DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

台湾独立運動の先駆者、史明氏が100歳で死去 蔡総統「志を永遠に心に」

2019年09月21日 | 台湾ニュース

笑顔の史明氏(中央)と蔡英文氏(右)=2013年11月、台北



(台北 21日 中央社)台湾独立運動の先駆者として知られる史明氏が20日、台北市内の病院で死去した。100歳。蔡英文総統は21日未明、自身のフェイスブックに追悼のコメントを投稿。史氏は台湾の自由、民主主義、主権のために生涯奮闘したとつづって別れを惜しみ、「彼が果たせなかった志を永遠に心に刻む」と誓った。

史氏は日本統治時代の1918(大正7)年11月9日生まれ。本名は施朝暉。早稲田大学に留学中、社会主義に傾倒した。太平洋戦争開戦後に中国に渡り、上海や北京などで抗日運動に参加するも、共産党に幻滅して決別。戦後台湾に戻ると、今度は国民党による一党独裁に反発し、50年に「台湾独立革命武装隊」を結成。蒋介石暗殺を企てたが発覚して指名手配され、52年に日本に亡命した。東京で中華料理店を営むかたわら台湾独立運動を推進し、この時期に代表作「台湾人四百年史」(日本語)を完成させた。

史氏が台湾に戻ったのは李登輝政権下の93年。台湾独立を目指す複数の団体結成に関わり、理想実現のために奔走した。2016年の総統選では蔡総統を支持。蔡政権発足後は98歳の高齢で総統府資政(顧問)に就任した。愛称は「欧吉桑」(おじさん)。台湾独立運動のゴッドファーザーとも呼ばれる。

蔡総統によると、史氏は毎年、旧暦大みそかの夜に設ける年越しの宴席に参加していた。蔡総統は文中で、「総統としてさまざまなプレッシャーに耐えなければならない」という史氏の励ましの言葉に「いつも心が温まる思いだった」と振り返り、次の大みそかも史氏のために座席を空けておくと約束した。
 

コメント

日本統治時代の防空壕が映画館に 期間限定で特別公開/台湾・基隆

2019年09月21日 | 台湾ニュース

日本統治時代から残る基隆市内の防空壕



(基隆 21日 中央社)北部・基隆市に日本統治時代から残る立ち入り禁止の防空壕が21、22の両日に特別公開され、「防空壕映画館」と銘打った映画上映会が催される。同市政府文化局は、防空壕の再活用について考えるきっかけになればと期待を示し、参加を呼び掛けている。

日本統治時代、台湾の玄関口として重要な役割を担った港湾施設や海軍基地が建設された同市。太平洋戦争が始まると米軍の標的となり、度重なる空襲に見舞われることになった。このため、戦争末期までに多くの防空壕が設けられ、その密度は台湾最大とされる。同市の年鑑によれば、1973年の時点で673カ所の防空壕が確認されている。地元では近年、これらの防空壕を観光スポットにしようとする気運が高まっていた。

防空壕映画館は、毎年9月の第3土、日曜日に欧州各地の文化施設が特別公開される「欧州文化遺産の日」に呼応した台湾の「全国古跡デー」の一環。交通部(交通省)航港局が管理する基隆港周辺の防空壕13カ所のうちの2カ所で戦争映画「ダンケルク」と「硫黄島からの手紙」を上映する。上映時間は午後1時30分と同4時の2回。同市文化局のフェイスブックから予約できる。
 

コメント

台南市、中国の五星紅旗掲げた廟を強制撤去 違反建築物と認定

2019年09月21日 | 台湾ニュース

強制撤去された台南市の廟



(台南 21日 中央社)台南市政府工務局は20日、中国の五星紅旗を掲げた市内の廟を強制撤去した。違反建築物として是正命令を出したが期限内に改善されなかったと説明している。

同市政府によると、廟は表向き、航海の安全を守る女神・媽祖を祭る「天后宮」となっているものの、事実上、2017年2月に結成された政党「台湾人民共産党」の集会所を兼ねていた。看板には党名のほか、「両岸一家過好日子」(台湾と中国は一つの家族、共にいい暮らしを目指そう)など、政治的なスローガンも掲げられていた。

同市政府工務局によれば、建物は建築許可の申請なく建てられていた上、地域の土地利用計画に関する法令にも違反していた。同市は11日、罰金を科すととともに、7日間以内に原状に戻すよう命じていたという。
 

コメント

秀吉築いた指月城、本丸囲む巨大内堀が出土 本格的な城整備?

2019年09月21日 | 京都のニュース

初期の伏見城跡で見つかった大規模な造成土(20日、京都市伏見区)




内堀跡の造成土から見つかった金箔瓦。豊臣秀吉が好んで用いていた




指月伏見城と木幡山伏見城の位置関係




豊臣秀吉が築いた初期の伏見城(指月(しげつ)城、京都市伏見区)の発掘調査で、天守などのある本丸を囲う内堀跡が見つかり、内堀の幅は想定の倍を超す30メートル以上になることが分かったと市文化財保護課が20日発表した。徳川家による二条城(中京区)の内堀を上回り、秀吉が単なる隠居所にとどめず本格的な城として整備した痕跡を示すという。

 豊臣秀吉は関白職をおいの秀次に譲ると、1592年から現在の観月橋団地一帯の「指月丘」に隠居所となる屋敷の造営を開始。93年の秀頼誕生で天守を備えた本格的な城郭に改築したとされ、96年の大地震で倒壊した。その後、北東の木幡山に改めて伏見城を築く一方、調査地一帯は埋め立てられて武家屋敷などになった。

 同課によると、内堀跡では幅1・7メートル、深さ3・4メートル以上の造成土が堆積し、上には石垣が築かれていた。秀吉が多用した金箔(きんぱく)瓦が土に含まれていた点などから、造成土は木幡山に城が築かれる際に指月城の内堀を人為的に埋めた痕跡で、石垣は武家屋敷になった段階で整えられたとみる。

 内堀の幅は当初15メートルほどと想定。近年の先行調査で今回の調査地から北40メートルで堀東側とみられる痕跡、北西30メートルで西側の石垣が見つかっており、今回の結果を合わせると30メートル以上になることが確実になるという。

 戦国の天下人が京・伏見で築いた城の内堀(最大幅)と比べると、秀吉の木幡山伏見城の100メートルと聚楽第(上京区)の43メートルに次ぎ、織田信長の旧二条城(同)の27メートルや徳川家の二条城の25メートルを上回る。市文化財保護課は「今回は堀の底まで行き当たらなかったが、地形などから深さも15メートルほどに達するとみられる。天下人にふさわしい規模で城を築いていたことを裏付ける」としている。

 調査地は伏見区桃山町泰長老の公務員宿舎敷地内で、3カ所計145平方メートルを8月から調べている。現地説明会を23日午前10時~正午に開く。警報などが発令されている場合は中止する。現地事務所080(4854)9054。

 京都新聞  
 

コメント

休耕田に落下した照明弾の一部(滋賀県高島市安曇川町上古賀)

2019年09月21日 | 滋賀県



発射地点と落下地点の位置関係




 滋賀県高島市安曇川町上古賀の畑で19日、近くの陸上自衛隊饗庭野(あいばの)演習場(同市)から発射された照明弾の一部が見つかったと、防衛省近畿中部防衛局が20日に明らかにした。18日夜に試射したうちの1発が誤って演習場外に落下したといい、目標から南東に2・3キロずれていた。燃焼物を搭載していたが、けが人や周囲への延焼はなかった。陸自は当面、当該の照明弾に限って射撃訓練を中止する。

 照明筒などは、近くの農業男性(72)が19日午前9時ごろに見つけ、同10時すぎに陸自今津駐屯地(同市今津町)に通報したが、防衛省は丸一日公表しなかった。同防衛局の島眞哉局長は「事案の概要調査や関係機関との調整に時間を要した。市には迅速に連絡した」と釈明した。

 同防衛局によると、見つかったのは赤外線を使った特殊な「IR照明弾」の一部で、発光するアルミ製の照明筒(直径7センチ、長さ12センチ)とゆっくり降下させるためのナイロン製パラシュート(直径1メートル、長さ1・5メートル)で、重さ計約600グラム。筒には照明薬や着火薬、黒色火薬が入っていた。通常は高度250メートル程度で発火する。燃焼したまま落下すれば、可燃物に引火する可能性があったという。

 同防衛局などの説明では、18日午後6時ごろ、防衛装備庁が、信太山駐屯地(大阪府和泉市)の陸自第37普通科連隊や照明弾を開発した民間企業と、性能試験のため、81ミリ迫撃砲を用いて、照明弾16発を発射した。すべて上空で燃焼を終えたことを目視しており、約4キロ西の「目標区域」に落下する予定だったが、演習場の敷地から約1キロ南の畑に落下した。射撃方法に問題はなかったといい、発射地点の風速は毎秒2・4メートルの微風だったが、「風に流された可能性はある。人為的ミスも含めて原因を調査する」としている。残る15発の照明筒も捜索する。

 島局長は20日、高島市を訪れ、福井正明市長や住民に「昨年の誤射に続き、このような事態が起きたことを重く受けとめている」と謝罪した。

 同演習場では昨年11月の実弾射撃訓練でも、今回と同じ連隊の迫撃砲弾1発が誤って国道303号近くに落下し、同市の男性が乗っていた民間車両を損壊した。

 京都新聞  
 

コメント

狂言師の五世茂山千作さん死去 74歳 狂言ブームの礎築く

2019年09月21日 | 京都のニュース

大蔵流狂言師の五世茂山千作さん




京都に根付く茂山家の狂言を、おおらかな芸でけん引してきた大蔵流狂言師、五世茂山千作(しげやま・せんさく、本名正義=まさよし)さんが21日午前6時30分、すい臓がんのため京都市上京区の病院で死去した。74歳。

京都市出身。葬儀・告別式は24日午後1時から京都市左京区二条通東大路西入ル一筋目下ルの大蓮寺で。喪主は長男十四世茂山千五郎さん。

 1945年、故四世千作さんの長男として生まれた。4歳の時「以呂波」のシテで初舞台。76年、弟の七五三[しめ](真吾)さんらと若い世代の観客の開拓を狙った「花形狂言会」を結成し、古典はもちろん、故小松左京さん作「狐と宇宙人」など数々の新作狂言に挑み、狂言ブームの礎を築いた。

 京都新聞  
 

コメント

日本、開幕戦快勝 ラグビーW杯、4トライでロシア下す

2019年09月21日 | 京都のニュース

ラグビーW杯の初戦を勝利で決めファンの声援に応える日本フィフティーン
(味の素スタジアム)




アジアで初開催となるラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会が20日、東京・味の素スタジアムで開幕した。1987年に始まった4年に1度の祭典は今大会で9回目。9大会連続出場で初のベスト8入りを目指す日本はロシアとの開幕戦に臨み、4トライを重ねて30-10で快勝した。

 試合前に行われた開会式ではグラウンドに映像が投影され、日本の伝統芸能をイメージしたパフォーマンス、和試合前に行われた開会式ではグラウンドに映像が投影され、日本の伝統芸能をイメージしたパフォーマンス、和太鼓の演奏が披露された。国際統括団体ワールドラグビーのビル・ボーモント会長はアジア初開催の日本に向けて「大いに誇りを持ってください。皆さんは歴史をつくった。史上最高のW杯をつくり上げてください」と呼び掛けた。

 日本は開始早々にハイパントの処理をミスして先制トライを許したが、WTB松島(サントリー)が3トライを挙げて突き放した。A組の日本は次戦で世界ランキング1位のアイルランドと28日に静岡・エコパスタジアムで対戦する。

 大会には史上初の3連覇に挑むニュージーランド、優勝2度の南アフリカとオーストラリア、欧州勢で唯一頂点に立ったイングランドなど計20チームが出場する。5チームずつ4組に分かれて1次リーグを戦い、各組上位2チームが決勝トーナメントに進む。

 決勝は11月2日に横浜・日産スタジアムで行われ、優勝チームはトロフィー「ウェブ・エリス・カップ」を手にする。ラグビーW杯は五輪、サッカーW杯に次ぐ規模の国際スポーツ大会で、組み合わせ抽選会は2017年5月に京都迎賓館で行われた。   

 京都新聞  
 

コメント

地域おこし協力隊員の男性、ユーチューブで空き家再生PR 京都

2019年09月21日 | 京都のニュース



京都府南丹市の地域おこし協力隊員が、市内の空き家の改装、管理を請け負う「南丹空き家再生プロジェクト」のPR動画をつくった。インターネットで公開して、空き家の掘り起こしにつなげる。

 空き家再生プロジェクトは隊員の山内光雅さん(32)が空き家の清掃や改装、管理を行う代わりに、不動産運用で得た利益の一部を受け取る仕組み。現在は市内の2軒の空き家でプロジェクトを進めている。

 動画は、山内さんの空き家の修理の様子や思い、空き家所有者へのインタビューなどを別の隊員が撮影した。約3分間の動画の中で、山内さんは「田舎に住みたい人はたくさんいるけど、空き家を貸してくれるオーナーが見つからないのはもったいない」「空き家に移住者が来て過疎化を解消することができる」などの思いを伝え、「空き家の活用を考えてほしい」と呼び掛けている。

 動画投稿サイト「ユーチューブ」で閲覧できる。https://www.youtube.com/watch?v=Ga9S‐BwkKLU

 京都新聞  
 

コメント

キリバス断交 総統府「深い遺憾」 厳正な非難を表明/台湾

2019年09月21日 | 台湾ニュース

記者の質問に答える蔡総統



(台北 20日 中央社)総統府の丁允恭報道官は20日、太平洋の島国キリバスが中華民国(台湾)との外交関係断絶を発表したことに「深い遺憾」を表明し、中国の金銭外交攻勢を背景に中華民国(台湾)との断交を決めたことに対しては、「厳正に非難する」と述べた。

外交部(外務省)の呉ショウ燮部長(外相)が同日午後、キリバスとの断交を発表した。呉氏は会見で、2016年に就任したマーマウ大統領が民間旅客機の購入を目的に台湾に多額の贈与を求めていたものの、台湾はこれを受け入れなかったことを説明。一方、中国政府は民間旅客機数機と商用フェリーの購入に充てる資金の贈与を約束し、キリバスに外交政策の転換を働きかけたと指摘した。(ショウ=金へんにりっとう)

今年3月に蔡英文総統が太平洋を歴訪した際には、両国の首脳のスケジュールが合わないのを理由にキリバスを訪問していなかった。呉氏は「キリバスがわれわれ(台湾)を離れることは見るからに明白だった」とし、キリバスとの意思疎通を強化していたことを明らかにした。

蔡総統は同日、視察先の桃園市で記者団に対し、キリバスが誠実な友人を手放し、中国のコマになるのを決めたことは「非常に遺憾」だとし、「大きな間違い」だと述べた。

外交部の資料によれば、キリバスの人口は約11万人、陸地面積は811平方キロメートル。台湾とは2003年に国交を樹立した。

キリバスとの断交で、台湾と外交関係を結ぶ国は15カ国になった。このうち太平洋の国はパラオ、マーシャル諸島、ナウル、ツバルの4カ国。

コメント

キリバス断交 日本の駐台代表が関心 日台友好再確認

2019年09月21日 | 台湾ニュース

日本台湾交流協会台北事務所の沼田幹夫代表



(台北 20日 中央社)中華民国(台湾)が20日、南太平洋の島国キリバスとの外交関係を断絶したのを受け、日本の対台湾窓口機関、日本台湾交流協会台北事務所の沼田幹夫代表(大使に相当)は同日、声明を発表した。

中国の圧力を背景に台湾は16日にもソロモン諸島との国交を断っている。相次ぐ断交について沼田代表は「両岸(台湾と中国)関係と地域の平和と安定の観点から、今後の影響を含め、これまで以上に強い関心を持って注視している」とした。

一方、台湾についても言及。日本にとって台湾は、自由や民主主義といった基本的価値を共有し、経済関係と人的交流の深い「重要なパートナーであり、大切な友人だ」と台湾を重視する姿勢を改めて強調した。

コメント

台湾への圧力強化、中国・習近平氏が主導 狙いは政治危機緩和

2019年09月21日 | 台湾ニュース

台湾の街頭のテレビに映る習近平



(台北 20日 中央社)国家安全保障当局者は20日、中国の習近平氏が台湾への圧力強化を指示し、来年1月に台湾で行われる総統選・立法委員(国会議員)選への介入計画を策定していると明らかにした。中国共産党の重要会議、第19期中央委員会第4回全体会議(4中全会)が来月開かれるのを前に、米中貿易戦争や香港問題に対する習氏の責任問題を巡るプレッシャーを緩和するのが狙いだという。

国家安全保障当局が把握している情報によると、介入計画の内容は10月1日の中国国慶節(建国記念日)までに台湾と外交関係を結ぶ国のうち数カ国を引き抜く、予算は無制限▽台湾への団体観光を年内に全て停止▽台湾海峡中間線の範囲を狭めることを含む海空軍の軍事行動始動▽蔡英文政権に対する台湾社会の懸念と不信感を最大限に高める▽来年の選挙における蔡氏と民進党の支持を最低に抑える―。

当局者は、ソロモン諸島との国交を巡る台湾と中国間の争奪戦は、最近で最も顕著な実例だと指摘する。ソロモンは今月16日、中国との国交樹立を決め、台湾は同国と即日断交した。当局者によれば、北京は中国との国交樹立の決定をソロモン側に16日までに必ず下させるよう外交当局に指示していたという。そのために、多くの目論見をはらむ5億米ドル(約540億円)の取引を行ったとも報じられた。

この当局者は、主要国からの情報として、中国はラテンアメリカ諸国が条件に数十億、数百億米ドルを提示しているのを考慮した上で、ターゲットを南太平洋地域の台湾承認国に絞っていると説明した。

コメント

台南の水道施設跡、博物館に 来月10日開園 日本統治時代建設

2019年09月21日 | 台湾ニュース

旧台南水道の敷地内にある建物



(台南 18日 中央社)日本統治時代に建設された南部・台南市の水道施設跡「旧台南水道」が「山上花園水道博物館」として生まれ変わり、来月10日に開園する。当時から残る水道設備を展示し、かつての台南の水道水がどのように作られていたのか紹介するほか、屋外は花園として整備し、憩いの場を提供する。

旧台南水道は1922(大正11)年に完成。戦後の82年まで稼働が続けられた。2005年に国定古跡に登録されたが、所有権などが水道事業者と行政に分散されていたために、公開は一部区域のみにとどまっていた。14年に水道事業者が建物や設備を台南市に譲渡したのを機に市は全体的な整備計画に着手し、中央政府と共同で修繕工事を進めていた。

敷地は「博物館エリア」と「花園エリア」に分かれ、博物館エリアでは浄水池や量水器室、ろ過施設などを見学できる。水道設備は役目を終えて長い時間が経っているが、保存状態は良好だという。ガイドサービスや双方向の解説設備も導入される。

台南市政府文化局の葉沢山局長は、同館が台南の新たな文化的観光名所になればと期待を寄せている。

コメント

台風で破損した日本統治時代の官吏宅、修復へ/台湾・台東

2019年09月21日 | 台湾ニュース

日本人官吏の邸宅だった新港教会会館



(台東 18日 中央社)東部・台東県成功鎮に日本統治時代から残る木造2階建ての住宅「菅宮勝太郎宅」(現・新港教会会館)について、文化部(文化省)は修復にかかる総工費の約8割に当たる補助金交付を承認した。5年前の台風で屋根などが破損し、修復が待たれていた。同県選出の劉櫂豪立法委員(国会議員)が17日、自身のフェイスブックで伝えた。劉氏は、当時の建築工法で丁寧に修復し、観光地としての価値を付与したいと期待を示した。

菅宮勝太郎(1883~1943年)は新港(成功鎮の旧名)の官吏だった人物。文化部の資料によると、新港を第二の故郷として愛し、転勤命令を断って辞職。1930年代に同地に自宅を建て、亡くなるまでそこで暮らした。生前は漁港や道路の建設に尽力し、地元の発展に貢献したという。建物は戦後、キリスト教の礼拝所を兼ねた診療所となり、90年代後期に診療所が閉鎖されたのに伴い、教団の所有となった。現在は信者の集会・宿泊所として使われている。修理された屋根と戦後に増設された待合室以外は当時の姿をとどめる。2階建ての日本家屋は東部では珍しく、2003年に「新港教会会館」の名称で台東県の歴史建築に登録された。

劉氏によると、建物は14年に東部に上陸した台風による被害で著しく破損し、水漏れなどが確認されていた。保存・再利用を目指すボランティアが応急措置を施したものの、本格的な修復には総経費約2300万台湾元(約8000万円)が必要と見積もられていたという。

コメント

台南の2階建て観光バス、平日の運行をチャーター式に 来月から

2019年09月21日 | 台湾ニュース

台南市内の景勝地を回る2階建て観光バス



(台南 20日 中央社)台南市政府は利用者数が伸び悩む2階建て観光バスのテコ入れ策として、10月から平日の運行を貸し切り形式に変更する。異業種との連携にも乗り出し、魅力的なツアーの提供を目指す。同市交通局の王銘徳局長が明らかにした。

同市は昨年2月、2階建てバスの運行を開始。台湾鉄路管理局(台鉄)台南駅を起点に市内の観光スポットを周遊する2路線を1日計15本運行し、今年8月末までに約4万6000人が利用した。1日当たりの平均利用者数は平日50.8人、休日145.3人。屋根がない2階部分は利用者がまばらとなっている。市民からは、夏は暑く、大雨に見舞われることもある上に、冬は気温が低くなるためだとの声が聞かれた。

コメント

京まふ会場に京アニ応援コーナー

2019年09月20日 | 京都のニュース






京都アニメーション第1スタジオ(京都市伏見区)の放火殺人事件を受け、21、22日に開催される西日本最大規模の漫画、アニメの総合見本市「京都国際マンガ・アニメフェア(京まふ)」で、主会場となるみやこめっせ(左京区)に募金箱や応援メッセージコーナーが設置される。

 京まふは、メディア関係者らでつくる実行委員会と京都市が主催。8回目となる今年は、出版社やアニメ制作会社など約70の企業・団体がブースを出展する。新作紹介や人気アニメのグッズ販売などがある。

 応援メッセージコーナーでは、ノートや付箋(ふせん)に京アニへの思いを書き込めるようにする。イベントの終了後、京アニに届ける予定だ。

 21日にロームシアター京都(同区)で開かれるオープニングセレモニー冒頭に黙禱(もくとう)をする。

 問い合わせは実行委員会(03・5656・8872)へ。(高井里佳子)

朝日新聞

コメント