DUKE Train

台湾・京都関連中心に日々のニュースを取り上げています。

旧国鉄色の特急電車381系、最後の雄姿 京都・南丹で「撮り鉄」急増

2015年10月28日 | 京都のニュース



関西での定期運行が30日に終わるJR西日本の特急電車381系の雄姿を写真に収めようと、多くの鉄道ファンが山陰線などの沿線に詰めかけている。クリーム色にえんじ色のラインが入った旧国鉄特急色の車体を惜別の思いで見送っている。

 381系はカーブでも速度を保てる「振り子式」を採用し、旧国鉄が1980年前後に製造した。関西では京都-天橋立を結ぶ「はしだて」など4種類の特急に使われているが、老朽化のため31日から新型式車両に置き換わる。

 田園風景の中を疾走する姿を撮影できる京都府南丹市内では10月以降、撮影者が急増。スーツ姿のサラリーマンや親子連れも目立つ。

 同市日吉町胡麻の撮影スポットには25日、東京や大阪から20人以上が集まり、晴天の下、列車が通過する一瞬に無数のシャッター音を響かせた。大阪府島本町の福祉施設職員清水聡さん(38)は「小学生の頃、初めて撮った鉄道写真が381系。好きな車両が消えるたび、自分も年を取ったと感じる」としんみり話していた。

コメント

台北 朝食ストリート  懷寧街

2015年10月10日 | 臺灣グルメ
台北で朝食は懐寧街 




台北火車站前、「新光三越」と消防署の間にある「懐寧街」

朝、まだ暗いうちからお店が開き始めこのあたりにある予備校街に通う学生のお腹を満たす大事な街です。

その数は半端ではない多さ、競争の激しさから生き残りも大変。

1年で全店交代といった事もあります。

今回、昨年夏以来の訪問でしたが半分くらいのお店が頑張っていました。

「スタバ」「マック」もあり最近は「コンビニ」でパンやサンドイッチですます人も増えていますが人気はまだまだここに取上げたお店が中心。

いつもはこの街にあった「南国大飯店」」が定宿でしたが閉館してしまい、今回、駅の反対側にあるホテルに変えてしまいました。

多少、距離があるものの足が自然とこの街に向いてしまいます。

「朝食」だけでなくあらゆるジャンルのお店が集まっていてランチやおやつ、デザートやジューススタンドもあって一日中、台北の人のお腹を満たし続けています。



これだけ種類があると迷いますがこのお店は店頭に看板商品のように置かれた饅頭に目がいき即、買いです。

野菜がビッシリ入っていました。

鉄板で焼いたなんともいえないおいしそうな色をしています。




一緒に買った豆乳を持って近くの二二八公園に行ってゆっくり食べたいと思います。
これで1日元気に動きまわれそうです。






コメント

表参道・新潟館ネスパス

2015年10月10日 | アンテナショップ
表参道・新潟館ネスパス 




住所: 東京都渋谷区神宮前4-11-7(表参道ヒルズとなり)  
TEL:03-5771-7711(代) FAX:03-5771-7712
H  P 

2007年10月06日の記事を再編集



1階 物産販売「新潟食楽園」

取扱品:米・そば・海産物・肉加工品・乳製品・惣菜・米菓・銘菓・
地酒・地ビール・ワイン・ジュースなど

時間:10:30〜19:30
TEL:03-5775-4332
休み:なし

1階 和食会席「にいがたの味静香庵」 

海の幸、山の恵みなど、新潟の食材を使用したジャンルにとらわれない日本料理

TEL:03-5771-8500
時間:(ランチ)月~土 11:30〜15:00  日・祝 11:30〜15:30
     (ディナー)月~土 18:00〜22:00  日・祝 17:30〜21:30
休み:第2、第4日曜、年末年始、お盆


地下1階 お食事処「新潟食楽園」

お昼はリーズナブルな価格のランチ定食、夜は地酒にあう新潟の一品料理などをお

TEL:03-5775-4322
時間:(ランチ)月〜金 11:00〜14:30  土・日・祝 11:00〜15:30
    (ディナー)月〜土 17:00〜22:00  日・祝 17:00〜21:00
休み:なし










新潟といえば (お米)・・・おにぎりがいっぱいでした。



中には「食楽園」 がありランチメニューもそそるものがあります。













お酒「八海山」のシャーベット、「安田」のシュークリームも。




「こしひかり」のシュークリーム






コメント

臺北グルメ 陸家水餃麵食坊

2015年10月02日 | 臺灣グルメ
臺北グルメ
陸家水餃麵食坊 





MRT忠孝復興駅を降りお店を探しに歩き回りました。

しかし情報が古かったのか見つかりません。
台北ではおいしいお店を見つけても翌年再訪したら閉店なんてよくある事です。

やむなく違う店を探そうとメインの通りから路地に入りました。

小さな公園に沿って何軒かのお店が見えてきました。
あるお店からおいしそうなオーラが漂ってきました。



店名: 陸家水餃麵食坊
地址:: 北市忠孝東路3段251巷9弄14號(安東街50號公園) 
電話::02-2731-4794


大きな看板が目立っています。

店頭が清潔に保たれています。



中に入ると大きな文字でメニューが書かれています。

これなら一見でもわかりやすいですね。



13時過ぎにもかかわらずお客さんがまだまだ入ってきます。



料理が出来るまでピータン豆腐 とビールで
待つことに。

甘いたれがピータンと豆腐にからんで絶妙な味になっています。

渇いた体にビールがしみ込んでいきます。



水餃子

厚みのあるプルプルな衣をまとった餃子がつるんとのどを通っていきます。




豚  足

豚足はプルプル~!!

ゼラチン質が口の中に広がっていきます。

脂身のくどさではなくうまみをまとったゼラチン質で幸せ感に浸ります。






魯肉飯 (るーろー飯)

台湾の定番料理、なんとも単純で飾りの無さがかえってシンプルで人気になるのがよくわかります。
酸味のある甘いたれがすべて!!

ご飯と小さな肉のバランスの良さ、沢庵も台湾の人には当たり前のつけ合わせです。
小さな日本とのつながりがありました。




仲良し親子

忙しく動いている二人に感動しているとお母さんが日本語で注文を取りにきてくれました。

可愛いお二人です。










コメント