DUKE Train

台湾・京都関連中心に日々のニュースを取り上げています。

韓国 釜山 梵魚寺 ポモサ

2012年03月12日 | 韓国


韓国 釜山 범어사 梵魚寺 ポモサ





住所:釜山市金井区青龍洞546番地
住所(韓国語):부산광역시 금정구 청룡동 546번지
交通:地下鉄1号線梵魚寺(ポモサ・BEOMEOSA)駅下車、タクシーで2500ウォン(急な道なので是非、車で!!)
【地  図】 



毎日使っていた地下鉄1号線 を使って向かいました。
梵魚寺駅は釜山の中心地から北にあり終点のひとつ手前です。

駅に近づくと山並みが見えてきました。
いよいよなんだという想いが強くなってきました。


地下鉄の改札には他の駅と違いこんな飾りがついています。




地上に出ると目の前には警察署があります。
その先には山に向かう道があります。

(横断歩道を右方向へ進みます)



墓所に続く道路。
平らに見えますがこの地点からすでに勾配が強くなっています。
是非、タクシーを使ってください。





歩き始めるとすぐこんな花屋さんが何軒も。
冬にもかかわらずなぜかこんなにも鮮やかな色彩です。

市内で花屋が見つからずいいタイミングで発見できたと喜んだものの
近づいて見ると。。。。。結局買いませんでした。

・・・どうして???







広大な公園のような墓所が広がっています。
全部のお墓に花が供えてあります。
不自然なほど色鮮やか!!

そう、全部、造花なのです。
先ほどの花屋さんの店頭にあった花は全部造化でした。


この右手に有名な禅寺、梵魚寺があります。
今回は素通りさせてもらいます。



道路が左方向に曲がっていくと急に広い道になりました。
車が何台も駐車しています。





お墓の場所がわかるのか?不安になったその時、小さな案内板が目に入ってきました。










やっと来ました、10年は長かった!!

遅くなりました。やっとあなたのもとに来ました。

飛行機に乗れば2時間ちょっとの距離なのに10年かかってしまいました。


李秀賢(イ・スヒョン)さん 、あなたに会いにきました。

・・・昨年、10周忌が行われました。 




韓国語、日本語、英語、中国語で書かれています。



(碑文全文)

ここに眠っている李秀賢さんは2000年1月日本の日本語学校の赤門会に留学中2001年1月26日午後7時15分頃、東京の新大久保駅にて線路に落ちた男性を救うため、自分の身をかえりみず飛び込み亡くなりました。
 2001年1月30日遺体が釜山に帰り、同年4月9日釜山広域市と釜山広域市教育庁が共同でこの勇敢な行為をたたえ追悼事業の一環としてここに安置しました。













あの時のショックは未だに強烈に残っています。

他の日本人より韓国事情がわかっていただけに・・・

何で韓国人が日本人のために命をかけてまで救おうとしたのか??

当時、まだまだ反日の韓国。
小学校でも日本の侵略についての教育が徹底的に行われていました。
それも秀吉の時代から明治の時代のことまで事細かく教えていた時代です。


当時、韓国の人の受け止め方もなんで日本人のために命を懸けた??
と、いうのが大筋の捉え方でした。

彼のおじいさんも日本のために辛い過去がありました。
ご両親も

何のために日本に行ったんだ!! と。
死ぬために留学させたのではない!!


私も韓国人なら当然の想いだと理解していました。

その後、何故彼がこんな行動をとったのか知るにつれ日本人とは違う韓国人の思いが伝わってきました。

韓国の動画サイトでは日常的に線路に落ちた人を助けに飛び込む人の姿が投稿されていました。

韓国では地下鉄が東京並みに発達しており酒豪ぞろいの韓国では酔っ払いがよく線路に落下することもよくあることでした。

命を懸けてその人を救出することは当たり前のことでした。

当時、
日本では命を落とす危険をおかしてまで人を助ける。。。

そんなこと、ありえませんでした!!

この後、日本でも危険を顧みず同じような行動をとる人が続出しました。

あなたが日本に来て嫌がらせを受けたり嫌なことも多かったようですね。
それでも尚、日本のため、日本と韓国の友好のために役に立つ人間になりたい・・・
と思ったのは何故ですか??

今でも韓国と日本のために一生懸命なのでしょうね!!
きっと昨年の震災の際もどこかで力を貸してくれていたのでしょうね。

日本は決してあなたを忘れません、このあと100年たとうが忘れることはありません。









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

臺北 豊盛食堂

2012年03月10日 | 臺灣グルメ
臺灣家郷料理
臺北 豊盛食堂




住所: 台北市大安区麗水街1-3号
時間:11:30~14:00、17:00~21:00
休み:なし
交通:MRT東門駅5番出口徒歩5分



メインの通り永康街に並行する麗水街にあります。







こちらはオーナーの陳さんが実家で食べていた農村料理を忠実に再現しています。
化学調味料は極力使わず素材のうまみを引き出しています。

旬のものを中心に使い素材の持つ味を極限にまで求めています。
店内のメニューには写真を使ってありますから指差しでOKです。

その日、仕入れた材料がレジ横のケースに入っています。

















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

韓国 釜山 草邑オリニ大公園

2012年03月09日 | 韓国




초음어린이대공원 チョウムオリニデコンウォン
釜山 草邑オリニ大公園 





住所:부산시 부산진구 새싹로295
    釜山市釜山鎮区セッサッ路295




今回の釜山行きは全くガイドブックのない旅になりました。
地元の韓国料理のお店の夫婦からきめ細かい情報をもらったから!

その中でも
朝早くからお年寄りたちを中心に賑わっている公園があるのでぜひ、行ってごらんなさい
と薦められたのがこの公園です。

単なる散歩道が続く大きな公園 ・・・と考えていたのが大きな間違いでした。


プールや遊園地、水族館、様々な施設からなる巨大なテーマパーク でした。
それも山全体を使った施設で大きな人造湖まであります。

中にはJR山手線の新大久保駅で線路に落ちた男性を助けようとして命を落とした韓国からの留学生、李秀賢さん の記念碑もたてられているそうですが場所がわかりませんでした。


(クリック!)日本語の案内もあります




入口付近のモニュメント

ここまでの交通機関はバスかタクシーしかなくホテルからタクシーでやって来ました。
西面ソンミョンから8,000W(600円くらい)、15分くらいの距離でした。

この後ろには朝食を出す屋台も出ています。











私はホテルで熱いシャワーを浴びてきたのでまだ体が温かくダウンジャケットもいらないくらい。

私の後ろからお年寄りたちが次々と追い抜いていきます。
その姿を見るとかなりの重装備、帽子やマフラー、手袋までしています。
着ている物もかなり重ねている様です。相当寒いのか?

小さな渓谷が続きます、
素晴しい景色です。



山全体にこのような遊歩道が整備され急な崖にそって山の各所に道が作られていました。
ゆったりしたように見えるこの道も歩くとけっこうな勾配があります。
私はいきなり息が荒くなっていきました。
このあたりでやっと寒さがこたえてきました!!

しかし次々と追い抜いていくお年寄りたちにとっては毎日のことなのか軽い足取りで上って行きます。












山の中腹にある人造湖、釜山の人の貴重な水源になっているようです。

春の緑の濃い季節や秋の紅葉の季節はさぞや素晴しい色合いになることでしょうね!!


釜山もソウル同様、巨大な都市ながら街は山に囲まれ自然が身近にあります。
体を動かすことの好きな韓国の人にとっては絶好の場所のようです。


この湖の近くでは大勢のお年寄りたちが特製のコートでバトミントンに興じていました。
丁度私が通りかかると練習が終わったようで山を降りるところでした。

しかしその足取りも軽くあっという間に姿が見えなくなってしまいました。
























コメント
この記事をはてなブックマークに追加

韓国 ソウル 東大門

2012年03月07日 | 韓国



韓国 ソウル 
동대문 東大門Dongdamun





この付近、昔は24時間営業。
今はどうなっているのか?

南大門市場と違い観光客より地元の人の街でした。
夜・・・はるかに遅い時間帯、韓国各地より大型バスに乗った人たちが押しかけました。
地方で営業している人たちが営業を終え仕入れに訪れるのです。
明け方近くまで買い込み大きな袋をいくつも抱えたアジュマ(おばさん)やアガシ(お姉さん)が再びバスに乗り込み自分の店に向かうのです。

朝方早い時間に散歩をしながら通りかかると大きな袋(買い込んだ商品が入っています)の横で疲れて寝込んでいる人が大勢いました。


東大門の象徴、興仁之門 フンインジムン
昨年放火にあい現在再建中。



昔はこの付近にたくさんあった屋台の数が極端に少なくなっていました。
東大門の屋台はみなこのタイプでした。なにか規制があったのか??



道路沿いのビル。
ピンクっぽいビルと白い細長いビル。
これらの建物が連なり問屋街の中心になっています。

向かって左側がを中心にした建物。
右側がペットショップ の建物。

このビルの裏側には文具、壁紙、おもちゃなどの問屋が集中していましたが現在はどうなっているのでしょうか?  これから歩いてみます。



靴のビルには相変わらずお店がぎっしりと入っています。
ビルの左から問屋街に向かいます。
入り口付近の食堂の店先にこんな大きな寸胴に何やらグツグツと煮込んでいます。



生地屋 さんの通りです。



文房具屋さんが集まっている通り。
おもちゃ屋さんの数が激減しています。



表通りのペットショップ。
犬、猫、熱帯魚のお店が集まっています。

この付近、鳥の店が連なっています。







このお店、ふたをしていません。
すずめが堂々とえさを横取りしています。
それにしても鳥は逃げないのでしょうか??



以前なら裏の路地から路地まで車が入り込み1日中喧騒の中にあった問屋街。
その間を縫うように走り回っていたバイク便 、その姿もありません。

今や車も人もめっきり減ってしまい昔の面影が全く感じられません。
やはり韓国の景気の悪さは相当なもののようです。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

韓国 ソウル 東大門

2012年03月07日 | 韓国



韓国 ソウル  東大門Dongdamun




久々の東大門、トゥサンタワーやミリオレなどのビルは相変わらずですが他にも見覚えの無いビルがいくつも建っていました。

昔は野球場でその後、そのまま中古車の展示販売されていた場所がなくなり凄い建物が建築中です。



巨大なUFOのような建物が連なっています。
全体像が見えません。



トゥサンタワーから撮りました。
いくつかの建物からなる複合施設のようです。




トゥサンタワーの反対側に出来たファッションビルから撮りました。
それにしても巨大な建物です。




建物の周りの工事用フェンスに描かれた完成図。
かなり巨大な施設です。








なんと読むのでしょうか?



スポーツ施設、ファッション店舗など様々な施設が入る複合施設です。

結局、完成が遅れに遅れ2014年春になりました。

東大門デザインプラザ(DDP) 










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

韓国 ソウル 国鉄ソウル駅~東大門市場

2012年03月03日 | 韓国



韓国 ソウル
서울역クッチョルソウリョッ  国鉄ソウル駅 





プサン駅を出て3時間でソウル駅に到着しました。

日本の新幹線と同じく停車する駅の数で様々なタイプがあるようです。
2時間くらいで着く列車もあるそうです。

出発時は2割くらいだった乗客も途中から次々と乗り込みほぼ満員になりました。

改札を通らずに列車に乗ったわけですが当然、車内検札があり切符を確認しました。
最初は静かだった車内もソウルに近づくほどに乗客の会話も携帯での会話も大きくなりました。

やはり韓国人の声はデカイ!!
簡単に習慣は変わりませんでした。

私の座席は進行方向とは逆でしたが快適な乗り心地でした。

ソウル駅に到着しても改札は無くホームからそのままこのエントランスに出てきました。
プサン駅同様、空港を思わせる広い空間、ほぼ全面ガラスで明るい雰囲気が広がっています。

駅構内には大勢の人で溢れています。





この新しい駅は経験が無く地下鉄の入り口がわかりません。
ここでも切符の自販機の場所まで聞きまくりました。
やはり誰に聞いても親切に教えてくれます。




地下鉄1号線で東大門に向かいます。
20数年来ていなかったが各駅の名前はしっかりと覚えていました。

地上に出るとすっかり様子が変わっています。
深夜に韓国各地から到着する高速バスのための巨大な駐車場は工事中。
東大門を横切るように天井を走っていた高速道路は姿を消し公園のような川面が明るい景色を演出しています。


三渓川 チョンゲチョン

以前はこの上を道路が走りその上を高架の道路が走っていました。
高架の道路の老朽化が激しく大掛かりな修復をするか撤去するか問題になり市長選が行われた際、撤去派の市長が当選したことからこのような道路自体を撤去し昔の川を復活という世界に例を見ないプロジェクトが行われました。

まずは高架の道路を解体し暗渠(あんきょ)を掘り出しこのような小川に変身させました。
両側には歩道を設け散策が出来る川になりました。


この川のおかげでこの街全体が明るくなっていました。
夜にはライトアップされるそうです。









두타
doota! トゥサンタワー


東大門市場を代表するファッションビルです、もうひとつ近くに
밀리오레 동대문 ミリオレ東大門  ミリオレ・トンデムンというビルもありますが小さなテナントが密集していて買い物をするにも満員電車の中を歩き回るようで息が詰まりそうな感覚を覚えます・・・・・昔と同じなら。・・・よって今回は訪問せず~




東大門市場 トンデムンシジャン
時間:インフォメーション 10:30~翌日2:00
両替所、ベビーカーレンタル 火~土10:30~翌日1:30、月19:00~翌日1:30、日10:30~23:00
TEL:02-3398-2386/3398-3114
交通:地下鉄1・2・4・5号線 東大門 トンデムン


東大門市場とはひとつの市場ではなく様々なビルと各ジャンルごとに集まったエリアを総合してこう呼びます。

韓国中から商品が集まってここから韓国全土又、アジア各国に供給されています。

今回のソウルはここ東大門市場だけ、それも半日の滞在でしたが噂どおり韓国の景気はかなり悪いようです。

それだけ東大門市場の存在は大きいものです。



この変則、三角の部分がファッション、フードコート。
大きなビルの部分がオフィス。









コメント
この記事をはてなブックマークに追加