DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

三環三線-萬大線第一期介紹影片

2018年06月30日 | 台湾ニュース
コメント

1061218捷運環狀線第一階段工程 捷運行車測試

2018年06月30日 | 台湾ニュース
コメント

京都で京漬物や日本酒と楽しむ夏の「夜ばなし」 伝統支える職人が語り部に

2018年06月30日 | 京都のニュース
京都で京漬物や日本酒と楽しむ夏の「夜ばなし」 伝統支える職人が語り部に


(2018年06月29日 烏丸経済新聞)

ハゼの実で作る和ろうそくについて話す田川広一さん 


 ホテルインターゲート四条新町(京都市京都市中京区百足屋町、TEL 075-255-2221)で6月30日から、連続トークイベント「京の華燭と夜ばなし」が行われる。

7月7日の「クールアース・デー」にちなみ昨年から銀座店で始まった同イベント。今年は京都市の共催で同ホテルのほか京都と東京の3施設で行う。

 イベントでは打田漬物のすぐきや柴漬け、北川酒造の日本酒「祝」を用意。「夜ばなし」として数寄屋ろうそくをともし、打田漬物の打田学市さんや、中村ローソクの4代目田川広一さん、茶道師範の加藤宗香さんなど京都の伝統を支える人が語り部を務める。茶道体験やろうそくやのうちわの絵付けなどが体験できるワークショップ(有料)も行う。

 7月7日の語り部、中村ローソクの田川さんは「舞妓(まいこ)さんの白塗りは、黄色が強めの和ろうそくの明かりで自然な肌に見せるため。日本の文化に深く関わってきた。『火が大きい』とか『煙が出る』といった和ろうそくの誤解を解くためにも、こうした機会に伝えられたら」と話す。

開催日は6月30日、7月2日、7月4~7月7日。開催時間は回によって異なる。
料金は1人=1,000円。先着順。

コメント

道路封鎖し陸上トラック、撤去求め提訴 京都の住民

2018年06月30日 | 京都のニュース
道路封鎖し陸上トラック、撤去求め提訴 京都の住民


閉鎖され、陸上用トラックに整備された道 

京都学園中高(京都府京都市右京区花園寺ノ中町8) 


京都市右京区の京都学園中高が同校グラウンドに接する生活道路を封鎖し陸上トラックにしたのは通行する権利の侵害だとして、近隣住民が29日までに、同校を運営する学校法人京都光楠学園を相手取り、道路に設置された門扉の撤去などを求めて京都地裁に提訴した。

 訴状によると、学園は住民に連絡せず2016年10月、道路の廃止手続きを市に申請。住民の反対にもかかわらず、17年5月に門扉を設置し、陸上トラックとして整備した。道路は学園の土地だが、50年以上住民の通行に使われており、他人の土地でも通ることができる「通行地役権」があると主張している。

 学園側は「訴状が届いていないためコメントは差し控える。生徒の安全安心のための整備なのでご理解いただきたい」としている。

 住民はこれに先立ち、門扉の撤去を求める仮処分を京都地裁に申し立てている。決定は9月の予定。

コメント

赤と青の美術品、思いひもとく 滋賀で特別展

2018年06月30日 | 京都のニュース
赤と青の美術品、思いひもとく 滋賀で特別展


展示される伊藤若冲筆「達磨図」 


 「赤」と「青」に人々が抱いた思いを美術品や工芸品からひもとくMIHO MUSEUM(滋賀県甲賀市信楽町)の夏季特別展「赤と青のひ・み・つ」(京都新聞など主催)が30日開幕する。29日に内覧会があり、赤い顔料が塗られた像や鏡、青色ガラスの装飾品など、古代から近世の国内外の約120点が披露された。

 太陽や炎、血を連想させる「赤」と、空や海の色である「青」は、世界の多くの地域で信仰と結びつき、憧れの対象とされた。

 赤ゾーンでは、呪術に用いられた古代アメリカの像や鏡、国内の土偶や埴輪(はにわ)、漆塗りの器のほか、真っ赤な僧衣が特徴の伊藤若冲筆「達磨(だるま)図」も修復後初公開される。青ゾーンでは、古代オリエントで珍重された貴石ラピスラズリのペンダントや、ガラスで作られた古代エジプトの神像や王像、中国や朝鮮の染付や青磁の器が並ぶ。

 夏休みに親子連れで楽しめるよう展示も工夫。全面が真っ赤や真っ青な部屋に入り、感覚の違いを感じるコーナーや、展示内容を問うクイズ形式のスタンプラリーもある。

 8月26日まで。月曜休館(7月16日は開館、同17日休館)。有料。

コメント

今年の台風、3~5個が台湾に上陸か=中央気象局

2018年06月30日 | 台湾ニュース
今年の台風、3~5個が台湾に上陸か=中央気象局


29日午後7時20分ごろ撮影の衛星画像=中央気象局提供 


(台北 29日 中央社)台湾では7~9月が台風シーズン。中央気象局は29日、記者会見を行い、今年台湾に上陸すると思われる台風は平年並みから多めの3~5個になる見込みを示した。

同局予報センターの呂国臣主任によると、現時点までに北西太平洋で発生した台風は、平年値(4.3個)を超える7個に及んでいる。また、6月から12月までの同地域における台風の発生数は、平年並み(21~25個)から多めになるという。

呂主任はまた、今秋、熱帯太平洋でエルニーニョ現象が発生する確率が約5割に上るとし、同現象が起こると、台風が発生する海域が平年より東に移動すると説明。この場合台湾からの距離は遠くなるものの、何らかの原因で台湾に接近すると、強度を増す恐れがあるという。

台湾は、雷を伴う午後の一時雨や台風がもたらす雨が夏場の主な水資源になっている。だが、梅雨シーズンとされる5~6月は空梅雨傾向で雨が少なかったことから、今後の雨量に関心が高まっている。これについて気象局は、7月は平年並みからやや多め、8~9月は平年並みからやや少なめになると予想している。

コメント

太平島を米軍に貸し出し? 外交部「計画はいまだかつてない」/台湾

2018年06月30日 | 台湾ニュース
太平島を米軍に貸し出し? 外交部「計画はいまだかつてない」/台湾


南シナ海に浮かぶ太平島 


(台北 29日 中央社)台湾が国土の最南端にある南シナ海・南沙(スプラトリー)諸島の太平島を米軍に貸し出すことを計画しているのではないかとの憶測が流れている。外交部(外務省)の李憲章報道官は29日、太平島を外国に貸し出す計画はいまだかつてないとし、米国を含むその他の国から太平島を借りたいという申し出を受けたこともないと改めて説明した。

今月初旬、与党・民進党寄りのシンクタンクが太平島を人道支援の名目で米軍に貸し出すよう提案をしたと台湾メディアで報じられたのを受け、中国大陸の軍事情報サイト「西陸網」は8日、これに関する評論を掲載。外交部の李報道官は10日、報道を否定した上で、事実でない報道に地域の不安や両岸(台湾と中国大陸)の争いを引き起こす意図があるのは明白だとし、政府に対する憶測やその後の攻撃を止めるよう中国大陸側に求めていた。

中国大陸国防部の呉謙報道官は28日、定例会見で報道陣から太平島貸し出しの件について尋ねられると、「このような提案は非常に危険」と述べ、中華民族の利益を損なういかなる言行も両岸の全ての中国人の断固とした反対にあうだろうと語った。

李報道官は29日、呉氏の発言を受け、太平島を貸し出す計画の存在を改めて否定。中華民国は国際社会の責任ある一員だとし、政府は蔡英文総統の政策に従い、太平島を人道支援と国際科学研究の基地にすることに力を入れ、地域の平和と安定に貢献してきたとの立場を示した。

コメント

日本統治時代の公会堂が図書館に 観光地化にも期待

2018年06月30日 | 台湾ニュース
日本統治時代の公会堂が図書館に 観光地化にも期待


修復工事を終えた旧新化郡公会堂=台南市文化資産管理処提供 



(台南 29日 中央社)南部・台南市新化区に日本統治時代から残る歴史的建造物「旧新化郡公会堂」の修復工事が完了した。同市文化資産管理処は、今後図書館として再利用するとした上で、当時の面影をとどめる建物が新たな観光スポットになることにも期待を示した。

同公会堂は1937(昭和12)年に竣工。地元の集会所であったほか、卒業式や結婚写真のロケ地などとしても使われたという。2008年に旧台南県(現台南市)の歴史的建造物に指定された。同市は2016年8月、2500万台湾元(約9100万円)を投じて修繕工事に着手。今年5月に完了し、6月に竣工検査を終えた。

同処によると、台湾では、1900年代初頭に初めて建設された基隆公会堂を皮切りに、第2次世界大戦が勃発するまで、各地に62カ所の公会堂が設けられた。台南市には8カ所あったが、今でも残っているのは同公会堂と、中西区の旧台南公会堂の2カ所のみ。

旧台南公会堂は1911(明治44)年に建てられた、同市で最も知名度が高い公会堂。清朝時代の4大名園の一つとされた景勝地「呉園」内に建てられ、今でも庭園の一部が残る。1998年に同市の古跡に指定され、今では「呉園芸文センター」として国内外の観光客を引き付けている。

コメント

「京都橘、ローズパレードで際立つ!」米国伝統のパレードでの京都橘高校のパフォーマンスに海外驚愕~すごいぞニッポン

2018年06月29日 | 京都のニュース

コメント

2018 1-2月 台中捷運土建及行車測試

2018年06月29日 | 台湾ニュース
コメント

台中捷運烏日文心北屯線空拍導覽+文字旁白-長版9分22秒

2018年06月29日 | 台湾ニュース
コメント

製茶会社「|龍団」が台北・信義に台湾茶専門店 炭酸入りのお茶も

2018年06月29日 | 台湾ニュース
製茶会社「|龍団」が台北・信義に台湾茶専門店 炭酸入りのお茶も


(2018年06月27日 台北経済新聞)

店内の様子 

炭酸入りのお茶 

製茶会社「|龍団」が6月4日、台北・信義に台湾茶専門店「|龍団」をオープンした。

 同社創業者の林建宏さんは「台湾の若者の間で人気がある手揺飲(ドリンクスタンドで販売する飲料)や缶飲料などは添加物が入っているため、体に悪影響。台湾の人々に添加物がなく体に良いお茶を飲んでほしいという考えから起業した」と話す。2015年に会社を設立して以降、台湾茶の名産地といわれる台湾南部・南投県で茶葉の生産と販売に力を入れ、台湾茶を気軽に楽しんでほしいと信義区に出店した。

 出店とともに新シリーズ「気淬茶」の販売を開始。「気淬茶」は、自社開発した急速冷却加工で作った炭酸入りのお茶。林さんは「お茶もビールのように炭酸が入り、泡が立てば、口に刺激が加わりもっとおいしくなるという考えから新メニューの発案に至った」と話す。炭酸入りウーロン茶「気蘊四季」のほか、炭酸入り紅茶「気蘊紅香」(以上110台湾ドル)、炭酸入り凍頂ウーロン茶にモクセイを加えた「気蘊桂花」(130台湾ドル)の3種類を販売する。

 パッケージや室内のデザイン、ブランディングは台湾のデザイン会社PiliWu-Design創業者の呉孝儒さんにデザインディレクションを依頼。呉さんは、「元に戻るというブランド精神を基づいて、お茶をピュアで自然な状態に戻すという考えに基づき、「水」と「草」の要素を使いデザインした」と話す。

 営業時間は10時~20時。

コメント

大手ホテルチェーンの会長が辞任 背景に不倫報道/台湾

2018年06月29日 | 台湾ニュース
大手ホテルチェーンの会長が辞任 背景に不倫報道/台湾


頼英里氏 

(台北 28日 中央社)高級ホテル「シェラトングランド台北ホテル」(台北喜来登大飯店)などを手掛けるマイ・ハンブル・ハウス・ホスピタリティー(寒舍餐旅管理顧問)の頼英里董事長(会長)が27日、辞任を発表した。同日付で退任した。「個人的な理由」と説明している。頼氏をめぐっては今年5月、葬儀大手「龍巖」の李世聰総裁との不倫疑惑が報じられていた。

頼氏はかつて、フルート奏者として活躍。長い髪と清楚なイメージで“フルート姫”とも呼ばれ、美女音楽家として名を馳せた。PC小売店「NOVA資訊広場」創業者、鍾瓊亮氏との約6年間の結婚生活を経て、2000年に寒舍グループの蔡辰洋董事長(当時)と再婚。結婚を機に音楽界からは徐々に遠ざかった。同グループは2002年にホテル業に参入し、頼氏は2010年に開業した「ル・メリディアン台北」(台北寒舍艾美酒店)や2013年オープンのハンブルハウス台北(寒舍艾麗酒店)の空間デザインを手掛けてきた。

頼氏は夫の辰洋氏が2016年1月に心筋梗塞で死去する前の2015年末に董事長に就任。美学や文化、芸術を経営の特色とし、差別化を図ってきた。董事長在任中には台湾証券取引所への上場を果たしたほか、同社初の温泉ホテル「ムーホテル礁渓」(礁渓寒沐酒店)をオープンさせ、大きな功績を残した。

だが、既婚の李総裁と2人で九州を旅行している姿をゴシップ誌に捉えられ、イメージが失墜。メディアによる追及を避け、今月8日の株主総会には出席しなかった。

コメント

柯台北市長、台湾独立派の男に抗議のスリッパ投げられる

2018年06月29日 | 台湾ニュース
柯台北市長、台湾独立派の男に抗議のスリッパ投げられる


スリッパに貼られた紙には、「臭い靴を臭い柯に投げる」の文字が 

(台北 28日 中央社)柯文哲・台北市長は28日、台北駅構内で台湾独立派の男(53)にスリッパを投げられた。

この日は台北駅で防災訓練が行われた。柯市長が訓練の開始前に囲み取材に応じようとしたところ、男が突如現れ、スリッパを投げるとともに、「中国共産党のシンパになるな」と叫んだ。スリッパは柯市長に当たらなかったが、男は警察に連行された。

昨夏、中国大陸・上海市との都市交流イベントで「両岸(台湾と中国大陸)は一つの家族だ」と述べ、台湾独立派をはじめ一部有権者の反感を買った柯市長。今年3月にも、市内の立法院(国会)近くに張られた独立派のテントの強制撤去に不満を持つ別の男に靴を投げられていた。

コメント

台中市、計画中の環状線周辺で文化資産調査へ 日本時代の建物も

2018年06月29日 | 台湾ニュース
台中市、計画中の環状線周辺で文化資産調査へ 日本時代の建物も


台中市議会で文化財重視の姿勢をアピールする林佳龍市長(左から2人目) 

(台中 28日 中央社)中部・台中市が建設計画を進めている鉄道環状線「大台中山手線」について、同市政府文化局の王志誠局長は27日、同線沿線の一部地域で7月から有形文化資産の調査を行う方針を明らかにした。同線沿線上には日本統治時代に建設されたとみられる橋など、整備されていない文化資産が複数あるという。

台中市の環状線計画は、既存の台湾鉄路管理局(台鉄)山線と海岸線の一部区間を高架化するなどの改良を加えるとともに、その2線をつなぐ新路線を建設し、鉄道を環状線化するというもの。だが、その高架化工事を進める中で、文化資産が発見され、保存のための緊急措置をとるケースが相次いでいた。

楊典忠市議らはこの日、市議会で質疑に立ち、清水駅宿舎や日本統治時代の街長宿舎をはじめとした同線沿線上の文化資産の調査、研究を早急に進めるよう市に求めた。

王局長は、すでに調査費用として文化部(文化省)文化資産局に補助金を申請、今年2月に給付の許可が下りたと説明した。林佳龍市長は、鉄道はただの交通手段ではなく、過去と未来をつなぐものだとし、文化資産の保存を重視する姿勢を示した。

コメント