DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

京都 街歩き 先斗町 しだれ桜京庭園

2013年09月24日 | 先斗町 しだれ桜京庭園


京都 街歩き
先斗町 しだれ桜京庭園





住所: 京都府京都市中京区梅之木町 
交通:阪急「河原町駅」出口1Aより徒歩3分


先日、紹介した先斗町の先にあるのが一見、何の変哲もない公園ですが・・・




ある年、急にこんな小山が出来上がっていました。

公園の中心にではなく川沿いに土を盛って横に桜の大木を配置したあたり何気ない配慮が感じられます。

これは日本庭園の築山(つきやま)といい全体が芝生で覆われています。








いい雰囲気の階段、造園する時から計算していたかのような見事さです。





公園の南側には水琴窟を配置してあります。






鴨川方向から見るとたくさんの木々に囲まれ公園が隠れてしまうほどです。

この公園はただの児童公園ではなく私にとって桜の名所です。
春になるとこのグリーンがピンク一色に変わり川に向かって桜が流れ落ちるかのようになります。

今回は桜の状態を見に来ました、これなら来春もしだれ桜の豪華な咲きっぷりが見られそうです。






先斗町 しだれ桜京庭園 桜満開 

先斗町公園がしだれ桜京庭園に 




コメント

2013 先斗町 しだれ桜京庭園 

2013年04月23日 | 先斗町 しだれ桜京庭園

2013 先斗町 しだれ桜京庭園





四条大橋から先斗町を見ていると桜が一本、鴨川にはみ出しています。
あんな所に桜があったのかな~??

ん~、2年前に庭師の青年部が整備した公園があったな~。
もうあんなに育ったのかな?





いつの間にこんなに枝振りの良い桜になったのか、
手入れの良さが感じられます。















コメント

先斗町公園がしだれ桜京庭園に

2010年03月11日 | 先斗町 しだれ桜京庭園

先斗町公園が「しだれ桜京庭園」に 



 

*京の花街・先斗町にある先斗町公園(京都市中京区)を市民や観光客の憩いの場にしようと、京都府造園協同組合青年部(右京区)は3月から公園を改修し「しだれ桜京庭園」を設ける。設立40周年を記念した寄付で、造園技術の粋を結集し、旧来の「児童公園」を花街の風情に合う空間に生まれ変わらせる。

 造園業の後継者らでつくる同青年部は1970年に発足し、現在61人。景気低迷で造園の需要が減る中、植木屋の心意気をみせ地域に貢献しようと、記念事業を検討してきた。庭園の魅力をPRする好立地として先斗町公園を選び、管理する京都市や地元関係者らに提案し賛同を得た。

 公園は先斗町通と鴨川に挟まれ、面積は864平方メートル。先斗町歌舞練場も近く、芸舞妓らが通りを行き交う京情緒豊かな地域だが、背丈近くある生け垣が公園を隔てているため存在感が薄く、子どもの利用も少なかった。

 計画では、公園北側に遊具を移し、南側を京庭園にする。京庭園は芸舞妓の扇子をイメージして、ピンクの敷石を扇形に3カ所敷き詰める。手を清める蹲(つくばい)を置き、築山(つきやま)も設け芝生で覆う。

 さらにしだれ桜を6本植樹し、春には花見を楽しんでもらう。生け垣はなくし、通りから見えるようにする。鴨川と東山を借景とし、腰掛けられる石も並べる。

 青年部員全員が手弁当で工事に携わり、4月末に完成の予定。矢田久喜部長(39)は「植木屋仲間の力を結集し、京都の庭の素晴らしさをアピールしたい」と話している。














京都から帰ってきたばかりですがすでに来年の桜のことを考えています。

京都の桜は狭いエリアであっても開花時期がずれていて毎度、コース作りは難しい作業です。

先日、こんなニュースを見て気になって今回、工事状況を確認に行きましたがほとんど何をしているのかもわかりませんでした。

・・・場  所 は四条通から先斗町の路地をかなり上がった場所にあります。

狭い公園ですがどんな枝振りの桜が咲くのか今から楽しみです。

その後のしだれ桜京庭園 






コメント