DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

亡命希望の中国男性2人、桃園空港滞留4カ月の末に台湾に入境

2019年01月31日 | 京都のニュース

桃園空港滞留4カ月の末に30日夜、台湾に入境した劉興聯さん(左)と顔克芬さん



(桃園空港 31日 中央社)亡命を希望し桃園国際空港に4カ月にわたり滞留していた中華人民共和国旅券を所持する男性2人が30日夜、第三国に出発した後に台湾に入境した。2人は台湾にしばらく滞在し、米国やカナダの亡命資格が取得できるのを待ちたいとしている。

台湾に入境したのは劉興聯さん(64)と顔克芬さん(44)。劉さんは民主化や権利擁護活動に参加、顔さんは人権問題に関心を注ぎ、中国で逮捕されるなどしていた。それぞれ2016年、2015年に出国し、タイで保護されていた。

2人は昨年9月27日にタイから桃園空港に到着。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の難民認定証明書を所持しており、亡命を要請したい旨を台湾側に伝えた。だが、台湾への入境に必要な合法の証明書を持っていないため入境が認められず、空港に滞留していた。

中華民国の現行の法律には、中国大陸の人を政治的に保護する法的根拠は存在しない。台湾と中国大陸の人々の交流について定めた「台湾地区・大陸地区人民関係条例」(両岸人民関係条例)には政治的配慮に基づいて中国大陸の人の長期滞在を認める条文があるが、中国の情報封鎖が障壁となり、認定の条件となる迫害の事実を確認するのは困難になっているという。

2人は30日深夜、「専門的交流」の名義で台湾に入境し、4カ月におよぶ空港滞留生活を終わらせた。

コメント

米上院議員、台湾のWHO復帰支持の法案提出 下院に続き

2019年01月31日 | 台湾ニュース

ワシントンの連邦議会議事堂



(ワシントン 31日 中央社)米上院の超党派議員が29日、台湾がオブザーバーとして世界保健機関(WHO)に復帰することを支持する法案を提出した。法案では、台湾のWHO復帰実現に向けて米国務長官が戦略を策定するよう求めている。

共和党のジェームズ・インホフ議員や民主党のロバート・メネンデス議員など与野党の上院議員複数名が連名で提出した。

インホフ氏は報道資料で、台湾のWHO総会参加を中国が3年連続で妨害したことに言及。台湾の総会参加に積極的に協力することは国際機関における中国の拡張的な行動を抑制するのに寄与するとした。メネンデス氏は、台湾を孤立させる中国の種々の行為、特に国際保健に関する行為を無視してはいけないとした上で、台湾が国際社会に立脚できるよう、米国は台湾を支持しなければならないとの考えを示した。

米下院でも22日、同様の趣旨の法案が全会一致で可決された。駐米国台北経済文化代表処(大使館に相当)はWHOへの台湾の有意義な参加を強力に支持する米議会に対し感謝を示した。

コメント

コスモスの花畑、風景を華やかに 旧正月過ぎまでが見頃/台湾・台東

2019年01月31日 | 台湾ニュース

台東県鹿野・二層坪水橋そばを彩るコスモスの花



(台東 31日 中央社)東部・台東県鹿野郷の二層坪水橋そばでコスモスがピンクや白色の花を咲かせ、一面を華やかに彩っている。花畑の面積は20~30ヘクタールほど。見頃は2月5日の旧正月をはさむ連休を過ぎたころまで続くという。

コメント

京都鉄道博物館、特別展「アンパンマン列車だいしゅうごう!展」開催

2019年01月31日 | 京都の鉄道

レイルラボ 2019/01/31 11:45









京都鉄道博物館は2019年2月2日(土)から3月3日(日)まで、瀬戸大橋線を走るJR四国の「瀬戸大橋 アンパンマントロッコ列車」を初展示します。これに合わせ、特別展「アンパンマン列車だいしゅうごう!展」を開催します。会場は本館2階の企画展示室です。

この展示会は、2000年のデビューからこれまでのアンパンマン列車の歴史や、2019年現在、アンパンマン列車として運行する4種類の列車の特徴を紹介するパネルを展示するほか、アンパンマン列車の模型や、運転区間がわかるイラスト路線図を展示します。また、アンパンマン列車を映像で紹介するミニシアターや、予讃線8000系アンパンマン列車の「アンパンマンシート」に座って記念撮影ができるコーナーが設けられます。

特別展と同時に、アンパンマン玩具が抽選であたる「アンパンマン列 車 だいしゅうごう!スタンプラリー」も開催します。

期間中の2月16日(土)、2月17日(日)、2月23日(土)、2月24日(日)には、四国でしか購入できない水筒付きの「アンパンマン弁当」と「げんき100ばい!アンパンマン弁当」や、玩具なども販売します。

コメント

京都発「現場川柳」発表 外国人労働者の受け入れ詠んだ作品に大賞

2019年01月31日 | 京都のニュース

烏丸経済新聞 2019.01.30

大賞に選ばれた作品「5か国語 タダで学べる 我が現場」



京都の産業用センサーメーカー「オプテックスエフエー」(京都市中京区中堂寺町)が1月25日、ものづくりの現場の「現場川柳」の入賞作品を発表した。受賞作品は、元エンジニアで漫画家の見ル野栄司(みるのえいじ)さんがイラスト化し、同社特設ページで公開している。

 大賞には「5か国語 タダで学べる 我が現場」が選ばれた。昨年の経済産業省調査で、海外労働者は全体の約30%が製造業に就いているなど外国人労働者の受け入れが進む現場をポジティブに描いた作風が評価された。同社販売促進室の大毛沙紀さんは「技能実習生の増加や、在留資格の制度改正、東京オリンピックを控えた年でタイムリーな作品だったのでは」と話す。

同様に国際化する現場を詠んだ「一番に 覚えた日本語 さじ加減」は、入賞に選ばれた。日本に働きにきた海外の人が具体的な数値ではなく曖昧な「さじ加減」という表現を最初に覚えてしまったというユーモラスな句だ。

 見ル野賞には「帰らない 上司のあの目は 飲みサイン」が選ばれた。仕事を終えても帰らずに視線で飲みに誘いたげな上司を描いた同句は、昨年人気が出たドラマ「おっさんずラブ」にちなみ選んだという。大毛さんは「現場に限らず、上司・部下、外国人など職場のコミュニケーションをテーマにした作品も多かった」と振り返る。

 2月20日は東京国際フォーラム(東京都葛飾区)で行われる「町工場見本市」で見ル野さんと作品を選んだ同社スタッフが参加する「現場川柳発表トークイベント」を開催する。

 大毛さんは「現場川柳も5回目の発表を迎え、1万2000通以上もの応募をいただけるようになった。回を重ねると、過去の作品を見て『あのころはこんな現場もあったね』と懐かしむような日も来るかもしれない」と話す。

コメント

京都に乗り降り自由の屋根なし2階バス 観光地巡る路線で運行へ

2019年01月31日 | 京都のニュース

京阪バスなどが定期観光バスとして運行する2階建てオープンバス。
3月から乗り降り自由の観光用路線バスに展開する



京阪バス(京都市南区)は、終日自由に乗り降りできる観光用の路線バスを、3月下旬から京都市内で新たに運行する。屋根がない2階建てオープンバス「スカイホップバス」を投入し、著名な社寺を中心に市内の人気観光地を巡る。観光客向けの専用路線を設けることで、市バスの混雑解消にもつなげる。

 オープンバスは、途中で乗降できない「定期観光バス」として、明星観光バス(山科区)と共同運行している。周囲の景色を楽しめるとあって人気という。

 計画中の路線は、JR京都駅(下京区)を起点に二条城、北野天満宮、金閣寺、京都御苑、出町柳駅、平安神宮、八坂神社、清水道、三十三間堂などを循環するルート。十数カ所の停留所を新設し、30分間隔で運行する予定。料金は一律3500円。初年度約4万人の利用を目指す。

 京都市ではインバウンド(訪日外国人)の増加で、人気の観光スポットや社寺の近くに停留する市バスが混み合う状態が慢性化している。観光客と地元住民が利用するバスを分けることで、市民のストレスや不満の緩和にもつなげる考えだ。

 京阪バスは、運転手や整備士の不足などを理由に2019年度限りで市バスの受託運行事業から撤退する方針を決めた。その一方、外国人らに好評のバス車両を主要な観光地だけを循環する路線に展開し、独自に収益源を開拓する。

 親会社である京阪ホールディングスの加藤好文社長は「京都のバス交通は工夫できる余地が多い。観光循環バスの運行で、市バスの混雑を少しでも緩和したい」と話す。

コメント

琵琶湖の定期船、沖島の防波堤に衝突 運輸安全委が現場調査

2019年01月31日 | 京都のニュース



船首の破損状況などを調べる運輸安全委員会の調査官
(30日午後3時28分、近江八幡市沖島町・沖島)



滋賀県近江八幡市沖島町の沖島で定期船が港の施設に衝突し9人が重軽傷を負った事故で、国土交通省運輸安全委員会の調査官が30日、事故現場を調査した。これまでの近江八幡署の調べで、28日夜に船が衝突したのは防波堤だったことも分かった。

 定期船は沖島町自治会が運航している。この日、調査官2人は事故を起こした船体や沖島漁港の防波堤を調査。船の計器類の動作を確認したほか、船首に開いた幅約2メートルの穴の様子を撮影した。

 同署によると、防波堤の長さは約50メートル、高さ約1・7メートル。中央付近に衝突した痕があり、船が出港して約2分後に正面からぶつかったとみている。運転していた船長(69)は頭を打って重傷といい、同署は船長の回復を待って事故時の状況を聴く方針。

コメント

「厄介者」水草を堆肥で商品化 においなし

2019年01月31日 | 京都のニュース



長浜市の建設会社が開発した琵琶湖の水草を原料にした堆肥



オオカナダモやコカナダモなど琵琶湖の水草を原料にした堆肥を、長浜市の建設会社「明豊建設」が開発し、年明けから試験販売を始めた。夏場の大量繁茂で悪臭や航行障害を引き起こす「厄介者」を資源として活用し、商品化したのは初めて。同社や開発支援してきた滋賀県は「水草が琵琶湖の恵みとして認識してもらえるようになれば」と期待している。

 商品名は「湖(こ)の恵(めぐみ)(ビニル・ドゥ・ラク)」(350グラム、税別800円)。水草(85%)に県産原木チップ(10%)と、酸素の供給を必要としない特殊な土壌菌(5%)を混ぜて堆肥化しており、短期間で製造でき、独特のにおいがないのが特長だ。パッケージはデザイン性を重視し「マンションでの植物観賞を楽しんでほしい」と売り込む。

 同社企画営業部長の白石昌之さん(49)が2013年、水草の大量繁茂を報じた新聞を見て「地元企業として何か貢献できないか」と開発に乗り出した。長浜市で開かれる環境産業の見本市「びわ湖環境ビジネスメッセ」で知り合った香川県の企業から堆肥化の技術協力を得て、県の支援も受けながら5年がかりで商品化にこぎつけた。

 県が県漁連などに委託し南湖で刈り取った水草を提供してもらい、市内の専用工場で重機を使って土壌菌などとよく混ぜ、約2カ月間、ビニールシートで覆って強制的に発酵させる。その後、ふるいに2度かけて釣り糸などの不純物を取り除き、加熱処理する。

 発酵が効率的に進む土壌菌の配合割合や、土壌菌が均一的に広がる重機でのほぐし方に試行錯誤を繰り返した。香川県のオリーブ栽培や奈良県の果樹園で使用し、病原菌に侵された木が正常化して実をつけるなど、病気になりにくい土壌への改良効果も確認した。

 同社は今後、年間約200トンの水草から約20トンの堆肥を製造する。年間1万袋の販売を目指しており、3月には首都圏の百貨店や専用ホームページなどで本格的に販売する。20年には水耕栽培用の液体肥料を商品化する計画という。

 県では年間約6千トンの水草を刈り取っており、大学や企業がバイオマス発電への利用や家畜飼料の開発などを進めている。

コメント

京都鉄道博物館でテロ想定し訓練

2019年01月31日 | 京都のニュース

NHK 01月30日 16時16分



ことし、京都での開催が決定しているICOM=国際博物館会議や、来年開かれる東京オリンピック・パラリンピックを前に、京都鉄道博物館でテロが発生して大勢のけが人が出たという想定で訓練が行われました。

京都市下京区の京都鉄道博物館で行われた訓練は、時限式の装置でサリンが噴射されるテロが起きて11人のけが人が出たという想定で、警察官や機動隊、鉄道博物館の職員などおよそ200人が参加しました。

はじめに来館者役の男女が口に手をあてて次々倒れると、博物館の職員がほかの来館者に対して、倒れている人の近くに寄らないよう呼びかけたうえで警察に通報し、屋外への避難を誘導しました。

通報を受けて現場に到着した機動隊の隊員らは、酸素ボンベと化学防護服を身につけて慎重に館内に入り、有毒ガス検知器を使って館内の気体を調べ、サリンがまかれたことを突き止めました。

建物の外には、除染テントが設営され、避難者役の参加者らがテントをくぐりぬけながらサリンが付着した可能性のある上着を脱いだという想定で、警察官らが除染の手順を確認していました。

下京警察署の寺田和浩警備課長は「これから多くの国内外からの観光客が京都に来ると思われるので、テロ対策意識も高めてもらい、京都でテロを起こさせないよう取り組んでいきます」と話していました。

コメント

京都植物園でふきのとう

2019年01月31日 | 京都のニュース







京都市の植物園では、春の訪れを告げるふきのとうが土の中から顔をのぞかせています。

ふきのとうが芽吹いているのは京都市左京区にある京都府立植物園です。

ふきのとうは全国の山野に自生する山菜のひとつで、てんぷらやあえ物など、春を告げる食材としても親しまれています。
植物園の職員が池のほとりの落ち葉をかき分けると、直径3センチほどの鮮やかな若草色をした、ふきのとうが地面のあちらこちらから顔を出していました。

この冬は穏やかな天気が続いた影響か、例年よりも10日ほど芽吹きが早く、数も多いということです。

京都府立植物園の小川久雄さんは「いろんなものが春めいてきてますが、その先駆けとして、このふきのとう、ぜひご覧になって春を感じていただければいいかと思います。」と話していました。

植物園のふきのとうは、これから暖かくなるにつれ茎を伸ばして花を咲かせるということです。

コメント

台湾軍部で性的スキャンダルが続発中!

2019年01月30日 | 台湾ニュース

4股スキャンダルについて、メディアの取材に応じる軍関係者



中国の習近平政権が台湾統一に向け軍事的圧力を強めるなか、まさに兜の緒を締めなければならないはずの台湾軍部で、まったく緊張感のないスキャンダルが多発している。

 台湾「アップルデイリー」(1月7日付)によると、同国の陸軍航空特戦指揮部に所属する大尉クラスの幹部が、軍内部で4人の女性隊員たちとドロドロの男女関係を持っていたことが明らかになり、波紋を呼んでいる。

 この男性幹部は2013年頃から、空軍部隊に所属する女性隊員Aさんと交際を始めたという。その後、 17年頃から同時進行で別の部隊に所属するBさんを二度にわたり妊娠させ、中絶に追い込んでいたほか、Bさんの妊娠中には、Cさんという別の部隊に所属するシングルマザーと交際を始めていた。幹部は、Cさんとの交際を理由にAさんとBさんに別れを告げたため、彼女たちの反感を買い、メディアに暴露されてしまったのだ。なお、同じ部隊に所属するDさんとは 夜な夜な宿舎で男女の関係を持っており、いわばセックスフレンド状態だったという。男性幹部は、空軍、海軍 、陸軍の3つの軍隊を股にかけ、4股していたというから驚きだ。台湾当局は、軍部の規律に違反するとして、現在調査を行っている。

 モラルの低下が指摘される台湾の軍部では、ほかにもわいせつ行為を理由に処罰される関係者が相次いでいる。昨年、台湾国防部は情報部門に所属する25歳の男性職員が、施設内でスマホのテレビ電話機能を利用し、知人女性とわいせつな行為を繰り返し見せ合ったりしていたことがわかった 。国防部では、職員の施設内へのスマホの持ち込みなどを禁止しており、厳罰に処されたという。また昨年8月には、台湾の現役軍人が地下鉄のエスカレーターで自慰行為をし、通行人の女性のスカートに精液をかける事件も発生している。

 台湾にとって本当の危機は、中国による軍事侵攻よりも、軍内部の風紀の乱れかもしれない。

コメント

セクシービキニ登山家が滑落死!「危険で自然への冒涜」と非難されてもビキニで登り続けた理由とは

2019年01月30日 | 台湾ニュース

呉さんのビキニ登山の様子





「ETtoday」(1月23日付)によると、ビキニ姿で登山を行うことで知られている呉季芸さん(36)が、台湾南投県に位置する標高3,785メートルの馬博拉斯山を登山中に滑落し、死亡した。

 呉さんは今月11日に入山し、数日かけ馬博拉斯山の登頂及び下山を目指していたという。呉さんの登山ルートは3つの山を経由する難易度の高いルートで、危険の伴う登山であった。そんな中、無事登頂を果たし、下山中の19日に事故は起こった。呉さんは足を滑らせ、30メートル下の谷間に滑落してしまったのだ。下半身を負傷し、動けなくなってしまった呉さんは衛星電話で知人に連絡し、救助を要請した。地元の消防隊がすぐにヘリで捜索を開始し、21日にようやく呉さんを発見。しかし、すでに呉さんは死亡しており、死因は凍死であった。

 呉さんは5年ほど前から登山活動を開始し、山頂でビキニ姿の写真を撮り、SNSなどにアップしてきた。これまで多くの難山を攻略してきたという。山頂でビキニ姿の写真を撮影する呉さんに対しては、ネット上でも賛否両論があり、「危険な行動で自然への冒涜だ」「ケガしたり低体温症になるかもしれないのに、話題作りのためにこんなことするべきではない」などと厳しい声も寄せられていた。一方で、呉さんの最後の書き込みとなった馬博拉斯山登頂後のFacebookには、多くのネットユーザーから「あなたの勇気に感動した」「あなたの残してくれた美しい写真に感謝します」と、追悼のコメントが寄せられている。

 呉さんは台湾百岳と呼ばれる台湾国内にある3,000メートル級の100峰の登頂を目指しており、目標達成まで残りわずかであった。実は山の清掃活動にも力を入れる美化運動家としての顔も持っており、批判されながらも続けたビキニ登山は、美化活動を広めるための話題作りだったのだ。

 崇高な使命感のため殉じた彼女の冥福を祈りたい。

サイゾー

コメント

台湾東部沖でM5.7 今後1週間は余震の可能性=気象局

2019年01月30日 | 台湾ニュース

中央気象局は30日、今後1週間はM5前後の余震が起きる恐れがあるとし、
注意を呼び掛けた=資料写真



(台北 30日 中央社)台湾東部沖で30日午後にマグニチュード(M)5.7の地震が発生したのに関し、中央気象局は同日、今後1週間はM5前後の余震が起きる恐れがあるとし、注意を呼び掛けた。

午後1時21分ごろに東部沖を震源として発生した地震では、東部・台東県成功で最大震度4を記録したほか、台湾本島全域で揺れが観測された。

コメント

越境操業の中国漁船2隻、罰金納付 強制退去

2019年01月30日 | 台湾ニュース

澎湖沖で拿捕された中国漁船2隻



(台北 30日 中央社)台湾本島の西に浮かぶ離島・澎湖島の周辺海域で昨年末に拿捕された中国の漁船2隻が29日、計390万台湾元(約1385万円)の罰金を支払った上で強制退去となった。再び摘発された場合、さらに重い刑罰が科される。

2隻はそれぞれ「ビン晋漁05709」と「シン順6688」。昨年12月に澎湖島の西にある花嶼などの海域で越境操業していた。海洋委員会海巡署(海上保安庁に相当)艦隊分署第8海巡隊の立ち入り検査を拒否し、逃走しようとしたため、拿捕され、罰金を支払うまで勾留されていた。(ビン=門がまえに虫、シン=金を三つ組み合わせた字)

澎湖付近の海域では現在漁期を迎えているのに加え、春節(今年は2月5日)が近づいていることから、中国の漁船団が急増している。中国ではアフリカ豚コレラが猛威を振るっており、台湾はウイルス侵入を防ぐため、中国の漁船に対する取り締まりを強化している。

第8海巡隊によると、昨年から現在までに拿捕した中国の漁船は22隻で、科した罰金は累計で1790万元(約6360万円)に達した。

コメント

江戸期の天皇即位・譲位描いた屏風絵 京都国博で初公開

2019年01月30日 | 京都のニュース

初公開される「霊元天皇即位・後西天皇譲位図屏風」



江戸時代の天皇の即位と譲位の儀式を京狩野家3代当主が描いた「霊元天皇即位・後西天皇譲位図屏風(びょうぶ)」が見つかり、京都国立博物館(京都市東山区)の特別展で30日から初公開される。新天皇の顔を真正面から描くなど、類似の絵図にはない特徴があり、約350年前の儀式を正確に再現しようとした記録性の高い作品という。

 屏風は六曲一双で、右隻が1663年の霊元天皇の即位、左隻がその約3カ月前の後西天皇の譲位を描き、各高さ約1メートル、幅約3メートル。狩野山楽を祖とした京狩野3代目の永納(1631~97年)の筆とみられる。

 右隻は、現在の京都御所(上京区)にあった紫宸殿と南庭で行われた即位式の中心場面を描く。建物内では霊元天皇が八角形の高御座(たかみくら)に着座。そばの女官が、手に持ったうちわ型の「翳(さしば)」を下げ、天皇の顔を披露するところを描く。

 左隻では、譲位の主な4行事を描写する。最初に行う「警固固関」、譲位の意思を伝える「節会宣制」、宝剣などを新帝に渡す「剣璽渡御」、新帝が清涼殿に来る「新主の御所の儀式等」をおおむね右側から左側へと展開させる。

 屏風は2017年9月、京博の学芸員が京都市内の個人宅で所在を確認し、京博に寄託された。来歴は不明だが、京狩野は五摂家の九条家と深い関係にあり、制作には九条家が関わっていた可能性があるという。

 京博の福士雄也学芸員(近世絵画)は「古代に由来する警固固関が譲位で行われたり、庶民が紫宸殿近くで即位を見守る様子が描かれたりして、かつての重要儀式がよく分かる。天皇の退位や即位を控える今、共通点や違いを視覚的に確かめられる貴重な記録的な資料だ」としている。3月10日まで、関連資料とともに展示する。有料。

【京都新聞 2019年01月29日】

コメント