の便が良いとは言えない同寺だが、京都市内の人ごみを避けて静けさを求めて来られる方も多い。SNSの情報発信力の大きさには驚くとともに、その使い方に注目している」と日下さん。

 同寺では12月2日まで「紅葉ウィーク」を開催中。毎月17日に限定公開している上書院を、期間中特別公開する。上書院からは目線の高さでモミジが楽しめ、切り取った絵画のような景色が楽しめる。

 日下さんは「今週末から来週にかけてが、紅葉の見ごろ。期間中には「押し花朱印づくり体験」などのイベントも開催するので、ぜひ足を運んでいただければ」と呼び掛ける。

 参拝時間は9時~16時。入山料は300円。拝観料は800円。

【地  図】京都府長岡京市浄土谷堂ノ谷2
TEL:(075)956-0017

阪急「長岡天神駅」・阪急「西山天王山駅」・JR「長岡京駅」の3駅がご利用になれます。
毎月縁日(17日)は、当山のシャトルバスが「阪急西山天王山駅」、「JR長岡京駅」の2カ所から発着しております。

「京阪淀駅」から「西山天王山駅」行きのバスも出ております。(およそ10分)

(阪急「西山天王山駅」からバスをご利用)
毎月縁日(17日)は、当山の送迎シャトルバスがございます。
阪急バスご利用の場合、最寄りのバス停は「奥海印寺」となり、バス停より当山まで歩いて40分。

(タクシーをご利用)
阪急西山天王山より車(タクシー)では10分程度です。
都タクシー予約専用番号 075-661-6611(直通)



コメント

高台寺、春の夜に万華鏡の世界 特別拝観始まる/京都

2017年03月04日 | 京都の寺社

万華鏡の世界が映像で白砂上に鮮やかに再現された



京都市東山区の高台寺で3日、春の夜間特別拝観が始まった。5月に中京区で万華鏡の世界大会が開かれるのを記念し、色とりどりの光の模様が回転する万華鏡の世界が方丈前庭に描き出され、参拝者が熱心にカメラを向けていた。

 実際に万華鏡を回して撮影した映像を基にしており、青や赤、紫の幾何学模様が回転する様子を白砂上に投影する。高台寺の後藤典生執事長は「万華鏡で見える光景は一瞬で、二度と見ることはできない。映像を通し、仏教で言う無常や命について考えてほしい」と話した。夜間特別拝観は5月7日までの午後5時から同9時半(同10時閉門)。有料。

 この日から、あんどんで通りを照らす「京都・東山花灯路」(12日まで)も同区で始まり、多くの観光客が訪れた。


コメント

京都  北野天満宮

2016年01月05日 | 京都の寺社
 京都  北野天満宮 






住所: 京都市上京区馬喰町 
TEL:075-461-0005
時間:[ 夏 ] 5:00~18:00 [冬] 5:30~17:30
交通:市バス 「北野天満宮前」下車 京福電車 「白梅町駅」から徒歩8分ぐらい





この日の朝、うまく参拝客が少し減ってきました。
このあともタイミング良く写真撮ることが出来ました。






開運絵馬    デッカイ!!





大福梅






守護縄 
 






お正月らしい煌びやかな輝き




お目当てのひとつはこの梅。

例年の暖冬ですがこの冬は特に暖かいようで昨年、暮れから開花していたようです。
だんだんと開花時期が早まっています。










コメント

北野天満宮  京都

2015年12月03日 | 京都の寺社

京都 北野天満宮 




住所: 京都市上京区馬喰町
TEL:075-461-0005 FAX:075-461-6556
受付時間:09:00~17:00
交通:JR京都駅より市バス50・101
    京阪三条駅より市バス10系統     
    京福電車白梅町駅より徒歩5分
縁日:毎月25日午前6時頃~午後9時頃
H  P


(2009年11月10日の記事を再編集)

9時頃、到着しましたが入り口付近からかなりの参拝客で込み合っています。
満員電車の中を歩いているようです。

楼門から社殿に向かいます。





本殿、菅原道真公をお祀りしています。
受験シーズンには凄いことになるんでしょうね。









お参りも済ませたので境内を見て回ります。




参道の隅々まで並ぶ露天のお店、季節によってもその種類は変わるそうです。

目的は骨董のお店なのでポイントだけ押えて見て回ります。










家具でもこちらは新しい物を売っています。




こちらはアンテイク、外人さんが覗き込んでいました。









ガラス製品に思わず目がいってしまいます。




さすが関西、派手なビリケンさんが並んでいます。





境内より外のお店が種類も多く面白い商品を扱っていて楽しかったですね。

地元の人だけでなく観光で訪れた人でも楽しい時間を過ごせます。

近くの北野白梅町から嵐電に乗って嵯峨野まで行けます。

毎月、25日に市(天神さん)が開かれますので訪れた際は是非、訪れてはいかがでしょうか。


コメント