DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

“楽天の秘密兵器”台湾出身の宋家豪 来季に向けフォークを猛特訓中

2017年11月30日 | 中華民國



(台北 30日 中央社)日本プロ野球・楽天で今季途中から支配下登録となった台湾出身の宋家豪(ソン・チャーホウ)投手(25)が29日、台北市内で開かれた記者会見に出席し、シーズンを振り返った。今季は1軍初登板を果たし、さらにクライマックスシリーズ(CS)で2勝を挙げたことについて「とても満足している」とコメント。来季は少なくとも15試合登板を目指したいと意気込んだ。現在は新武器フォークの習得に励んでいるという。

2015年、ドラフト2位で指名を受けた台湾プロ野球・統一ではなく、楽天と育成契約を交わし、日本でプレーすることを決めた宋。プロ入りして2年目となった今年の7月末、支配下登録が決定した。宋は選手寮で育成部長から通知を受けた瞬間、目頭が熱くなったと振り返った。

宋は、こんなに早く1軍に上がれると思っておらず、全くの予想外だったと話す。CSメンバー入りし、3試合に登板したことについては、「本当に夢みたいだった」と感慨深く語った。CSでは2軍やレギュラーシーズンでの試合をはるかに超える迫力があったと話し、2勝できたことは自分でも少しラッキーだったと思うと語った。

特訓中だというフォークの完成度について聞かれると、「10回中、成功するのは2回ぐらい」と笑った。現在はまだ試行錯誤の段階で、先輩やコーチから指導を受けているという。あとは、自身がいかに吸収してミスを減らせるかだと意気込みを示した。

コメント

台湾出身の謝依旻が女流本因坊を奪還

2017年11月30日 | 中華民國

謝依旻新女流本因坊



(台北 30日 中央社)囲碁の第36期女流本因坊戦五番勝負(共同通信社主催)の第5局が29日、日本棋院(東京都)で行われ、挑戦者の謝依旻女流棋聖が藤沢里菜女流本因坊に307手で黒番8目半勝ちし、3勝2敗で2期ぶり通算8期目の女流本因坊を獲得した。

同棋戦での2人の対決は3期連続。第34期では謝が、第35期では藤沢が勝利。今期タイトルを奪還した謝は、女流棋戦の優勝が通算27回に。自身が持つ最多記録を更新した。

謝新女流本因坊は30日、中央社のインタビューに応じ、「5局とも厳しい戦いでした」としつつも、「何とか3-2でいい結果を残すことができて、素直にうれしく思います」と声を弾ませた。

謝は女流本因坊6連覇、女流名人9連覇、女流棋聖5連覇などを果たしており、それぞれの名誉称号を名乗る資格を得ている。昨年には史上初の女流5冠も成し遂げたが、その後藤沢に相次いで敗れ、1冠に退いていた。

コメント

大気汚染を減らせ 高雄、公共交通機関を一部無料に 12月から/台湾

2017年11月30日 | 中華民國





(高雄 29日 中央社)南部・高雄市の陳菊市長は28日、大気汚染の軽減を目指し、市内の公共交通機関の運賃をICカードの利用で一部無料にすると発表した。12月から来年2月まで、3カ月間実施され、台湾で初の試みとなる。

同市政府環境保護局によれば、毎年冬の間、台湾の南西部にある高雄や屏東一帯では、北東から吹く季節風が中央山脈に遮られ、大気が拡散されにくくなる。中でも12月から2月の間は、大気汚染が最も深刻になるという。市は工業地域の排ガス量を規制すると同時に、今回の取り組みを通じて市民の公共交通機関の利用を促し、大気汚染の改善を図る方針。

同市によると、ICカードの利用で運賃が無料になるのは、市内を走るバスや高雄ライトレール(軽軌、LRT)で、高雄メトロ(MRT)は平日の午前6時半から午前8時半まで、午後4時半から午後6時半までの時間帯のみ無料になるという。

環境保護局の蔡孟裕局長は、大気汚染物質の濃度が最も高くなるのは朝夕のラッシュ時だと説明。公共交通機関の一部無料化で二酸化炭素(CO2)排出量1万6000トンの削減が見込まれているという。

コメント

京都市上下水道局、十条に移転へ 跡地は駅東南の振興拠点に

2017年11月30日 | 京都のニュース






京都市は29日、京都駅南側の上下水道局本庁舎(南区)を市営地下鉄烏丸線十条駅近くの同局資器材・防災センター(同区上鳥羽)に移転させ、跡地を京都駅東南部エリアの振興拠点として活用する方針を明らかにした。

 本庁舎は1956年、水道局が市役所(中京区)から移転したことに伴い建設された。敷地面積は約4400平方メートル。本館と別館を備え、総務部、水道部と上水道部の管理部門の職員約430人が勤務する。

 跡地活用は、市が3月に策定した駅東南部エリアの活性化方針に基づき進める。芸術活動の拠点誘致や商業・サービス機能の集積などを検討している。本庁舎南側の元山王小跡地と合わせた利用も想定している。賃貸や売却などで財源の確保にもつなげる。

 移転先の資器材・防災センターは本庁舎の南西1・8キロにあり、配水管や水道メーターなどを所蔵している。敷地は約1万5400平方メートルと広く、油小路通などの幹線道路にも近い立地から移転先に選んだ。

 新たな本庁舎は、緊急時の防災対応機能を備える。本庁機能を置くほか、応急給水や復旧作業を迅速化するため、南区、伏見区、下京区などを所管する上下水道管路の維持管理部門を集約する。市北部エリアを担う太秦庁舎(右京区)に対し、市南部エリアの拠点にする。

 29日の市議会代表質問で、門川大作市長は「水需要の減少が続く厳しい経営状況にある。(本庁舎の移転や跡地活用により)業務執行体制の効率化や、財政基盤の強化を図る」と答弁した。


コメント

新米1トン軽トラで運送 滋賀の農協を書類送検、法定量の3倍

2017年11月30日 | 京都のニュース

過積載が見つかったJAおうみ冨士の軽トラック(県警提供)



滋賀県警守山署は29日、道交法違反(過積載運送下命)の疑いで、守山市吉身3丁目の「おうみ冨士農業協同組合」と、同組合の男性課長(45)=守山市=を書類送検した。
 書類送検容疑は、9月19日~10月11日、最大積載350キロの軽トラックに収穫したコメ約1トンを積ませるなど、同市洲本町の「守山営農センター」から直売所「おうみんち」(同町)までの過積載運送を同組合の運転手に3回命じた疑い。
 同署が10月12日、同組合の過積載車両を同市内で見つけ、運転手が組合の指示で運んでいたと説明したため、捜査を進めていた。


コメント

民家で大麻800鉢栽培 滋賀、容疑でベトナム人4人逮捕

2017年11月30日 | 京都のニュース

民家で栽培されていた大量の大麻



滋賀県警東近江署などは29日、大麻取締法違反(栽培)の疑いで、同県日野町山本、無職の男(30)らベトナム4人を逮捕した。

 逮捕容疑は共謀し、29日、日野町山本の男が住む民家で大麻を栽培した疑い。
 県警組織犯罪対策課によると、民家は2階建てで、発見時は約800鉢の大麻で屋内が埋め尽くされていた。県内では過去15年で最大の押収量という。他にも乾燥大麻と見られるものが見つかっており、県警は大麻製造工場だったとみている。


コメント

祇園や二条城で「中国式白タク」容疑 京都府警が男逮捕

2017年11月30日 | 京都のニュース

 訪日客でにぎわう京都市の祇園や二条城などの周辺で、中国人グループを乗せて無許可営業で運転する「中国式白タク」をしていたとして、京都府警は29日、旅行会社長の武宮博洋(ひろし)容疑者(49)=同市伏見区桃山町因幡=を道路運送法違反の疑いで逮捕し、発表した。「白タクをしたのは間違いない」と容疑を認めているという。

 東山署によると、武宮容疑者は国土交通相の許可を受けないまま、10月上旬から11月中旬の5回、2~6人の中国人をワゴン車に乗せて観光地を回り、運賃としてそれぞれ4万~6万円受け取った疑いがある。中国語が堪能で、中国版SNSで客を募っていた。

 祇園では今年5月、違法駐車する白タクの苦情が寄せられ、取り締まりを進めていた。
(朝日新聞社)

コメント

大宮交通公園に自転車教育施設 京都市が新設方針

2017年11月30日 | 京都のニュース



 京都市は29日、北区の大宮交通公園内に自転車安全教育の拠点となる「サイクルセンター」を新設する方針を明らかにした。北消防署の移転を含む同公園の再整備の一環。門川大作市長は29日の市議会本会議で「2020年度の開設を目指す」と表明した。

盛ん。15年の京都新自転車計画によると、通勤通学の手段に自転車を使う割合が23・4%に上り、政令指定都市では大阪市に次いで高い。交通事故全体に占める自転車関連事故の割合も全国平均を上回る。

 代表質問で自民党の津田大三市議が「自転車の乗り方やルール・マナーを教育する場を常設で設けるべきだ」と要請した。門川市長は「全国の先進モデルとなる自転車安全教育の拠点となるよう、北消防署の移転を視野に20年度中の開設を目指す」と答弁した。

 市建設局によると、設置場所は、子どもが交通ルールを学ぶゴーカート施設がある公園の中央部や南東部を想定している。実際に自転車に乗ることができる広さの場所を確保する。同公園は開園から50年近くたち、ゴーカート施設が老朽化しているが、「存続の是非はまだ決まっていない」としている。

 有識者でつくる市都市緑化審議会が今年8月、「市内唯一の交通公園の位置づけは引き継ぎつつ、自転車の安全教育を中心とした新たな交通学習施設を設けるべき」と市に答申していた。

コメント

障害者の入店・乗車拒否相次ぐ 京都、禁止条例認知度低く

2017年11月30日 | 京都のニュース



 障害者が、障害を理由に飲食店などの入店やバスの乗車を拒否された事例が、京都府内で2016年度に少なくとも5件あったことが、府の調査で分かった。府は条例で障害を理由とする不利益な扱いを禁止し、可能な限り対応する「合理的配慮」を事業者に求めているが、条例の認知度は依然低い。中には障害者の支援団体が拒否事例に関与していたケースもあり、府は条例に基づき指導した。

 府によると、盲導犬を連れた視覚障害者が京都市内の飲食店で入店を拒まれたほか、京都市内の飲食店を訪れた車いすの2人が、店内に空席があるにもかかわらず、「1人はいいが、2人はほかの客に迷惑がかかる」と入店を断られた。府南部のスーパー銭湯では、衛生上の問題を理由に車いすでの来場を拒否されたという。

 障害者支援団体が関わったのは、障害者のスポーツイベントに参加するため車いすの利用者が、送迎バスを手配した障害者支援団体に乗車を求めたところ、バスが車いすに対応していないことを理由に断られた事案。京都市内で、車いす利用者であることを理由にコンサートに参加できなかったケースもあった。いずれも府が指導した結果、利用が認められた。
 
府は昨年4月施行の障害者差別解消法に先行して、「障害のある人もない人も共に安心して生き生きと暮らしやすい社会づくり条例」を15年4月に施行した。15年度の拒否事例は2件だった。

 府が今年8月に実施した調査では、条例を知っている府内の障害者は1割に満たなかった。府障害者支援課は「条例の認知度を高め、障害を理由に不利益を被ることのない社会づくりに努めたい」としている。

■滋賀でも1件
 滋賀県でも16年度に、障害者が飲食店への入店を拒否された事例が把握できるだけで1件あった。県によると、長浜市内の飲食店で車いすの利用者が「車いすでは入れない」と拒絶され、店側は現在も県や市の指導に応じていないという。

コメント

台湾で韓国人大家が住人の韓国人女子学生を盗撮

2017年11月29日 | 世界各国



中国メディアの海外網によると、台湾の台北に留学している韓国人女子学生2人がこのほど、大家である韓国人の男から盗撮の被害に遭った可能性があるとして警察に助けを求めたという。

香港メディアの東網が伝えたもので、台北市内の語学学校に通う2人は同じ韓国出身の男から部屋を借りていたが、トイレ内の洗面台の下に、便器の方に向かって小型カメラが取り付けられているのに気付き、カメラ内のメモリーカードを抜き出して大家の男を問いただした。

しかし、大家は盗撮を認めず、メモリーカードを返却するよう求めたため、女子学生は疑念を感じたものの同じ韓国出身ということもあり男にメモリーカードを返した。しかし、しばらくして2人はやはり不審を覚え、男にメモリーカードを渡すよう要求したが、メモリーカードの中身がすでに書き換えられていたため警察に通報したという。

警察の調べで、男の携帯電話から3人の女性を盗撮した画像や動画が見つかった。だがこの3人は通報した2人とは別人で、いずれも以前に男から部屋を借りていた韓国人女性だという

コメント

長岡京の紅葉が見ごろ

2017年11月29日 | 京都のニュース



京都府長岡京市の各地で紅葉が見ごろを迎え、11月25日、26日には各所でイベントが行われる。

 紅葉の見ごろを迎えているのは、柳谷観音・楊谷寺、光明寺、長岡天満宮などの、モミジの名所。

 柳谷観音では12月3日まで「紅葉ウィーク」を開催中。毎月17日に限定公開している上書院を、期間中特別公開する。上書院からは目線の高さでモミジが楽しめ、切り取った絵画のような景色が楽しめる。

 26日には、「長岡京の名産品の竹で作るお箸」「伏見の酒蔵の秘蔵の酒かすで作るかす汁」「京都産のバラで作るバスソルト」など、お寺でさまざまな講座を楽しめる体験イベントが行われる。当日は朱印のライブパフォーマンスで知られる「のこ坊」の「御朱印ライブ」も行われるほか、長岡京や伏見の飲食店や弁当会社が「弁当」「肉巻きリゾット」「ポトフ」などを提供する。

 25日、26日の両日は、「WILLER」が企画する「レストランバスモニターツアー」が行われる。

 長岡京市と観光周遊施策などの業務提携を結んでいる同社が企画した同ツアー。

 同社の吉田郁生さんは「当社は長岡京での観光活性化の為に、新しい観光施策を模索している。新しい取り組みとして、今後レストランバスが長岡京市及び周辺のエリアでどのように運行できるかを検証するのが狙い」と説明する。

 「コースにより光明寺や長岡天満宮の紅葉、サントリービール工場を楽しみながら、カフェメニューやランチメニューを楽しめる。今回は、ユーザーからの声を集める為に、モニターツアーとして実施し、座談会などでの意見を今後の改善に繋げていきたい」と話す。

 柳谷観音・楊谷寺の参拝時間は9時~17時。参拝料は200円。モミジの紅葉を楽しめる上書院の入館料は500円。各講座は当日も受け付ける。

 光明寺の参拝時間は9時~16時(受付終了)。参拝料は500円。中学生以下無料。

コメント

揺れて念仏宗祖しのぶ 京都・東本願寺で坂東曲

2017年11月29日 | 京都のニュース



京都市下京区の東本願寺(真宗大谷派本山)で営まれている報恩講は28日最終日を迎え、僧侶たちが体を激しく揺り動かしながら念仏を唱える「坂東曲(ばんどうぶし)」が行われた。宗祖親鸞の木像が置かれた御影(ごえい)堂には多くの門信徒たちが詰めかけ、僧侶たちの動きに見入った。

 坂東曲は、鎌倉時代から南北朝時代に関東地方の僧侶たちが始めたとされる。親鸞が越後(新潟県)に流罪になった際の船上の様子を伝えるともいわれるが、詳しいルーツは不明という。現在では、親鸞をしのんで命日の同日にのみ行う。

 「堂衆」などと呼ばれる僧侶ら約60人は、正座したまま上半身を前後左右に揺らしながら、親鸞が平易な言葉で教え記した「高僧和讃(わさん)」を堂外まで響き渡る大きな声で読み上げ、「南無阿弥陀仏」と独特の節回しで唱えた。

 この日は、約6千人の参拝者が詰めかけた。お堂の内外を仕切る障子が取り払われ、僧侶たちの動きを一目見ようと人垣ができた。同寺の報恩講は21日に始まり、8日間で計約3万7千人が参拝した。

コメント

伝統産業に“弟子入り”、成果を作品に 京都精華大で展示

2017年11月29日 | 京都のニュース



京都精華大(京都市左京区)の学生が京の伝統工芸、地場産業の工房・企業に“弟子入り”した成果を発表する「京都の伝統産業実習」報告展が28日、同大学内ギャラリー・フロールで始まった。手仕事の現場で学んだ技術に、学生らしいみずみずしい感覚を注いだ作品が会場を彩っている。

 1980年から続く学外実習で、今年は計42人が2週間、染織、京版画、漆芸、組紐(くみひも)、香、文化財修復など21の工房・企業で、職人らの指導を受けた。

 竹工芸の工房を体験した学生は、編み上げた柔軟な竹材に革と籐(とう)を組み合わせたモダンデザインの竹かばん、リュックサックを発表。植物染料特有の色の深みがある藍染めハンカチ、漆を施したスマホケース、錺(かざり)金具の技術を生かしたパズルなど自由な発想の約100点が並んだ。

 綾部の黒谷和紙の工房で実習した日本画コースの宇野初乃香(そのか)さん(20)は「和紙はとても丈夫で、(墨や絵の具が)いろんなにじみ方をして面白い。日本画を紙から作ってみたいと思いました」と話していた。12月2日まで。無料。

コメント

国道に新たな陥没、復旧工事続く 京都・向日「呑龍トンネル」

2017年11月29日 | 京都のニュース



地下の配管接続工事現場(京都府向日市鶏冠井町)で漏水と土砂流出が見つかった京都府の貯水施設「いろは呑龍(どんりゅう)トンネル」は、28日も国道171号の陥没箇所復旧や止水に向けた工事が続いた。府などは国道の南行2車線の通行を規制し、北行2車線で対面通行を実施。国道の復旧見通しは立っていない。

 漏水と土砂流出は27日朝に発生。当初は国道交差点付近で約57ミリの陥没と地中に空洞が確認され、府などは南行1車線を規制して復旧作業に当たったが、28日に新たな陥没と地中の空洞が見つかったため車線規制を拡大して復旧工事を急いでいる。

 府流域下水道事務所によると、空洞の埋め戻しは同日午前4時で完了。その後のボーリング調査で他の空洞は確認されていない。ただ、地下の工事現場では漏水が止まらず、府などは水漏れを止めるための薬剤注入工事と地質改良工事を平行して続けている。

 国道171号の通行規制は漏水が止まるまで続くといい、同事務所は「一刻も早く道路の規制を解除するため、止水作業に全力を挙げている」としている。

コメント

花背の三本杉「日本一」認定、高さ62・3メートル 京都

2017年11月29日 | 京都のニュース



林野庁が「日本一高い木」と発表した京都市左京区花背の大悲山国有林に立つ「花背の三本杉」について、同庁は28日、最も高い木の高さを62・3メートルと明らかにした。

 これまで国内最高とされてきた高さ59・6メートルの愛知県新城市のカサスギを2・7メートル上回った。3本のうち別の1本も60・7メートルあり、全国1、2位を独占することになった。

 花背の三本杉は、3本そろって天に向かって伸び、地元の峰定寺の神木として信仰を集めてきた。従来は35メートル前後とみられてきたが、林野庁京都大阪森林管理事務所が専門機器で測り直した結果、日本一の樹高だったことが判明した。

 同事務所はこの日、現地で測定の実演や小型無人機「ドローン」を使った樹冠の観察を行い、住民らと一緒に「高さ日本一」を祝った。

コメント