DUKE Train

台湾・京都関連中心に日々のニュースを取り上げています。

ピコ太郎さん、台中花博版PPAPを披露 宣伝大使に就任

2018年06月16日 | 臺 中
ピコ太郎さん、台中花博版PPAPを披露 宣伝大使に就任


ピコ太郎さん、宣伝大使に就任 


ピコ太郎さん、台中花博版PPAPを披露 宣伝大使に就任 

(東京 15日 中央社)歌手のピコ太郎さんが15日、今年11月に開幕する台中フローラ世界博覧会(台中花博)の宣伝大使に就任し、花博をPRする特別版「ペンパイナッポーアッポーペン」(PPAP)を東京都内で開かれた発表会で披露した。林佳龍台中市長は、花博のフリーパスをピコ太郎に贈呈することをその場で決め、奥さんと一緒に来てもらえればと招待した。

ピコ太郎さんは「アイ・ハブ・ア・イチ、アイ・ハブ・ア・チュウ、アン、イチチュー(中国語で“一緒に行こう”の意)」、「アイ・ハブ・ボールボール、アイ・ハブ・ボールボール、アン、フォーボール(花博の中国語発音に類似)」と歌い、リズムに合わせて中国語で「花博に一緒に行こう」と呼び掛けると、会場は歓声に包まれた。

台湾は一番好きな国だというピコ太郎さん。台湾にはパイナップルケーキやパイナップルリンゴジュースがあるからと話し、PPAPの歌詞と完全に一致していて驚いたと明かした。パイナップルケーキの故郷は台中だと林市長から教えられると、ピコ太郎さんは「では明日行きます」と即答し、笑いを誘った。

林市長は報道陣の取材で、ピコ太郎さんが日本外務省から「持続可能な開発目標」(SDGs)の推進大使に任命されていることに言及。花博も持続的発展の理念を掲げており、ピコ太郎さんにオファーを出したと説明した。ピコ太郎さんは台湾が好きで、花博の理念にも共感したため、快諾したという。

コメント

日本統治時代の駅舎残る台中駅など、16日に高架化へ

2016年10月14日 | 臺 中

現在の台中駅(左)と16日から供用が開始される新駅舎



(中央社)台湾鉄路管理局西部幹線の后里―烏日間21.7キロが、16日に高架化される。日本統治時代に建設された駅舎が残る台中駅のほか4駅が高架駅となるほか、新たに5駅が開業し、市内の移動利便性が向上する。

高架化は連続立体交差事業の進展を受けてのもの。台中駅では15日午後8時55分に出発する特急自強号が、地上駅を離れる最後の列車になる。その後翌朝まで線路の切り換え工事が行われ、午前6時から新線の供用が開始される。

現在の台中駅舎は今後も当面の間出入りが可能。高架駅とも徒歩で連絡できるという。


コメント

 臺灣 臺中レトロテーマパーク

2015年11月21日 | 臺 中
臺灣 臺中 臺灣香蕉新楽園人文生活館
1950年代の台中の街並みを再現したテーマパーク 






住所:臺中市雙十路2段111号    
Tel:04-2231-7890  
時間:11:30-翌2:00  
無休

今回の台湾行きの大きな目的のひとつがこのお店を訪ねることでした。
台中の有名な建物で日本人を含め、年間25万もの人がここを訪れたと言われています
このお店のオーナーの呉さんが収集した日本時代や戦後間もない頃のグッズを元にお店作りをされたと言う事です。

基本的には台中の1950年代の風景を再現、屋内には理髪店や洋品店、雑貨屋、写真館、歯科診療室などが復元されており小物の1つ1つが貴重な資料です。
レトロな街並みはどこか私が育った東京の街並みにも似てなつかしかった!!

スタッフに上海の街並みを再現した別のお店もあるので是非,行ってね、名刺をもらいましたが
更にこの日は近くの繁華街(一中街と中華路夜市)を予定していたので残念ながら行けなかった。


【新楽園上海】
台中市西屯区成都路319号(文心路交差点)
Tel:04-2297-2060

































雰囲気のあるメニュー 。










タピオカミルクテイーを選びました。

このお店では100元以上のオーダーをして下さいとの事。
昼食べたばかりでこの後、夜市も行かねばならず
ミルクテイーは60元でしたが100元でいいよと
会計をしてもらった。







スタッフ達、気軽に写真撮らせていただいた、

















































































コメント

臺灣・臺中で見た青空

2006年12月09日 | 臺 中
臺灣・臺中で見た青空 










台北から高速バスで台中バスターミナルに着き、ホテルを探すため台中駅前まで歩いてきた。

台北でも暖かったがここはすでに南国、暑い!!

11月というのに夜でも26度、冬でもエアコンは冷房が当たり前。


体中から汗が噴出してくる、半袖のシャツを買おうと

近くのお店を探し歩くが??? 思いっきりダサイ!!


あきらめて再び、駅前に行くと駅舎の上に一本の真っ白いラインが伸びている。

絵に描いたような光景にしばしカメラを出すのも忘れて見ていた。



真っ青な空に切り込むような二本のライン(二本に見えますか?)

東京でこんな青い空なんて正月くらいしか見たことが無い。

ふと、我に返りカメラで撮りました。

わたしの旅行は街歩きが目的、朝の市場から賑やかな公園を見て回り

夜は夜で夜市からデープな食堂街を食べ歩いています。


この空を見て一箇所くらい景色のよい場所を訪れようと決心しました。




駅前のホテルを探しチェックインするとフロント近くにいた、おばあさんが

きれいな日本語で話しかけてくれました。

そこでどこか景色の良い場所はありますか?とお聞きすると

(ユーリエタンに行きなさい、綺麗だから)

ユーリエタン?日月澤ですか?と聞きなおすと

(綺麗な湖だから行きなさい)と念押しされました。


結局、翌日に日月澤行きを決行する事にしました。



このおばあさんには夜市の事やおいしい食堂、市場の場所など

親切に教えてもらいました。

1日中、フロントの横の大きな椅子に座ってお客さんの相談にのっている

この方はいったいホテルのどんな係りなのか最後まで解らずじまいでした。





コメント

臺鐵 臺中車站

2006年03月11日 | 臺 中


臺鐵 臺中車站




交通:鉄道・高鐵台中駅改札を出て台鐵(在来線)新烏日駅乗り換え台中駅
   台鐵(JR)台北から自強號:375元(2時間) 莒光號:289元(2時間30分)
   バス・国光客運・飛狗巴士・台中客運など 250元ほど
バス会社によっては台中市内まで直接乗り入れず中馬から市内まで連絡バスによる場合があります。









重厚な駅舎が横たわっています。

日本統治時代の駅舎、東京駅と同じ人物による設計によるものです。










この日は改装中、ペンキを塗っているだけですがペースが早く1日で半分仕上がっていました。








改装後、天井の高い待合室が一段と綺麗になっています。




駅裏には古い倉庫郡を利用したギャラリーやカフェ、おしゃれスポットがあります。
(駅の正面左に連絡通路があります)





コメント

臺中 富春大飯店

2006年03月11日 | 臺 中
臺中 富春大飯店




住所: 臺中市中区中山路1号 
TEl:04-2228-3181
S:530元(1500円ほど)  T:1000元(3000円ほど)

台中の駅前、交通量は多いが騒音は気にならない。

ホテルの1Fには餃子や麺類、ご飯類の店があり便利、しかし夜は早くしまる。
夜遊び好きな私は帰りがいつも22時過ぎ、とうとう食べる事無くホテルを
後にした。

入口近くの大きな椅子に日本語の出来るお婆さんがいて何かと旅行の
相談に乗ってもらった。

朝6時頃、市場に行こうとしたらすでに座っていてビックリした。
“道はわかるの?気を付けて行ってらっしゃい”と声をかけられた。

日本の食べ物が好きで日本の沢庵が特に好きだそうです。
次に行く時はたっぷり、お土産に持って行きたい。

室内は広く、掃除が行き届き浴室も広め、格安ホテルですが
エアコン付きでした。

通常、駅前に繁華街が広がっていますが今は少しはなれた場所に
デパートや映画館、おしゃれスポットが集中しています。

今、地下鉄を含め駅前の再開発が計画されているようです。














駅前には台中名物の(太陽餅)の店が10件近くありました。

ほとんどの店が箱売出りで味を試そうにもなかなかバラで売ってくれず
2~3軒くらいしか食べる事が出来なかった。

生地は何層にも練りこんでいるようでパイ生地状でサクサクとしています。

桃園国際空港の(新東陽)の物とほぼ同じ味がした。











コメント

臺中で見た青空

2006年03月10日 | 臺 中
臺中で見た青空








臺北から高速バスで臺中バスターミナルに着き、ホテルを探すため臺中駅前まで歩いてきた。

臺北でも暖かったがここはすでに南国、暑い!!

11月というのに夜でも26度、冬でもエアコンは冷房が当たり前。


体中から汗が噴出してくる、半袖のシャツを買おうと

近くのお店を探し歩くが??? 思いっきりダサイ!!


あきらめて再び、駅前に行くと駅舎の上に一本の真っ白いラインが伸びている。

絵に描いたような光景にカメラを出すのも忘れて見ていた。



真っ青な空に切り込むような二本のライン(二本に見えますか?)

東京でこんな青い空なんて正月くらいしか見たことが無い。



わたしの旅行は街歩きが目的、朝の市場から賑やかな公園を見て回り

夜は夜で夜市からデープな食堂街を食べ歩いています。


この空を見て一箇所くらい景色のよい場所を訪れようと決心しました。




駅前のホテルを探しチェックインするとフロント近くにいた、おばあさんが

きれいな日本語で話しかけてくれました。

そこでどこか景色の良い場所はありますか?とお聞きすると

ユーリエタンに行きなさい、綺麗だから


ユーリエタン?日月澤ですか?と聞きなおすと

綺麗な湖だから行きなさい と念押しされました。


結局、翌日に日月澤行きを決行する事にしました。



このおばあさんには夜市の事やおいしい食堂、市場の場所など

親切に教えてもらいました。

1日中、フロントの横の大きな椅子に座ってお客さんの相談にのっている

この方はいったいホテルのどんな係なのか最後まで解らずじまいでした。






コメント

臺灣  市場めぐり 臺中 建国市場

2006年03月04日 | 臺 中
臺灣 市場めぐり
臺中 建国市場




台中駅から歩いて10分くらい、付近には駅前と同じほどのバス会社のターミナルがあり

大型バスが常に何台も止まっています。

築地のように朝は早くはなくせいぜい7時くらいから人が集まり始めます。

メインの通りは十文字に2本の道があり、これに細かな路地が複雑に入り組んでいます。

ある程度、同じ業種が同じエリアに集まっています。

当然、品物は安く普通の感覚で一人で食べようとフルーツを買ったのですが

驚くほど袋にいっぱい詰めてくれました。

多すぎてホテルの人たちへのお土産になってしまいました。



東南アジアでは常に(鳥インフルエンザ)の懸念がありますがこの市場の一角には

生きた鳥達もいっぱいいて逃げるように通り抜けました。



































意外と付近には食堂街が少なく(朝早かったせいか)小さなお店が一軒あっただけでした。

しかし、熱々のメニューが並び台湾の朝を満喫できました。

台湾風揚げパン(油條)、これに甘めの豆乳、こちらも熱々でした。







コメント

臺灣 臺中 レトロテーマパーク

2005年11月09日 | 臺 中
臺灣 臺中
 臺灣香蕉新楽園人文生活館
1950年代の台中の街並みを再現したテーマパーク





住所:臺中市雙十路2段111号 
Tel:04-2231-7890  
時間:11:30-翌2:00  
無休

今回の台湾行きの大きな目的のひとつがこのお店を訪ねることでした。
台中の有名な建物で日本人を含め、年間25万もの人がここを訪れたと言われています
このお店のオーナーの呉さんが収集した日本時代や戦後間もない頃のグッズを元にお店作りをされたと言う事です。

基本的には台中の1950年代の風景を再現、屋内には理髪店や洋品店、雑貨屋、写真館、歯科診療室などが復元されており小物の1つ1つが貴重な資料です。
レトロな街並みはどこか私が育った東京の街並みにも似てなつかしかった!!

スタッフに上海の街並みを再現した別のお店もあるので是非,行ってね、名刺をもらいましたが
この日は近くの繁華街(一中街と中華路夜市)を予定していたので残念ながら行けなかった。


【新楽園上海】
臺中市西屯区成都路319号(文心路交差点)
Tel:04-2297-2060










































雰囲気のあるメニュー 。









タピオカミルクテイーを選びました 
このお店では100元以上のオーダーをして下さいとの事。
昼食べたばかりでこの後、夜市も行かねばならず
ミルクテイーは60元でしたが100元でいいよと
会計をしてもらった。






スタッフ達、気軽に写真撮らせていただいた、











































































コメント