DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

「かやぶきの里」駐車場、来春有料に 観光客年間20万人以上、地元「景観保存へ財源」

2019年12月15日 | 京都のニュース

「かやぶきの里」駐車場




日本の原風景が残る京都府南丹市美山町北の重要伝統的建造物群保存地区「かやぶきの里」の無料駐車場が、来年4月から有料になる。管理する北村かやぶきの里保存会が決めた。将来にわたって貴重な景観を保存していくための財源に充てる。

 同駐車場は北村の所有地と借地を合わせて乗用車や大型バスなど計約300台が駐車でき、開設以来、無料で開放してきた。年間二十数万人の観光客が訪れるが、住民の高齢化に伴って観光の恩恵を受ける人の割合が減ってきているうえ、家や石垣などを修理するにも補助金だけで賄い切れないのが現状だ。

 空き家も増える傾向にあり、購入希望者は多いが、地域で守ってきた景観と暮らしが崩壊する恐れがあるため、保存会が所有者と話し合い、空き家を安く譲渡してもらうなどしている。

 地区内で議論を重ねた結果、将来にわたって保存していくには自主財源が必要で、観光客へのアンケート結果からでも理解は得られると判断し、有料化を決めた。1台につき乗用車500円、大型バス3千円ほどの徴収を検討している。

 同保存会の中野忠樹会長(66)は「駐車料金は景観保存に特化して使う。みんなで守れるよう、訪れる人たちにも協力をお願いしたい」と理解を求める。

京都新聞

コメント

ゲストハウス〝冬の時代〟京都で廃業相次ぐ

2019年12月15日 | 京都のニュース

従業員と談笑する外国人宿泊客ら(京都市・ハナホステル京都)



京都市内に点在し、安価な宿泊費や宿泊客同士の交流を強みにして観光客の受け皿となるゲストハウスなどの簡易宿所。「最近、人件費などの経費負担に耐えられず、廃業する事例が出てきている。市の政策によって生み出された被害かもしれない」。そんな声が京都新聞社の双方向型報道「読者に応える」に寄せられた。昨年10月からの宿泊税の徴収や、来年4月に始まる「駆け付け要件」の全面適用で「冬の時代」を迎えつつある簡易宿所の実態を追った。

 「3197施設」。今年9月末時点で市内で営んでいる簡易宿所の数だ。旅館・ホテルの648施設と比べて多く2014年度の460施設から7倍近くに増加した。

 供給過剰感のある簡易宿所では、生き残りをかけた事業者間の価格競争が激化。宿泊客の獲得のため、1泊千円以下など安すぎる料金で営業を迫られる簡易宿所には、宿泊税が経営にじわりと響く。税額について市は、1人1泊の料金が2万円未満なら200円、2万円以上5万円未満は500円、5万円以上は千円に設定した。

 ただ、実際の徴収を担う宿泊施設の受付では、観光客から「なぜ払う必要があるのか」といった不満を言われ、支払いを渋られるケースも。京都簡易宿所連盟(下京区)が昨冬に実施したアンケートによると、4割の事業者が税込み料金の値上げを避けるため、宿泊税分を自己負担している現状が浮かんだ。連盟は「一律の税額では、宿泊料の安い施設ほど税負担が大きくなり、不公平だ」と不満を募らせる。

 「京都らしくないものは撤退してほしい」。今年6月に門川大作市長が京都新聞のインタビューで語った談話は、簡易宿所の経営者たちにとっては衝撃だった。経営者たちが市に疑念を持つ背景には、富裕層向けホテルの誘致に重点を置いてきた市の観光行政の方針がある。

 そんな中、簡易宿所に10分以内で駆け付けられるよう800メートル以内での管理者の駐在などを求める「駆け付け要件」の来年4月からの全面実施は、事業者にとってとどめの一撃のように映る。本年度の簡易宿所の廃業件数は、9月末までの半年間で98施設と、過去最多だった昨年度を上回るペースで急増中だ。駆け付け要件を満たすことによる人件費増加の懸念が、廃業の呼び水になっているとみられる。

 簡易宿所の規制を強化する理由として、火災や近隣トラブルの防止など、市は安全面の懸念を強調する。一方、簡易宿所の開業コンサルティングを担うある地元不動産会社の担当者は、駆け付け要件の全面適用について「資金力や人員に余力のある市外資本の事業者より、交流を重視する地元密着の零細施設が生き残りづらくなってしまう。『簡易宿所つぶし』のいけずな政策だ」と批判する。

■地区と事業者 共生の動きも 

 急増したゲストハウスなど簡易宿所と共生を目指そうと取り組む地域もある。清水寺の麓の京都市東山区六原地区では、駆け付け要件の来年4月からの全面適用を前に、簡易宿所の「管理者」の役割を地域住民が担えないか、事業者と検討を進めている。

 「簡易宿所は空き家の解消に効果的な一方、宿泊者がトラブルを持ち込む恐れがある。痛しかゆしだ」。そう語るのは、六原まちづくり委員会委員長の菅谷幸弘さん(67)だ。

 六原のある町内では、2007年の調査で33%だった空き家率が、ゲストハウス転用などが進んだ結果、18年には14%に減った。代わって湧き起こってきたのが、宿泊客による騒音やごみの投棄、迷惑駐輪などの問題だ。

 事業者の顔が地域に見えづらいことが住民の不信感につながっていると捉えた六原の各町内は、開業予定の宿泊施設に対し、町内会への加入要請や地域行事への協賛、災害時避難所としての場所提供などを求める協定の締結を求めている。取り組みが功を奏してか、同委員会によると、最近は地域から簡易宿所への苦情が出ることはほぼなくなったという。

 良質な事業者とは共存を図るために、同委員会は今春から、来年4月の駆け付け要件の全面適用に向け、六原周辺でゲストハウスなどを5軒運営する「トマルバ」(下京区)と、管理者の役割を地域住民がどこまで代行できるか、協議を重ねている。

 菅谷さんは「地域住民が管理者の役割を果たすことで、地域に雇用を生み出せる。良質な宿泊施設のお客さんを地域で受け止められれば、経済の地域循環につながるはずだ」と話し、構想を膨らませる。

 京都新聞

コメント

台湾鉄道の観光列車リニューアル 引き算の美学で新境地

2019年12月14日 | 台湾ニュース
 

 


(台北中央社)台湾鉄路管理局(台鉄)は13日、リニューアルされた観光列車「環島之星」の内装を報道陣に公開した。「引き算の美学」を取り入れて余分なものを排除したのが特徴で、温かみのある照明もホテルにいるようなリラックス感を生み出している。

設計を担当したのは、国内外のデザイン賞を多数受賞している柏成設計。共同創業者の王菱ギ氏によれば、「列車に足を踏み入れた時が旅行の始まり」を設計コンセプトに、列車が沿線の景色に溶け込む「秋風」のようなシンプルさを追求した。11月末には黒とオレンジの車体が披露目され、鉄道ファンから好評を博していた。(ギ=木へんに義)

座席は、台湾の海と石をイメージした青とグレーの2種。頭部にかかるヘッドレストカバーは台鉄のロゴが刺しゅうされた濃紺の布製で、不織布にはない質感が漂う。カーテンの模様は、先住民タイヤル族の伝統的織物技術を伝承する人間国宝、ユマ・タルさんの作品を参考にし、幾重にも重なる山脈を幾何学模様で表現した。照明は列車では一般的とされる白色光を使わず、黄色がかった色味を採用してぬくもりある空間を演出した。

台鉄は観光列車として利用する29両が旧式化したとして、昨年から7900万台湾元(約2億8600万円)を投じた改装作業に取り掛かっていたが、発表したデザインが美的センスに欠けると不評だった。これを受けて4月に列車の美化を目指す諮問グループを立ち上げ、リニューアルに着手していなかった13両のデザインを柏成設計に依頼。列車を批判していたデザイナーたちにも参加を呼び掛けるなどして汚名返上を図っていた。

コメント

星野源、8年ぶりに台湾訪問 空港で日台のファン400人が歓声

2019年12月14日 | 台湾ニュース
 
星野源



(台北中央社)歌手の星野源が13日夕方、ワールドツアーの一環で行う台北公演のため、台北松山空港(台北市)に到着した。星野の訪台は8年ぶりとあって、空港の到着ロビーには日台のファン約400人が集結。星野が姿を現すと大歓声が上がった。

星野は世界5都市を巡る「POP VIRUS World Tour」を先月23日の上海公演を皮切りに行っており、台北公演は同ツアーの最後を飾る。星野は2011年に台北市内の小型ライブハウスでパフォーマンスを披露したことがあり、台湾でのコンサートはそれ以来となる。

星野の到着前、電光掲示板の情報で星野が乗る便の着陸がわかると、ファンから「ワッ」と歓声が上がった。その後、「Pop Virus」を「ラララ~」で20分以上大合唱し、星野の到着を今か今かと待ちわびた。

星野は到着ロビーに出てくるとファンの前に立ち止まり、満面の笑みで手を振りながら歓声に応えた。大きな声で「大家好」(みなさんこんにちは)と中国語でのあいさつも披露。ファンに肉声を届けた。あまりの歓声の大きさに、口の前で人差し指を立てる仕草をして「シーッ」と呼び掛け、空港の一般利用者への配慮をみせる場面もあった。

メディアの撮影エリアでは、カメラマンのリクエストに応えて様々なポーズをしてみせ、サービス精神を発揮した。

コンサートのために日本から駆け付けたという30代の女性は、「台湾でも人気だと聞いていた。久々の台北公演で台湾のファンにも喜んでもらえるとうれしい」と話し、現地のファンと一緒に楽しめることに期待を寄せた。

30代の台湾の女性は星野の魅力について「親しみやすい。メロディーも覚えやすく、華やかではないけれど、聴いていて飽きない」。14日の台北公演にも参加するといい、「日本の歌手が来た時は、記念撮影をすることがよくあると聞いた。みんなで記念撮影ができれば嬉しい」と目を輝かせた。

台北公演は14日に台北市のLegacy MAXで開かれる。チケットは販売開始直後に完売した。

コメント

台湾総統選 選挙戦始まる 中国との距離の取り方が最大の争点

2019年12月14日 | 京都のニュース
 




来月行われる台湾の総統選挙は14日から正式に選挙戦に入り、中国との距離の取り方を最大の争点に与野党の論戦がさらに激しくなりそうです。

台湾では来月11日、蔡英文総統の任期満了に伴う総統選挙が行われます。

正式な選挙期間は14日から28日間で、
▽与党 民進党の蔡氏が再選を目指し、
▽最大野党 国民党からは高雄市長の韓国瑜氏、
▽少数野党 親民党トップの宋楚瑜氏、の3人が立候補しています。

3年前の政権交代で蔡政権が発足して以降、将来的な台湾との統一を目指す中国政府は「1つの中国」の原則を受け入れない蔡政権との対話を停止し、外交や軍事面で圧力を強めています。

有権者の中には、こうした中国の圧力に警戒感を強め、香港で続く抗議活動に共感する人も少なくなく、選挙戦では中国との距離の取り方を最大の争点に与野党の論戦がさらに激しくなりそうです。

最新の世論調査では、
▽中国との距離を保つ民進党の蔡氏の支持率が51%、
いずれも中国に融和的な立場をとる、
▽国民党の韓氏が29%、
▽親民党の宋氏が7%で、
大きくリードする蔡氏を、野党候補2人が追う展開となっています。

来月11日は国会議員にあたる立法委員の選挙も行われ、与党 民進党が過半数を維持できるのかも注目されます。

NHK

コメント

台湾の「自由」が際立つ 中国不在の第56回金馬奨

2019年12月14日 | 台湾ニュース
 

 


中国作品の不在という異例の事態となった今年の金馬奨。それとは対照的に、台湾という土地や金馬奨の「自由」が際立ったように感じられた。

▽同性愛扱った作品が多数ノミネート バラエティーに富む内容

 ノミネート作品を眺めてみると、同性愛を題材にした作品が多く目についた。作品賞候補の「叔・叔」のほか、短編作品賞にノミネートされた「偷偷」、「蒼天少年藍」、2部門に名を連ねた「我的靈魂是愛做的」などはいずれも、男性同士の恋愛を描いた作品だ。だが一言で男性同士の恋愛といっても、それぞれの作品の主人公の年代は、少年からシニアまで異なり、描かれる問題もそれぞれ違う。特に「叔・叔」は、70代男性の恋を描き、高齢の同性愛者が抱える問題にも切り込んだ。


【詳  細】

コメント

念仏ゆらり 六波羅蜜寺で「空也踊躍念仏」

2019年12月14日 | 京都のニュース
 
上体を揺らしながら堂内を回り念仏を唱える僧侶たち



国の重要無形民俗文化財に指定されている「空也踊躍(ゆやく)念仏」が13日夕、京都市東山区の六波羅蜜寺で始まった。僧侶が首から提げた鉦(かね)を鳴らし「ノーボーオミトー」「モーダーナンマイトー」と唱え、堂内を巡った。

 平安時代中期に同寺を開いた空也が、悪疫退散を願って始めた念仏に起源を持つ。鎌倉時代に念仏が弾圧された時から代々の住職が口伝で継承しているといい、外部に聞かれても分かりにくいよう「南無阿弥陀仏」とは唱えない作法や独特の動作が受け継がれている。

 午後4時、川崎純性住職ら5人が本堂の秘仏・十一面観音菩薩(ぼさつ)立像を納めた厨子(ずし)の前で読経した。その後、体を揺らして踊るような動作をしながら鉦をたたき、内陣を回った。約100人の参拝者が、夕暮れが迫る真冬の堂内で僧侶の動きを見守った。

 31日まで毎日午後4時から営まれる。公開は30日まで。

京都新聞

コメント

京都勢、男女とも昨年に続く連覇狙う 15日全国中学駅伝

2019年12月14日 | 滋賀県
 
昨年の全国中学駅伝でスタートする女子選手たち



第27回全国中学駅伝が15日、滋賀県の希望が丘文化公園で行われる。都道府県の予選を勝ち抜いた男女各48校が集結し、頂点を目指す。14日には野洲市総合体育館で開会式が行われる。

 京都代表は男子の桂が初優勝を飾った前回に続く連覇を狙う。女子の樫原は6年ぶりの出場。女子では前回まで桂が5年連続優勝を果たしており、京都勢の6連覇に期待がかかる。

 開催地の滋賀は男子の水口東と甲西北、女子は県予選6連覇の水口と北大路が出場する。地元2市1町の選手で構成する選抜チームも男女そろってオープン参加する。

京都新聞

コメント

赤穂義士の墓石に「火事かぶと」 

2019年12月14日 | 京都のニュース
 
金属製カバーをかぶせられた赤穂義士46人の墓。建立から300年がたち、風化や崩落が進む墓碑を風雨から守る



 「忠臣蔵」で知られる元禄赤穂事件にゆかりの深い瑞光院(京都市山科区安朱堂ノ後町)は、境内にある赤穂義士46人の墓に、風雨から守る金属製カバーをかぶせた。建立から300年がたち老朽化が進む墓石を、義士を率いた大石内蔵助のトレードマーク「火事かぶと」を思わせる堅い防備で防ぐ。旧暦の12月14日は吉良邸討ち入り決行の日。

 瑞光院は赤穂藩を治めた浅野家と関係が深く、討ち入り後に切腹した46人の墓碑は十七回忌の1719(享保4)年、以前から同院にあった義士の遺髪塔や藩主・浅野内匠頭の墓と並べて建てられた。1962(昭和37)年に同院がかつての所在地(上京区堀川鞍馬口付近)から移転した際に一緒に移された。

 しかし墓石の風化は著しく、近年では石質が変化して大きく膨らんだり、俗名や戒名が刻まれた面が崩れ落ちたりてしまう墓石も。同院と檀家たちは2年ほど前から本格的に対策を検討していた。

 カバーはさびに強いステンレス製。檀家が知りあいの鉄工所に製作を依頼した特注品で、墓石を1基ずつすっぽりと覆うようにかぶせられ、風雨から守り崩壊を防ぐ。色や装飾のないシンプルな形状は墓の見た目を妨げず、違和感はない。
 
前田宗俊住職(46)は「昔から伝わる遺構を守り、後世に引き継ぐ対策ができた」と胸をなで下ろす。毎年12月14日に区内一帯で開かれる「山科義士まつり」では、地域を練り歩く義士行列のうち、大石役の参加者らが事前に同院を訪れ、墓前で手を合わせる。
 檀家総代の定祐國夫さん(76)は「長年の課題で早くなんとかしたかった。大石さんも喜んでおられるのでは」と笑顔で話した。

 京都新聞

コメント

家電量販店で貴金属盗み、消火器まき逃走も店員が確保 容疑で男逮捕

2019年12月14日 | 京都のニュース
 
ヨドバシカメラマルチメディア京都



貴金属の装身具を盗んだとして、京都府警下京署は13日、窃盗の疑いで、自称大阪府枚方市宇山町、職業不詳の男(41)を逮捕した。

 逮捕容疑は、同日午後9時半ごろ、京都市下京区の家電量販店「ヨドバシカメラマルチメディア京都」1階の時計売り場で、ブレスレット4点(販売価格計98万円)を盗んだ疑い。


 同署によると、商品が入っていたショーケースが割られており、付近には消火器がまかれていたという。男は逃走を図ったが、従業員らが店外で確保した。

 男は容疑を認めているといい、同署は器物損壊容疑でも調べる。

京都新聞

コメント

列車乗ったら…サンタさんからプレゼント、園児ら大喜び

2019年12月14日 | 滋賀県
 
子どもたちが楽しいひとときを過ごしたサンタ列車(信楽高原鉄道貴生川駅)



信楽高原鉄道(滋賀県甲賀市)の師走恒例のサンタ列車が13日、運行を始めた。今年は「スカーレットラッピング列車」の車内にクリスマスの楽しい装飾を施し、学生ボランティアのサンタクロースが乗客を喜ばせている。

 初日は地元保育園児らが乗車。サンタやトナカイに扮(ふん)したびわこ学院大の学生らが紙芝居を披露し、一緒に歌や手遊びを楽しんだ。サンタなどの木製文具もプレゼントされた。

 24日まで。予約制(先着順)で信楽―貴生川間を午前中に1日2往復する。運賃(往復)は大人940円、子ども480円。予約は同社総務課0748(82)3391。

京都新聞

コメント

女子フィギュア宮原・紀平両選手が「滑り初め」京都アイスアリーナ竣工祝う

2019年12月14日 | 京都のニュース
 






新たに完成した「木下アカデミー京都アイスアリーナ」で記念写真に納まる宮原と紀平の両選手




 京都府立山城総合運動公園(太陽が丘、宇治市)で建設されていた府内唯一の通年型スケート場「木下アカデミー京都アイスアリーナ」が完成し、14日に同アリーナで竣工式があった。女子フィギュアスケートの宮原知子、紀平梨花の両選手が「滑り初め」のアイスショーを披露して、完成を祝った。15日にオープンする。

 同アリーナは国際競技規格のメインリンク(縦60メートル、横30メートル)とサブリンク(縦46メートル、横18メートル)があり、アイスホッケー、フィギュアスケート、ショートトラック、カーリングの4種目に対応する。

 府が公園東側の土地を造成し、整備や運営の担い手として一般社団法人「京都スケート」や専門業者「パティネレジャー」(東京)と協定を結んだ。年間来場者は約10万人を見込み、命名権は京都ゆかりの宮原選手が所属する木下グループ(東京)が取得した。

 竣工式で、京都スケートの松山孝司代表理事は通年型リンクの活用で選手養成に努める考えを強調した。西脇隆俊知事も「多くの府民の利用で長く活性化され、ここから世界で活躍する選手がたくさん出ることを期待したい」と述べた。関係者がテープカットし、施設完成を祝った。滑り初めを終えた宮原選手は「広々として滑りやすい。地元に施設ができ、うれしい」と話した。

 一般営業は午前10時~午後5時45分、夜間と早朝は競技者向けの貸し切り営業となる。有料。15日のオープンは午前10時。

京都新聞

コメント

花街や旧家、迎春の支度 芸舞妓ら事始め 京都・祇園

2019年12月14日 | 京都のニュース
 
事始めで井上八千代さん(左端)にあいさつする芸舞妓たち



京の花街や旧家が迎春の支度に取り掛かる恒例行事「事始め」が13日、京都市内であった。祇園町では芸舞妓たちが普段お世話になっている芸事の師匠やお茶屋に「おめでとうさんどす」とあいさつして回った。

 東山区の京舞井上流家元で人間国宝、井上八千代さん方には午前10時ごろから祇園甲部の芸舞妓たちが相次いで訪れた。鏡餅がずらりと並ぶ稽古場で手をついて「相変わりませず、おたのもうします」と頭を下げた。

八千代さんは「来年の都をどり、頑張ろうな」などと一人一人に言葉を掛け、祝いの舞扇を手渡した。舞妓から芸妓への「衿(えり)替え」を17日に控えた朋子さん(19)は「新年は心を入れ替えて頑張りたい。お姉さん方のように、下の子から慕われる芸妓さんになりたい」と話した。

京都新聞

コメント

観光公害解決へ「住民に利益を」 国連京都会議が開幕

2019年12月14日 | 京都のニュース
 
観光と文化をテーマに意見を交わした閣僚級会合


 
 国連観光・文化京都会議が12日、京都市左京区の国立京都国際会館で開幕し、閣僚級会合では8カ国の大臣らが持続可能な観光や文化の保護について意見を交わした。観光客の急増が市民生活を脅かす「観光公害」も議題に上り、参加者からは「地域住民に利益をもたらすことが重要」との声が相次いだ。

 国連の推計では、他国を観光で訪れる人は年間12億人に上る。混雑やごみ、文化財の破損といった「観光公害」は、京都市のほか、スペイン・バルセロナやイタリア・ベネチアなど世界各地で発生している。

 閣僚級会合では、カンボジアの高官が世界遺産のアンコールワット遺跡周辺で、新しい情報技術を使った文化遺産体験に取り組んでいることを紹介。「観光客の流れを管理し、地域と観光客のあつれきを払拭(ふっしょく)することが必要」と訴えた。

 クロアチアの高官は政府が宿泊施設の利用者に関するデータを集約し、年齢や目的地などからつかめる傾向を訪問先の分散化に生かしていることを報告した。ナイジェリアの大臣は観光の恩恵を地域にもたらすため、博物館をつくって地域の伝統工芸品の保存と活用に役立てていると説明し、「伝統工芸品の売り上げを制作者に還元することで、地域主体の文化観光が実現できている」と述べた。

 京都市の門川大作市長も講演した。国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産の祇園祭に触れ、「多くの観光客に見ていただいていることが地域の誇りになり、価値の再認識につながる」と観光と文化の結びつきの重要性を説明した。「観光公害」の解決に向けた取り組みも紹介した。

 「観光の質の向上と相互理解」がテーマの分科会では、妙心寺退蔵院(右京区)の松山大耕副住職ら5人が登壇した。米国中西部のサウスダコタ州で先住民と観光の橋渡しを行っているベン・シャーマン氏は、「観光には破壊があり、住民を巻き込んでいないか注意すべき。修理、改善し、小さな声に耳を傾けてこそ持続可能性が生まれる」と指摘した。

 会議は、国連世界観光機関(UNWTO)とユネスコが共催する観光と文化をテーマにした国際会議の4回目。70カ国から政府関係者らが参加している。

京都新聞

コメント

妊娠中の議員に「起立せず挙手」採決認める 京都市議会では初 飲料水持ち込みも初めて

2019年12月14日 | 京都のニュース
 
【資料写真】京都市議会議場



 京都市議会は13日の11月議会本会議で、妊娠中の森かれん市議が着席したまま挙手で採決に参加することを許可した。妊娠を理由にした許可は京都市議会では初めてという。

 本会議終了後の記者会見で、山本恵一議長が明らかにした。市議会では起立採決が慣例だが、森市議から申し入れがあり、許可した。4日の代表質問でも飲料水の議場への持ち込みを初めて認めたという。

山本議長は「今後も状況に応じて柔軟に対応していきたい」と話した。森市議は「皆さんの配慮に感謝している。女性議員が活動しやすい環境づくりが進んでほしい」としている。

 議員は労働基準法など法的な産休や育休の適用外で、対応は議会によってまちまち。出産の前例も少ない。京都府内では、大山崎町議会が2017年12月、母体保護の配慮から出産直前の町議が着席したまま再質問や採決時の討論を行うことを初めて認めた。東京都の区議らを中心に地方議員の任期中の妊娠や出産を支援する「出産議員ネットワーク」が昨年でき、相談窓口が開設された。

京都新聞

コメント