中小企業診断士 竹内幸次 経営ブログ

中小企業診断士 東京銀座 経営コンサルタント 中小企業経営者向け経営ヒント型ビジネス企業ブログ 中小企業経営者ブログ

PDCAとOODAの使い分け

2019年11月30日 05時24分11秒 | 経営革新・イノベーション

おはようございます。中小企業診断士の竹内幸次です。今日は寒川町商工会創業支援セミナーで講演「簡単な事業計画の作り方」、東京都豊島区の中小企業のコンサルティングをします。

中小企業診断士 講演
▲神奈川県寒川での創業支援セミナーでの事業計画講演です

今日は本日の講演に関連してPDCAとOODAの使い分けについてです。

【PDCAとOODAの使い分け】
・PDCA(読み方はピーディーシーエー)はPlan立案・計画/Do実施/Check検証・評価/Action改善・見直しのこと。
・OODA(読み方はウーダ)はObserve観察/Orient情勢への適応/Decide意思決定/Act行動のこと。
・PDCAもOODAもループして繰り返すことが経営。
・PDCAは中長期の視点で全社的な視点で使うとよい。
・OODAは短期の視点で、現場的な視点で使うとよい。

関連講演:
2020年1月17日に講演「創業とは?ビジネスプランの作成・創業事務手続き・保険関係基礎」を久喜市商工会令和元年度創業塾で行います。

関連記事:中小企業診断士竹内幸次の「PDCA」テーマにした企業ブログ記事一覧


講演・講師の用命は、高い集客力、確かな講演満足度のスプラム竹内幸次へ
創業塾顧客満足度全国1位獲得。成功する起業、ブログ・SNS・動画活用、中小企業のSEO、経営革新、営業交渉・プレゼンテーション等の講演は2,200回超。お気軽にお尋ねください。>>講演レジュメ例 >> お客様の声 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次https://ssl.spram.co.jp/
Certified Small and Medium Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2019 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士Facebookで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします。

この記事についてブログを書く
« 後継者の育成 | トップ | サービス業の売上高が伸びない »
最近の画像もっと見る

経営革新・イノベーション」カテゴリの最新記事