DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

海兵隊員がイヌ虐待…殺す様子を動画撮影 社会に衝撃/台湾

2016年06月30日 | 中華民國



海軍陸戦隊(海兵隊に相当)の兵士複数人がイヌを虐待して殺し、その様子を動画撮影していたことが分かった。27日には国防部(国防省)の関係者らが相次ぎ謝罪。虐待に関わった兵士のうち3人は動物保護法違反での送検が決まったが、所属していた軍施設周辺などでは市民による抗議活動が起こるなど社会に衝撃が広がっている。

▽殺されたイヌ、首絞められぐったり

動画には兵士がイヌにつけられたリードを高所から吊り下げるように持ち、「来世はばかなイヌになるなよ」などと笑う様子が映されていた。イヌは首を絞められたことでもがき苦しみ、その後ぐったりとして動かなくなった。

また、別のイヌに向かってエアガンでBB弾を15発打ち込む姿を映した動画も見つかっている。

高雄市動物保護処は、兵士らがイヌを虐待して死に至らせたことを確認。動物保護法違反で1年以下の懲役に加え、10万~100万台湾元(約32万~320万円)の罰金が科される恐れがあるとしている。

▽動物保護法の強化求める声

馮世寛国防部長(国防相)は27日、「社会に対して深くお詫びする」と陳謝。黄曙光海軍司令も、イヌの虐待に関与した9人の名前を公表した上で、教育が行き届かなかったとし、「全てわたしの責任だ」と謝罪した。

同日夜には兵士3人らが頭を下げて詫びる動画がインターネット上に公開された。陸戦隊によると、3人は厳格な処分と法律の制裁を受ける意思を固めているという。軍では今後、基地内で飼われている動物を登録制とし、健康や生活管理に努めるとしている。

外遊中の蔡英文総統は、「驚き、ひどいと思った」と心境を吐露。林全行政院長(首相)も「とても悲しい」と話し、国防部に適切な対応を取るよう副院長に対して指示したと語った。また、野党・時代力量の幹部は28日、国防部の体制に問題があるとしながらも、動物保護法の罰則や飼い主の責任強化を検討する必要があるとした。

▽軍施設では抗議活動

27日午後9時頃には、兵士が所属していた基地周辺に100人以上の市民が集結。「きちんと説明しろ」などと声を上げた。また、興奮した市民が敷地内に生卵を投げつけようとしたため、警察官が制止する一幕もあった。

一方、高雄市と台南市にある虐待した兵士らの実家では、生卵が投げつけられたり、スプレーで落書きされる被害が発生。警察が巡回を強化した。






コメント

ICカード「iPASS」、あすから台北メトロで全面利用可に/台湾

2016年06月30日 | 中華民國



南部を中心に普及している交通系ICカード「iPASS」(一カー通)が、7月1日から台北メトロ(MRT)で全面的に利用可能となる。運営会社はさらなる利用者獲得に向け、さまざまな作戦に取り組む考えだ。

iPASSの新規発行枚数は年間約300万枚。総発行枚数は現在までに960万枚に達しており、今年末までに1200万枚の突破を目指す。

7月からは台北メトロと高雄メトロ双方で、特定の金融機関が発行するiPASS機能を持ったクレジットカードを利用した場合、運賃が実質5%割引になるキャンペーンを12月まで実施する。

また、今後は身に着けて使用するウェアラブル端末やスマートフォンと融合を進める予定で、7月中旬にもブレスレットタイプの商品を発表するとしている。





コメント

地球観測衛星が故障 科学技術相「日本に支援求める」/台湾

2016年06月30日 | 中華民國




フランスの技術を使い、2004年に打ち上げられた光学地球観測衛星「フォルモサット2号」で故障が発生し、任務の続行に黄色信号が灯っている。楊弘敦・科技部長(科学技術相)は29日、後続機となる同5号の打ち上げは今年10月になるとの見通しを語り、それまでは日本に情報支援を求める考えを示した。

立法院(国会)教育および文化委員会での発言。

2号は当初5年とされていた設計寿命を大きく超えて観測任務を遂行。だが、4つ取り付けられていた姿勢制御装置の1つが2011年に故障したほか、別の1つにも今月21日に異常が確認された。復旧が不可能な場合、観測が続けられない恐れがある。

一方、純国産をうたい、撮影精度を向上させた5号の打ち上げは遅れており、関係者によると、現在も米国側と調整している段階だという。



コメント

日本統治時代の製糖工場跡、景観工事始まる 生態系豊かな緑地へ/台湾

2016年06月30日 | 中華民國



台中市東区にある旧帝国製糖台中工場跡地周辺で28日、生態系豊かな緑地に整備するための景観工事が始まった。台中市では来年1月の完成を目指し、地域の活性化につなげたい考え。

同地は日本統治時代の1935(昭和10)年に完成した製糖工場の一部で、戦後は台湾糖業に利用されたが、運用を停止した1990年以降荒廃。その後ショッピングセンターの建設が計画されたが頓挫し、10年以上にわたって手付かずの状態となっていた。今では大きな池ができたほか、魚や鳥が生息し、草木が生い茂る場所に変貌している。

台中市では約6ヘクタールの土地を約6700万台湾元(約2億1200万円)かけて整備。大雨の際には遊水地としても活用する。同市政府地政局の張治祥局長は、周辺の再開発と合わせて東区を発展させたいとしている。

また、工場敷地内の建物については、来年にも修復工事に取り掛かる予定。完成は再来年末。「台中産業博物館」として生まれ変わる計画だ。



コメント

日本統治時代建設の宿舎群、文化部の補助金で修復・活性化へ/台湾・台東

2016年06月30日 | 中華民國




日本統治時代に高級官僚の宿舎として東部・台東市内に建設された建築群が、文化部の補助金1億8000万台湾元(約5億6700万円)を受け、修復される。同部の楊子葆政務次長は、現地での解説やインターネット、仮想現実(VR)技術などを通じて修復の過程を公開し、見物客や後代の人々に古い建築物の歴史と修復の様子を理解してもらえるようにできればと期待を示した。

宿舎群はほぼ当時のままの状態で残されている数少ない日本式建築群の一つ。2007年には「台東市民権里日式建築宿舎群」として、台東県の歴史建築に登録されている。建物は長年にわたって手入れがなされていなかったために荒廃していたが、県政府が積極的に修復を進め、今年3月には1棟目の修復を完了させていた。

台東市で生まれ育った劉櫂豪立法委員(国会議員)は宿舎群全体の活性化と再利用には大量の経費と人力を投入する必要があるとして文化部に働きかけ、補助金を勝ち取った。補助金は台湾各地の文化資産を保護するプロジェクトの予算などから拠出される。

劉議員の招きで26日に現地を訪れた楊氏は、文化部が重点的に進めている歴史再生政策に触れた上で、同政策を積極的に実行に移し、かつその能力がある地方政府はなかなかないとし、全力で支援することを約束した。


コメント

ネコの飼育に登録義務付けへ 違反者には罰金/台湾

2016年06月30日 | 中華民國



台北市動物保護処は、同市民に対して、7月1日からネコをペットとして飼育する際に登録を義務付ける。違反者には1万~5万台湾元の罰金を科す方針だ。

同処によると、これまではイヌだけが対象となっていたが、ネコにも適用する。登録は直轄市や県などの主管機関や民間機関で受け付け。狂犬病のワクチン接種を受けていることが前提で、さらにマイクロチップの埋め込みが必要。登録が完了すると登録証などが発行される。

登録は生後4カ月以内(輸入ペットの場合は輸入後2カ月以内)にする必要があり、違反者に対しては改善がみられるまで罰則が適用され続けれるとしている。


コメント

「総統専用機に爆弾」 虚偽の男、公共危険罪の疑いで逮捕/台湾

2016年06月30日 | 中華民國



外遊中の蔡英文総統らが搭乗している総統専用機に爆弾があると虚偽の通報をした男(43)が、公共危険罪の疑いで逮捕されていたことが29日までに分かった。国家安全局では緊急点検を行い、航空機の安全を確認。外遊に遅れはなかったとしている。

男は今月24日、新北市新荘区内のコンビニエンスストアにある公衆電話から警察に通報。周辺の監視カメラには、100メートルほど離れた地点に停めてあった乗用車に乗って逃走する姿が映っていた。

取り調べに対して男は黙秘を続けていたが、警察側は十分な証拠があるとして送検に踏み切ったと説明している。



コメント

台湾新幹線、南港駅あす開業 台北駅の混雑緩和へ/台北

2016年06月30日 | 中華民國



台湾高速鉄路(新幹線、高鉄)の南港駅(台北市)が7月1日に開業する。台北、板橋両駅に続く台北地区3つ目のターミナルが誕生することで、台北駅の混雑緩和に期待が集まっている。

交通部(交通省)高速鉄路工程局によると、南港駅には3つのホームがあり、6本の列車が停車可能。ホームが2つしかなく、4本の列車しか停車できない台北駅に比べ、柔軟な運用が可能となる。

高鉄では、南港駅の利用者数を一日約2万6500人と予測。台北地区の利用者の80%が集中する台北駅の混雑が25%程度緩和すると見込んでいる。また、台北市東部、基隆、宜蘭方面からの利便性が向上するとしている。

南港駅開業に合わせて同社では同日にダイヤ改正を実施。始発の時刻が午前6時30分から15分繰り上げられるほか、停車駅の少ない「直達車」を増発する。南港―左営間は最速105分で結ばれ、台北―左営間は現行より1分短縮の最速95分で駆け抜けるようになる。


コメント

キヤノンユーザーへ、カメラ点検サービス「あんしんメンテ」を開始

2016年06月30日 | ニュース



キヤノンマーケティングジャパンは、レンズ交換式デジタルカメラ向けのメンテナンスサービス「あんしんメンテ」を7月21日に開始する。

基本点検と外観清掃などを行う「あんしんメンテ スタンダード」(税別3,000円)と、精度点検も含む「あんしんメンテ プレミアム」(カメラ税別4,000円〜、レンズ税別3,000円〜)の2つのメニューを用意する。

あんしんメンテ スタンダードの主な内容は、操作部や端子部の点検、ピント・露出などの簡易点検、CMOSセンサーの表面清掃、ミラーボックス内や外観の清掃。最新ファームウェアへのアップデートも希望により行う。

カメラ本体のあんしんメンテ プレミアムは、レンズマウントからセンサーまでの距離、AFセンサーの出力、シャッター速度および測光センサーの精度を点検。また、ホワイトバランスやカラーの点検、ストロボ発光タイミングの点検も行う。

交換レンズのあんしんメンテ プレミアムの点検内容は、外観清掃、操作部・通信部の動作、描写性能(解像力)、絞り・IS(手ブレ補正機構)の動作、AF精度を確認する。

税別での料金は、あんしんメンテ スタンダードが一律3,000円。プレミアムは、EOS-1D系が1万500円、それ以外のEOS一桁Dシリーズが7,500円、EOS二桁D・四桁D・Kissシリーズが5,500円、EOS Mが4,000円。交換レンズはEF L/EF DOレンズが5,500円〜1万500円、EF/EF-Sレンズが3,000円〜5,500円、EF-Mレンズが3,000円、エクステンダーが3,000円。

いずれもキヤノンのサービスセンターへ持ち込むか、電話で引き取りサービス(税別1,500円)を申し込む。

これに伴い、7月20日をもって「センサー清掃サービス」(保証期間外は税別1,000円)と「簡易点検サービス」(無料)は終了する。あんしんメンテは製品保証期間内でも有償だが、センサー表面に付着したゴミの除去サービスは製品保証期間内に限り引き続き無料で行うという。



コメント

漢字の奥深さに触れる 祇園に漢字ミュージアム開館/京都

2016年06月30日 | 京都のニュース







漢字の魅力を発信する「漢検漢字博物館・図書館(漢字ミュージアム)」が29日、京都市東山区祇園町南側に開館した。来館者が多彩な展示や体験施設をめぐり、漢字文化の奥深さに触れた。

 日本漢字能力検定協会(東山区)が市立弥栄中跡地に建設した。鉄骨2階建て延べ約2700平方メートル。1階中央は世界最大の漢和辞典に収録される漢字5万字を記した高さ約8メートルのタワーが立つ。昨年の「今年の漢字」に選ばれた「安」の実物の書、日中韓のどの国でも使われる常用漢字808字を樹木の葉に見立てた展示物、映像シアターや漢字の歴史を紹介するパネル展示もある。

 2階にはすしねたに使われる魚の漢字を当てるクイズや部首の組み合わせをゲーム感覚で学べる機器、自分の体で漢字を作るコーナーなどがある。漢字に関する専門図書もそろえる。

 高坂節三館長らによるテープカットの後、さっそく訪れた人たちが興味深そうに館内を見て回った。漢検2級を持つという大学生大江祐太さん(20)=中京区=は「開館を心待ちにしていた。漢字の面白さが伝わってくる。じっくり楽しみたい」と話した。



コメント

涼しげ、水無月作りピーク 夏越の祓に合わせ/京都

2016年06月30日 | 京都のニュース

作業に追われる和菓子職人


「夏越(なごし)の祓(はらい)」が多くの神社で営まれる30日に合わせて、京都市の各和菓子店ではつややかで涼しげな水無月(みなづき)作りがピークを迎えている。職人たちが、蒸したり、切って形を整えたりする作業に追われている。

 京都では、水無月を6月のみそかに食べる習慣が残る。諸説あるが、旧暦の6月1日の「氷の節句」に宮中で食された氷に見立てた形で、上面の小豆は疫病の悪霊をはらうとされる。

 上京区の鳴海餅本店では、職人が手際よくういろうの生地を30センチ四方の枠に流し込み、途中に小豆を敷き詰めて蒸し上げていた。三角形に切れるようにピアノ線を張った枠を上から慎重に押すと、36個が一気に完成した。

 同店では、30日には平常の15倍以上の8千個売れるという。同店社長の鳴海力之輔さん(50)は「作り手もお客さんと一緒に季節の節目を実感できる」と話していた。


コメント

二条城の四季、将軍の目線で ドローンでPRビデオ撮影/京都 

2016年06月29日 | 京都のニュース

ドローンで南東上空から撮影した二条城


京都市はカメラを搭載した小型無人機「ドローン」を活用し、世界遺産・二条城(京都市中京区)の四季を撮影するPRビデオづくりを進めている。元離宮二条城事務所は「普段は見ることのできない視点で、新たな魅力を感じてもらいたい」としている。

 今の時期の新緑をはじめ、来年まで1年を通して紅葉と冬景色、桜が咲く二条城を高画質「4K」に対応したカメラで撮影する。総集編を合わせて計5本のPRビデオを作製する。

 今回は、来場者がいない6月8日の閉城後と10日の開城前に行った。天守閣跡や二の丸御殿、堀、庭園など計8カ所からドローンを飛ばした。落下して建築物を傷つけるのを防ぐため真上は通らないようにするなど、専門業者が注意しながら操縦していった。

 石垣だけが残る天守閣跡では、当時の天守閣の高さとされる地上約40メートルにまでドローンを上げた。江戸幕府三代将軍徳川家光が見たかもしれない京都の風景を収めた。

 秋の観光シーズンに向けて、夏までに2~3分に編集する。鉄道会社に依頼して駅などで上映してもらい、二条城のフェイスブックでも発信する。



コメント

絢爛「歌舞伎ルーム」、京都のホテルに登場 藤田観光/京都 

2016年06月29日 | 京都のニュース

堤灯の照明や桜の背景が彩り、客室全体を歌舞伎の舞台に見立てた


ホテル大手の藤田観光(東京都)は、7月1日に京都市中京区寺町通六角で開業するホテルに歌舞伎の世界を体感できる客室を設け、28日公開した。堤灯や桜の背景画など舞台を彩る絢爛(けんらん)な装飾をちりばめた。

 「ホテルグレイスリー京都三条」(9階建て、97室)の最上階に1室を特設した。同社は開業したホテルに「ゴジラ」(東京都)や「美ら海」(沖縄)など地元の文化や自然を取り入れた部屋を設けており、関西では初。南座(東山区)を運営する松竹と組み、歌舞伎舞踊の大曲「京鹿子娘道成寺(きょうかのこむすめどうじょうじ)」の舞台を再現した。増加する外国人旅行客などの利用を見込む。

 「歌舞伎ルーム」は、真っ赤な壁と満開の桜を描いたカーテンで囲み、堤灯の飾りも並べた。廊下はのれんや照明で楽屋の雰囲気を演出。天井は南座の格(ごう)天井風にするなど、歌舞伎の要素を随所に詰め込んだ。

 18平方メートルで定員2人。基本料金は1泊2万9160円から。


コメント

祇園祭ぎゃらりぃ、漢字ミュージアムにオープン/京都 

2016年06月29日 | 京都のニュース







祇園祭の歴史や魅力を紹介する常設展示スペース「祇園祭ぎゃらりぃ」が、29日に開館する「漢検 漢字博物館・図書館」(漢字ミュージアム、京都市東山区)の1階に設置される。高さ約7メートルの実物大の鉾(ほこ)が置かれ、触れて楽しむことができる。

 展示スペースは、広さ約200平方メートルで、鉾は吹き抜け部分に設置。車輪と車軸はかつて実際に使われていたもので、それ以外の本体と鮮やかなペルシャ絨毯(じゅうたん)の胴懸(どうかけ)などは新調された。実物同様に縄で木材を固定する「縄がらみ」の技法で組み上げられている。

 祇園祭の興りや、巡行に参加する山鉾を屏風(びょうぶ)状のモニターで紹介する「平成の洛中洛外図」などもある。

 入場無料で、日本漢字能力検定協会と祇園祭山鉾連合会が設立したNPO法人「京都まつり・文教協会」が運営する。連合会の大嶋博規理事は「祇園祭全体についての常設展示は初めて。多くの人に魅力を知ってもらいたい」と話す。




コメント

スイレン見頃 福知山/京都 

2016年06月29日 | 京都のニュース



福知山市上小田のため池・畑田池で、スイレンが見頃を迎えている。ピンクや白、黄色などの花が、水面を埋めた葉の間から姿を見せている。9月ごろまで楽しめる。鑑賞無料。

1966年の大雨で池の堤が決壊。復旧後、近くの住民が数株のスイレンを植えたのが繁殖したという。今では「すいれん池」として広く知られ、シーズン中には大勢の人が訪れる。

 地元住民によると、昨年あたりからシカが池周辺の葉を食べるようになったという。近くの男性(75)は、「梅雨の頃のスイレンが一番美しい。シカの食害対策をし、スイレンを守っていきたい」と話す。



コメント