DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

(仮称)高雄プロジェクト 台湾・高雄で複合開発/1月から工事に着手

2019年12月03日 | 台湾再開発
 
[ 2019-12-03 建設通信新聞]










 



 大和ハウス工業は2日、台湾の大手不動産開発会社である大陸建設が設立した汎陸建設實業に出資し、台湾・高雄市でホテルと分譲マンションからなる複合開発プロジェクトである(仮称)高雄プロジェクトに2020年1月から工事着手すると発表した。総事業費は約260億円。設計施工は未定としている。23年7月の竣工を予定している。

 汎陸建設實業は11月28日付で、ホテルオークラの子会社であるオークラニッコーホテルマネジメントとホテル棟の運営委託契約を交わした。

 オークラニッコーホテルマネジメントが運営する「ホテル・ニッコー高雄」(260室)と分譲マンション(227戸)の2棟からなる複合開発プロジェクトで、規模はホテル棟がRC造地下4階地上21階建て延べ約3万3000㎡、分譲マンション棟が同地下4階地上29階建て延べ約3万2000㎡を計画している。

 建設地は、高雄市が高雄ライトレール水岸線、高雄展覧館など5大公共事業を中心とした再開発が進められている亜州新湾区(あしゅうしんわんく)。地下鉄(MRT)三多商圏(さんたしょうけん)駅から徒歩約4分、高雄国際空港から約6㎞の場所に位置しており、国内外からのアクセスに優れた立地環境にある。

コメント

日本統治時代の旅館、修復工事進む 地域活性化目指す/台湾・高雄

2019年11月26日 | 台湾再開発

修復工事が進む日本統治時代の旅館「池田屋」



(高雄中央社)南部・高雄市六亀区で、日本統治時代に建設された旧旅館の修復工事が進められている。修復技術を知ってもらおうと、現地で23日、解説イベントが開かれた。参加者は建築士の説明に聞き入り、修復の細やかな心配りに感服していた。

市文化局の資料によると、建物は1929(昭和4)年に完成。旅館「池田屋」として営業を開始した。山地の入口に位置する六亀地域は当時、日本の警察や事業従事者が山林に入る際の要所としての役割を担っていた。建物は戦後、地元農協の信用組合が接収管理し、1961年にバス会社「高雄汽車客運」の手に渡った後は、六亀バス停として利用されていた。修復工事開始に伴い、バス停の機能は今年3月末に別の場所に移転された。建物は2003年に市定歴史建築に登録されている。

六亀地域にはかつて年間30万人余りの観光客が訪れていたが、2009年の台風8号による水害で被災し、東西横断道路が寸断された影響などで、人口は10年間で約2割減少した。市都市発展局は今年、同地域の活性化のため、六亀区公所(役所)と共同で、地域再生計画を始動。古い街並みや特色ある古い建築物から優先的に施設の整備や改造を進めている。旧池田屋の修復工事は、この計画の一環。

同局によれば、修復工事は来年完了する見通し。その後は地域の歴史を紹介する「六亀故事館」や観光案内所として運用される予定だとしている。

コメント

高雄MRT凹子底駅前事業 着工は2020年

2019年05月13日 | 台湾再開発
 
【建設通信新聞】



三菱地所設計は10日、台湾の「高雄MRT凹子底駅前プロジェクト」を受注したと発表した。総延べ床面積は約50万5000㎡で、南台湾最大規模の再開発プロジェクトとなる。事業主は富邦人壽保險股(にんべんに分)

有限公司。三菱地所設計はランドスケープやライティングを含むデザインアーキテクトとなる。現地アーキテクトは李祖原聯合建築師事務所で、2020年に着工し、完成は25年を予定している。

 敷地は、台湾鉄道高雄駅の北側で同市の新たな商業ゾーンとして開発が進む地域の1つ。幹線道路の博愛二路と大順一路の交差点にあり、高鐵左營駅と高雄国際空港を結ぶMRT紅線凹子底(おうしてい)駅に直結するにぎわいの拠点として開発が期待されている。また、周辺には南側に愛河、北西側に凹子底森林公園がある自然環境にも恵まれた立地となる。

 プロジェクトは、オフィス棟とホテル棟の2棟の高層タワー、商業施設・エンターテインメント施設・水族館などで構成する低層部からなる。

 三菱地所設計は、豊かな水と緑をたたえる高雄の魅力と隣接する森林公園、地下鉄駅などの周辺環境を生かした「URBAN OASIS」のコンセプトを提示。立地の良さを生かし、にぎわい動線の連続性を最大限に考慮した低層部と、新たなランドマークとなるタワーのデザインが高い評価を得て、受注に至った。

コメント

JR東日本が台湾に訪日リピーター向けのカフェ開業へ インバウンド拠点に

2018年12月22日 | 台湾再開発

台北市内に開業する「ジャパン・レール・カフェ」の店舗イメージ
JR東日本提供



(台北 21日 中央社)東日本旅客鉄道(JR東日本)は来年1月10日、台北市内に、日本の情報を発信する訪日旅行リピーター向けのコミュニケーションカフェ「ジャパン・レール・カフェ」(JRC)を開業する。シンガポールに続いて2店舗目。情報交換もできる交流の場として、ガイドブックやインターネットでは得られない独自のサービス提供を目指す。

カフェでは日本を感じさせる食事メニューで日本の食文化を紹介するほか、店舗内に併設される旅行会社のカウンターでは、訪日旅行者向けの鉄道パス類や航空券、パッケージ旅行の販売などのほか、旅行相談なども受け付ける。

コメント

日本統治時代の合同庁舎を修復、消防署兼史料館に/台湾・台南

2018年12月20日 | 台湾再開発

修復が進む旧台南合同庁舎



(台南 20日 中央社)南部・台南市の旧台南合同庁舎の修復が進み、当時の姿がよみがえりつつある。建物の中央にそびえる高い塔が特徴的で、台南で最初の消防隊があった場所とされている。現在は同市消防局中正消防分隊が入居しており、今後は同市の消防の歴史を紹介する史料館としても活用される予定。

中央の塔は1930(昭和5)年に落成。当時、台南で最も高い建物とされ、火災の早期発見のための見張り台として使用された。1938(昭和13)年、塔の両側が増築されて合同庁舎となり、消防や警察などの機関が置かれた。戦後、台湾が国民党政権に接収された後も、消防隊や派出所が残されたが、周辺の道路の拡張に伴い建物の一部が解体されたり、外壁の色が塗り替えられたりした。

旧台南合同庁舎は「直轄市定古跡」に登録されている。市は6410万台湾元(約2億3400万円)を投じ、約2年かけて修復を行った。史料館では日本統治時代から戦後にかけての文化財や写真などが展示されるという。供用は来年1月末となる見通し。

台南市中心部に位置しており、周辺には旧台南州庁(現・国立台湾文学館)など日本統治時代に建てられた建物が複数残されている。

コメント

台北 重慶北路 「円環」が「建成圓環重生綠地廣場」になるまで

2018年06月17日 | 台湾再開発




ガラス張りの姿から公園になるまで 

台北 重慶北路 「円環」 から「建成圓環重生綠地廣場」になるまでを追ってみました。


コメント

台湾鉄道の斗南駅を橋上化へ 日本統治時代の駅舎は保存

2017年03月22日 | 台湾再開発



(雲林 2017年3月22日 中央社)台湾鉄路管理局(台鉄)の斗南駅(雲林県斗南鎮)が2020年4月をめどに橋上駅化されることが決まった。東西を結ぶ連絡通路が設置される予定で、都市の分断が解消される。現在使用されている日本統治時代建設の駅舎は保存される見通し。

今年7月にも着工する。民進党の劉建国立法委員(国会議員)は、鉄道で斗南市街が分断され、駅東側にある旧社・将軍地区の発展が西側より遅れていると現状の問題点を指摘。橋上駅の建設で利便性の向上を図るほか、新設される多目的スペースを活用し、地方経済の発展促進を目指したいと意気込んでいる。

(葉子綱/編集:齊藤啓介)

コメント