DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

ほくほくの大根を目当てに列 京都・千本釈迦堂で「大根だき」

2018年12月07日 | 京都駅ビル





使われる丸大根




 二十四節気の「大雪」にあたる7日、京都市上京区の千本釈迦(しゃか)堂(大報恩寺)で恒例の「大根だき」が始まった。ほくほくの大根を目当てに参拝者が列をつくり、湯気の立つ一杯を味わった。

 大根だきは釈迦が悟りを開いた「成道会(じょうどうえ)」に合わせて、鎌倉時代の僧慈禅(じぜん)が大根に梵字(ぼんじ)を書き「魔よけ」として参拝者に振る舞ったことに起源を持つとされる。以降、大根を食べると「中風よけ」になり、病気を避けることができると信仰を集めた。

 国宝の本堂前には直径、深さともに約1メートルの大鍋が置かれ、菊入諒如(きくいりりょうにょ)住職(55)が祈願した大根と油揚げが次々と煮込まれた。8日まで。千円。

【京都新聞 2018年12月07日】

コメント

圓光寺 敷きもみじが見頃

2018年12月06日 | 京都駅ビル



京都・洛北のお寺では、赤や黄色に染まった紅葉と、庭一面に広がった敷きもみじが見頃を迎えています。

京都市左京区にある圓光寺は近年有名になった紅葉の名所で、境内にはヤマモミジなど、およそ200本が植えられています。
コケに覆われた「十牛之庭(じゅうぎゅうのにわ)」ではこの時期、木々の紅葉に加え、庭一面、赤や黄色に染まった敷きもみじが楽しめます。

参拝に訪れた人たちはお庭を散策したり、書院やお堂からの眺めを楽しんだり、思い思いのひとときを過ごしていました。
ことしは、ヤマモミジなどが染まり始めてから穏やかな天気が続いた影響で紅葉の持ちがいいということで、例年より1週間ほど長い、今週いっぱいまで楽しめるということです。

NHK

コメント

京都伊勢丹 スイーツなど新たに60店

2018年12月06日 | 京都駅ビル

日本初出店となるフランスの菓子店「ラ・サブレジエンヌ」
下京区のジェイアール京都伊勢丹



ジェイアール京都伊勢丹(下京区)の地下1階食品フロアがこれまでの1.8倍に広がり、5日から営業を始める。国内外の和洋菓子店やカフェ、パン店など約60店が新たに出店する。

 京都駅ビルの再開発に伴い、土産物店などがあった約2千平方メートルを改修。本場フランスのサブレが買える「ラ・サブレジエンヌ」や、チョコレートや焼き菓子が有名な「ジャン=ポール・エヴァン」も入る。

 約2週間ごとにセレクトした旬の和菓子や洋菓子と、それに合うコーヒーや日本茶が楽しめる飲食スペースも誕生。京都の料亭料理とバイヤーが薦める酒も味わえる。営業は午前10時から午後8時まで(一部は午前8時半から午後9時半)。

朝日新聞

コメント

日本初出店「ラ・サブレジエンヌ」も 京都伊勢丹地下食品売り場

2018年12月05日 | 京都駅ビル

リニューアルした地下食品売り場



ジェイアール京都伊勢丹(京都市下京区)の地下食品売り場がリニューアルし、4日に関係者に公開された。和洋菓子やパン、酒に注力し、京都駅の利用者や観光客のさらなる集客を図る。5日午前10時にオープンする。

 京都駅ビルから新たに割り当てられた増床部分約2千平方メートルが加わり、地下1階食品売り場が1・8倍に拡大。新店57店を合わせ、計208店となった。

 和洋菓子ゾーンには、日本初出店の「ラ・サブレジエンヌ」が登場。ブランドに関わらず、全国の菓子を1カ所にそろえたコーナーも新たに設けた。

 パンのゾーンは、既存の1店に加え、新たに6店が出店。常時300種類以上が並ぶほか、週ごとに店が入れ替わるスペースも。和洋酒ゾーンは、700本を貯蔵するワインセラーや全国120蔵の日本酒をそろえた。

 「TASHINAMI(嗜み)」と名付けたイートインスペースも新設し、専門スタッフが酒とつまみや菓子と茶の組み合わせ方を提案する。

 改装初年度の地下1階売上高は前年比1・5倍が目標で、同社は「物を並べるだけでなく、新たな楽しみ方を伝えることで利用の幅を広げたい」としている。

【2018年12月04日 京都新聞】

コメント

京都駅ビル ウインターイルミネーション2012

2012年12月14日 | 京都駅ビル

京都駅ビル
ウインターイルミネーション2012
「The tone of the heart」 





期間:平成24年11月17日(土)~12月25日(火)
時間:17時から23時 (※ツリーは10時から、空中径路は22時まで)
場所:室町小路広場(ツリー)、空中径路、東広場、駅前広場、中央コンコース(地下)他
H  P 





地下街のポルタでもこんなツリーが。



階段を上り

バス乗り場に出るとイルミネーション。





正面入り口




大階段に設置されたツリー









夜になると








約6万球 のLEDが使われているそうです。












ツリー付近から京都タワー




スカイウオークにも



ここからも



大階段全面に渡りLEDがつけられスクリーンのように様々な模様が描かれていきます。
レンズの感度が良すぎて一個一個のLEDが反応してしまい流れるような色彩を撮れません。





凄い数のお客さんが見入っています。
カメラを持った方が多く、次々と「シャッターを押してください」と頼まれます。

私のシャッターがなかなか押せません。




反対側の東広場 でも煌びやかな光景が広がっています。










大階段が一望できます。









コメント

京都駅の隠れスポット

2011年08月07日 | 京都駅ビル


京都駅のお気に入りエリア 








京都駅の市バス乗り場付近から京都タワーを撮影しました。




京都タワーの撮影ポイントは多いのですがまとめるのが難しい。
駅舎方向から出てきた雲の形が面白い。







烏丸口の市バス案内所近くにある証明写真の機械。


東京でもこんな安い証明写真はありません。
会社を辞める予定はありません。
パスポートもかなり先まで有効ですが記念写真代わりに毎回、この機械で撮影します。

それにしても
400円 は安いですね










この下を通って京都駅1Fに入場します。






今回、私ののお気に入りのエリア を紹介したいと思います。

まずはエスカレータで大階段の下に行きます。
大階段は上らずそのまま線路方向に向かいます。

丁度、ブラの上の辺りです。




小さなドーム が続きます。

夜はカップル達の集う場所。
下のフロアーの明り取り。

昼は会社をサボったお父さんやホームレス氏の集う場所です。

小さなドームの右側に行き止まりの小さな階段がベンチ代わりになります。



左にはベンチが続いています。
そこから新幹線、在来線が目の前に広がって見えます。




そこからの眺めも良いのですが更に階段を下に進むと広大なテラスのような空間があります。




窪んだ空間に何も無ければ最高のビューポイント。
新幹線の最高の撮影ポイントですが安全のためでしょうかガラスがはめ込まれています。





この場所から名古屋方面から入線する姿と名古屋方面への姿を撮影しました。








同じような角度からですが・・・

【京都タワーから新幹線】 



元に戻って中に進むとこんな空間が待っています。




柱の間からタワーを撮影できれば良いのですがこちらもガラスがはめ込まれています。
両サイドの壁が邪魔ですが面白い画像が撮影できました。






下から見上げるとこんな感じです、丁度、エスカレータ 2列上がった場所です。

大階段の反対側になります。






コメント

京都駅

2010年04月29日 | 京都駅ビル

京都駅 面白スポット  





新たに出現したASTY ROADアスティロード
八条口の「BELL MART」横から始まります。
場  所 

永楽屋細辻伊兵衛商店、ユニクロ、雑貨スリーミニッツハピネスが入っていて観光客や地元の人も使えそうな店が入っています。







1F烏丸口のモニュメント。




大階段途中にあるモニュメント。
焼き物を感じさせる質感がいいですね。




ステージ横にあるモニュメント。




こちらも大階段途中のモニュメント。
ここから見える京都タワーも素敵です。










この中から撮ってみました。




コメント

京都駅 大階段

2010年02月11日 | 京都駅ビル

京都駅 大階段 






大階段をテッペンまで行ってきました。

・・・・・当然、エスカレーターで。

なんと、171段のこの階段を駆け上るレースが毎年開かれていて今年も今月、開催されます。


【参加チーム募集中】第13回京都駅ビル大階段駈け上がり大会

日時:2010年 2月 20日(土)11:00~16:00


・・・ 【参加チーム募集中】

・・・2009年の記事 

★ 見た目どおりの急勾配、歩いて上がるのも想像できないのに走って駆け上がるなんて一体、どんな人たちが参加しているのでしょう??
夕方から夜になるとこの階段はカップルの数が一気に増えてきます。ベンチ代わりになっています。



ここまで上がったのは初めてです。

周りを見回すとと東山方向以外はすべて見えます、いかに京都は高い建物が無いかよくわかります。
(市条例で高さ制限があるためですね。)




駅の東にはこんなエリアがあります。
小さな広場があり時々、催事も行われています。

こちらはいつも人が少ないので行きますが休む場所がありませんん。









真ん中を横切っている空中通路はラーメン小路から伸びて東西を結ぶ SKY WAY・・・京都タワーを目の前で見ることが出来ます。・・・夜がイチオシ!! 













駅全体がモニュメントのようです。
時間があるときは必ず訪れて違う切り口を狙っています。
直線が作り出す力強い構造体に魅力を感じています。


京都タワー側から見るとガラス面を清掃する機械が見えます。
この線もガラス面に映えて面白い構成になっています。







コメント (2)

京都駅のオブジェ

2010年02月10日 | 京都駅ビル
京都駅



駅の一体どこにあるのでしょう??

















正解はこのオブジェ。
なかなか、この角度から見た方はいないでしょう。



大階段の途中にあり夜になるとライトが点灯します。
この場所からは夜には目の前のライトアップされた京都タワーを見ることが出来ます。






この日はまだ1月で門松も飾ってありました。
多分・・・・・クリスマスに使ってそのまま門松になったようです。


12月に訪れたときにはまだクリスマスツリーを製作中で見ることが出来ませんでした。
いかにもお正月らしいきらびやかな門松が並んで置かれていました。



この場所は年間通じてなにかしら展示してあるので楽しみな場所です。













コメント

国際姉妹都市祭 in 京都駅ビル 2009

2009年10月31日 | 京都駅ビル



国際姉妹都市祭 in 京都駅ビル 2009   





今年は京都・ボストン姉妹都市提携50周年記念!映画やJAZZなど様々なイベントが開催されます。

テーマ:BACK TO THE 50S 古き良きアメリカ
日程:9月1日(火)~10月31日(土)
場所:京都駅東広場 北ピロテイ
H  P 


★ 大階段の反対側、東の広場に行くと面白そうなイベントが地味に開かれていました。
 訪れる人も少なく係の人も手持ち無沙汰。

 ポスターやブリキのおもちゃに混じってこんなものが展示されていました。

 私適には大好きなジャンルでここでたっぷりと楽しみました。






弁当箱のようなポラロイドの「SX70」 が展示












キャノン「ダイヤル35」 も。
このダイヤルは巻上げで使うという当時としてもかなりユニークな機種でした。
これは8mmではなく普通のフイルムカメラ 
巻き上げ時の音も面白かった!!






 再び訪れると・・・・・

東の広場にはクリスマスのイベントの飾り付けか?





こんなメルヘンチックなものが作られていました。
夜になっても訪れる人は少ない。
独り占めのような夜でした。



コメント

麺家いろは :京都駅ビル

2009年10月31日 | 京都駅ビル


 京都駅ビル ・京都拉麺小路
 麺家 いろは






住所: 京都府京都市下京区西烏丸通塩小路下ル東塩小路町
京都駅ビル 10階 「京都拉麺小路」内
時間:11:00~22:00
休み:なし
H  P 


天井歩道・スカイウエーを伊勢丹側に歩いてくると「拉麺小路」があります。




全体的に黒で統一、中のお店はラーメン屋さんだけでなくファーストフードのお店も4軒入っています。






「富山ブラック」で有名な「いろは」に直行します。
TVで取り上げられたり雑誌に載ったりと知名度があり気になっていたお店です。






店頭メニュー

これだけあると迷います。



つけ麺を選びました。  ブラックつけ麺 980円


濃厚&極上かつおだし・・・となっています。
魚醤を煮込み醤油の角を取り旨みを増したそうです。



麺のほうには味玉、チャーシュー、メンマに海苔とねぎがついてきます。
全体的には特徴が無く、普通です。





麺は太麺かと思いきや中太麺、これだと出汁も濃くはなさそう。







出汁に合わせてみましたが思ったように麺との絡みが良くありません。
味と共に濃厚さがかける気がします。
自慢の旨みも感じられぬままです。


残った出汁をスープ割り、にしてもらうこともなくお店を後にしました。
有名店  ⇔  おいしいお店  では無い!! 

典型的なパターンでした。





コメント   トラックバック (1)

京都駅 SKY WAY

2009年10月31日 | 京都駅ビル



京都駅 SKY WAY  



京都駅に行かれた方はお分かりになると思いますが
駅ビルの内部は 吹き抜け空間を多用し、 大階段の規模の大きさにも驚いたかと思います。




その構内、天井に近い空間に SKY WAYという連絡通路が出来たというので見てきました。
京都駅  烏丸口より見るとほぼ天井に近い部分にあります。


(クリックすると大きくなります)




構内から見上げると右上の天井に近い 白い部分です。







大階段をエスカレーターで上っても行けますが 伊勢丹デパートのからエレベーターが便利。
スカイウエーの入り口。





とにかく 長~い
左側が京都タワーのある烏丸口。




朝一番のオープンにもかかわらず外人の団体がご入場になっています。
ガイドブックの情報か?






ガラス張りの壁面、ガラスが手前側にそっているので太陽光の強い日は反射で綺麗に写りません。
夜にも行きましたが構内側からのライトの反射で駄目でした。



しかし目の前のライテイングされた 京都タワー 
は迫力ありました。




曇っていましたが西の山並みには雲がたなびき雨模様のこの日、面白い景観に出会えました。  








★ このSKY WAYの伊勢丹側には  ・・・・・「拉麺小路」があります。 








コメント

京都駅にて

2009年10月29日 | 京都駅ビル



京都駅大階段   



大階段から東へ向かう連絡通路・・・・・(夜にもなるとカップルが出没する一帯)
                           人は通らないし寒ささえ気しなければ絶好の場所。


ふと、柱の影にこんなものを発見。よくわからなかったものの階段の真ん中のイベントスペースにクリスマスツリーが製作中でした。
この部品だったのでした。


更に近くには真っ白な大きな輪にリボンがついたものまでありました。
着実に冬に向かって・・クリスマスに向かっているのを実感しました。
今年はどんなイルミネーションになるのか楽しみです。










コメント