中小企業診断士 竹内幸次 経営ブログ

中小企業診断士 東京銀座 経営コンサルタント 中小企業経営者向け経営ヒント型ビジネス企業ブログ集 中小企業経営者ブログ

日本の平均所得は564万円

2022年09月27日 06時42分10秒 | 消費者へのメッセージ

中小企業診断士の竹内幸次です。今日は東京都練馬区のサービス業のコンサルティング、東京都杉並区の中小企業のコンサルティングをします。

今日は日本の平均所得は564万円についてです。

【日本の世帯平均所得は564万円】作成 中小企業診断士 竹内幸次
・2021(令和3)年国民生活基礎調査の概況が2022年9月に公開された。
・日本の世帯平均所得は564万円であった。2年前の2019年の同数値は552万円であったので12万円アップ、2.2%アップとなった。※2020年はコロナ禍のため調査は実施されなかった
・過去の最高額は1994(平成6)年で664万円。つまり27年間で100万円減少(15%減少)したこととなる。よく「30年間給与が変わっていない」と言われるが世帯所得では大きく減少していることになる。
・今後の日本を心配する経営者は多い。国をあげて経済活性化をするとき。
参考)2021(令和3)年 国民生活基礎調査の概況(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa21/dl/12.pdf


▲日本の世帯平均所得は564万円となった

スプラムでは中小企業に即した現実的な経営助言を行っています。講演、コンサルティング等の問合せからご連絡ください。

2022年9月29日に講演「コロナ禍を乗り切る中小企業のデジタル活用術」を広島信用金庫ひろしんアドバンスクラブ・ひろしん経友会合同オンラインセミナーで行います。

関連記事:中小企業診断士竹内幸次の「所得」をテーマにした企業ブログ記事一覧


スプラム感染予防ポリシー 詳細はスプラム感染予防ポリシーをご覧ください。
デジタル活用講演(Zoom等オンライン講演可能)・講師は高い集客力、確かな講演満足度のスプラムへ
創業塾満足度全国1位。成功する起業、ブログ・SNS・動画活用、SEO、デジタル活用、経営革新、営業交渉・プレゼンテーション等の講演は2,400回超。お気軽にお尋ねください。>>講演レジュメ例 >> お客様の声 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム代表取締役 竹内幸次 https://ssl.spram.co.jp/
Certified Small and Medium Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2022 SPRAM All Rights Reserved. 中小企業診断士問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします。

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 区切りやリセットで需要を喚... | トップ | 売れるECショップは高単価品... »
最新の画像もっと見る

消費者へのメッセージ」カテゴリの最新記事